2Jan

『长篇故事・2ch』借给青梅竹马草莓棉花糖后(一百零九)

时间: 2018-1-2 分类: 借给青梅竹马草莓棉花糖后 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

6:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/07/27(木) 14:15:01.73 ID:YU4kAq9X0

7/24

7/24

 

綾「ん」

太「おはよう」

綾「・・・」

太「?」

綾「ふ、」

キスされた

綾「嗯」

太「早上好」

綾「・・・」

太「?」

綾「呼」

被kiss了

 

太「・・・」

綾「おはよ。・・・きょうもランニングは無理みたいだね」

太「じゃあ一旦部屋に帰るから」

綾「まって」

太「はい?」

太「・・・」

綾「早上好。・・・看样子今天没办法跑步的样子呢」

太「那我先回一趟房间」

綾「等等」

太「诶?」

 

綾「ぎゅーってして」

太「え?」

綾「してよ」

太「・・・」

抱きしめてやる

綾「抱抱」

太「诶?」

綾「抱我啊」

太「・・・」

紧紧抱住了绫乃

 

綾「んー」

太「・・・」

綾「・・・」

太「・・・」

綾「嗯~」

太「・・・」

綾「・・・」

太「・・・」

 

綾「ありがと」

太「そう」

綾「じゃ、あとでお願い」

太「うん」

綾「谢谢」

太「嗯」

綾「那么,后面就拜托了」

太「嗯」

 

7:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/07/27(木) 14:15:32.60 ID:YU4kAq9X0

今日は綾乃の検診日なので

病院に付き添うことにした

因为今天是绫乃的复查日

陪她去了医院

 

玄関

綾「おまたせw」

太「おう」

綾「いこ、」

太「うん」

门口

綾「让你久等了w」

太「喔」

綾「走吧」

太「嗯」

 

綾「あ、腕組んでー」

太「ああ、わかった」

綾「来挽胳膊」

太「嗯,我知道了」

 

病院でやられるのは止めてほしかったけど

只是希望不要在医院做这件事

 

8:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/07/27(木) 14:16:44.75 ID:YU4kAq9X0

病院

採血中

医院

抽血中

 

先生が外にでたんで俺も出る事にした

太「ちょっとのどか沸いたからなんか飲んでくる」

綾「あ、うん・・・」

先生を捕まえた

医生出去了外面,所以我决定也趁机会出去一下

太「口有点干,我去喝点东西」

綾「啊,嗯・・・」

找到医生

 

太「あの、いいですか?」

先「はい?うん、なにかな?」

太「・・・綾乃がアメリカで受ける治療に失敗したら

  その、最悪の場合、やっぱり死ぬんですか?」

太「那个,可以问一下吗?」

医「嗯?啊,有什么事吗?」

太「・・・绫乃在美国如果治疗失败的话

  那个,最糟的情况・・・果然是会死吗?」

 

先「・・・ふーん、大丈夫だと思うよ。

  ここ最近は死亡例無いからね。

  うん、僕が手術するわけじゃないから

  あれだけど、最悪でも死にはしないよ。

  運が悪くても植物状態だね」

太「植物・・・状態ですか・・・」

医「・・・嗯,我想应该没问题。

  最近没听说有死亡的案例。

  不过做手术的人也不是我所以也不敢打包票

  不过就算遇到最糟的情况也不会死哦。

  最多就是运气不好变成植物人而已」

太「植物・・・人吗・・・」

 

先「うん、まあでも君が心配するような

  悪い結果にはならないと思うから安心して

  アメリカの彼は信頼できるから」

太「じゃあ成功を信じてもいいのですか?」

医「嗯,不过我想应该不会出现你所担心的那种情况

  所以放心吧

  美国的那位医生还是值得信赖的」

太「那我能相信手术可以成功吗?」

 

先「うん、確率的にもほとんど失敗する事は

  無いと言っていいよ。今の技術ならね」

太「・・・そうですか・・・ありがとうございます」

医「嗯,从概率的角度上说可以说

  基本不可能会失败。如果用现在的技术的话」

太「・・・是这样吗・・・谢谢你」

 

先「うん、しっかり萩原さんを支えられてる

  みたいだね。ずいぶん元気じゃない?

  この調子であっちに行く日までささえてあげてね」

太「わかりました」

先「うん、じゃ、僕はこれで」

医「嗯,看样子有扶持着萩原桑的样子呢

  看上去挺有精神的样子?

  就保持这种势头,直到去到那边为止都要好好扶持她哦」

太「我知道了」

医「嗯,那我就先去忙了」

 

9:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/07/27(木) 14:17:11.97 ID:YU4kAq9X0

この事は綾乃に言ってない

死ぬのも植物状態も綾乃にとっては多分一緒だろうし

それでも最悪の場合を考えそうだからやめた

这件事我并没有对绫乃说

毕竟无论是死还是变成植物人,对绫乃来说应该都是一样的

还会让她去担心最差的情况,所以没说

 

ただ、俺の気は楽になったから

もっと俺も笑顔で綾乃といれると思う。

最悪、死なないならまだ、ましだと思う。

ほとんど失敗しないようだし

不过,听了医生的话后,我算是松了一口气

感觉自己和绫乃相处时能带上更加发自内心的笑容了

毕竟最糟也不会死,那总比死掉好

而且也说了基本不会失败

 

病室

太「終った?」

綾「もう少し」

太「そう」

病房

太「做完了?」

綾「还差一点」

太「是吗」

 

しばらくして終ってから帰った

再过了一会儿后,复查结束回去了

 

10:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/07/27(木) 14:17:38.08 ID:YU4kAq9X0

綾「明日何しようか」

太「まったり」

綾「まったりとだらだらはちがうから、」

太「じゃあ、デスノートでも見る?」

綾「明天做什么好呢」

太「悠闲度过」

綾「悠闲度过和懒散度过是两码事哦」

太「那么来看死亡笔记?」

 

綾「うーん・・・でも、後編があるし・・・」

太「多分映画は本編と話ずれると思うけどね」

綾「じゃあ、みる」

太「じゃあそうしよう」

綾「嗯~・・・但是还有后篇・・・」

太「我想电影的内容和本篇应该不太一样啦」

綾「那就看看」

太「就这么办吧」

 

両腕でホールドされて脱出不可能なんですけど

夜晚

被双臂搂的死死的无法脱出

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 1 条评论
  1. Wolowick

    脱出不能!你不是裤袜脱落大尉

    1月3日 11:08来自移动端 回复
返回顶部