31Dec

『长篇故事・2ch』借给青梅竹马草莓棉花糖后(一百零八)

时间: 2017-12-31 分类: 借给青梅竹马草莓棉花糖后 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

118:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/07/24(月) 04:16:54.92 ID:GTo+y7wO0

7/23

7/23

 

ランニングは雨で中止

っていうか帰れない…

跑步因为下雨而中止

话说都回不去了…

 

太「どうしよう」

綾「レインコート貸すから」

太「ごめん」

太「怎么办啊」

綾「我借你雨衣」

太「抱歉」

 

雨だったけど映画をおとといとは違う

小さな映画館で見た。

虽然下着雨,跟前天不一样

电影是在一个小电影院看的

 

詳細もろもろは明日(今日?)にでも

详细情况等我明天(今天?)汇报

 

120:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/07/24(月) 04:18:17.43 ID:GTo+y7wO0

そろそろ起こしに行かないと・・・

差不多得去叫醒她了・・・

 

質問があったら携帯から書き込む

有问题的话我会从手机发的

 

でわノシ

那么回见

 

122: 2006/07/24(月) 04:19:08.89 ID:AGdMhYcn0

綾乃が躓きの問題はあるけど、結構歩けてる様で安心したw

虽然绫乃会摔倒,不过看起来还挺能走的样子,算是放心了w

 

124: 2006/07/24(月) 04:19:30.70 ID:4IhM6zYL0

太郎乙! あんまり無理するなよ~

太郎辛苦了! 别太勉强自己哦~

 

126: 2006/07/24(月) 04:20:23.76 ID:AGdMhYcn0

>>120

報告乙!

ガンガレ太郎!

綾乃の顔を舐めて起こしてこいw

>>120

报告辛苦了!

太郎加油!

去舔绫乃的脸叫醒她吧w

 

127: 2006/07/24(月) 04:22:06.97 ID:4IhM6zYL0

ぁぁぁ久しぶりに綾乃萌え&太郎が憎い展開に・・(ノд`)・゜・

啊啊啊久违的绫乃萌&太郎可恨的展开・・(ノд`)・゜・

 

ヽ(`Д´)ノウワァァン!!

ヽ(`Д´)ノ呜哇啊啊嗯!!

 


 

2:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/07/27(木) 14:11:35.89 ID:YU4kAq9X0

スレタイ微妙に間違えたorz

标题微妙地搞错了orz

 

とりあえず報告する

23日から?

总之开始报告

从23日开始?

 

3:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/07/27(木) 14:12:42.79 ID:YU4kAq9X0

7/23

7/23

 

ランニングは雨で中止

っていうか帰れない…

跑步因为下雨而中止

话说都回不去了…

 

太「どうしよう」

綾「レインコート貸すから」

太「ごめん」

太「怎么办啊」

綾「我借你雨衣」

太「抱歉」

 

ちょっと部屋が濡れたけど帰れた

今日は30分くらい歩いたとこにある小さな

映画館で「ハチミツとクローバー」を見た

虽然有点给打湿了不过总算还是回去了

今天在走了30分钟左右找到的

一家小电影院看了「蜂蜜与四叶草」

 

デスノートと同じで漫画が原作なんだが

おたがい原作を知ってました

虽然跟死亡笔记一样,原作是漫画

不过这部片我们都知道原作

 

計画時の会話

制定计划时的对话

 

太「映画はやっぱデスノートかなぁ」

綾「うん、見たい!でも他にも

  見たい映画があるんだよね」

太「?」

綾「ハチミツとクローバーって知ってる・」

太「ああ!しってるしってる」

太「电影的话果然是死亡笔记吧」

綾「嗯,想看!不过也有其他

  想看的电影呢」

太「?」

綾「知道蜂蜜与四叶草吗?」

太「喔喔!知道知道」

 

綾「私はクラスの人に借りて読んで好きになって」

太「俺は前漫研の奴に借りた。あれ面白いなw」

綾「これ、実写化するからこれもみよう?」

太「おk」

綾「我从班上的人那里借来读以后喜欢上了」

太「我从前漫研的人那里借来的。那个很有趣呢w」

綾「就是这个的真人版,这个也看一下吧?」

太「OK」

 

まあこんな感じで

嘛,就是这样的感觉

 

4:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/07/27(木) 14:13:47.77 ID:YU4kAq9X0

映画館

太「小さっ」

綾「いいじゃんこれくらいでも」

太「人少なそうだしな」

綾「じゃあ良い席とろ、」

太「ああ」

电影院

太「好小」

綾「不是也挺好的嘛,就这么大」

太「毕竟感觉人比较少呢」

綾「那去挑个好位置吧」

太「嗯」

 

女友達2人とか4~50のおばはんとかおっさんとか

一人で観に来てた。えらく層がひろいな~とか考えてた

有女生2个人一起来的,也有4~50岁的大妈啊大叔啊一个人来看

心想年龄层差异还真是大啊

 

綾「肩組んで」

太「おk」

綾「来搭肩吧」

太「OK」

 

始まってから

ところどころで小さな笑い声が聞こえたりしてた

確かにコメディ部分は笑えるけど原作ほどじゃないなーとか

考えながらひそひそ話してた

开始之后

零星点点的笑声从各处传来

喜剧部分确实是挺好笑的,但心想着还是不如原作呢~

边这么想着边和绫乃小声地聊着

 

後半に差し掛かってから盛り上がってきて

お互い無言だった

ラストじゃ二人とも泣いてました。

剧情临近后半后进入高潮

双方都进入了沉默模式

到了最后两个人都哭了

 

5:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/07/27(木) 14:14:29.87 ID:YU4kAq9X0

外边

 

綾「なんか、片思いも良いよね」

太「うん、すごく良かった」

綾「でも、よく考えたら私達って

  あんまり恋してなくない?」

太「・・・そういえばそうだw」

綾「ちょっと恋してみたくなったw」

綾「感觉,单恋也挺不错的呢」

太「嗯,非常棒的」

綾「不过,好好想想的话

  我们好像没什么谈恋爱的过程?」

太「・・・这么说来确实是w」

綾「有点想试试那种感觉呢w」

 

太「あ、でも」

綾「?」

太「お前が記憶喪失したときはちょっとそんな

  気持ちだったかな」

綾「wそっか、はは」

太「でも、やっぱり片思いよりお互い好きなほうが良いな」

綾「うんw」

太「啊,不过」

綾「?」

太「你失忆的时候,我这边倒是

  有点这种感觉呢」

綾「w是吗,哈哈」

太「不过,果然比起单恋还是互相喜欢比较好呢」

綾「嗯w」

 

帰って夕飯食べて綾乃の部屋に行って

映画の話で盛り上がって寝た

回家吃过晚饭后去了绫乃房间

聊电影的话题聊的火热,不知不觉睡着了

 

そしてゆっくり起こさないように脱出。

小雨だったからレインコート羽織って帰宅

報告

戻って

元の位置に

然后小心翼翼地不吵醒她,成功脱离

因为下着小雨,所以穿着雨衣回家

报告

再回到原来的位置

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 6 条评论
  1. 匿名

    happy new year~~

    1月2日 21:25 回复
  2. 涸欢

    新年好!

    1月1日 15:53来自iPhone 回复
  3. huu

    lu大新年快乐!

    1月1日 10:08来自移动端 回复
  4. kuri

    lu大新年快乐~

    1月1日 09:36来自移动端 回复
  5. lu大!happy new year!!

    1月1日 00:08 回复
  6. 匿名

    lu大也是,新年快乐。希望明年生活可以更顺利

    2017年12月31日 23:12来自移动端 回复
返回顶部