7Nov

『长篇故事・2ch』青梅竹马春天就要去大阪读大学了(八十四)

时间: 2018-11-7 分类: 青梅竹马春天就要去大阪读大学了 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

157:一夜 ◆Ifzsr.6s6Q : 2007/02/22(木) 23:23:13.26 ID:3EnTn68aO

というわけでバス

幼「うぅ…髪が……」

俺「…………」

幼「せっかく巻いたのに……」

俺「知らんがな」

幼「一夜のせいじゃん」

俺「!?」

就是这样,上了巴士

青「呜呜…头发……」

我「…………」

青「难得花时间缠好的……」

我「不关我事哦」

青「一夜的错哦」

我「!?」

 

悪くない。俺はちっとも悪くないはずだ。

裁判員の十割は無罪判決を進言するだろう。

起こせとは言ったが布団の中には招いていない。

むしゃくしゃしたので何かしてやりたくなり安価

こいつで幼なじみをギャフンと言わせてやるぜ

我没错。我应该一点错也没有才对

所有判官都会提议无罪判决的吧

确实让她叫我起床,但可没有叫她钻被窝里

因为有点生气想做些什么于是执行安价

要让青梅竹马服输

 

俺「…………」

幼「…………」

俺「……(突然立ち上がる)」

幼「……?」

ビーッ

幼「!!??」

我「…………」

青「…………」

我「……(突然起身)」

青「……?」

青「!!??」

 

161:愛のVIP戦士 : 2007/02/22(木) 23:30:11.01 ID:rJ1OX/BX0

やりやがったwwwww

老弟,你怎么回事wwwww

 

159:愛のVIP戦士 : 2007/02/22(木) 23:25:54.52 ID:Vhl79+yNO

幼いちいちかわいいんだよ

青梅竹马好可爱

 

163:一夜 ◆Ifzsr.6s6Q : 2007/02/22(木) 23:34:49.83 ID:3EnTn68aO

幼「何で押したの!?」

俺「いや……」

幼「下りるとこ次だよ!?」

俺「いや…あの……」

幼「何やってんだか…」

俺「次のバス停で銃持った男が乗ってくるから…」

幼「…………」

青「为什么要按!?」

我「那是……」

青「下一站才下车哦!?」

我「不…那个……」

青「在做什么啦…」

我「因为下一站会有持枪男子上车…」

青「…………」

 

俺「いや……僕の計画に狂いはない…よ」

幼「…………」

俺「Y……僕の勝ちだ」

幼「…………」

俺「…………」

幼「…………」

俺「すいませんっした」

我「不……我的计划时完美无缺的…哦」

青「…………」

我「Y……是我赢了」

青「…………」

我「…………」

青「…………」

我「对不起我错了」

 

お婆さんが下りてくれたので助かりました

ちなみに指名手配中の銀行強盗犯もFBIもシブタクも乗って来ませんでした

还好有个老奶奶下车了

顺带一提通缉中的银行抢劫犯也好FBI也罢都没上车

 

168:愛のVIP戦士 : 2007/02/22(木) 23:36:06.99 ID:rJ1OX/BX0

これは厳しいwwwwwwwww

这真是wwwwwwwwww

 

175:一夜 ◆Ifzsr.6s6Q : 2007/02/22(木) 23:49:47.32 ID:3EnTn68aO

というわけでここらじゃ最大級のショッピングセンターに到着。

平日なので可哀相なくらい過疎っぷりだが土日になると凄いらしい。

もちろん俺は一人でこんな所にまで来ようとは思わないため今日が初めてだ。

たとえ友達が出来たとしても流石に男とここはないだろう……

就是这样,来到了这一块规模最大的购物中心

因为是工作日所以看上去很荒凉但一到双休日好像会换一番景象

当然,我一个人是不会特意到这种地方来的,因此今天是第一次

就算交到朋友,也不会特意跟男人来这种地方吧……

 

幼「こっちだよー」

俺「ほぇー……」

幼「蛇行歩きしないの」

俺「はぁー……」

幼「上向くな!口閉じろ!柱迫ってるから!」

青「这边啦」

我「呼诶……」

青「不要走蛇步」

我「哈啊……」

青「不要抬头看!闭上嘴巴!小心撞到柱子!」

 

初めてきたもので大きさに圧倒される俺。

何だこれ。ホテルみたいな作りなのに店がいっぱいあるぞ!

おお、吹き抜けだと!?上(二階)が見えるぞ!!陽の光が入ってくるのか……あ、あたたかい!!

初来乍到从被规模之大所震惊的我

这里怎么回事。明明是旅馆一样的构造里面却有好多店铺

喔喔,竟然有风吹进来!?能看到上面(二层)!!阳光射进来了吗……好、好暖和!!

 

俺「ふわー……」

幼「勝手に歩かないで!」

俺「うんわかった」

幼「返事だけは良いんだから……」

俺「代理店はここかな?」

幼「そこエステだから!こっちだよ」

我「呼哇……」

青「不要到处乱跑!」

我「嗯,知道了」

青「就只有回答比较老实……」

我「代理店是这里吗?」

青「那里是美容店啦!这边啦」

 

俺「なるほど!ここだな!」

幼「ここって何?」

俺「いや、なんとなく」

幼「一人でこればよかった……」

俺「なに?メシ屋だけでこんなにあるのか…何食べよう!!」

幼「…………」

俺興奮しまくり 幼なじみ若干引き気味

だがそれがいい

我「原来如此! 是这里吧!」

青「这里是哪里?」

我「我也不知道」

青「早知道一个人来了……」

我「纳尼?光是吃的地方就有这么多…要吃什么好呢!!」

青「…………」

对我那兴奋的样子 青梅竹马一阵无语

然而这样才好

 

260:一夜 ◆Ifzsr.6s6Q : 2007/02/24(土) 16:59:31.15 ID:ChJBEEDO

代理店に到着。他にも客がいた。おじさんと普通の幸せそうな家族連れだ。

待ち時間暇なので俺は沖縄のパンフを手に取る。

到达代理店。除了我们以外也有其他客人。大叔和看上去很幸福的一家人

 

俺「西表 ←これなんて読むでしょう」

幼「にしおもて…あっ!にしひょう!」

俺「言い直しても違う」

幼「なんだよう…」

俺「今帰仁 ←これは?」

幼「いま…かえ…あっ、きじん」

俺「ブッブー」

我「西表←这个怎么读?」

青「ni shi o mo te … 啊! 是 ni shi hyouu !」

我「就算改口也还是错了」

青「是什么啦…」

我「今帰仁 ←这个呢?」

青「ima…kae…啊,kijin」

我「回答错误~」

 

幼「むう……それより答えは!?」

俺「片腹痛い!お前に教える答えなどないわ!」

幼「なんだよう…」

俺「じゃあゲームに勝ったら教えてやろう」

幼「ほんとに?」

青「姆……那答案是什么!?」

我「笑死我了! 才不告诉你呢!」

青「为什么啦…」

我「那来玩游戏吧,赢了就教你」

青「真的?」

 

俺「返事したら負けな」

幼「うん!」

俺「…………」

幼「…………」

俺「…………」

幼「……ぐすん」

我「回应的话就算输了哦」

青「嗯!」

我「…………」

青「…………」

我「…………」

青「……呜」

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 2 条评论
  1. 那牛喝多

    有人在看哦

    11月12日 22:47来自QQ 回复
  2. kuri

    萌死我

    11月12日 20:58来自移动端 回复
返回顶部