25Sep

『长篇故事・2ch』青梅竹马春天就要去大阪读大学了(七十九)

时间: 2018-9-25 分类: 青梅竹马春天就要去大阪读大学了 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

15:一夜 ◆Ifzsr.6s6Q : 2007/02/20(火) 22:43:12.47 ID:ChqeUA+A0

近い近い近い近い……どうしてこんなにもガレージは広いのに。

どうしてこんなに地球は広いのに小さいことで日とは争うの?

それにしてもちっこい幼なじみはあったかい。

好近好近好近好近……为什么呢明明车库那么宽广

为什么地球那么大,人们却都为些小事争个没完?

不过话说回来小小的青梅竹马好暖和

 

まさに等身大カイロ。この機会に是非みなさまもお買い求めください。

これ買わない手はない。嘘ではない。恐るべき効果を発揮します。

寒い冬もこれひとつでおkです。使い捨てではありません。但し中毒性はございます。

用法・用量をお守りください………ってばかぁぁぁぁああああぁぁ

正可谓是等身大的暖炉。趁这个机会大家请务必购买

这个必须要买,不是说谎的,发挥着惊人的效果

就算是最寒冷的冬天,只要有一个就行了。不是那种一次性的,但是有一定成瘾性。

请务必遵守用法・用量……… 我在犯什么蠢啦啊啊啊啊

 

幼「寒いね」

俺「………え?」

幼「寒くないの?」

俺「いや………」

幼「ん?」

俺「結衣がいない側だけ寒い」

幼「………」

俺、きっもおおおおぉぉぉおおおお

サムッ!お前が寒いわ!!

青「真冷啊」

我「………诶?」

青「不冷吗?」

我「不………」

青「嗯?」

我「在结衣旁边就不冷」

青「………」

我,好恶心啊啊啊啊

冷! 冷的是你啊!!

 

16:愛のVIP戦士 : 2007/02/20(火) 22:43:58.69 ID:ZeoCeZUg0

>>15

俺買うわ

>>15

我买了

 

18:愛のVIP戦士 : 2007/02/20(火) 22:45:18.15 ID:ibnyNgozO

PS3よか安い?

比PS3便宜?

 

19:愛のVIP戦士 : 2007/02/20(火) 22:45:40.80 ID:a4ZGQA62O

いっちーそれでいいんだよ

>>1这样就行哦

 

27:一夜 ◆Ifzsr.6s6Q : 2007/02/20(火) 22:53:20.11 ID:ChqeUA+A0

幼「………さむ」

俺「…………」

俺のもはや一生に一度きりであろうキザ(?)な台詞。

それは幼なじみの一言、「さむ」で片づけられてしまった。

誰かナンテコッタイのAAを。いや、だがそれがいい。

青「………冷」

我「…………」

恐怕是我这辈子唯一一句的装腔作势(?)的台词

就这么被青梅竹马的一句「好冷」给概括了

谁发个怎么会这样的字符画过来。啊,不过这样就好

 

幼「あー、どうしよう、真剣に寒くなってきた」

俺「……………」

幼「こごえてしんじゃうよぅ」

俺「………ゴメン」

青「啊~,怎么办,真的开始冷起来了」

我「……………」

青「要冷死辣」

我「………对不起」

 

幼「えー?なにー?」

俺「ゴメンナサイ」

幼「きこえませーん(小学生みたいに」

俺「(このアマ………)」

どうにかこいつをぎゃふんと言わせてやりたい。(死語)

そう考えた俺の頭右斜め45度の位置で、電球が灯った。(古い)

最後の安価が残されている。

青「诶?你说什么?」

我「对不起」

青「我听不见~(像小学生那样」

我「(这女人………)」

真想让这家伙说我输了。(死语)

正当我这么想着,位于我脑袋斜右侧45度角的位置,电灯闪了一下

我想起还剩最后一个安价

 

