30Nov

『长篇故事・2ch』借给青梅竹马草莓棉花糖后(九十七)

时间: 2017-11-30 分类: 借给青梅竹马草莓棉花糖后 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

332:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/07/20(木) 00:06:46.54 ID:hZmE8CqJ0

7/18

7/18

 

今日は終業式だったんで昼に終わった。

いったん家に帰ってから病院にいった

今天是学期最后一天,所以中午就放学了

先回到家后,再去的医院

 

病院

医院

 

太「綾乃ー」

綾「太郎・・・」

太「ん?どした?」

綾「なにが?」

太「いや、元気ないから」

太「绫乃——」

綾「太郎・・・」

太「嗯?你怎么了?」

綾「你指什么?」

太「不,看你好像没什么精神」

 

綾「そうかな?」

太「ぜんぜんテンションが違うじゃん」

綾「そう・・・」

太「なんかあった?」

綾「別に・・・」

綾「是吗?」

太「情绪和平时完全不一样不是嘛」

綾「是吗・・・」

太「发生了什么?」

綾「没什么・・・」

 

太「なんだよ」

綾「何もないっていってんだろ!」

太「・・・」

綾「疲れてんだよw」

太「到底怎么了啊」

綾「都说什么事都没有了啊!」

太「・・・」

綾「我累了啊w」

 

333: 2006/07/20(木) 00:06:56.20 ID:6AYjme6tO

太郎おかえり~

太郎欢迎回来~

 

334: 2006/07/20(木) 00:07:16.28 ID:crFxkmMf0

ねなくてよかった~

还好没睡~

 

335:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/07/20(木) 00:07:26.92 ID:hZmE8CqJ0

太「明日から夏休み!」

綾「明日退院!」

太「やったな」

綾「うん、」

太「明天就暑假喽!」

綾「明天出院!」

太「太好了呢」

綾「嗯。」

 

太「あんまうれしそうじゃないな」

綾「・・・太郎がお見舞いに来てくれなくなるからー」

太「そうかw」

綾「ざーんねーん」

太「看上去不是很开心的样子呢」

綾「・・・因为太郎没法来看我了呢——」

太「是吗w」

綾「遗憾」

 

太「毎日お前の部屋に来てやるよ

  また一緒に寝てもいいし」

綾「うん、ありがと」

太「元気がなかったら元気出るまで一緒に居る」

太「每天都会去你房间的哦

  需要的话也可以再一起睡」

綾「嗯,谢谢」

太「没精神的话,直到打起精神为止都一直陪着你」

 

綾「太郎・・・」

太「綾乃?」

綾「ごめん・・・」

ぽろぽろ泣き出した

綾「太郎・・・」

太「绫乃?」

綾「对不起・・・」

说完绫乃眼泪大颗大颗的落下

 

太「・・・」

綾「なんか、う、なんで、う、かな・・う、」

太「綾乃・・・」

綾「ごめん、う、う、ごめ、う、」

太「・・・」

綾「怎么说呢,呜,为什么,呜,呢・・・呜」

太「绫乃・・・」

綾「对不起、呜、对不、呜」

 

ずっと綾乃は泣いた

なんで泣いたのかは全然分からなかった

俺は何も言えなくてずっとそのまま綾乃を見て

戸惑ってた

绫乃一直哭着

完全不知道她因何而哭

我什么话也说不出来,就这样一直看着绫乃

困惑着

 

337:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/07/20(木) 00:08:22.87 ID:hZmE8CqJ0

しばらくして綾乃は泣き止んだようだけど

ずっと顔をシーツにうずめて何も言わなかったんで

俺も何もいえなかった。

いやな空気で何言えば分からなかったんだけど。

夕食もろくに食べなかったし

过了一阵子绫乃虽然不哭了

但脸一直埋在床单上什么话都不说

我也什么话都没说

氛围太糟也不知道该说什么才好

晚餐也没怎么吃

 

太「・・・もう帰らないと」

綾「・・・ま、」

太「?」

綾「まって」

太「・・・なに」

太「・・・我该回去了」

綾「・・・等」

太「?」

綾「等等」

太「・・・什么」

 

綾「だめ」

太「?なにが」

綾「帰らないで」

太「え」

綾「不行」

太「?你指什么」

綾「不要走」

太「诶」

 

綾「お願い、ずっといて・・・」

太「ずっとって」

綾「ずっと」

太「もう面会時間すぎるけど」

綾「一緒に寝て」

太「は?」

綾「拜托了,请一直留下・・・」

太「你说一直」

綾「一直」

太「但已经过了见面时间了哦」

綾「一起睡」

太「哈?」

 

338: 2006/07/20(木) 00:08:27.75 ID:4hFyWzCW0

あやのぉぉぉ・゚・(つД`)・゚・

绫乃・゚・(つД`)・゚・

 

340:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/07/20(木) 00:08:46.58 ID:hZmE8CqJ0

綾「お願い」

太「いやいや・・・ちょっとお前何言ってんの?」

綾「元気出るまで一緒に居るって言ったじゃん」

太「それは退院してからの話だろ?」

綾「じゃあ今は帰るんだ」

綾「拜托了」

太「不不不・・・你究竟在说什么啊?」

綾「你不是说直到我恢复精神为止会一直陪着我的吗」

太「那是指出院以后吧?」

綾「那你现在要回去啊」

 

太「」

綾「落ち込んでる私を一人にしてかえるんだ!」

太「いや、」

綾「じゃあお願い、最後のお願いでもいいから、

  私と一緒に居て?」

太「」

綾「抛下陷入消沉的我一个人回去啊!」

太「不、」

綾「那么拜托了,就当是最后的请求就好

  陪我一起吧?」

 

太「・・・」

太「・・・」

太「・・・」

綾「太郎ぉ・・・」

なんかすごく痛々しくて殺伐としてる綾乃に

尋常じゃなく異常だと感じた

このまま帰ったら綾乃が壊れそうだった

太「・・・」

太「・・・」

太「・・・」

綾「太郎・・・」

绫乃那拼命到叫人心疼的样子

总感觉不太对劲

就这样直接回去的话,感觉绫乃会坏掉

 

341:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/07/20(木) 00:09:19.09 ID:hZmE8CqJ0

太「うんわかった・・・」

綾「ちょっと、なんで出て行くの?」

太「親に帰らないって言っとく」

綾「・・・そういって帰らないよね?」

太「嗯,我知道了・・・」

綾「喂,你干嘛出去啊?」

太「去跟父母说一下我不回家」

綾「・・・不会这么说着直接就回去了吧?」

 

太「絶対帰らないから」

綾「絶対、絶対、絶対?」

太「ああ。」

太「绝对不会回去的」

綾「绝对,绝对,绝对?」

太「嗯」

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 7 条评论
  1. 匿名

    绫乃・゚・(つД`)・゚・

    12月2日 13:55来自移动端 回复
  2. 路人c

    這個事件終於要來了呢…..
    綾乃線也要接近尾聲了呢……

    12月1日 14:01 回复
  3. 难道要搬家?

    12月1日 09:14来自新浪微博 回复
  4. devilsarms

    今天也是lu趴_(:3」∠)_,绫乃好让人心疼…

    12月1日 08:26来自iPhone 回复
  5. SoloistRoy

    关于我们在被LU玩弄着的一件。

    12月1日 02:33 回复
  6. 这感觉怕不是有什么隐情?难道要搬家或者去别的地方治疗?

    11月30日 22:43 回复
  7. 被妹妹甩了的样子的家伙

    Qs命?
    (前排。顺便生日礼物安价→_→

    11月30日 20:22来自移动端 回复
返回顶部