24Jan

『长篇故事・2ch』借给青梅竹马草莓棉花糖后(一百一十七)

时间: 2018-1-24 分类: 借给青梅竹马草莓棉花糖后 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

31:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/08/31(木) 11:14:27.14 ID:aR93w8Wi0

俺はさっさと夕飯済ませて綾乃の部屋で

綾乃が夕食を食べ終わるのを待ってた

しばらく家族で食べられなくなるからだろうけど

結構長い間食べてたみたいだった

我快速地解决晚饭后,来到绫乃房间

等待绫乃吃完晚饭

毕竟这一去会有好一段时间没办法一家人一起吃饭了呢

好像吃了挺久的样子

 

綾「もう太郎と一緒に寝れるのも最後だね」

太「また、帰ってきたら一緒にねよう」

綾「うん・・・」

太「もう、ねるか」

綾「・・・」

太「?」

綾「能和太郎一起睡的日子今天就是最后了呢」

太「回来以后再一起睡吧」

綾「嗯・・・」

太「差不多,睡了吧」

綾「・・・」

太「?」

 

綾「あのさ、」

太「どうした?」

綾「なにかやり残してないかな?」

太「なにを?」

綾「やりたい事全部やれたよね?」

太「うん」

綾「那个啊、」

太「怎么了?」

綾「没有什么还没做的事情吧?」

太「你是指?」

綾「想做的事情全部都做过了吧?」

太「嗯」

 

綾「ほんとかな?」

太「どうした?」

綾「もし、遣り残した事があったりしたら不安だし」

太「大丈夫だって、嫌ってほど楽しんだろ?」

綾「うん・・・」

綾「真的吗?」

太「怎么了?」

綾「担心是不是还有什么没做的事情」

太「没事的啦,不是已经尽情玩闹过了嘛?」

綾「嗯・・・」

 

33:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/08/31(木) 11:14:58.57 ID:aR93w8Wi0

太「なにか心残りあるか?」

綾「できれば、太郎ともっといたいよ」

太「これ以上は綾乃が直ってからだ」

綾「わかってる、わかってるけど」

太「难道说还有什么想做却没做的事情吗?」

綾「可以的话,想和太郎多待一阵子呢」

太「之后的要等绫乃治好了再说」

綾「我知道啦,虽然我也知道啦」

 

太「どんなにいてもたぶん、その気持ちは変わらないだろ」

綾「やっぱそうなのかな」

太「俺だっておんなじだし」

綾「じゃあ太郎も死にそうなくらい苦しい?」

太「ああ」

太「但就算多待一阵子,这个难受的心情也是不会变的吧」

綾「果然是这样吗」

太「我也是一样的啊」

綾「那太郎也是难受的想死吗?」

太「嗯」

 

綾「本当に?」

太「もちろん」

綾「嘘・・・ううん、ごめん、太郎の愛はわかってるつもりなのに

それなのに・・・それでも、信じられないの」

太「・・・綾乃」

綾「真的?」

太「当然」

綾「骗人・・・不,对不起,虽然知道太郎是爱我的

  但明明如此・・・还是无法相信」

太「・・・绫乃」

 

綾「きっと私がアメリカに行ってる間に太郎は別の人を好きになったりとか

私の事を忘れたりとか私が帰ってきたらいなくなってたりとか・・・」

太「綾乃!」

綾「私はあっちに行ったらずっと病院だから太郎以外考える事はないと思う

だけど太郎はいつもどおりの生活に戻るだけじゃん!

今好きだって言ってもずっと太郎の気持ちがかわらないなんて!」

綾「想着我去美国期间里太郎会不会喜欢上别的人啊之类的

  会不会忘记我,或者等我回来后又不在了之类的・・・」

太「绫乃!」

綾「我现在去了那边会一直待在医院,所以除了太郎以外也没有别的可以念想的事情了

  但太郎只是回到日常生活中而已不是嘛!

