12Apr

『长篇故事・2ch』青梅竹马春天就要去大阪读大学了(三十八)

时间: 2018-4-12 分类: 青梅竹马春天就要去大阪读大学了 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

177:一夜 ◆Ifzsr.6s6Q : 2007/02/10(土) 23:52:25.64 ID:urlF4ZQ1O

適当なベンチを見つけ、腰を下ろす。

園内にいるのは俺たちだけのようで、他に人影はない。

随便找了张长椅坐下

公园里只有我们两人,没有其他人影

 

「この前よっちゃんと話してたんだけど」

「うんうん」

「同窓会やるかもしんないって」

「同窓会って中三ん時のクラス?」

「仲良しだけ呼ぶみたいだけど」

「花見行った時のメンバーとか?」

「………そうだね」

「之前和由酱聊过」

「嗯嗯」

「说可能会开同窗会」

「同窗会指的是初三时的班级?」

「好像只会叫关系好的人」

「去赏花时的那些人?」

「………是呢」

 

やはりあの時のことは無かったことになっているのか。

それより、幼なじみにとって、忘れたいことなのかもしれない。

前よりはだいぶ暖かいが、それでもやはり寒い。

「あっ」

果然那时的事情被当做没发生过了吗

对青梅竹马来说,可能是想忘记的事情呢

虽然现在已经比之前暖和很多了,但果然还是很冷

「啊」

 

幼なじみが何かを見つけて立ち上がり、

とてとてと公園の奥に走って行った。

その走り方が危なっかしい、今にも転びそうだったからではないが、

俺の足は自然と幼なじみを追った。

幼なじみが目指した先にあったもの。

街灯に照らされているそれは、青く塗装されたブランコだった。

青梅竹马好像发现了什么突然站起来

快步地跑向公园深处

这个跑法看上去让人捏把汗,虽然不至于说感觉随时都会跌倒

但我的脚步还是自然而然地跟在了青梅竹马后面

位于青梅竹马前方,

被街灯照耀着的是,涂了蓝色漆的秋千

 

180:愛のVIP戦士 : 2007/02/10(土) 23:54:20.71 ID:57aRIDLeO

やはり花見には何かあるのか・・・

幼くれ!

果然赏花的时候发生了什么吗・・・

我要青梅竹马!

 

191:一夜 ◆Ifzsr.6s6Q : 2007/02/11(日) 00:01:23.93 ID:86NCXWhpO

四つ並んだブランコ。幼なじみはその一つに座ると、土を蹴った。

キイィ、キイィ、とあちこち錆びて塗装の禿げたブランコが鳴く。

高校生の使用は堪えるだろうが、こいつは小学生みたいなもんだから大丈夫だろう。

四个并排的秋千。青梅竹马坐在其中一个上面后,用脚踢了下泥土

吱。。吱。。生锈了秋千发着声音

高中生踩上去的话会让人担心会不会坏掉,不过这家伙类似于小学生所以应该没事吧

 

「ほら、一夜も」

「……まじか」

「いいからいいから」

仕方なしに幼なじみから一番離れた、逆隅のブランコを選んで乗る。

やはり立って乗るのはマナー違反だろうか。

体の反動を使って、勢いをつける。握るその手には鉄の感触。

案外悪くないな、と思った。

「喏,一夜也来」

「……真的假的」

「好啦好啦」

没办法,只好找了个离青梅竹马最远的,处于角落里的秋千

果然站着荡秋千有点不守规矩吧

利用身体的反动,加上力气。手上是铁的触感

没想象中的感觉那么差呢,心里想着

 

「勝負しよっか」

「は?」

「どこまで飛べるか」

「いいだろう」

「来决胜负吧」

「诶?」

「比谁荡的更高」

「好吧」

 

197:愛のVIP戦士 : 2007/02/11(日) 00:04:46.66 ID:HbW4g5emO

なんかブランコも絵になるなーw

感觉秋千的景色也很有诗意呢w

 

200:一夜 ◆Ifzsr.6s6Q : 2007/02/11(日) 00:09:49.89 ID:86NCXWhpO

幼なじみは立ち上がり、小さい体で勢いをつける。

幼なじみは小さいが、運動神経は悪くない。

体が軽い分、案外飛べるかもしれない……が。

青梅竹马起身后,小小的身体开始施加重量

青梅竹马虽然个子小,但运动神经并不差

身体比较轻的话,说不定还真能荡很高……不过

 

