3Aug

『短篇创作・2ch』女演员「什么,让我开展床上业务!?」

时间: 2018-8-3 分类: 每日一笑 作者: S菌

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1973690.html


 

女優「枕営業しろ、ですってぇぇぇ!?」

女演员「什么,让我开展床上业务!?」

 

1: 2017/02/20(月) 21:32:30.776 ID:8+jsJn5V0.net

女優「そんなのできるわけないでしょう? 私にだってプライドがあります!」

監督「次のドラマの主演が欲しいんだろう?」

監督「君のような若手がいい役を欲しいのなら、それぐらいの努力は必要だと思うがねえ」

女優「ぐ……!」

女優「分かりました! やりますよ、やればいいんでしょ!」ヌギ…

女演员「怎么可能做那种事情?我也是有尊严的!」

导演「不是想要下一部电视剧的主角么?」

导演「像你这种新人想要好角色的话,我觉得这种程度的努力是必要的噢」

女演员「可恶……!」

女演员「知道了,我做,做了就行了吧!」脱…

 

監督「なんでいきなり脱ぎ出すんだ?」

女優「え、だって枕営業――」

監督「ああ、枕はちゃんと用意してある。ふわふわの特別製をな」

女優「ま、まさか……枕営業って……」

監督「そうだ、枕を売ってこい!」

导演「怎么突然开始脱衣服了?」

女演员「嗯?不是床上业务——」

导演「啊,枕头的话已经准备好了。软绵绵的特别版」

女演员「难,难道……床上业务是……」

导演「是的,给我去卖枕头!」

 

5: 2017/02/20(月) 21:35:25.312 ID:jiIOMIwcr.net

普通?の枕営業よりハードかもしれんな

比起普通?的床上业务来说说不定更加难啊

 

6: 2017/02/20(月) 21:35:32.429 ID:8+jsJn5V0.net

監督「見ろ、この枕の山を!」

ジャン!

女優「……いくつあるんですか?」

監督「100個だ。これを全部売り捌けたら、主演にしてやろう」

女優「100個も!?そんなに売れるわけないじゃない!」

导演「看啊,这枕头山!」

Duang~!

女演员「……这里有多少个?」

导演「100个。把这些全部推销完了的话,就让你当主演吧」

女演员「100个!?怎么可能能卖完!」

 

7: 2017/02/20(月) 21:37:03.696 ID:WpxY7Nvea.net

電波少年でやってそうなネタだな

感觉是《电波少年》会出的梗

 

10: 2017/02/20(月) 21:37:54.497 ID:pSO0vJXt0.net

>>7

懐かしい・・・

>>7

好怀念…

 

8: 2017/02/20(月) 21:37:21.378 ID:8+jsJn5V0.net

監督「なら諦めるか?」

女優「……」

監督「別にかまわんぞ? 今構想してるドラマの主演は君でなくてもいいんだ」

女優「分かりました……やります!」

監督「君ならそういってくれると信じていた。頑張ってくれたまえ」

导演「那要放弃么?」

女演员「……」

导演「我是没关系的哦?现在在构思的电视剧里主演不由你来当也没有问题」

女演员「知道了……我会做的!」

导演「我就相信你会这么说的。去努力吧」

 

12: 2017/02/20(月) 21:40:03.271 ID:8+jsJn5V0.net

ジャン!

Duang~!

 

女優(枕といえど、100個集まるとなかなか壮観ね)

女優(やりますといったものの、どうすればいいのかしら……)

女優(とりあえず、枕を持って手当たり次第に売りつけてみるしかないわね)

女演员(虽说是枕头,100个放在一起也是十分壮观啊)

女演员(就算要去推销,但是该怎么办才好呢……)

女演员(看来只能先拿着枕头随便兜售了)

 

14: 2017/02/20(月) 21:42:58.590 ID:8+jsJn5V0.net

女優「すみませーん」

サラリーマン「はい?」

女優「私、枕のセールスレディなんですけど、枕いりませんか?」

サラリーマン「結構です」スタスタ

女優「!」ガーン

女優(なにくそ!この程度で諦めるもんか!)

