6Jul

『长篇故事・2ch』青梅竹马春天就要去大阪读大学了(六十二)

时间: 2018-7-6 分类: 青梅竹马春天就要去大阪读大学了 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

889:一夜 ◆Ifzsr.6s6Q [俺の携帯のID凄い] : 2007/02/15(木) 00:53:59.35 ID:lfYDTUW60

握るのか?いや、どう考えても握るだろこれは……

だって明らかにアピってんじゃん……普通イヤだったら手どけるだろ……

別に俺らは昔っからの知り合いでやましいことなんてない。

要握住吗?不,这个怎么想都应该握住吧……

因为这明显是在暗示不是嘛……如果反感的话手肯定会挪开的吧……

而且我们以前就认识了,也没什么好羞愧的

 

俺らは小学生来の付き合いなんだぜ?手ぐらい問題ないよ。

それに、俺が最後に女の子の手を握ったのはいつだ?

果てしなく昔だろ。三年だけど。そろそろ我慢しなくてもいいだろう。

而且我们从小学生开始就有来往了哦?牵手这种程度没问题啦

而且,我最后一次牵女孩子的手是什么时候?

已经旧到忘记感触了吧。已经有三年了。差不多可以不用忍耐了吧

 

それに幼なじみも言ったろ?俺は幼なじみ。

俺たちの間にそれ以上もそれ以下もないって………

幼「……泣いちゃうから」

俺は手をどけた。

よっちゃんの微かな温もりごと、振り払うかのように。

而且也对青梅竹马说过了吧?我们是青梅竹马

我们之间的关系不在这之上也不在这之下………

青「……会哭的」

我移开了手

像是要把由酱那小小的温暖,甩开那般

 

891:愛のVIP戦士 : 2007/02/15(木) 00:54:53.01 ID:9N55e5XY0

やるじゃん

挺能干的嘛

 

894:愛のVIP戦士 : 2007/02/15(木) 00:55:24.04 ID:NrQWnCch0

実はよっちゃんのこの行動は

いっちーの幼馴染に対する気持ちを確かめるため

よっちゃん・幼馴染の立てた作戦だった!

ってのはないよな!

由酱的这个行动

是为了确定>>1对青梅竹马心意的

是由酱・青梅竹马联合制定的作战计划!

↑该不会是这样吧

 

906:一夜 ◆Ifzsr.6s6Q [俺の携帯のID凄い] : 2007/02/15(木) 00:59:01.32 ID:lfYDTUW60

映画が終わってスタッフロールが流れ出しても、二人は動かなかった。

劇場には俺たち以外にもカップルが何組かいた。

そのほとんどが出ていって、ようやくよっちゃんが沈黙を破った。

电影结束,开始展示制作人员列表时,两人都没有动

剧场里面除了我们之外还有几对情侣

在他们基本都出去后,由酱终于打破了沉默

 

よ「いこっか」

俺「お、おう」

よ「ジュース、半分以上残っちゃった」

俺「せっかく買ってやったのにww」

よ「どうしよー……」

俺「無理しなくていいよ?」

よ「やっぱうちが飲む!」

由「走吧」

我「喔,喔」

由「果汁,还剩下一半以上」

我「难得买给你的说ww」

由「怎么办……」

我「不用勉强」

由「果然还是我来喝完吧!」

 

映画の事は何も話さなかった。

よっちゃんが観たいといったはずなのに。

完全没提到电影的话题

明明是由酱说想看的

 

908:愛のVIP戦士 : 2007/02/15(木) 00:59:58.94 ID:qKufzXi10

>>906

wktk

>>906

期待

 

911:愛のVIP戦士 : 2007/02/15(木) 01:00:53.80 ID:zSKpzlmlO

よっちゃんも今日何か決断したかったのかな

由酱今天也想做些什么决断吧

 

918:一夜 ◆Ifzsr.6s6Q : 2007/02/15(木) 01:05:49.26 ID:lfYDTUW60

(すいません幼なじみ以外の女子と手を繋ぐのは、ということですはい)

(抱歉和青梅竹马以外的女生牵手什么的,朕做不到啊)

 

それから適当によっちゃんが選んだ店へ足を運んだり、

何となく立ち寄った本屋で資格の話などをした。

ちなみによっちゃんは簿記二級持ってるそうだ。流石商業。。

在那之后由酱随便去了些由酱选的店

在路过进去的书店聊了下资格的事情

顺带一提由酱有簿记二级的资格,不愧是读商科的。。

 

