7Feb

『长篇故事・2ch』青梅竹马春天就要去大阪读大学了(二十)

时间: 2018-2-7 分类: 青梅竹马春天就要去大阪读大学了 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

412:一夜 ◆WJxIi/q0mE : 2007/02/07(水) 23:40:50.45 ID:4reJI77GO

あれは中学校生活も残すところ半年となった、中学三年生の夏のことだった。

前期期末考査も全ての生徒に平等に取り仕切られ、結果は平等でないにしろ、

もう夏休みまでのカウントダウンをするのみになった七月下旬。

那是在初中生活只剩半年,初三的夏天时发生的事情

所有的学生也平等的接受了考试,尽管结果并不平等

但那时已经是七月下旬,距离暑假已经没几天了

 

貧乏な町立中学校にはクーラーなんて豪華なものは職員室にしか与えられず、

俺たち生徒は下敷きや団扇で逆に暑くなるのではないかと自問しながら、

それでもひたすら熱い風を自身に送り続けるのであった。

在贫困的镇级初中里,空调这种豪华的东西只有办公室才会配备

我们学生边扇着文具垫或扇子,边自问自答道这样难道不是会更热吗?

但就算如此我们也不停地对自己扇着热风

 

俺は中学の時から見事に捻くれていて、厨ニ病乙、といった感じだった。

クラスの奴らは所詮馴れ合いしかできない。属さないクールな俺格好いい、といった感じだ。

我从初中的时候开始就变得怪癖。就是典型的中二病少年的那种感觉。

班上那些家伙不过乌合之众罢了。不属于任何一个团体的我超酷~那种感觉

 

それと中学生が好きなポップスではなく、ゴイステやモンパチが好きで、

親父のアコギで無理矢理弾いていた。

ギターをやっているという理由で馬鹿にされたりしたが、俺は相手にしなかった。

然后喜欢的也不是一般初中生喜欢的pop’s,而是喜欢GOING STEADY,MONGOL800那种

用老爹的传统吉他乱弹一气

因为吉他的原因我还被嘲笑过,但我并不理会他们

 

こいつらは所詮音楽が分からないガキで、俺は大人なんだと思っていた。

ちなみに音楽の成績は「3」だったのだが。

这些家伙说到底只是不懂音乐的小屁孩罢了,大人不跟小孩子计较

顺带一提音乐的成绩是「3」

 

414:愛のVIP戦士 : 2007/02/07(水) 23:42:11.90 ID:aGYjJ6wt0

>>ちなみに音楽の成績は「3」だったのだが。

ごめ泣きながら吹いたwwww

>>顺带一提音乐的成绩是「3」

抱歉哭着哭着笑出声了wwww

 

418:愛のVIP戦士 : 2007/02/07(水) 23:44:33.62 ID:h8OuE5ih0

10段階で3とみたw

满分10分的3分吗w

 

419:愛のVIP戦士 : 2007/02/07(水) 23:44:54.27 ID:YTkB/B7g0

それはひどいwww

这真是www

 

436:一夜 ◆WJxIi/q0mE : 2007/02/07(水) 23:54:58.07 ID:4reJI77GO

そんな早くからクラスに友人らしい友人もいなかった俺だが、

一人だけ俺を相手にする、はたから見ればおかしな奴がいた。

幼なじみの結衣。

就这样,我从很早的时候开始班上就没有什么朋友

但就算是这样,也还是有一个人会搭理我,从旁人的看是个奇怪的家伙

就是我的青梅竹马结衣

 

結衣は背も小さく童顔で、少し強く押せば壊れてしまいそうな女の子だった。

誰とも気兼ねなく接し、結衣の回りには常に笑顔があったと思う。

俺はクラスの連中を何とも思ったことはないが、

結衣に向けられる笑顔を見たときだけはあれ、こいついい顔で笑うんだな、とか思っていた。

结衣个子很小,长着一副娃娃脸,是那种感觉稍微用点力就会坏掉的纤弱女孩子

无论对谁都能大大方方地相处,结衣周围一直充满着笑容

虽然我完全不在意班上那些家伙

只有但看到他们对着结衣的笑容的时候,

会觉得,诶,这家伙笑容还不错嘛

 

そんな結衣は男女共に人気があり、特に狙う男子は結構いた。

●組の誰だれに告白された、というのは俺の耳にもよく入った。

だが結衣は誰とも付き合うことはしなかった。

这样的结衣无论在男女中都十分受欢迎,特别是男生里有很多人都在追她

被●班的谁谁谁告白了,经常能听到这样的消息

然而,结衣并没有跟任何人交往

 

何故かハブられていた俺も想いを告げられる対象になったことがあったが、

はっきりとした理由も特に言えずに断っていた。

ようやく気持ちに整理が着いたのは、ある女子生徒のお陰だった。

然后,不知为何身为一匹狼的我也成为了被告白的对象

虽然都拒绝了,但我自己也说不清是什么原因

最后终于能整理出自己的心意,还是多亏于某个女生

 

440:愛のVIP戦士 : 2007/02/07(水) 23:56:13.72 ID:YTkB/B7g0

よっちゃんのことかーーーーーーーー!!!!!!!!!!!1

是由酱吗ーーーーーーーー!!!!!!!!!!!1

 

448:愛のVIP戦士 : 2007/02/08(木) 00:02:06.64 ID:GO7xG+WZO

俺よっちゃんと結婚するわ

我决定跟由酱结婚了

 