女演员「打扰一~下」

社畜「嗯?」

女演员「我是卖枕头的,请问需要枕头吗?」

社畜「多谢你的好意」走人

女演员「!」当头一棒

女演员(不行!怎么能这样就放弃!)

 

15: 2017/02/20(月) 21:45:30.162 ID:8+jsJn5V0.net

女優「枕いりませんか?」

主婦「間に合ってますので」

女優「枕欲しくない?」

青年「枕変わると眠れなくなるタイプなんで……」

女優「枕いかがです?」

老人「わしには婆さんの膝枕があるから結構ですじゃ」

女演员「需要枕头吗?」

主妇「已经有了」

女演员「不来个枕头吗?」

青年「我是那种换了枕头就睡不着的类型,所以……」

女演员「请问要枕头吗?」

老人「我这个老头已经有老婆子的膝枕了所以不需要」

 

16: 2017/02/20(月) 21:46:58.846 ID:xp88cLXyr.net

ジジイwww

这老头www

 

17: 2017/02/20(月) 21:48:40.861 ID:pSO0vJXt0.net

ジジイ、幸せそうじゃねえか・・・

这老头看上去很幸福啊……

 

18: 2017/02/20(月) 21:49:14.979 ID:8+jsJn5V0.net

女優「――ダメ、全然売れない!」

女優「はぁ~、どうすればいいのかなぁ……」

ファン「あのー……」

女優「なんですか?」

ファン「あなたって女優さんですよね?」

女優「あらやだ、変装してるのによく分かったわね」

ファン「そりゃもう! ぼく、あなたの大ファンですから!」

女優「どうもありがとう」

女優(私もまだまだ捨てたもんじゃないわね)

女演员「——不行,完全卖不出去!」

女演员「啊—,我该怎么办啊……」

粉丝「那个——……」

女演员「怎么了吗?」

粉丝「你是女演员桑吧?」

女演员「啊呀,就算变了装也还是能认出来呢」

粉丝「那是当然的!我可是你的大粉丝!」

女演员「那真是谢谢了」

女演员(看来我还没过气啊)

 

19: 2017/02/20(月) 21:52:10.399 ID:8+jsJn5V0.net

ファン「サインいただいてもよろしいですか?」

女優「サイン? どうぞどうぞ」サラサラッサラッ

ファン「ありがとうございます!」

ファン「ところで、こんなところで何してるんです?」

女優「枕営業」

ファン「枕営業!!?」

粉丝「能签个名吗?」

女演员「签名?当然可以」写写

粉丝「谢谢!」

粉丝「话说,你在这地方干什么呢?」

女演员「开展床上业务」

粉丝「床上业务!!?」

 

20: 2017/02/20(月) 21:55:27.083 ID:8+jsJn5V0.net

ファン「そ、そ、そ、そんな! な、な、な、なんてことを!」

ファン「あなたなら枕営業なんかする必要ないですよ! すぐやめて下さい!」

ファン「ていうか、通行人相手に枕営業しても意味ないでしょう!」

女優「ああ、違うわ」

女優「私は本当に枕を売ってるのよ」

ファン「は?」

粉丝「什,什,什,什么!为,为,为,为什么要做这种事情!」

粉丝「你根本没必要做这种事情啊!快停下吧!」

粉丝「话说回来,对路人开展床上业务也没必要啊!快点停下吧!」

女演员「啊,你理解错了」

女演员「我是真的在卖枕头」

粉丝「蛤?」

 

21: 2017/02/20(月) 21:57:17.009 ID:8+jsJn5V0.net

ファン「……枕を100個売れば、次のドラマの主演?」

女優「そうなの。だけどまだ一つも売れなくて……」

ファン「……」

ファン「だったらぼくが100個買いますよ!」

女優「え、ホント!? そうしてくれると助かるわ!」

ファン「なあに、あなたのためならお安い御用ですよ!」

粉丝「……只要能卖100个枕头,就能成为下个电视剧的主角?」

女演员「是的。但是一个都还没卖出去……」

粉丝「……」

粉丝「那么我就把100个枕头都买下吧!」

女演员「真的吗!那真是帮大忙了!」

粉丝「没什么,只要是为了你的话小菜一碟啦!」

 

