18Jan

『长篇故事・2ch』献给曾经最喜欢的妳的最后的情书(五)

时间: 2015-1-18 分类: 献给曾经最喜欢的妳的最后的情书 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1274604839/


 

上一章 目录 下一章

 

32: ◆m2dLb3zhoU: 2010/05/24(月) 20:33:43.32 ID:lC7OC0Qo

季節は蝉の鳴く時期が終わり、山の木々が葉を落とし、そしてこの北国の長い雪の降る季節

あと一週間ほどで正月を迎える日のこと

转眼间,蝉鸣的季节已经结束

山里的树木纷纷落下了叶子,然后迎来了北方漫长的降雪季节

再过个一周左右,就要迎接新的一年了

 

H「俺君が君ちゃんと付き合ってたら、僕達もおこぼれで女の子達と今頃わいわいやってたんかなぁ・・・」

S「そうそうwwすべてはお前が悪い」

俺「俺は無罪だ。君ちゃんのこと別になんとも思ってないし」

嘘です本当はまだ君のこと好きです

H「我君如果和妳酱交往了的话,我们现在肯定也都沾了光,和女孩子们嘻嘻哈哈地在过着了・・・」

S「对对www都是你不好」

我「我是无罪的,对妳酱又没抱有什么特别的感觉」

又说谎了,其实仍然喜欢着妳

 

S「嘘つけ!それもよりによって男だけでパーティーだなんて・・・」

H「そうだよ、去年もこの面子だったし・・・」

俺「まあ、毎年のことじゃん」

S「骗鬼啊!不过弄什么不好,偏偏是只有男人的聚会什么的・・・」

H「就是说啊,去年也是这群面孔・・・」

我「嘛,每年惯例而已啦」

 

部屋の中で散乱する管ビールの空き缶、部屋の中に充満するニコチン成分が含まれた体に悪そうな煙

男三人丸いケーキを箸でつつく

その年のクリスマスあんな事があってもなんだかんだ仲のいいSとHと

俺の部屋での男だけのパーティー

到处散乱在房间里的啤酒空罐,布满整个房间的含有尼古丁的有害烟雾

三个男人用筷子夹着圆形的蛋糕

那一年的圣诞节,与即便是发生了那样的事情,但关系依然很好的S和H

一起在我的房间开了只有男人的聚会

 

俺はささやかな期待を持っていた

君からクリスマス誘われないかとね

あれ以来一度も君と口を交わすことは無かったけど

もしかしたらってね

我抱了小小的期待

妳会不会邀请我一起过圣诞节呢

虽然在那之后和妳一句话也没说过

但或许有可能……

 

でも実際に誘われることは無かったんだよね

だから男三人でパーティーやってんだけど

然而实际上并没有被邀请呢

所以才三个男人聚在一起开party

 

>>30

高3です。まじめな話それまで女性と話したの母親くらいしかいなくて

>>30

确实是高三。实话实说,在那之前说过话的女性就只有母亲了所以……

 

33: ◆m2dLb3zhoU: 2010/05/24(月) 20:39:01.27 ID:lC7OC0Qo

S「お前、本当になんともおもってないんだな?」

俺「しつこいぞ!何ともおもってねーよ!」今でも好きです

S「それなら俺が君ちゃんのこと、くどいてもいいのか?」

H「え!S君が君ちゃんのこと狙ってるの?」

俺「別にいいんじゃねーの」本当は良くないです

S「你啊,真的对她一点感觉都没有吗?」

我「你很烦诶!一点感觉都没有啦!」就算是现在依然喜欢

S「那样的话,就算我去追求妳酱,你也无所谓咯?」

H「诶!S君盯上妳酱了吗?」

我「随便你咯」其实一点也不好

 

S「じゃあ電話貸せ今から電話する!」

俺「いや電話は・・・もう遅いし・・・」

H「まだ8時前だよww」

俺「お前らちょっと飲みすぎじゃね?」何とか阻止しないと

S「那电话借我一下,我现在就给她打电话!」

我「不不,电话什么的・・・已经那么晚了都・・・」

H「才8点都不到诶ww」

我「你稍微有点喝过头了吧」不做些什么阻止他可不行

 