452:一夜 ◆WJxIi/q0mE : 2007/02/08(木) 00:03:26.01 ID:ab0SXH0oO

同じクラスであり、俺と結衣とは小学校から一緒のよっちゃん。

幼なじみとは言えないが、同年代では俺と喋る数少ない友人だった。

俺はサッカー部、彼女は陸上部、そしてよっちゃんは剣道部という異色なトリオだったが、

時間が合った日などは三人並んで帰っていた。

既是同班同学,既是从小学生时代就跟我和结衣一起玩的由酱

虽然算不上是青梅竹马,但也是同年代里少数会跟我说话的朋友

虽然我们社团各自不同,我是足球社,结衣是田径社,由酱是剑道社

不过三人时间刚好不冲突的时候,都会三个人一起回家

 

俺と結衣の間に入り、よっちゃんは次々と色んな話題を振り撒いてくれた。

彼女はまず勉強が出来る云々以外で頭が良く、ある才能の持ち主だった。

俺の短い人生論だが、あれほど周りに気を配り、瞬時に反応できる人間とは今だ出会えていない。

そんな彼女がいたからこそ、俺と結衣は大人の階段を上り始めても、

幼なじみという関係を崩さずにいられた。

站在我和结衣中间,由酱一个接一个地提供着谈话的话题

学习什么的暂且不提,她脑子很灵活,是拥有某种才能的人

从我的短暂的人生经历来看,如此懂得察言观色,如此会随机应变的人我至今为止还没遇见过

正是因为有她这个存在,我和结衣就算开始步入成年人

也能够维持着青梅竹马这一关系

 

457:愛のVIP戦士 : 2007/02/08(木) 00:05:10.29 ID:HjeGuI+10

よっちゃんキーマンならぬキーガールやなw

由酱是重要角色呢w

 

475:一夜 ◆WJxIi/q0mE : 2007/02/08(木) 00:21:27.93 ID:ab0SXH0oO

中三の夏休みといえば人にもよるだろうが、鬼のような勉強漬けの日々である。

俺は親の熱い推しに負け、夏季講習なる休み期間限定の塾通いが確定していた。

だが俺は誰かにザマアミロと言わんばかりに遊ぶつもりだった。

だってそうだろう?中学校生活最後の夏は、二度と帰らないのだから。

说到初三的暑假,过法虽然因人而异,不过一般都是像鬼一样疯狂学习的每一天

我受不住父母的执着,答应了去上暑假限定的补习班

但不管别人说什么我暗地里是打算要玩的

因为那不是很明显吗?这可是初中生活最后的夏天哦,过了这个村就没这家店了

 

それに休みでもよっちゃんと結衣は毎日のように俺の家に遊びに来ていたし、

地元で催される夏ならではの阿部さん祭りに行く約束もしていた。

どんな祭りかは想像もしたくないだろう。偽名だから許してくれ。

而且,就算是暑假,由酱和结衣也基本每天来我家玩

还约好了去参加当地举办的夏日限定的阿部桑祭

听到名字你们可能不想去想象那是怎样的祭典吧,这是假名所以请原谅

 

うちの地域では小学生はもちろん中学生もラジオ体操に参加せねばならず、

俺は迎えに来た結衣によって寝ぼけながら会場に向かい、(よっちゃんは別の区域)

帰りもハンコを押してもらって結衣に引っ張られて帰り、そのまま寝た。

結衣もベッドに入ってくる日もあった。だが俺はああ熱いなばかやろ、とか

そんなことを思うだけで、非常にもったいないことをしていた。

我们这个区小学生自然不用提,初中生也得参加广播体操

我睡眼朦胧的跟着过来迎接的结衣去到会场(由酱在别的区)

回去时也是签过到后被结衣拉扯着回去,就那样倒头就睡

有一次结衣也钻到了我的被窝里。但我却抱怨着:热死啦笨蛋~之类的

现在回想起来,我还真是浪费啊

 

母親が昼飯を告げるついでに二人を起こし、二人で飯を食べて

それから何して遊ぶか話し合ったりした。

充実した、二度と味わえない生活だった。

老妈说开饭了,叫我们俩起床

两人吃过饭后,又开始商量接下来要怎么玩

就是这种的充实的,一去不复返的生活

 

483:愛のVIP戦士 : 2007/02/08(木) 00:25:42.88 ID:63iFnAR80

>結衣もベッドに入ってくる日もあった。

こんなのは妄想に過ぎない

>有一次结衣也钻到了我的被窝里

这只是妄想而已

 

480:愛のVIP戦士 : 2007/02/08(木) 00:24:29.14 ID:e34Qb7Uw0

そろそろ切なくなってきた

差不多要难受起来了

 

481:愛のVIP戦士 : 2007/02/08(木) 00:24:30.10 ID:HjeGuI+10

>>475

なんかこの・・・言い表しにくいが

心がキュンとしちまったじゃねえか!

>>475

怎么说呢・・・虽然很难用言语表述

就是感觉心都被揪住了不是嘛!

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 4 条评论
  1. kuri

    【有一次结衣也钻到了我的被窝里。但我却抱怨着:热死啦笨蛋~之类的】
    sneg?

    2月9日 12:37来自移动端 回复
  2. arm

    ww

    2月9日 12:17 回复
  3. 匿名

    唔确实有点揪心的感觉啊

    2月9日 05:21来自移动端 回复
  4. 被妹妹甩了的样子的家伙

    羞耻play是必然事件么→_→

    2月9日 03:04来自移动端 回复
返回顶部