22: 2017/02/20(月) 22:00:48.216 ID:8+jsJn5V0.net

ファン「今手持ちないんで、お金を下ろしてきますね!」

女優「よろしくね!」

女優(ふぅー……これで主演は私のものね)

女優「……」

女優「――ちょっと待ったァ!!!」

粉丝「因为我没带钱,所以去取钱了啊!」

女演员「嗯!」

女演员(呼~这样一来主角就是我的了)

女演员「……」

女演员「——慢着!!!」

 

24: 2017/02/20(月) 22:04:47.101 ID:8+jsJn5V0.net

ファン「なんです?」

女優「ダメ! やっぱりダメ!」

女優「やっぱり、今の無し!」

女優「これをやっちまったら……人の道から外れてしまう!」

ファン「でもファンに金落とさせるなんて、芸能人ならみんなやってるでしょう?」

女優「でもダメなの!」

女優「私の中の“女優魂”がそういってるの……」

女優「今ここであなたに枕を売ってしまったら……絶対一流にはなれないって!」

ファン「……」

粉丝「怎么了吗」

女演员「不行!果然还是不行!」

女演员「刚才说的不算数!」

女演员「如果这样做了……就会偏离人之道了!」

粉丝「但是让粉丝掏钱是所有艺人都在做的事哦?」

女演员「就是不行!」

女演员「我内心里的“女演员之魂”这么说了」

女演员「假如我把枕头卖给你的话……就绝对无法成为一流的演员!」

粉丝「……」

 

25: 2017/02/20(月) 22:05:33.522 ID:oiioKRsA0.net

良い人

是好人

 

26: 2017/02/20(月) 22:06:54.782 ID:8+jsJn5V0.net

ファン「分かりました」

ファン「それじゃ、ぼくが買うのはやめます」

女優「悪いわね」

ファン「だけど、あなたの枕営業に協力させて下さい! お願いします!」

女優「それならオーケーよ! 大歓迎だわ!」

粉丝「我知道了」

粉丝「那么我就不买了」

女演员「抱歉」

粉丝「但是!得让我帮助你开展床上业务!拜托了!」

女演员「当然可以啦,欢迎欢迎」

 

28: 2017/02/20(月) 22:10:24.028 ID:8+jsJn5V0.net

女優「でも、枕ってどうやったら売れるんだろう?」

ファン「枕を頻繁に変えたり、コレクションしてる人は少ないでしょうし」

ファン「闇雲に売りつけても、成果は望めないと思います」

女優「たしかに」

ファン「だから、こっちから枕が必要そうな人を探すんです!」

ファン「たとえば……不眠症そうな人とか!」

女優「なるほど! よし、やってみよう!」

女演员「不过,怎样才能卖掉枕头呢」

粉丝「毕竟频繁换枕头或者收集枕头的人很少」

粉丝「而且没有目的乱卖的话也看不到头啊」

女演员「确实是」

粉丝「所以我们需要去找看起来要枕头的人!」

粉丝「例如……看起来失眠的人之类的!」

女演员「对哦!那就开始吧」

 

29: 2017/02/20(月) 22:14:48.784 ID:8+jsJn5V0.net

公園――

痩せ男「……」

ファン「あそこにいる人、なんだか不眠症そうですよ! 頬がこけてて目が血走ってます!」

女優「たしかに! やたら不健康そうだし! よーし、やってみるか!」

女優「こんにちは」

痩せ男「……なんです?」

女優「あなた最近、眠れてないんじゃない?」

痩せ男「よく分かりますね!」

女優(そりゃ分かるって)

女優「物は試しと思って、この枕を試してみない?」

痩せ男「おおっ、こりゃフカフカですね! ――買います!」

女優(やった!)

公园——

瘦男「……」

粉丝「那边那个人看起来是失眠患者,双颊苍白眼带血丝!」

女演员「确实看起来不太健康! 好,我们去试试吧!」

女演员「您好」

瘦男「……什么事?」

女演员「您最近是不是睡不着?」

瘦男「你居然知道!」

女演员(那是当然)

女演员「凡事就要试一试,要不要试试这个枕头?」

瘦男「噢噢,这个很软啊!——我买了!」

女演员(耶!)

