5Feb

『长篇故事・2ch』自哆啦A梦消失以来,已经有10年了吗……(四)

时间: 2015-2-5 分类: 大雄:自那以来,已经有10年了吗… 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://open05.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1407666476/


 

上一章 目录 下一章

 

72:◆IAvTSYr7MA: 2014/08/10(日)23:58:50 ID:MOZaDl5ts

「え?えっと……しずかちゃんのこと?」

「……そうよ。その“しずかちゃん”のことよ」

彼女は目を伏せたまま、どこかふてくされたように言う。まるでおもちゃを買ってくれなかった子供のようにも見えた。

「诶?你是指……静香酱吗?」

「……是噢,就是说那个“静香酱”」

她垂着眼,用一副闹别扭的语气说道,仿佛像是得不到想要的玩具的小孩那般

 

「ええと……しずかちゃんは、出木杉と同じ企業に勤めてて……」

「そういうのはいいの!のび太くんとの関係!」

「あ、ああ……しずかちゃんは、僕の小学校の時の同級生なんだよ。――あ、中学校も一緒だったか」

「ふ~ん……それで仲がいいのね………で?付き合ってたの?」

「那个……静香酱的话,和出木衫在同个公司工作……」

「谁跟你问这个了!我说的是与伸太君的关系!」

「啊、啊啊……静香酱的话,是我小学生时代的同级生噢

 ——啊,初中也是一起么」

「这样……所以关系看上去不错呢………然后?有交往过吗?」

 

「つ、付き合う!?」

「……その反応を見る限り、付き合ってはないみたいね……」

「………」

「……ホント、分かりやすい反応するのね……ボソッ」

「……え?何か言った?」

「なんでも。――それより、ご飯食べに行きましょ。私、お腹空いちゃった」

「交、交往!?」

「……依你那个反应看来,应该是没有交往过呢……」

「………」

「……真的是,反应太容易懂了吧……」(小声嘟哝)

「……诶?你说了什么吗?」

「什么也没噢。——话说,快点去吃饭吧,我肚子饿了」

 

そう言うと、彼女はまた前を向いて歩き始めた。

僕はそれ以上何も言えず、ただ彼女に付いて行くだけだった。

这么说完,她又开始向前跨出了脚步

我也闭上了嘴巴,只是一味地跟在她后面走着

 

77:◆IAvTSYr7MA: 2014/08/11(月)00:07:57 ID:urbDGZkm7

「――ふ~ん……出木杉となぁ……」

「——这样……和出木衫吗……」

 

ジャイアンは、ソファーに座ったまま腕を組みながら声を漏らす。

ここはジャイアンの職場。つまりは、彼の会社。

技安交叉着手臂坐在沙发上,发出了这样的感慨

这里是技安的工作单位,也就是说,这里是他的公司

 

彼の会社も僕の会社の取引先となっている。当然ながら、毎回商談は僕が駆り出されていたわけで、こうやって、たまに挨拶周りという名目で、話をしに来ていた。

他的公司也是我的公司的客户之一。当然,因为我们是这样的关系

所以每次商谈都是派我出来。于是偶尔也能像这样,以打招呼为由过来聊一下

 

「……そうなんだよ……」

「しかも、呼び捨て、と……」

「うん……」

「……出木杉の奴……それよりのび太、お前、それでいいのか?」

「え?」

「……是这样噢……」

「而且,已经开始直呼其名了吗……」

「嗯……」

「……出木衫那家伙……话说回来大雄,这样你能够接受?」

「诶?」

 

「しずかちゃんのことだよ。お前だって分かってるだろ?――出木杉、しずかちゃんを狙ってるぞ?」

「………」

そんなこと、わかってるさ。分かってるけど……だけど……

「就是关于静香酱啦,你也是知道的吧?——出木衫正在对静香酱展开攻势噢?」

「………」

这种事情,当然是知道的。虽然是知道没错啦……但是……

 

「……僕、そろそろ戻るね……」

「お、おい!のび太!!」

ジャイアンの声に一度だけ足を止めたけど、そのまま会社を出ていった。何かから逃げるように。

「……我,差不多该回去了……」

「喂、喂!大雄!!」

听到技安的声音,虽然一瞬间停了下来,不过马上又迈开了脚步走出了公司

仿佛像是在从什么东西中逃脱出去那般

 

78:名無しさん@おーぷん: 2014/08/11(月)00:08:05 ID:sjnqrZDE5

切ないな

ハッピーエンドになるのか不安

真揪心啊

最后是不是Happy End呢,感觉很不安

 

79:◆IAvTSYr7MA: 2014/08/11(月)00:14:54 ID:urbDGZkm7

家に帰った後、いつものように畳に寝転がった僕は、ジャイアンの言葉を思い出す。

回到家以后,和往常一样倒在了草席上的我,回想起了静安说的话

 

(……これでいいのか、か……)

(……这样你能接受,吗……)

 

いいはずなんてない。出木杉に取られてもいいはずなんてない。ずっと一緒にいたんだ。ずっと、一緒になると思ってたんだ。

……だけど、実際は違っていた。しずかちゃんが女子高に進学してから、連絡を取る回数も極端に減った。高校を卒業すると、彼女は大学へ、僕は会社にそれぞれ通うようになり、連絡すらとらなくなっていた。