  就算现在喜欢,太郎的心意永远不会改变这种事情谁都!」

 

パンッ

啪——

 

34:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/08/31(木) 11:15:28.99 ID:aR93w8Wi0

綾「!?」

太「・・・」

綾「太郎?」

太「・・・ごめん」

綾「な、なにするの!?」

綾「!?」

太「・・・」

綾「太郎?」

太「・・・抱歉」

綾「你、你做什么啦!?」

 

太「殴ったのは謝る。でも、限界だった。こんなにムカついたのは初めてだ。」

綾「え?たr・・太郎?」

太「お前がどんだけ不安でどんだけ悩んでるかは痛いくらいにわかった。

けど、いくら辛いからって俺の気持ちまで勝手に決め付けんな」

綾「だって、だってだって・・・」

太「打人是我不好。但是,已经到极限了。这么火大还是第一次」

綾「诶?太l・・太郎?」

太「你有多不安多烦恼这件事情我已经很清楚了

  但是,就算说难受,也不要随便断定我的心啊」

綾「因为,因为那不是・・・」

 

太「俺は綾乃が好きなんだ、

好きで好きで好きで好きで好きで好きで好きで好きで好きで好きで

好きで好きで好きで好きで好きで・・・愛してんだからさ」

綾「たろう」

太「我喜欢绫乃

  喜欢喜欢喜欢喜欢喜欢喜欢喜欢喜欢喜欢喜欢喜欢

  喜欢喜欢喜欢喜欢喜欢・・・因为我爱着你啊」

綾「太郎」

 

太「こんだけ言っても伝わらないなら俺死ぬぞ?」

綾「う・・・う・・・」

太「だから、もう、俺の気持ちが変わるとか言うなよ」

綾「うん・・・」

太「如果说到这份儿上,也还是传达不到的话我只能去死了哦?」

綾「呜・・・呜・・・」

太「所以,别再说我的心会变了」

綾「嗯・・・」

 

35:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/08/31(木) 11:15:59.52 ID:aR93w8Wi0

太「俺だってあっちの金髪美青年についていかないかすげー心配なんだぞ!綾乃美人だし」

綾「うふ、それはないよw」

太「じゃあ俺はもっとありえないなw」

綾「うふふw」

太「www」

太「我才是很担心怕绫乃会不会跟着那边的金发美青年跑了呢!毕竟绫乃是美女啊」

綾「呼呼,那不可能啦w」

太「那我就更不可能了呢w」

綾「唔呼呼w」

太「www」

 

綾「うん!」

太「?」

綾「もう、思い残す事は無いかも」

太「・・・そうかw」

綾「こんなに愛されてるのに、気付かないなんて私馬鹿だ」

太「はずかしいな」

綾「嗯!」

太「?」

綾「可能已经没有什么遗憾了」

太「・・・是吗w」

綾「明明被如此地爱着,却完全没意识到的我真是笨蛋」

太「被这么说有点难为情啊」

 

綾乃は泣いてたけど俺も泣いてたみたいだった

実際はもっとgdgdだった

当时可能不止绫乃哭,我好像也哭了

实际的对话要更加的冗长啰嗦

 

36:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/08/31(木) 11:16:32.64 ID:aR93w8Wi0

最後の添い寝

綾「もう太郎と一緒に寝るのは今日で最後か」

太「ざんねん」

綾「あ、そうだ」

太「?」

綾「太郎、あっち向いて」

太「わん」

綾「w」

最后的陪睡

綾「和太郎一起睡今天就是最后了吗」

太「遗憾」

綾「啊,对了」

太「?」

綾「太郎,面向那边」

太「汪」

綾「w」

 

太「何?」

綾「まだ!まだ・・・」

太「・・・」

綾「あいた!」

太「ちょww」

綾「まだ・・・もすこしまって」

太「什么?」

綾「还没!还没好・・・」

太「・・・」

綾「啊痛!」

太「喂ww」

綾「还没・・・再稍微等等」

 

38:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/08/31(木) 11:17:22.99 ID:aR93w8Wi0