S「俺は本気だ!それに酒の力がないと告れん!」

H「あれ子機だよねww」子機の方を指差す

俺「電話代いくら掛かるとおもってんだよ!」

S「お前が払ってるわけじゃねーじゃん。それに市内だし百円はらえばいい?」

俺「君ちゃんだって家族とパーティーやってんだろ・・・だぶん・・・迷惑だろ」

S「我是认真的!而且没有酒的力量没法告白!」

H「那个是子机噢ww」

我「你以为那要花多少电话费啊!」

S「又不是你在出钱,而且只是室内的话100日元应该够了吧?」

我「妳酱现在也正和亲人们在聚会吧・・・大概・・・会打扰到她的吧」

 

途中ですが今日は落ちます

会社のPCで仕事の合間合間なので書き込み遅いの申し訳ないです

また明日再開します

虽然还没写完,但今天就先下了

因为用的是公司的电脑,只能在空闲时间里写所以写得比较慢,抱歉

明天继续

 

34: ◆m2dLb3zhoU: 2010/05/26(水) 20:43:54.44 ID:nMSbMwYo

S「お前、君ちゃんの電話番号知らね?」

俺「知らん!」

S「Hおまえは?」

H「分からん」

S「何だよお前ら使えねーな!」

S「你,知道妳酱家的电话号码是多少吗?」

我「不知道!」

S「H你呢?」

H「不知道」

S「什么啊,一个个都派不上用场」

 

こうして俺は何とか阻止した思っていた。

だが、それから30分ほどしたころ俺はトイレに行き自室へ戻って来たときのことだった。

Sがどこかに電話を掛け誰かと話している。

我以为这样就已经算是阻止了

然而,在那之后过了30分钟左右,在我上完厕所回到房间里时

看到S正在某处跟什么人打着电话

 

S「もしもし、君ちゃん!今、俺君の家でパーティーやってんだけど来ない?」

俺「お前何やってんだよ!」

H「俺君wwリダイヤルって知ってるかいww」

そうだった。前日君の家に電話して家の人に取られる前に切った。

いわゆるワンギリってやつ。

S「喂喂,妳酱!现在,在我君家里正开着party,你要不要来?」

我「你在做什么啊!」

H「我君www你不知道有种东西叫做重拨么ww」

是喔,前一天给妳家打了电话,在有人接之前就已经先挂掉了

也就是所谓的“一声响切断”

 

君と話したくて、僅かな期待して、でも怖くて

俺、本当ダメな奴です。

想要和妳说话,抱着少许的期待,然而还是输给了恐惧

我,真的是一个废柴

 

35: ◆m2dLb3zhoU: 2010/05/26(水) 20:44:57.25 ID:nMSbMwYo

俺はSの持っている電話を取り上げて

我抢过拿在S手上的电话

 

俺「ご、ごめんね・・・い、いきなり変な電話して・・・」

君「う、うん・・・」

俺「Sの奴、飲んでて酔ってるから気にしないで」

SとHが俺の後ろで小さい声で「誘え!誘え!」

我「抱、抱歉啊・・・突、突然间打过去奇怪的电话・・・」

妳「嗯、嗯・・・」

我「S那家伙,喝醉酒了所以妳不要太在意」

S和H则在我后面「快约她!快约!」这么不停小声催促着

 

君「うん」

俺「じゃあ切るよ」

君「うん・・・」

通話終了。やっぱり手が震えてる。でもほんの少しだったけど君と話ができた。

妳「嗯」

我「那我挂了噢」

妳「嗯・・・」

通话结束了,手果然在颤抖着。然而和妳说上话了,虽然只有那么短短的几句

 

S「お前、なに勝手に電話切ってんだよ!」

俺「お前こそ、なに勝手に電話してんだよ!」

H「まあまあそんなに喧嘩しないwwほら、飲め飲めww」

S「お前のせいでしらけたな!」

俺「S、お前のせいだよ!」

S「谁让你随便挂电话的啊!」

我「你才是啊,谁让你随便打电话了!」

H「嘛嘛,不要吵架了ww好啦,快喝快喝ww」

S「都是因为你兴致都没了啊!」

我「S,是因为你才对吧!」

 

