21Jan

『长篇故事・2ch』借给青梅竹马草莓棉花糖后(一百一十六)

时间: 2018-1-21 分类: 借给青梅竹马草莓棉花糖后 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

22:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/08/31(木) 11:11:25.00 ID:aR93w8Wi0

8/3

ランニングは今日しなくて

軽くを綾乃と散歩した。

8/3

今天并没有跑步

就是简单地跟绫乃一起散步了下

 

太「もうあと3日か・・・」

綾「そうーだね」

太「あと、何ができるかなぁ」

綾「やりたい事はもう一通りやったけどもっと太郎といたいな」

太「そっか。俺も綾乃といたい・・・けど」

綾「?」

太「只剩3天了吗・・・」

綾「是呢」

太「还有・・・什么能做的事情吗」

綾「想做的事情都已经做过了,不过还想和太郎再多待一阵子呢」

太「是吗。我也想跟绫乃多待一下・・・不过」

綾「?」

 

太「直ってもらわないとな!」

綾「むぅ・・・」

太「直って帰ってきてからもっとたくさんいようぜ」

綾「・・・うん、でも不安」

太「得治好才行呢!」

綾「姆・・・」

太「治好回来以后,再投入更多的时间在一起吧」

綾「・・・嗯,但是很不安」

 

太「綾乃・・・大丈夫だって先生も直るって言ってただろ?」

綾「・・・でも、でも・・・もしかしたら」

太「もしかしたらってまず無いって」

綾「それでも考えるの!だんだんなんか体が硬くなって

躓いたりたまに指がしびれたりすると・・・!」

太「あ、、、ごめん・・・」

太「绫乃・・・没事的啦,医生不是也说过会治好的嘛?」

綾「・・・但是,但是・・・万一」

太「没有什么万一啦」

綾「但是还是会去想啦!自己的身体也是越来越生硬

  会跌倒,手指有时会麻痹・・・!」

太「啊、、、对不起・・・」

 

23:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/08/31(木) 11:12:01.79 ID:aR93w8Wi0

綾「今だって腕組んでないとすぐこけるし・・・」

太「でも、だから、あっち行ってなおさないと」

綾「わかってる、わかってるけどぉ・・・怖いから・・・」

太「綾乃・・・」

綾「现在也是,不挽起胳膊的话马上就会摔倒・・・」

太「不过,正因为如此,才更要到那边去治疗了」

綾「我知道啦,我是知道的啦・・・但还是怕嘛・・・」

太「绫乃・・・」

 

綾「せっかく昨日は忘れられたのに・・・」

太「ゴメン・・・泣くなよ」

綾「うっさい!太郎は、そうやって表面的には優しいけど

実際どれくらい私が苦しんでるかわかってるの?」

太「・・・考えてるよ、ずっと」

綾「难得昨天忘记了的说・・・」

太「对不起・・・别哭了嘛」

綾「闭嘴!太郎表面上是很温柔

  但实际上知道我有多难受吗?」

太「・・・有在想哦,一直」

 

綾「嘘!?だったらなんで大丈夫とか・・大丈夫とかそんな、簡単に言えるの?」

太「・・・」

綾「もっと私の事考えてよ!もっと・・・もっと愛してよ」

太「愛してるよ・・めっちゃ」

綾「骗人!?既然这样的话,为什么能这么轻易地说出没事的・・・没事的这种话?」

太「・・・」

綾「再多考虑一下我的感受啊!再多・・・再多爱我一点啊」

太「爱着你哦・・非常地」

 

綾「信じられない!もう、嫌、、怖い・・・」

太「落ち着けって!」

抱きしめても暴れて痛かったけどもっと強く抱いて力で制した

綾「うぅぅぅぅうう・・・」

泣き止むまで30分くらいかかった

綾「无法相信!讨厌、、害怕・・・」

太「冷静下来啦!」

虽然抱着被反抗很痛,但用更大的力气制住了

綾「呜呜唔唔唔唔・・・」

直到停止哭泣为止花了30分钟左右

 

その間ずっと道路で抱きしめるのは痛かったかも

太「帰ろ」

綾「うん・・・ごめん」

太「おれも、もっともっと綾乃の事考えるから」

綾「うん・・・うん・・・」

また泣いた

在那期间在路上一直紧紧拥抱着感觉有点痛

太「回去吧」

綾「嗯・・・抱歉」

太「我也会,更多更多地考虑绫乃的事的」

綾「嗯・・・嗯・・・」

又哭了出来

 

