12Feb

『长篇故事・2ch』青梅竹马春天就要去大阪读大学了(二十二)

时间: 2018-2-12 分类: 青梅竹马春天就要去大阪读大学了 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

559:一夜 ◆WJxIi/q0mE : 2007/02/08(木) 01:21:18.12 ID:ab0SXH0oO

祭りも終盤に差し掛かると、今まで盆踊り会場や縁日を回っていた人間が

ゾロゾロと近くを流れる今北川の河川敷に移動する。祭りのフィナーレはやはり夏の花が飾るのだ。

俺たち三人も縁日を堪能し、夏休みの終わりを改めて感じるべく見易い位置を探していた。

等到祭典临近结束,逛着盂兰盆舞会场以及庙会的人

都移动到了今北川的河岸开阔地。祭典的落幕果然是由烟花点缀

我们三人享受着庙会,寻找能够好好地品味到这夏日之终结的位置

 

よっちゃんが一つ向こうの橋なら人はいないしよく見えると言い、

俺たちは人ごみから逃げるようにして会場から離れた。

祭り会場から遠ざかる時のあの寂寥感はなんとも言えない。

名前をつけるならどんなのが当て嵌まるだろう。

由酱说对面的桥的话没什么人,比较能看得清烟花

我们就像要从人群中逃出来那般离开了会场

远离祭典会场时的那个寂寥感不知如何形容

如果要给这种感觉命名的话,用什么词才合适呢

 

橋の上。なるほどここならよく見えそうだと思った。

よっちゃんは俺たちから離れた所に座る。

俺は結衣と並んで手摺りにもたれながら、考えていた。

何故よっちゃんは俺たちを避けているんだ?と。

桥上。原来如此,如果是这里的话应该能看的很清楚,我如是想道

由酱在稍微离我们远一点的位置坐了下来

我和结衣并排靠在扶手上,心里想着

为什么由酱像是在避开我们那样?

 

562:愛のVIP戦士 : 2007/02/08(木) 01:22:42.44 ID:on+uyZTO0

若いな・・・

真年轻啊・・・

 

563:愛のVIP戦士 : 2007/02/08(木) 01:23:19.27 ID:acOA3qvAO

切ない日々を思い出すぜ・・・

俺の地元にも川が2本流れてて、長い歩道橋を一緒に歩いたものだ・・・

让我回想起了心痛的每一天了哦・・・

我那边也是有两条河,当时也是一起走在长长的步行桥上呢・・・

 

595:一夜 ◆WJxIi/q0mE : 2007/02/08(木) 01:33:05.98 ID:ab0SXH0oO

もう鈍感を通り越してもはや馬鹿だったとしか言いようがない。

隣に結衣がいるのに、よっちゃんをチラチラ気にしていた。

花火どころじゃなかった。

まさか結衣とよっちゃんは喧嘩してるのか?

そんなことを考えている内に、夜空に咲く花は散っていった。

花火どころじゃなかった。

已经超过了迟钝的范畴,简直被称为笨蛋也不为过

明明结衣就在旁边,却一直在意着由酱

完全没心思看烟花

难道结衣和由酱吵架了吗?

正想着这样的事情的时候,夜空上绽放出了夏日的花朵

完全没心思看烟花

 

帰り道、よっちゃんはいつものように二人の真ん中にいた。

だが俺と結衣の間に会話はない。俺も何故だか分からない。

むしろ何が起こっているのか分からない。

戦において重要なのは兵よりもまず情報だ。

回家路上,由酱就像往常一样站在两人中央

但我和结衣之间没有对话,我也不知道为什么

不如说不知道发生了什么

战争最重要的,比起士兵首先是情报

 

俺は敵の位置も兵器もおおよその数も分からず、

果たしていま本当に戦をしているのかすら分からない状態である。

そしてよっちゃんと別れ二人きりになった時。

切り出したのは、結衣のほうからだった。

我连敌人的位置,兵器,大体的数量都搞不清楚

处于连能不能算的上是战争也搞不清楚的状态

然后终于和由酱分开,变成两个人的时候

首先开口的是结衣那边

 

623:愛のVIP戦士 : 2007/02/08(木) 01:46:59.58 ID:acOA3qvAO

よっちゃんみたいな影の役者キャラいたな~

也有由酱这样的幕后演员呢~

 

640:一夜 ◆WJxIi/q0mE : 2007/02/08(木) 01:58:11.26 ID:ab0SXH0oO

「今日楽しかったね」

結衣の声を久しぶりに聞いた気がした。

発した言葉が球になって、辺りをふわふわ漂っているような気分だった。

「浴衣なんて久しぶり」

夜は全てを吸収するかのように闇を張る。

「今天过得很开心呢」

有种很久没听到结衣声音的感觉

有种说出来的话变成球,周围布满一种轻飘飘的感觉

「浴衣什么的好久没穿过了呢」

夜晚仿佛要将万物都吸收掉那般,周围遍布着黑暗

 

だが結衣は夜とは掛け離れた存在であり、その言葉一つ一つが光に包まれているように思えた。

「保育園のとき以来だな。ちっちゃいとき」

結衣の目は遠くを見据えている。闇の向こうに何があるのだろうか。

然而结衣仿佛就像是跟夜晚相反的存在,她说的每一句话都像被光包住那样

「上次是幼儿园吗,小的时候」

结衣的视线注视着很远的地方,在黑暗的另一边有着什么东西呢

 

ちなみに今でも十分小さいぞ。まあ言わないがな。

「盆踊り大会、覚えてる?」

ああ、そうだ。

保育園の盆踊り大会の時に浴衣着て踊ったんだ。

顺带一提现在也很小哦。嘛,虽然这种话不会说出口

「盂兰盆舞大会,还记得吗?」

啊,对了

在幼儿园的盂兰盆舞大会时,结衣也穿着浴衣跳着舞呢

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 2 条评论
  1. 被妹妹甩了的样子的家伙

    【现在也很小哦】这种情景说出来的话柴刀也不是不可能的哦~233

    2月13日 01:25来自移动端 回复
  2. 梦轨

    沙,沙发???

    2月12日 16:35来自移动端 回复
返回顶部