 

30: 2017/02/20(月) 22:16:45.357 ID:8+jsJn5V0.net

女優「やったわ! やっと一個売れた!」

ファン「よかったですね!」

女優「これもあなたのおかげよ!」

ファン「いえいえ、営業トークをしたのはあなたじゃないですか」

ファン「この調子で、安眠を欲してそうな人を探して、枕を売りつけていきましょう!」

女演员「办到了!我终于卖出去一个了!」

粉丝「太好了!」

女演员「这也是你的功劳啊!」

粉丝「不不不,进行推销的不是你嘛」

粉丝「就顺着这个势头找到想要安稳睡眠的人然后卖光枕头吧!」

 

33: 2017/02/20(月) 22:20:44.494 ID:8+jsJn5V0.net

ところが――

女優「なんとか5個売れたけど、残りは95個……100個には程遠いわ」

ファン「不眠症の人なんてそうそういるもんじゃないですからね」

女優「もっとグワーッと売る方法はないかしら?」

ファン「グワーッとですか……」

女優「グワワッでもいいけど」

ファン「となると、コマーシャルですかねえ」

女優「でも私、テレビ局にCMやらせるほどの力はないわ」

ファン「いえいえ、なにもテレビを使う必要はありませんよ」

ファン「路上でやればいいんです!」

女優「路上! 私、ワクワクしてきたわ!」

然而——

女演员「虽然总算卖掉5个了,但是还剩95个……离卖出100个还差得远啊」

粉丝「毕竟失眠的人并不是那么多啊」

女演员「有没有刷的一下子就能卖出去的方法呢?」

粉丝「刷的一下子吗……」

女演员「刷刷的一下子也行」

粉丝「那就,广告吧」

女演员「但是我还没有到可以让电视台出广告的程度」

粉丝「不不不,不需要电视台」

粉丝「在马路上演就好了!」

女演员「马路上!我有点小激动了呢」

 

34: 2017/02/20(月) 22:23:09.078 ID:8+jsJn5V0.net

ズンチャカ♪ ズンチャカ♪

女優「まっくーら! まっくーら!」

ファン「白いよ、やわいよ、フッカフッカ!」

女優「こいつがあれば! 今夜はぐっすり!」

ファン「安眠! 催眠! 冬眠! 永眠!」

女優「ハイハイ!」

……

……

锵♪锵♪锵♪噔♪噔♪噔♪(根据Nico百科语源不明,我也不知道怎么翻)

女演员「枕·头——!枕·头——!」

粉丝「白白的,软软的,超松松!」

女演员「有了这个!睡的香甜!」

粉丝「安眠! 催眠! 冬眠! 永眠!」 (好像有什么不对劲)

女演员「哟!哟!」

……

……

 

35: 2017/02/20(月) 22:24:34.658 ID:pSO0vJXt0.net

ひどいwwww

好过分wwww

 

36: 2017/02/20(月) 22:25:07.990 ID:8+jsJn5V0.net

女優「うーん、イマイチ効果なかったわね……」

女優「私が考えたCMソングのセンスが悪かったかしら」

ファン「その通……そんなことないと思いますよ!」

女優「ふああ……ちょっと疲れちゃった」

女優「寝てもいい?」

ファン「どうぞどうぞ、ちょうど枕もありますし」

女優「寝てる間にイタズラしないでよね」

ファン「しませんよ!」

女演员「Hummm,好像没啥效果啊……」

女演员「是我想的广告歌不行吗……」

粉丝「那是当r……不不不没那种事!」

女演员「啊——感觉有点累了」

女演员「我能睡吗」

粉丝「请,正好有枕头」

女演员「在我睡觉的时候不要恶作剧啊」

粉丝「当然不会!」

 

37: 2017/02/20(月) 22:28:34.469 ID:8+jsJn5V0.net

女優「すぅ……すぅ……」

ファン(女優さんの寝顔を生で見られるなんて夢みたいだぁ……)

