12Sep

『长篇故事・2ch』青梅竹马春天就要去大阪读大学了(七十七)

时间: 2018-9-12 分类: 青梅竹马春天就要去大阪读大学了 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

888:一夜 ◆Ifzsr.6s6Q : 2007/02/20(火) 20:11:02.73 ID:ChqeUA+A0

ただいま

我回来了

 

892:二夜 : 2007/02/20(火) 20:12:27.09 ID:CXOJYS3nO

ただいま

我回来了

 

895:三夜 ◆WJxIi/q0mE : 2007/02/20(火) 20:15:47.59 ID:4EqRww510

おかえり

番赢肥来

 

896:一夜 ◆Ifzsr.6s6Q : 2007/02/20(火) 20:21:06.14 ID:ChqeUA+A0

とりあえずいつも通り報告はじめます

总之跟往常一样开始报告

 

902:一夜 ◆Ifzsr.6s6Q : 2007/02/20(火) 20:38:23.17 ID:ChqeUA+A0

幼なじみの家へ向かい、前と同じガレージへ。

今日の幼なじみの格好は白スウェットに黒のファージャケット。

今までスウェットなんて、と思っていたが少し好きになった。

前往青梅竹马家,跟上次一样来到了车库

今天青梅竹马的打扮是白色的汗衫+黑色的夹克衫

虽然至今为止都对汗衫不感冒不过稍微有点喜欢上了

 

幼「おす」

俺「おぃっす」

幼「寒いね」

俺「寒いな」

ここで時間を確認する振りをしながら安価確認。

眼鏡は何とかするとして他は出来そうだ。

青「哟」

我「喔」

青「好冷呢」

我「好冷啊」

在这里装作确认时间,看了下安价内容

眼镜要想点办法不过其他的应该没什么问题

 

903:愛のVIP戦士 : 2007/02/20(火) 20:39:11.65 ID:a4ZGQA62O

スウェットktkr

汗衫来了

 

906:一夜 ◆Ifzsr.6s6Q : 2007/02/20(火) 20:45:14.95 ID:ChqeUA+A0

幼「はい、これ」

幼なじみから一枚の紙を受け取る。

コピー用紙。名前を書く所だけで印はいらないようである。

許可書というわりには適当感が見られる。まあこんなものか。

とにかくこれを書いて木曜日に持っていけばチケットが手に入る。

青「这个给你」

青梅竹马拿出了一张纸

是复印纸。好像只是写上名字就可以不需要盖章

作为许可证来说有点随意的感觉。嘛,也就是这么回事吧

总之填上这个,星期四带过去的话就能拿到票了

 

幼「それとこれ」

俺「お?」

幼「義理だから」

俺「はいはい」

チョコゲットだぜ!………が、

青「然后给你这个」

我「喔?」

青「只是人情巧克力哦」

我「知道啦知道啦」

巧克力GET!………不过

 

俺「手作りじゃないのか」

幼「いや、めんどくさいじゃん」

俺「そうですか」

幼「ソレいいやつなんだからね」

俺「うん。ありがとうございます」

貰えることに意味がある。そう思った。

我「不是手制品啊」

青「那个很麻烦的不是嘛」

我「是吗」

青「这个很好吃的哦」

我「嗯。谢谢咯」

重要的不在于巧克力而是拿到巧克力这件事。我如是想道

 

909:愛のVIP戦士 : 2007/02/20(火) 20:47:23.05 ID:a4ZGQA62O

きっと幼もあげることができて嬉しがってるぜ

我想青梅竹马也会因为能够送出巧克力而高兴的哦

 

908:一夜 ◆Ifzsr.6s6Q : 2007/02/20(火) 20:46:53.68 ID:ChqeUA+A0

すまん風呂入ってくるノシ

抱歉去洗一下澡88

 

910:愛のVIP戦士 : 2007/02/20(火) 20:47:25.37 ID:Ou7H7Fgy0

うおおおおおおおいい!!!