怎么可能接受,被出木衫抢走怎么可能接受。

一直都在一起。一直……以为会继续像这样一直在一起

……但是,现实并不是这样。自从静香酱上了女子高中以来,联系的频率已经大大减少

而在高中毕业以后,她去了大学,而我去了公司工作,渐渐连联系都没有了

 

ごくたまに買い物に出かけたりはしていたが、しずかちゃんの仕事が忙しくなってからは、会うことはもちろん、話すことすらなくなった。

考えてみれば、しずかちゃんと疎遠になったきっかけは、中学を卒業したころかもしれない。

虽然极少数时间也会一起出去买东西。但是,从静香酱的工作开始变得繁忙以来

不要说是见面,能聊上几句都已经算是很不错了

这么一想,开始和静香酱变得疏远,好像也是从初中毕业那时候起

 

(……そういえば、ドラえもんがいなくなったのも、あの頃だったな……)

(……这么说来,哆啦A梦突然消失,也是在那个时候呢……)

 

僕の脳裏には、セピア色の情景が甦っていた―――

我的脑海中,浮现出了深棕色的回忆——

 

80:◆IAvTSYr7MA: 2014/08/11(月)00:24:44 ID:urbDGZkm7

――あの日僕は、進学先の調査票を片手に、家に急いで帰った。

——那一天的我,边一手拿着进路调查表,边急急忙忙地回到了家

 

『ドラえもん!!大変だよ!!しずかちゃんが女子高に―――!!』

『哆啦A梦!!不好了!!静香酱要到女子高——!!』

 

……だが、僕の部屋には、誰もいなかった。

その時はすぐに帰ってくると思ったけど、結局夜になっても、ドラえもんは帰ってこなかった。

……然而,我的房间里空无一人

那时候虽然以为他很快就会回来,但结果到了夜里,哆啦A梦依然是不见踪影

 

スペアポケットを使ってどこに行ったのか調べようと思った僕は、ドラえもんの押入を開けた。でもそこも、もぬけの殻だった。

まさかと思い引き出しを開けたら、タイムマシンすらもなくなっていた。

想利用备用四次元口袋调查一下他跑去哪的我,打开了哆啦A梦壁橱

然而那里也是空无一物

「该不会……」这么想着我打开了抽屉,然后发现连时光机都不见了

 

慌てて父さんと母さん、ジャイアンとスネ夫、しずかちゃんと一緒になって街中を探したけど、結局ドラえもんは見つからなかった。

後で調べたら、ドラえもんが映っていた写真すらもなくなっていた。

匆匆忙忙和父母、技安与小夫、静香酱一起上街寻找,但直到最后也没找到

后面调查的时候发现,曾经映有哆啦A梦的照片上面,也开始看不见他的身影了

 

まるで最初からいなかったかのように、ドラえもんは忽然と姿を消した。

残ったのは、記憶の中のドラえもんだけだった。

仿佛从一开始就没有存在过那般,哆啦A梦突然消失了

留下的,只有记忆中的哆啦A梦而已

 

81:名無しさん@おーぷん: 2014/08/11(月)00:26:08 ID:G4rAg6KBP

とてもつらい

看得我好难受

 

83:◆IAvTSYr7MA: 2014/08/11(月)00:31:06 ID:urbDGZkm7

(……きっと、今の僕を見たら、キミは怒るだろうな……)

天上を見つめながら、ふと、そんなことを考えた。

(……如果看到现在的我的话,你一定会生气的吧……)

我呆呆地望着天空,突然这么想道

 

僕だってしずかちゃんと結婚したい。だけど、僕なんかがしずかちゃんと結婚していいのだろうか。出木杉はとても立派になった。ジャイアンもスネ夫も、みんな自分で自分の人生を歩いている。

……それに比べて、僕はどうだろう。惰性に流され、ただ生きてるだけじゃないか。

こんな中途半端な僕と結婚しても、しずかちゃんはきっと幸せになれない。

我当然也想要和静香酱结婚。但是,像我这种的真的可以和静香酱结婚吗

出木衫非常地出色,技安和小夫也是,大家都过着自己的精彩的人生

……与此相比,我又是如何呢。只是放任惰性随波逐流,单纯是混日子而已吧

就算是和这种半吊子的我结婚,静香酱也一定无法获得幸福

 

……最近じゃ、こんなことまで考えている。

……到了最近,已经连这种事情都会去想了

 

「……どこまでも、本当にダメな奴だな。僕は……これじゃキミも、愛想を尽かせるはずだな……」

気が付けば、失笑と共に、そんな言葉を呟いていた。

「……真的是,要窝囊废到什么地步才肯罢休啊,我……

 这副模样的我,就算被你放弃也无话可说呢……」

 

84:名無しさん@おーぷん: 2014/08/11(月)00:36:46 ID:G4rAg6KBP

のび太!もっと頑張れ!

大雄!再加一把劲!

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
返回顶部