ファン「おっと、女優さんが寝てる間に策を練らないと……」

ワイワイ…… ガヤガヤ……

ファン「――なんだ?」

女演员「呼……呼……」

粉丝「居然能看到女演员的睡脸,感觉像是在做梦……」

粉丝「啊对,得在女演员睡觉的期间里想个策略才行……」

吵嚷吵嚷……

粉丝「——怎么了?」

 

39: 2017/02/20(月) 22:33:14.845 ID:8+jsJn5V0.net

通行人A「あの……」

ファン「はい?」

通行人A「この枕、売ってもらえませんか?」

通行人B「ワシにも!」

通行人C「私にも売ってちょうだい!」

ファン「はいっ! 毎度どうもー!」

ファン(どういうことだ!? 枕を欲しがるお客さんが次々と……!)

路人A「那个……」

粉丝「?」

路人A「能把这个枕头卖给我吗?」

路人B「给我这个老头子也来一个!」

路人C「也请卖给我!」

粉丝「好!谢谢惠顾!」

粉丝(什么情况!想要枕头的客人不断的出现……!)

 

40: 2017/02/20(月) 22:35:37.051 ID:8+jsJn5V0.net

女優「うぅ~ん……ぐぅ……ぐぅ……」ギリギリ…

「あの人、ホント気持ちよさそうに寝てるよな」

「きっと枕がものすごくいいからなんだろうぜ」

「テレビで見たことある女優に似てるけど……こんなとこにいるわけないよな」

ファン(そうか! 女優さんが寝てる姿がCMになったのか!)

女演员「嗯~……呼……呼……」

「那个人看起来真的睡的很香啊」

「大概是因为枕头很好吧」

「感觉像电视上看到的那个女演员……不过没可能在这啊」

粉丝「啊!原来是女演员的睡姿成了广告啊!」

 

43: 2017/02/20(月) 22:40:10.006 ID:8+jsJn5V0.net

女優「ふああ……よく寝た……」

ファン「女優さん、あなたが寝てる間に枕が50個売れましたよ!」

女優「へ、なんで!?」

ファン「あなたが眠ってる姿が人々の購買欲をそそったんですよ!」

女優「な、なんですってぇぇ!?」

ファン「食べ物もおいしく食べてるシーンがいい宣伝になることもありますしね」

女優(ただ寝てるだけの方がアピールになる場合もあるのか……うむむ、商売は奥が深い!)

女演员「啊~~~睡了个好觉……」

粉丝「女演员,你睡着的期间里卖出去了50个枕头!」

女演员「? 为什么?」

粉丝「你的睡姿激起了人们的购买欲!」

女演员「你,你说什么?!」

粉丝「就像是美味的吃东西的场景能成为好的宣传那样呢」

女演员(只是睡觉就能宣传啊……Hummm,做生意不简单啊)

 

44: 2017/02/20(月) 22:43:40.792 ID:8+jsJn5V0.net

女優「でも寝てるだけじゃ、つまらないわ」

女優「寝てる間に売れててもイマイチ達成感ないし」

ファン「そりゃそうですね」

女優「残りは……他のやり方で売りたいわ」

ファン「商売ってのは実践あるのみです! 色んなやり方を試してみましょう!」

女優「オーッ!」

女演员「但是只是睡觉的话,感觉有点无聊啊」

女演员「在睡着的时候卖出去总感觉没什么成就感」

粉丝「那当然」

女演员「剩下的……想通过其他方式卖掉啊」

粉丝「做生意就是只能实践!一起来试形形色色的方法吧!」

女演员「吼吼!」

 

