14Dec

『长篇故事・2ch』借给青梅竹马草莓棉花糖后(一百零二)

时间: 2017-12-14 分类: 借给青梅竹马草莓棉花糖后 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

6:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/07/23(日) 13:59:06.44 ID:Mfl/slRw0

朝食(昼食?)後

早饭(午饭?)后

 

雨も止んでたんで

滑らないように綾乃の部屋に

行った

因为雨也停了

边小心着不滑倒边来到了绫乃房间

 

太「おっす」

綾「待ちくたびれた!」

太「ゴメン」

綾「じゃあ罰として・・・そうだなぁ三日間ご飯抜き!w」

太「死ぬ」

太「哟」

綾「等死我了!」

太「抱歉」

綾「那么作为惩罚・・・对了,三天不吃饭怎么样!w」

太「会死的」

 

綾「大丈夫w水だけで一週間は生きられるってw」

太「ほら、現代人だし」

綾「なにそれw

  冗談だよwジュースでもおごってw」

太「それくらいならお安い御用」

綾「www」

綾「没事啦w光喝水也够活一个星期了w」

太「喏,我可是现代人」

綾「现代人是什么啦w

  开玩笑的啦w请我喝饮料w」

太「那样的话小菜一碟啦」

綾「www」

 

7:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/07/23(日) 14:00:01.04 ID:Mfl/slRw0

綾「これからどうしようか?」

太「ん?」

綾「思い出、づくり!」

太「ああ、そうだな」

綾「いっぱいやりたい」

綾「接下来怎么办好呢?」

太「嗯」

綾「创造,回忆!」

太「啊,对哦」

綾「有很多想做的事情」

 

太「どこかいきたい所ある?」

綾「うーん・・・遊園地とか?」

太「ここからだと何処が近いかな?」

綾「Sランド?」

太「じゃあ電車とかバスとか調べとくよ」

綾「うんw」

太「有什么想去的地方吗?」

綾「嗯~・・・游乐园之类的?」

太「这附近的话有吗?」

綾「S-land?」

太「那我去查下电车或巴士的路线」

綾「嗯w」

 

太「後は」

綾「どーぶつえん?」

太「Bパークとかかな・・・」

綾「移動が大変だねw」

太「田舎だから近くに何も無いからな・・・」

太「还有就是」

綾「动物园?」

太「B公园之类的吧・・・」

綾「移动挺麻烦的呢w」

太「因为是乡下所以附近什么都没有呢・・・」

 

綾「太郎、お金は大丈夫?」

太「それが一番の問題w」

綾「いくらくらい?」

太「全財産2万」

綾「少な!」

太「そんなもんだろ」

綾「太郎,钱没问题吗?」

太「这个是最大的问题w」

綾「有多少?」

太「全财产2万」

綾「好少!」

太「高中生就是这样的吧」

 

8:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/07/23(日) 14:00:16.75 ID:Mfl/slRw0

 

綾「太郎って貯金しないの?」

太「まず何を貯金するんだよ」

綾「お小遣いの半分はいつも貯金してるよ」

太「そんな小遣いとかねぇ」

綾「うそw」

綾「太郎不存钱么」

太「首先拿什么存钱」

綾「我一向都会把零花钱的一半存起来哦」

太「并没有那样的零花钱」

綾「骗人w」

 

太「綾乃ん家は結構金持ってるからな」

綾「そんなもんかな?」

太「お前小遣い10万いくとか言ってなかった」

綾「いくよ?」

太「俺は2万だ」

太「因为绫乃家挺有钱的呢」

綾「是吗?」

太「之前你不是说零花钱有10万左右」

綾「有哦?」

太「我是2万」

 

綾「少なぁ!」

太「少なぁ言うなよ」

綾「じゃあちゃんと貯金して、それ?」

太「大体そんなもん」

綾「じゃあ全部使っちゃうのは良くないんじゃない?」

綾「好少!」

太「别说少啊」

綾「那也就是说努力存钱后,也只有这点?」

太「差不多是这样」

綾「那全部用完不太好吧?」

 

太「別に使い道ないからいいよ」

綾「服とか買わないの?」

太「1000円以上は買わない」

綾「うわ、信じられねぇw」

太「引くなよ」

太「反正也没什么需要花钱的地方」

綾「衣服什么的不买吗?」

太「没买过1000日元以上的」

綾「呜哇,难以置信w」

太「别一脸嫌弃的样子啊」

 

9:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/07/23(日) 14:00:32.55 ID:Mfl/slRw0

太「キャンプとかどう?」

綾「虫嫌いだから虫いない場所でなら」

太「屋外用蚊取り線香でも買う?」

綾「そうしてw」

太「野营怎么样?」

綾「讨厌虫子所以没有虫子的地方的话」

太「买点户外用的蚊香?」

綾「就这么办吧w」

 

太「場所とかは?」

綾「太郎が決めて良いよ」

太「じゃあ適当に調べとく」

綾「他は何かなぁ」

太「地点之类的呢?」

綾「太郎决定就可以哦」

太「那我自己找找」

綾「还有什么其他的吗?」

 

太「なんか調べながらが早いかな?」

綾「じゃあそうする?」

太「ネットでも調べられるけど田舎は弱いからなぁ」

綾「なんでもネットにたよんなw

  図書館があるんだからいこ、」

太「そうだな」

綾「じゃあ玄関で待ってて」

太「おk」

太「要不就边调查边决定吧?」

綾「那就这么办?」

太「虽然网上也能调查,不过乡下的话不好找呢」

綾「别什么都靠网络啊w

  有图书馆所以去吧」

太「是呢」

綾「那我在门口等你」

太「OK」

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 2 条评论
  1. 被妹妹甩了的样子的家伙

    中学……似曾相识的感觉……【什么!只有2万?】+1

    2017年12月15日 12:06来自移动端 回复
  2. 路人c

    我說,LU大居然連棉被都準備好了!?[t喷]

    2017年12月15日 11:41 回复
返回顶部