28:愛のVIP戦士 : 2007/02/20(火) 22:53:56.57 ID:ZeoCeZUg0

/(^o^)\ナンテコッタイ

/(^o^)\怎么会这样

 

36:一夜 ◆Ifzsr.6s6Q : 2007/02/20(火) 23:02:17.90 ID:ChqeUA+A0

滝廉太郎。wikiがなくても誰でどんな人かは分かる。

顔もすぐに出てくる。中学の時音楽の教科書に載っていた。

俺の子供心溢れる落書きによって全く違う人間に変わり果てたのもいい思い出だ。

俺「………ぬる……」

幼「え?」

俺「ぬる……ぽっぽっぽー」

幼「………は?」

俺「豆が欲しいかい?」

幼「は?」

滝廉太郎。就算没有wiki大家也知道那是谁

脑子里能够鲜明浮现出形象。初中时的音乐课本上有

被我那满溢而出的玩心的涂鸦搞成了完全不同的人也是个很棒的回忆

我「………null……」

青「诶?」

我「null……ptrptrptr」

青「………哈?」

我「想要豆吗?」

青「哈?」

 

俺「だから、豆が欲しいかい?」

幼「いきなり何?」

俺「荒城月ー荒城月ー」

幼「……………」

俺「荒城月がドッキングー♪」

幼「……………」

俺「荒城月わーる!荒城衝き割ーる!!」

我「所以说,想要豆吗?」

青「突然间在说什么?」

我「荒城月ー荒城月ー」

青「……………」

我「荒城月docking♪」

青「……………」

我「荒城月恶!荒城月割!!」

 

幼「もうわけわかんない……死ねよもう」

俺「死なない!20までは!絶対に!」

幼「はぁ?」

知っている全ての知識を使い果たした。

青「莫名其妙……去死啦」

我「绝对不能死! 直到20为止! 绝对!」

青「哈?」

把我所知的知识全都用尽了

 

37:愛のVIP戦士 : 2007/02/20(火) 23:03:02.32 ID:wURlDmDt0

カオスwwwww

混沌wwwww

 

45:愛のVIP戦士 : 2007/02/20(火) 23:15:41.76 ID:wT2jDMG/O

メダフォースぜんたいこんらん発動!

幼はこんらんした

いっちーはこんらんした

绝对混乱发动!

青梅竹马混乱了

>>1混乱了

 

51:一夜 ◆Ifzsr.6s6Q : 2007/02/20(火) 23:22:15.86 ID:ChqeUA+A0

幼「滝廉太郎?」

俺「そう!それ!」

幼「何言ってるのかと思ったよーww」

俺「よく分かったなー」

青「滝廉太郎?」

我「对! 就是那个!」

青「还在想你在说什么ww」

我「真亏你能知道啊」

 

幼「選択音楽だったからさ」

俺「へぇー」

幼「うち、吹奏楽部だったんだよ」

俺「フルートだっけか」

青「毕竟我选修了音乐呢」

我「喔」

青「我可是吹奏乐社的呢」

我「是吹横笛来着?」

 

幼「そう」

俺「あれ難しいんだろ?(スレで得た知識)」

幼「よく知ってるねー」

俺「まあね(誰かしらんがGJ)」

空気の移り変わり

シリアス→あま~い→シュール→カオス→ぼのぼの(今ここ)

青「对对」

我「那个很难的吧?(从帖子里得到的知识)」

青「真亏你知道啊」

我「嘛(虽然不知道是谁不过GJ)」

于是氛围发生变化

严肃→甜→超现实→混沌→暖烘烘(现在在这里)

 

54:愛のVIP戦士 : 2007/02/20(火) 23:24:14.62 ID:a4ZGQA62O

>>51

(*´Д`*)ホンワカ

>>51

(*´Д`*)暖烘烘

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 2 条评论
  1. 那牛喝多

    太甜了吧

    10月26日 21:37来自QQ1 回复
  2. 好像被妹妹甩了的样子的家伙

    有你的冬天不冷

    9月28日 09:541 回复
返回顶部