45: 2017/02/20(月) 22:47:46.625 ID:8+jsJn5V0.net

女優「へい、らっしゃいらっしゃい!」バンッバンッ

女優「ちょいとそこ行くお兄さん! 顔色ちょっと優れないけど、枕はいらんかえ~」

眼鏡男「買っていこうかな……」

女優「軽くて柔らかいから、枕投げにも最適!」ブンッ

ファン「ぐはっ!」ドカッ

女優「今ならこの枕……なんと手数料無料で買えるんです!」

ファン「こりゃお得だ! 買うしかねえや!」チラッチラッ

女演员「嘿,欢迎光临欢迎光临!」

女演员「请等一下那边的小哥哥!感觉你气色不好,要表枕头啊~」

眼镜男「买不买呢……」

女演员「轻飘飘,柔软软,实乃枕头大战的必备物品!」

粉丝「哇——!」

女演员「如果现在购买的话……竟然!不需要手续费!」

粉丝「这不是超值吗!只能买了!」翻钱包$G1(我感觉是写错了,应该是眼镜男)

 

ワイワイ…… ガヤガヤ……

ファン(コツを掴んだみたいだな……枕が飛ぶように売れていく!)

粉丝(好像掌握了诀窍的样子呢……枕头飞似的被消化掉!)

 

47: 2017/02/20(月) 22:50:43.135 ID:8+jsJn5V0.net

そして――

于是——

 

女優「枕の山がなくなった……やったーっ!」

ファン「ついにやりましたね!」

女優「これもあなたのおかげよ!」

ファン「いや……最後の方はほとんどあなた一人の力ですよ」

ファン「これで、ようやく次のステップに進めますね!」

女優「そうね!」

ファン「ドラマの主演――」

女優「枕、もう100個売るわよ!」

ファン「は!?」

女演员「枕山消失了……搞定了!」

粉丝「终于卖完了呢!」

女演员「这也是你的功劳啊!」

粉丝「并不……最后基本上是你一个人的力」

粉丝「不过,终于能进行到下一阶段了呢!」

女演员「确实!」

粉丝「电视剧的主角——」

女演员「我,还要卖100个枕头!」

粉丝「蛤!?」

 

49: 2017/02/20(月) 22:51:37.833 ID:1WeTm2VI0.net

立派な枕営業女優になった

变成了出色的床上业务女演员

 

50: 2017/02/20(月) 22:54:46.583 ID:8+jsJn5V0.net

女優「監督!」

監督「おお、君か」

女優「枕を100個完売したわ!」

監督「おおっ、よくやった!」

監督(10個も売れれば上出来だと思ってたんだが……)

女優「というわけで、もう100個追加してちょうだい。この商機を逃す手はないわ!」

監督「え!?」

監督「いや、もう枕営業はおしまい……」

女優「早くしなさい! 間に合わなくなっても知らんぞ!!!」

監督「は、はいっ!」

女演员「导演!」

导演「哦哦,是你啊」

女演员「100枕头卖完了!」

导演「哦哦,干得好!」

导演(我还觉得卖了10个就不错了……)

女演员「所以,请追加100个。怎么可能让这个商机逃走呢!」

导演「!!??」

导演「可是床上业务已经结束了……」

女演员「快点!来不及了我也不管了!!!」

导演「是,是!」

 

51: 2017/02/20(月) 22:57:45.320 ID:8+jsJn5V0.net

女優「監督に頼んで、枕を1000個追加したわ!」

ファン「1000個!?」

女優「これを売って売って売りまくるのよ! 世の中に安眠を届けるのよ!」

女優「いいわね! もう私たちは突き進むしかないのよ!」

ファン「……ぼくはどこまでもついていきます!」

女優「こうなると、本格的に営業所が欲しいわね。あとマーケティングもしっかりしなくちゃ……」

女優「病院やホテルなんかにも営業をかけて、と……」

女演员「拜托导演追加了1000个枕头!」

粉丝「1000个!?」

女演员「把枕头大卖特卖!把安眠送到整个世界!」

女演员「我们只能勇往直前了!」

粉丝「……我会一直跟随你的!」

女演员「既然这样了,我想要个正式的营业场所啊。然后市场调查也要搞……」

女演员「像是医院或者酒店那边也要去发展下业务……」

 

52: 2017/02/20(月) 22:59:40.235 ID:pSO0vJXt0.net

あの、映画・・・

那啥,电影呢……

(不是电视剧么)

 

53: 2017/02/20(月) 22:59:44.695 ID:93FC006or.net

女優さん何してんすか

女演员在干啥

 