俺には敵わない。小学校の時から、これだけは誰にも負けたことはない。

俺は容赦なくスピードを上げ、最高到達点はさらに上がる。

幼なじみよりも遥かに高い。それより高すぎて恐いくらいだ。

肯定比不上我。我从小学时代开始,只有这个没输给过任何人

我毫不留情的提升速度,在最高点处再度施力

比青梅竹马还要高的高的多,高到有点害怕的程度

 

もしかしたら一回転するんじゃないかって勢いだ。

幼なじみの高い声が聞こえた。

「いくよー!」

「いち、にーの……」

「さんっっ!!」

誰もいない夜の公園、二つの影が、空を飛んだ。

搞不好会转一圈吧这样的势头

听见了青梅竹马的清亮的声音

「要上了哦!」

「一,二……」

「三!!」

空无一人的公园,两个身影高高地悬在空中

 

211:一夜 ◆Ifzsr.6s6Q : 2007/02/11(日) 00:17:48.21 ID:86NCXWhpO

公園からの帰り道も、二人はやはり無言だった。

俺はひたすらペダルを漕ぎ、荷台の幼なじみは何処を見ているのかさえ分からない。

「ここでいいから」

「ん」

「今日もありがとう」

「おう」

从公园的回家路上,两人果然也是一言不发

我不停地踩着自行车的踏板,连坐在后座的青梅竹马正在看向何处也不知道

「到这里就可以了」

「嗯」

「今天谢谢啦」

「喔」

 

いつもの、幼なじみの家からは少し離れた所での、

いつもと同じ決まったやりとり。

ただ今日は、幼なじみが何を考えているのか全く分からなかった。

和往常一样,在离青梅竹马家稍微有点距离的地方

跟往常一样的对话

然而今天,却完全不知道青梅竹马心里在想什么

 

「寒いのにごめんね」

「いや、俺から言い出したことだから」

「13日楽しみにしてるから」

「うん」

「じゃあ……おやすみ」

「おう……おやすみ」

そして帰ってきてすぐ風呂に入り、浴槽の中で暴れた。

今でにないヘタレ具合でした。

「这么冷的天,不好意思哦」

「哪里,是我自己提出来的」

「期待13号哦」

「嗯」

「那……晚安」

「喔……晚安」

然后回去后马上去泡澡,整个人摊在浴缸里

真是前所未有的废柴样

 

218:愛のVIP戦士 : 2007/02/11(日) 00:23:39.97 ID:37cWt3H50

>>211

お疲れ!

まだ時間はある、ゆっくりいこうぜ。

>>211

辛苦了!

还有时间,慢慢来哦

 

216:愛のVIP戦士 : 2007/02/11(日) 00:22:38.40 ID:Sk23vjkO0

GJだ。

世界は上手く回っている。

今は雨でもいつかは太陽は顔を見せてくれる。

GJ

世界是合理的

就算今天下雨,一定会见到太阳的

 

221:一夜 ◆Ifzsr.6s6Q : 2007/02/11(日) 00:24:57.08 ID:86NCXWhpO

おまえら優しすぎる

だが「てめーそれでもVIPPERか!」って怒ってほしかったぜ

次はどんな安価だろうとクオリティを見せるよ

你们太温柔了

但是还是希望「你丫这也算VIPPER吗!」对我生一下气啊

下次不管是怎样的安价也会让你们看看我的Quality的哦

 

228:愛のVIP戦士 : 2007/02/11(日) 00:28:39.62 ID:HbW4g5emO

VIPってレベルじゃねーぞだよマジ

早就不是VIP这种档次了哦说真的

 

236:一夜 ◆Ifzsr.6s6Q : 2007/02/11(日) 00:33:16.74 ID:86NCXWhpO

13日は期待しててくれみんな

大家敬请期待13号吧

 

241:愛のVIP戦士 : 2007/02/11(日) 00:36:26.36 ID:HbW4g5emO

いっちーにwktk

13日は祭りだな

期待

13日来过节哦

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 4 条评论
  1. kuri

    这是什么轻小说?

    4月13日 08:13来自移动端 回复
  2. Sachiko

    荡秋千那段很轻小说呢

    4月13日 07:40来自iPhone 回复
  3. 失控

    www好期待后续啊

    4月13日 00:00来自移动端 回复
  4. 速度好快ww猝不及防的更新

    4月12日 23:40来自QQ 回复
返回顶部