綾「もう良いよw」

太「?って!?」

タオルケット一枚羽織っただけの綾乃がそこにいた

綾「已经可以了哦w」

太「?诶!?」

出现在我眼前的是只披了一层毛巾被的绫乃

 

綾「せっかくだし最後くらい一緒にはだかんぼで寝てみよっかw」

太「ちょwちょwちょw」

綾「あははwかわいいw」

太「まじか!」

綾「毕竟是最后一天了,就裸着睡试试吧w」

太「喂w喂w喂w」

綾「啊哈哈w好可爱w」

太「真的假的啊!」

 

綾「い、一緒に寝るだけだからーね?」

太「自信ねぇ」

綾「・・・オヤスミ!」

綾「只、只是一起睡而已哦?」

太「没有自信能把持诶」

綾「・・・晚安!」

 

綾乃が先にベットに入って電気消して

おれはいつもどおり服を脱いで

ベットに入るのはさすがに緊張した

綾乃の肌がぶつかるたびにびくびくしてる俺小心者w

绫乃先钻进了被子里关了灯

我则是跟平常一样脱掉外衣

钻进被子里的时候果然很紧张

每次碰到绫乃肌肤都会发颤的胆小鬼的我w

 

ベットに入った後綾乃から抱きついてきた

胸の感触とかリアルに伝わってきた

正直もう理性崩壊しそうだったけど

綾乃が俺が動くたびに震えてるのがわかって

襲うに襲えなかった・・・

钻到被我里后绫乃抱了上来

胸部的感触啊之类的切实的传递了过来

虽然说实话理性快要崩坏了

但能够感觉到每次我挪动身体时绫乃都在发颤

所以虽然欲求不满但也只能忍了・・・

 

かわりにぎっとだきしめるだけにした

もうおっきしまくりだったのは隠しようの無い事実だったorz

作为代替只是紧紧抱住了而已

下半身硬邦邦这已经是隐藏不住的事实orz

 

39: 2006/08/31(木) 11:17:51.44 ID:uxS2RkZeO

そして世界中が泣いた

然后全世界都哭了

 


lu:下一篇终章,内容较长,发布时间可能会晚一点。

  不出意外应该会在周末_(:3 」∠)_

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 11 条评论
  1. taosheng

    好想看一年之后的事QAQQAQQAQ

    1月27日 18:42来自移动端 回复
  2. 匿名

    草莓棉花糖也要完了嘛。。抽空把啪啪啪重新看了一遍,果然怅然若失的心情没办法平复呢。。

    1月27日 04:15来自移动端 回复
  3. 匿名

    ???这就要完结了?

    1月25日 22:55来自移动端 回复
    • 路人c

      這一章已經把當時綾乃出國前最後一天的回憶講完了,這之後的正篇內容就是把綾乃出國後的太郎狀況交代一下而已
      至於1年後的後日談…..就只能祈禱LU大會願意翻目前僅存的韓肉資源了

      1月25日 23:211 回复
      • lu

        抱歉韩肉看不懂_(:3 」∠)_

        1月27日 18:053 回复
        • 路人c

          嘛不勉強LU大啦
          畢竟也不可能用谷歌機翻的日文稿下去翻後日談的嘛…….

          1月27日 21:101 回复
  4. alex

    韓文嗎…
    好吧,至少知道绫乃平安回來

    1月25日 01:23来自移动端 回复
  5. devilsarms

    哦哦真好

    1月24日 18:27来自iPhone 回复
  6. alex

    好感人
    绫乃從美國回來後的事有嗎?

    1月24日 18:01来自移动端 回复
    • 路人c

      雖然有,但因為只剩韓肉資源所以這網站會不會翻還是個未知數orz
      如果不介意看韓肉的話,那麼第一章的討論區就有鏈接了

      1月24日 21:06来自移动端1 回复
      • 匿名

        实在看不懂韩文啊。。能大概解释一下吗拜托了

        1月28日 19:43来自移动端 回复
返回顶部