54: 2017/02/20(月) 23:02:18.924 ID:8+jsJn5V0.net

やがて――

然后——

 

女優「寝具メーカーを立ち上げ、ついに自社ビルを持つまでになったわ!」

女優「副社長、今期の状況はどう?」

ファン「は、黒字であります。このままいけば、一部上場も近いかと……」

女優「今度やる枕フェアの準備は大丈夫?」

ファン「はい、会場は幕張メッセを押さえ、営業部、企画部、開発部、一丸となって進めませております」

女優「ご苦労、さすが私の右腕ね」

ファン「ところで社長」

女優「なに?」

女演员「不仅成立了床上用品公司,还有了单独的的大厦!」

女演员「副社长,现在怎么样了?」

粉丝「现在处于盈余状态。保持这个状态继续下去就接近一部上市了。」

(一部上場:在东京/大阪/名古屋证券交易所第1部上市,上市条件比起第2部的严格)

女演员「下次枕头展销会的准备没什么问题吗?」

粉丝「没有问题。会场决定在了幕張メッセ;同时营业部,策划部,开发部正在协力共进」$G1(幕張メッセ:搬到有明之前的Comike的场所)

女演员「辛苦了,不愧是我的右臂」

粉丝「老板,不过说起来」

女演员「怎么了?」

 

55: 2017/02/20(月) 23:05:59.806 ID:8+jsJn5V0.net

ファン「ずっと前から言おう言おうと思ってなかなか言えなかったんですが……」

女優「私とあなたの仲じゃない、遠慮せずいいなさいよ」

ファン「では申し上げます」

ファン「本業はどうするおつもりですか?」

女優「本業? ……ってなんだっけ?」

ファン「女優業」

粉丝「有件一直想说但是没机会的事情……」

女演员「我们俩谁跟谁啊!不用担心说吧。」

粉丝「那么我要说了」

粉丝「主业打算怎么办呢?」

女演员「主业? ……是什么来着?」

粉丝「女演员」

 

 

 

 

 

女優「あーっ! すっかり忘れてた!!!」

女演员「啊!给忘干净了!!!」

 

56: 2017/02/20(月) 23:10:05.632 ID:8+jsJn5V0.net

女優「ここまで大きくした会社を今さらほっぽり出すのは気が引けるけど」

女優「やっぱり私は女優なのよね……」

ファン「元々私は女優としてのあなたのファンでしたしね……」

女優「分かったわ、この会社は今後あなたに任せるわ」

ファン「お任せ下さい。さらに大きくしてみせます」

女優「頼んだわよ」

ファン「ですが……たまには戻ってきて下さい。この会社はあなたの第二の故郷なのですから……」

女優「……ありがと」

女優(だいぶ回り道をしてしまったけど……私、女優に戻らなきゃ!)

女演员「把亲手壮大的公司干净利落的让出去会很犹豫」

女演员「不过我还是女演员啊」

粉丝「我本来是作为女演员的你的粉丝啊……」

女演员「那我决定了,这个公司以后交给你处理了」

粉丝「还请放心。我会让这个公司更加壮大的。」

女演员「那就拜托了。」

粉丝「不过请偶尔回来一下。这个公司可是你的第二的故乡……」

女演员「……谢谢」

女演员(虽然绕了个大远路……我必须要干回女演员!)

 

58: 2017/02/20(月) 23:13:43.848 ID:8+jsJn5V0.net

女優「ただいま戻りました、監督!」

監督「おおっ、やっと戻ってきてくれたか……」

女優「ところで、今度やるドラマの主演は――」

監督「もちろん君だ!」

監督「君に枕営業をやらせたのにも、理由はある!」

監督「今度のドラマの主役は寝具メーカーに勤めるキャリアウーマンという設定なので」

監督「君に枕を売るという経験をさせたかったのだ……」

女優(やりすぎて、寝具メーカーの社長にまでなっちゃったけど……)