それにしても普段男だけじゃとても入れないようなお店は新鮮な気分だった

服の量や種類がたくさんある。小物も。女の子楽しいかも。

ちなみに買い物の最中、知り合いに会うことはなかった。

もちろん、幼なじみとも。

不过去到那种平时只有男的一人很难进入的店有种新鲜的感觉

衣服的量啊种类都很多。小装饰也是。女生应该会比较喜欢

顺带一提,买东西途中,并没有碰到熟人

当然,也没碰到青梅竹马

 

928:一夜 ◆Ifzsr.6s6Q : 2007/02/15(木) 01:13:13.14 ID:lfYDTUW60

それから晩飯やらなんやらで気がついたら20時を回っていた。

携帯で報告するのも考えたがよっちゃんの隣でぽちぽちはマズい。

マズいウマいよりもマナーとモラルの問題で不可能だった。すまない。

そしてホライZonを後にした。

駅までの道

在那之后又吃了晚饭啊之类的回过神来已经20点了

虽然也想过要不要用手机报告,但在由酱身边这太危险了

比起说危险不如说是礼貌和道德的问题所以做不到。抱歉

然后我们离开了HoriZon

直到车站为止

 

よ「今日は付き合わせてごめん」

俺「いや、全然いいよ」

よ「みんな払わせちゃったし」

俺「遅れたし、遅れてなくてもそのつもりだったから」

よ「そっか………」

俺「ああ………」

由「今天让你陪着我不好意思哦」

我「不不没事啦」

由「而且全都让你请客了」

我「毕竟我迟到了,而且就算不迟到我本来也打算这么做的」

由「是吗………」

我「嗯………」

 

オカシイ。

よっちゃんとまで会話が繋がらないなんて。

そんなことがあろうとは、特に今になっては、予想だにしなかった。

奇怪

怎么连和由酱的对话都持续不下去

从来没想到会有这种事,特别是都到了现在这种时候了

 

929:愛のVIP戦士 : 2007/02/15(木) 01:13:43.80 ID:aIOMal5u0

>>928

これは!

>>928

这是!

 

931:愛のVIP戦士 : 2007/02/15(木) 01:14:17.82 ID:ikbv6Y5y0

ま、まさか・・・・死亡フラグ!?

难、难不成是・・・死亡Flag!?

 

940:一夜 ◆Ifzsr.6s6Q : 2007/02/15(木) 01:18:52.90 ID:lfYDTUW60

よ「結衣さ、行っちゃうんだよね」

俺「そうだな」

よ「あの時はビックリしたよww」

俺「あの時……?ああ、あれはごめん、いきなりで」

よ「別にいいけど。誰でも焦るよ」

俺「とくに俺はな」

由「结衣啊,要走了对吧」

我「是呢」

由「那个时候吓我一跳ww」

我「那个时候……?啊,那个真是抱歉,那么突然」

由「没什么啦,谁在那种情况下都会着急的」

我「特别对我来说呢」

 

よ「うーん………まあ、大阪っていっても国内だしね」

俺「まああいつは会うつもりはないらしいけどな」

よ「…………」

俺「…………」

よ「結衣とUSJ行くのはさ」

俺「おう」

由「嗯………嘛,虽说是大阪也是在国内呢」

我「嘛不过那家伙好像并没有回来见面的打算」

由「…………」

我「…………」

由「你和结衣去USJ那件事啊」

我「喔」

 

よ「最後の、思い出作りなんだよね?」

俺「……そうだな」

よ「……何で?」

俺「え?」

よ「ほんっとに、それでいいの!?」

由「是为了制造,最后的回忆吧?」

我「……是呢」

由「……为什么?」

我「诶?」

由「真的这样就可以了吗!?」

 

閑静な住宅街に響いた、よっちゃんの声。

あの狭い部屋で聞いた時以上に張りつめた声だった。

俺は言われる気がしていたので、冷静によっちゃんを見返した。

在安静的住宅街中回响起来的,由酱的声音

是比起在那个狭小房间里时听到的声音更加紧张的声音

我感觉自己像是被责备了那般,于是冷静地回视了由酱

 

942:愛のVIP戦士 : 2007/02/15(木) 01:20:02.88 ID:UmKIbKOA0

これは…!

这个是…!

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 2 条评论
  1. kuri

    由酱助攻

    7月7日 16:32 回复
  2. 这个剧情吼啊,峰回路转

    7月7日 00:44来自移动端 回复
返回顶部