4Feb

『长篇故事・2ch』献给曾经最喜欢的妳的最后的情书(二十二)

时间: 2015-2-4 分类: 献给曾经最喜欢的妳的最后的情书 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1274604839/


 

上一章 目录 下一章

 

205: ◆m2dLb3zhoU: 2010/07/20(火) 19:12:45.28 ID:0btUfFIo

6月16日(水)

6月16日(星期三)

 

久しぶりにSとHにメールした

俺からの送信

久违地给S和H发了短信

是从我这发出去的

 

「俺、家買ったから今度の土曜の夜に遊びに来ない?」

SやHには、俺が君と結婚して家を買った事はまだ伝えていない

「我啊,买了个新家,下个星期六晚上要不要到我这来玩?」

对S和H还没说过我和妳已经结婚,买了新家的事情

 

Sからの返信 「いきなり家なんか買ってどうした?」

俺「前に株と為替で失敗したから今度は不動産で儲けるww」そんな気は全然ない

S「なんか分からんが土曜日遊びに行ってやるよ」

从S那的回信「突然买了个家……这是怎么了?」

我「之前股票投资失败了,这次用不动产来赚钱ww」其实根本没这种想法

S「虽然不太明白,星期天会过去玩的」

 

Hとも同様のメールを繰り返す

HとSが家に遊びに来て、君が『俺の嫁』でHやS達を迎える

HやSがどんな顔で驚くのか楽しみだ

跟H通过短信进行了类似的对话

H和S来到我家里玩,然后妳将作为『我的妻子』迎接他们

H和S究竟会做出怎样的吃惊的表情呢,真的是很让人期待

 

206: ◆m2dLb3zhoU: 2010/07/20(火) 19:14:03.61 ID:0btUfFIo

6月19日(土)

6月19日(星期六)

 

朝の出来事

この日も俺は仕事あり平日同様に朝食を摂り、トイレで朝の御勤めを済ませて

居間で出勤前の一服を点けていた時だった

这是早上发生的事情

这一天我也有工作,和平时一样吃了早餐,在厕所里搞定了每日的例行任务

在起居室,想要在出发前抽根烟的时候

 

君「浮気してるしょ?」

俺「はぁ?なんの事?」

君「だって寝言で言ってたもん・・・」涙声になって行く

俺「なにを?」

君「俺君が寝言で、○○(君の本名)ゴメンネ・・・って

それで笑いながら『君ちゃん、君ちゃん』って言ってたんだよ

『君ちゃん』って誰?」ぽろぽろと泣き出す

妳「你花心了吧?」

我「诶?妳在说什么啊?」

妳「因为你在梦话里说了啊・・・」妳的声音渐渐带上了哭腔

我「说了什么?」

妳「我君在梦话里说了,○○(妳的本名)对不起・・・

  然后边笑着边『妳酱、妳酱』这么说了啊

  『妳酱』是谁啊?」大颗大颗的泪水掉了下去

 

俺にはリアルで『君ちゃん』なんて知り合い居ない

俺の知っている『君ちゃん』は、このスレの君の事

もちろん浮気なんかしていない、する訳がない

まさかこのスレに書き込みしている夢でも見ていたのか?そんな記憶まったくないが

でも心配は掛けたくない。

我在现实中并认识叫做『妳酱』的人

我所知道的『妳酱』,就只有这个贴子里的妳

当然花心什么的根本没有过,怎么可能会有

不会是因为写这个贴子,结果做梦梦见了吧?虽然完全没有这方面的记忆

不过不想让妳担心

 

俺「絶対に浮気はしていない。

今日の夜、SやH達が来たらはっきりさせるから」

俺は君やSやHにこのスレを見せることを決心する

君やSやHに嫌われるかも知れないけど、黙っているのも悪い

我「绝对没有花心

  今天的夜晚,S和H他们也会过来,到时候会好好解释清楚的」

我下定了决心,准备要让妳和S以及H看这个贴

虽然或许会被妳和S和H讨厌,但我不想继续隐瞒下去了

 

君「本当に浮気してない?」

俺「絶対にしてない!信じて」

君「・・・」下を向いたまま何も言わなかった

後味の悪い会話をして俺は会社に出勤する

妳「真的没有花心吗?」

我「绝对没有!相信我」

妳「・・・」看着地面,妳什么话也没说

结束完这个让人有些不舒服的话题后,我就到公司上班去了

 

207: ◆m2dLb3zhoU: 2010/07/20(火) 19:15:02.34 ID:0btUfFIo

その日は仕事をしていても全然実にならなかった

常にこのスレのことを考えていた

那一天,就算工作也是完全心不在焉的样子

总是在想着关于这个贴子的事情

 

どうやって切り出すか、どうやって君やS、Hに謝るかそんなことばかり考えていた

考えている時って全然頭が回らない

頭が回らないまま仕事から帰宅すると君は暗い顔をしていた

到底要怎么把这个话题说出来呢,怎么对妳、S以及H道歉才好呢

一直想着这样的事情,想着这种事情脑子完全转不开

一直保持着这副状态,工作完回到家以后妳依然是一副阴暗的表情

 

俺「今日はSやH達が来るんだぞ、もっと明るい笑顔してww」

君「だって・・・寝言のことあったんだよ」

俺「だから絶対浮気なんかしてない!SやH達が来たら証明する」

君「どうやって?」

我「今天S和H他们会来噢,稍微做出明朗一点的笑容吧ww」

妳「但是・・・那个梦话那件事」

我「所以说了绝对没有花心!等S和H他们来了我会证明这一点的」

妳「怎么证明?」

 