女優「頑張ります!」

女演员「我回来了,导演!」

导演「噢,终于回来了啊……」

女演员「那么,这次电视剧的主演——」

导演「当然是你了」

导演「其实让你进行床上业务是有理由的。」

导演「这次电视剧的主角的设定是在床上用品公司工作的职业女性」

导演「当时想让你能有卖枕头的经验……」

女演员(虽然做过头做到了床上用品公司的老板……)

女演员「我会努力的!」

 

59: 2017/02/20(月) 23:18:19.715 ID:8+jsJn5V0.net

女優「ふん……こうなったらベッド戦争よ!」

女優「ライバル社に負けないベッドを作るのよ! 絶対に!」

俳優「分かりました!」

女演员「哼……既然成这样了……那就只能发动床上战争了!」

女演员「一定要!做出不输给对手的床!」

男演员「遵命!」

 

監督「はいカーット! バッチリだ!」カチンッ

監督(一時はどうなることかと思ったが、いいドラマが撮影できそうだ……)

監督(それにしても彼女、昔はいわゆるいい子で模範的な演技しかできない女優だったが……)

監督(一皮も二皮もむけたようだな……)

……

……

导演「咔——! 完美!」噔

导演(虽然觉得要差点出事了,不过感觉可以拍出个很好的电视剧……)

导演(不过这孩子,明明之前完全就是那种好孩子,只会进行模板式的演技的女演员呢……)

导演(真是有种士别三日的感觉……)

 

61: 2017/02/20(月) 23:24:55.662 ID:8+jsJn5V0.net

記者「新ドラマ『安眠ウーマン』、初回から視聴率30%を超え、非常に好調ですが――」

記者「この原因は何だと思いますか?」

女優「そりゃなんたって、枕営業のおかげですね!」

記者「……え!?」

女優「キャーッ、ごめんなさい! 今の無し!」

彼女が寝具メーカーを経営する一般人と結婚する旨を世間に報告するのは、それから一年後のことであった……。

记者「新电视剧《职业安眠女性》从第一集开始收视率超过30%,势头大好——」

记者「你认为原因是什么呢?」

女演员「那当然是托了床上业务的福啊!」

记者「……什么!?」

女演员「啊,不是,对不起!这段剪掉!」

她向大家报告希望和床上用品公司的一般人结婚这一事,是一年后的事情了……

 

 

 

 

 

―おわり―

—完—

 

62: 2017/02/20(月) 23:25:47.774 ID:pSO0vJXt0.net

安眠ウーマンwwww

职业安眠女性wwww

辛苦了

 

63: 2017/02/20(月) 23:26:20.331 ID:93FC006or.net

おつ

女優さんお幸せに!

祝女演员幸福

 

64: 2017/02/20(月) 23:29:20.450 ID:QgaOlzd2M.net

辛苦了

 

66: 2017/02/21(火) 00:15:58.290 ID:aNCoVlHur.net

いい話だったぜ

真是个好故事啊


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


S菌

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 10 条评论
  1. 777

    很普通的在卖枕头嘛

    8月27日 13:29来自移动端1 回复
  2. 泠梦

    普通的很有趣的故事w

    8月7日 15:43 回复
  3. 0.32''

    ( `д´)一般社員的勝利

    8月5日 10:441 回复
  4. 约束之地

    感觉好久都没有更新了

    8月4日 19:001 回复
    • 毕竟网站盈利的地方不多,也可能并没有盈利。lu大也要工作呀,大家也都很辛苦的。。。

      8月4日 23:38来自移动端4 回复
      • lu

        感谢理解,确实没有盈利_(:3 」∠)_
        现在纯粹凭兴趣更新了,现实里也挺忙的所以更新频率下降不少

        8月5日 17:324 回复
        • 永远14岁的狐娘loli

          感谢lu妈~\(≧▽≦)/~

          8月7日 18:59来自移动端 回复
  5. S菌

    补上了1年前的大坑
    翻短篇都累得要死
    向翻长篇的大佬们致敬

    8月4日 14:532 回复
    • The Fox

      大佬们辛苦了!

      8月4日 17:47来自移动端1 回复
  6. kuri

    久违的短篇,感谢翻译

    8月3日 23:032 回复
返回顶部