生殺し

呃啊啊啊啊啊啊啊!!!

吊人胃口

 

927:一夜 ◆Ifzsr.6s6Q : 2007/02/20(火) 21:29:55.06 ID:ChqeUA+A0

チョコをふと見る。見覚えのある包装に、何より見覚えのある花飾り。

これおかんから貰ったチョコにも付いてたなぁ……

俺の記憶違いであることを祈りながら、安価実行。

袋からチョコを取り出し、それを天高く掲げながら敬う。

瞄了一眼巧克力。挺眼熟的包装,而且是见过的花饰

记得老妈给过我的巧克力也有这个花饰呢……

边祈祷着是自己记错了,边实行安价

从袋子里取出巧克力,然后高高举起进行拜祭

 

俺「うほっ、いいチョコ」

幼「…………」

俺「この子はねぇ~とってもいい子なんですよ~」

幼「…………」

俺「こいつぁーご機嫌なおやつタイムになりそうだぜぇ!!」

幼「…………」

我「唔吼,这是好巧克力」

青「…………」

我「这孩子~是很乖的孩子哦~」

青「…………」

我「看样子~能有个心情愉悦的点心时间了呢!!」

青「…………」

 

俺「来年もよろしく!期待してるぞ!!」

幼「………いや、あげないよ」

俺「…………」

幼「…………あげない」

俺「…………」

我「明年也拜托了!我期待着哦!!」

青「………不,不会给的哦」

我「…………」

青「…………不会给」

我「…………」

 

929:愛のVIP戦士 : 2007/02/20(火) 21:33:02.69 ID:apbvi9Vf0

これはやばくない?

もう立て直しきかなくなってるとか…

这不太妙吧?

事后修复已经无效了吗…

 

932:愛のVIP戦士 : 2007/02/20(火) 21:35:27.74 ID:ibnyNgozO

あわわわわ

啊哇哇哇

 

938:一夜 ◆Ifzsr.6s6Q : 2007/02/20(火) 21:39:57.64 ID:ChqeUA+A0

幼「っていうかあげられないし」

俺「そりゃそーか」

幼「でしょ」

俺「まあ嬉しかったよ、ありがとな」

幼「うぅー………」

さり気なく安価実行。頭なでなで。

青「话说我又没办法给」

我「说的也是呢」

青「对吧」

我「嘛,我很高兴哦,谢谢」

青「唔………」

若无其事地实施安价,摸摸头

 

ちっこいくせに子供扱いされることを嫌う幼なじみは不満そうだが、

何故か手を払おうとしない。

このままなでていてもよかったが、まだ安価は残っている。

明明个子那么小,却不喜欢被当做小孩的青梅竹马虽然一脸不情愿

却不知道为什么不挥开我的手

就这样继续摸着虽然也没问题,但还有没执行完的安价

 

俺「そぉぃっ」

幼「!? ビクッ」

油断していた幼なじみの手を取り、甲に口を………

幼「えいっ」

ドゥクシ!!

我「看招」

青「!? 吓」

趁青梅竹马不注意,拿起青梅竹马的手,对准指甲用嘴………

青「喝啊」

duang!!

 

俺「ひでぶっ」

つうこん の いちげき!

あたま パーツに 18の ダメージ!

ていしの こうかが はっせい !

いちやは しばらく うごけない !

我「好痛」

痛恨 的 一击!

头部 受到了 18点 伤害!

停止的 效果 发生 !

一夜 暂时 无法动弹 !

 

941:愛のVIP戦士 : 2007/02/20(火) 21:41:44.82 ID:ibnyNgozO

うはっwwww 踏んだり蹴ったりwwwwwwww

唔哈wwww 又踹又踢的wwwwwwww

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 1 条评论
  1. 匿名

    翻译辛苦了,
    好想要个青梅竹马啊。

    9月13日 00:50来自移动端 回复
返回顶部