俺「みんなが来たら教えるよ

だから、笑ってみんなを迎えてビックリさせようww」

君「うーん、わかった・・・」

君は納得していない様子だった

我「等大家都来了以后我会告诉妳的

  所以,笑着迎接大家让大家吓一跳吧ww」

妳「嗯,我知道了・・・」

妳一副难以接受的表情

 

208: ◆m2dLb3zhoU: 2010/07/20(火) 19:17:06.57 ID:0btUfFIo

それから程なくしてHからメールが来た

内容は、車でSを拾ってH家族(HとHの嫁のN美と子供)みんなが来るというもの

ちなみにN美も高校時代のクラスメイトで君ちゃんとも仲よかった

HとN美が結婚してからも俺やSと遊ぶ機会が多かった

在那以后没过多久,收到了H发来的短信

内容是,已经开着车接上了S以及H的家人(H以及H的老婆N美以及其孩子)

他们都会过来

顺带一提N美也是高中时代的同班同学,和妳酱的关系也非常不错

H和N美结婚以后,也常常跑来跟我和S一起玩

 

俺は玄関先で皆を待つ。君が家の中に居るのは誰も知らない

しばらく待っているとHの車がやってきた

車から皆がゾロゾロ降りてくる

我在门口等着大家,谁也不知道妳在这个家里

稍微等了一会儿,H开着车过来了

车停下来以后,大家一个跟着一个下了车

 

俺「本日はお忙しい中わざわざありがとうございます」

S「へー、なかなかいい家じゃん」

俺「だろだろww」

H「本当に家買ったんだ」

我「今天大家肯抽出时间,这么大老远跑一趟,真的是非常感谢」

S「喔~这个家不错啊」

我「对吧对吧ww」

H「还真买了家啊」

 

俺「ローン組んだけど車買うくらいのもんだよww」

N美「あれ?ここって・・・」

N美が気付いたようだっけど、あえてスルー

我「虽然借了贷款,不过价格跟一部车差不了多少啦ww」

N美「啊咧?这里不是・・・」

N美好像已经意识到了的样子,不过故意装作没看见

 

俺「立ち話もなんだから中に入ってww」

家の中に入って皆がどんなリアクションするのか楽しみだww

我「来来,先进来再说ww」

进到了家里,大家究竟会做出什么样的反应呢,真的是让人期待的不得了ww

 

209: ◆m2dLb3zhoU: 2010/07/20(火) 19:17:59.31 ID:0btUfFIo

玄関の君の靴は隠してある。ここで中に誰かいるのかバレては困る

在门口已经把妳的鞋藏好了,如果被意识到有什么人在家那就没意思了

 

俺「さあ、どうぞどうぞww」

S・H・N美「おじゃましまーす」

居間のドアの前で一旦停止して

我「撒,快进来快进来ww」

S・H・N美「打扰了」

走到了起居间的门前先暂时停了下来

 

俺「みんな驚けよww」

そう言ってドアを全開に

我「大家,看看这是谁ww」

这么说完我猛地把门打开

 

君「いらっしゃいwwようこそww」

全員「???」

アレ?リアクションが無い?

妳「欢迎光临www欢迎来到我们家ww」

大家「???」

啊咧?怎么没有反应的?

 

210: ◆m2dLb3zhoU: 2010/07/20(火) 19:19:37.23 ID:0btUfFIo

最初に口を開いたのはN美だった

最先开口的是N美

 

N美「もしかして君ちゃん?」

君「うんww驚いた?」

N美「驚くもなにも、なんでここに?」

俺「みんなには黙ってたけど、俺達結婚したんだww」

N美「难不成……是妳酱?」

妳「嗯ww被吓到了吗?」

N美「有没有被吓到之前……为什么妳在这里?」

我「虽然之前没跟大家说,不过我们已经结婚了噢ww」

 

S「へ?どうゆうこと?訳分からん」

俺「いろいろあったけど、俺達結婚してこの家買った」

N美「この家って昔君ちゃん住んでた家だよね」

君「うんww俺君が買い戻してくれたww」

H「じっくり話し聞かせてもらおうじゃないかww」

S「诶?怎么回事?完全搞不清状况」

我「虽然发生了很多事,不过现在我们已经结婚,然后买下了这个家」

N美「这个家属以前妳酱住过的家吧」

妳「嗯ww我君帮我买回来了ww」

H「快让我们听听是怎么回事www」

 

その後は皆で酒を飲みながら、一年前に君と再会した事

正月に君にプロポーズした事、家を買った時の事、君と月一くらいでデートしてた事なんかを話していた

在那之后,大家一起边喝着酒,边讨论起一年前和妳再会的事情

正月向你求婚的事情,买了家的事情,和妳每个月都会约一次会的事情

 

みんなの反応は、

まさか俺と君ちゃんが一緒になるとは思わなかった

俺は一生結婚できないと思っていた

君ちゃんには俺はもったいない

大家的反应:

 真没想到我会和妳酱走到一起

 还以为我一辈子都不会结婚了呢

 妳酱给我太浪费了

 

などなど、散々な言われようだったけど皆は心から祝福してくれた

本当に良い友達を持って良かった

得到了各种各样的感想,虽然被说了一些很过分的话

但大家都打心底地祝福了我们

真的是……有这么好的朋友们真的是太好了

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
  1. 匿名

    多好的姑娘啊,想起以前真是心疼。

    4月21日 22:55来自移动端 回复
  2. 真好啊~

    2015年8月8日 11:23来自移动端1 回复
  3. 好棒啊

    2015年2月5日 11:15来自新浪微博1 回复
返回顶部