この日は俺とSがぶつぶつ言いながら隣でHが「まぁまぁ飲め」と言って夜が更けていった。

だけど、本当に久しぶりに君の声が聞けて嬉しかった。

君にしてみれば、ただの迷惑な電話でしかなっかかもしれないけど。

那一天,我和S边不停地相互埋怨着

而一旁的H则是不停地「嘛嘛,快喝」,就这么过了一整夜

但是,真的是很久没听到妳的声音,感到很高兴

虽然或许从妳的角度看来,只是普通的骚扰电话罢了

 

36: ◆m2dLb3zhoU: 2010/05/26(水) 20:45:45.58 ID:nMSbMwYo

クリスマスにSやHと過ごした男だけのパーティーをやってから2ヶ月ほどたった2月の中旬

やはり、いつも君のことを目で追っている毎日

もうすぐ卒業。卒業したらもう君に逢えなくなる

どうにかしたいけど、なにも出来ない俺

在圣诞节与S、H两人度过只有男人的聚会之后两个月左右,2月的中旬

果然,那依然是视线不停追着妳在跑的每一天

已经很快就要毕业,毕业的话就再也见不到妳了

虽然很想做些什么,然而什么都做不到的我

 

Sは卒業前にタイミングをみて君に告ると言ってるし

俺だって君に胸のうちを、さらけ出したい

でもやっぱりできなくて自分で自分のこと嫌になる

S说要在毕业前找准时机对妳告白

我也很想对妳敞开心扉

然而真的是深深痛恨着做不到这一点的自己

 

そんな事が続くある日のこと

持续着这种日子的某一天

 

クラスでは男子生徒達が「何個もらった?」とか「今年も0個だよorz」みたいな会話をしている

もちろん俺が一つも貰えるわけもなく、SやHももらっているようではなっかた

少しは君に期待していたけど、君との関係が気まずくなっていたから諦めていたんだ。

班里的男生一直进行着「拿到了几个?」、「今年也是0个啊Orz」类似这样的对话

当然我也是一个都没拿到,S和H好像也没有拿到的样子

虽然对妳抱有着期待,但是和妳的关系都已经变成那样了,所以说实话都已经放弃了

 

その日の学校からの帰り道、いつも君と別れていた交差点。

雪の降るなか君が立っていたんだよね。

俺はそっと近づいていく。君は俺の方を向く。そして

君「あ、あのさ一応イベントだから・・・」

小さなリボンが付いた箱を俺に差し出ている

然而在那一天,放学回家的路上,以前每次和妳分别时的交叉点

雪花不停飘落着,妳却地站在了那里

我轻轻地走近,妳也转向了我的方向,然后

妳「那、那个啊,姑且是节日所以・・・」

妳把打上了丝带的小小盒子递给了我

 

俺「お、俺に?」

君「うん・・・」

俺「ありがとう・・・」

君「それじゃぁ帰るね」

そう言うと君は帰っていった

俺は受け取った小箱をポケットに仕舞いダッシュで家に帰る。

我「给、给我的?」

妳「嗯・・・」

我「谢谢妳・・・」

妳「那我回去了哦」

说完后,妳就回去了

我把小盒子塞进口袋,迫不及待地冲回了家里

 

37:速民名無しさん[sage]: 2010/05/26(水) 22:31:51.97 ID:Xmrow6w0

早く続きを。。。

敲碗求后续。。。

 

38:速民名無しさん[sage]: 2010/05/26(水) 22:48:25.33 ID:Fs.nMnUo

期待しないでまってるよ

虽然没抱太多期待但是等着你噢

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
  1. 匿名

    看的人很想哭啊……

    2017年6月2日 01:01来自移动端 回复
  2. 忍不住去2CH看完了原帖 感动

    2015年1月19日 15:04来自新浪微博 回复
    • lu

      嗯嗯,所以看完我就觉得一定要翻译过来

      2015年1月19日 18:36 回复
  3. 看到这我觉得这男的活该,喜欢却又好面子嘴硬不说,真令人不愉快的人

    2015年1月19日 07:01来自移动端2 回复
    • lu

      嘛……要说活该也确实是活该…………不过倒也不能说是好面子,只能说是心理年龄低了点吧……只不过很多人在小学,初中时表现出的羞涩感男主在高中的时候依然持续着

      2015年1月19日 08:051 回复
返回顶部