25: 2006/08/31(木) 11:12:28.84 ID:uxS2RkZeO

もう泣けてきた・・・

我已经哭了・・・

 

27:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/08/31(木) 11:12:42.74 ID:aR93w8Wi0

今日はゲーセンにいった

クレーンとか全然やったこと無いから

10回やって1個何とか取れたくらい

太鼓の達人とかたまにばちを滑らせてたから

今天去了游戏厅

娃娃机之类的完全没玩过

所以玩10次大概只能勉强抓到1个

太鼓达人之类的因为绫乃偶尔会打滑

 

後ろから手を握って一緒にやった

もう人の目とかどうでもいいやって感じだ

バカップルサイコーwww

・・・ごめんなさい

所以从后面抓住她的手一起玩了

感觉人的视线什么的已经怎样都好了

笨蛋情侣最棒了www

・・・对不起

 

28:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/08/31(木) 11:13:18.81 ID:aR93w8Wi0

8/4

8/4

 

今日は家族と一緒にどっか行くそうで

俺は自分の部屋で寝てた

ずっとごろごろして漫画読んだり

また寝たり

夜になって夕食食べたあとメールが来て

綾乃の部屋に行った

今天绫乃好像和家人一起去哪里玩了

于是我就在自己房间睡觉

一直悠闲地度过看着漫画

然后又睡下

到了夜晚吃过晚饭后收到了短信

去了绫乃房间

 

綾「今日は家族で照山大橋でお弁当だべてきたw」

太「たのしかった?」

綾「うん。お父さんは来週有給で1週間だけあっちにいけるらしいけど

すぐもどるからお父さんとはほとんどあえなくなるし」

太「1年あえなくなるもんな、家族とも思い出作らないといけないし」

綾「うん」

太「きょうはもう寝よう」

綾「うん」

綾「今天和家人在照山大桥吃了便当w」

太「开心吗?」

綾「嗯。父亲下周虽然会带薪休假1周左右陪我去那边

  但马上就会回来所以和父亲基本也会见不着面」

太「毕竟会有1年时间见不着呢,和家人也得制造些回忆才行」

綾「嗯」

太「今天就先睡吧」

綾「嗯」

 

29:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/08/31(木) 11:13:52.89 ID:aR93w8Wi0

8/5

8/5

 

今日は二人でいれる最後の日

ランニングはせず今日も早朝の散歩をした

綾「明日もう、出発だよ」

太「そう・・・だな」

綾「・・・でも、楽しかったよ、うん」

今天是能够两个人在一起的最后一天

今天也没有跑步,早上就是稍微散步了一会儿

綾「明天就要,出发了哦」

太「是・・・呢」

綾「・・・不过,过得很开心哦,嗯」

 

太「思い出はたくさん出来たか?」

綾「うん、たくさん、いっぱいできたwありがとうね太郎」

太「おれも楽しかった。ありがとうな綾乃」

綾「www」

太「www」

太「怎么样,有留下足够多的回忆吗?」

綾「嗯,留下了很多很多w谢谢太郎」

太「我也过得很开心。谢谢绫乃」

綾「www」

太「www」

 

最後の日とはいっても明日旅立つわけだから

一緒に準備を手伝うことにした

虽说是最后一天,但明天就要启程了

于是帮忙一起做了准备

 

いろいろ話をしていたけどよくわからない話が多かった

俺も結構あせってたかも

虽然聊了很多,不过大多都是些不着边际的话

我可能也是比较着急

 

もう夜になった

不知不觉中已经到了夜晚

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 4 条评论
  1. fasdfaf

    e9e02f876d2fe8be93e4b9cad297f31e 不错。

    1月24日 16:25 回复
  2. 匿名

    呜呜(┯_┯)

    1月23日 01:11来自移动端 回复
  3. 被妹妹甩了的样子的家伙

    前排,冰淇淋~

    1月22日 08:03来自移动端 回复
  4. kxxx

    好久好久好久没来看,这是咋了(╥╯﹏╰╥)ง,咕咚,跪下了

    1月21日 23:02来自移动端 回复
返回顶部