5Nov

『长篇故事・2ch』借给青梅竹马草莓棉花糖后(八十五)

时间: 2017-11-5 分类: 借给青梅竹马草莓棉花糖后 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

45:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/07/14(金) 02:44:05.55 ID:6pduxXfc0

 

太「・・・つか最近はむしろあんまり寝てないけど」

綾「私も寝てばっか。

  体動かしたいけど

  あんまり動くなって言われてる」

太「大変だなぁ」

綾「あーバスケしたい」

太「・・・」

太「・・・最近不如说没怎么睡」

綾「我一直都在睡

  虽然想活动身体

  但医生叫我少活动」

太「真是不容易啊」

綾「啊~好想打篮球」

太「・・・」

 

太「綾乃ってさいきん眠れる?」

綾「どういう意味?」

太「すぐ寝れる?」

綾「うーん・・・あんまり」

太「そう・・・」

綾「何」

太「や、別に」

綾「?」

太「绫乃最近睡得着吗?」

綾「什么意思?」

太「能马上睡着吗?」

綾「嗯~・・・不太能睡着」

太「是吗・・・」

綾「怎么了」

太「不,没什么」

綾「?」

 

46:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/07/14(金) 02:44:21.10 ID:6pduxXfc0

 

綾乃は運動しないと疲れないで眠れない

眠れないと綾乃はオナニーするって言ってたけど

してるのかな?

绫乃曾经说过,自己不运动的话会因为不够累睡不着

睡不着的话就会自X

有做这种事吗?

 

聞こうと思ったがさすがに止めた

虽然想这么问但果然还是自重了

 

47:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/07/14(金) 02:44:36.78 ID:6pduxXfc0

 

 

太「個室って良いけどなんか寂しいな」

綾「うん。テレビとかはあるけどやっぱ少し寂しいかな」

太「俺が居ると寂しくない?」

綾「ウザイw」

太「まてぇ、るぱぁぁ~ん!」

綾「・・・」

太「むが」

枕投げられた

ちょっと良い匂いしたw

太「单人房虽然不错但有点寂寞呢」

綾「嗯。虽然有电视看,但果然有点寂寞吧」

太「我在的话就不寂寞了?」

綾「少烦w」

太「等等,鲁邦~!」

綾「・・・」

太「呃啊」

被枕头砸了

味道有点好闻w

 

48:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/07/14(金) 02:44:54.14 ID:6pduxXfc0

 

里「やっほー」

綾「あ、里美w」

太「こんちわ」

里「あれ?今日も来てるんだw

  ホントに太郎君は毎日来てるの?」

綾「マジでウザイw」

太「ひでーなぁ人がせっかく来てやってるのに」

里「呀吼——」

綾「啊,里美w」

太「你好」

里「啊咧?今天也来了啊w

  太郎君真的每天都有来吗?」

綾「真的很烦w」

太「好过分啊,人家好不容易来一趟」

 

綾「頼んでねー」

太「・・・じゃあおれ帰ったほうが良い?」

里「あ、いいよ、別に気使わなくても

  太郎君も一緒に話そうよ

  久しぶりに」

太「じゃあそうする」

綾「いや、帰れよ」

里「wwwいいじゃん綾乃」

綾「むぅ」

綾「又不是我求你的」

太「・・・那我还是回去比较好?」

里「啊,没事啦,不用顾虑我的

  太郎君也一起聊吧

  好久没聊过了」

太「那就承蒙你的好意」

綾「不,你给我回去啊」

里「www没关系啦绫乃」

綾「姆」

 

49:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/07/14(金) 02:45:09.88 ID:6pduxXfc0

 

 

綾「そっちの学校のほうはどう?」

里「私の学校も来週から期末かな」

太「藤原さんの学校ってレベル高いの?」

里「あんまり高くないよ。専門分野が多いけど」

綾「デザイン科だもんね」

里「そう、課題が多くてwテスト勉強よりそっちが大変w」

太「そうなんだ」

綾「你那边的学校情况怎样」

里「我的学校也是下周就期末了吧」

太「藤原桑的学校等级高吗?」

里「不算高哦,虽然专业分类比较多」

綾「毕竟是设计学科呢」

里「没错,课题相当多w比起考试什么的这些更麻烦w」

太「这样啊」

 

里「でも楽しいよw」

綾「よかったじゃんw」

里「wwうんw」

太「藤原さん、部活とかはしてるの?」

里「週1で茶道部に。あんまり熱心じゃないけどw」

綾「幽霊部員よりましじゃない?w」

太「・・・こっちみんな」

里「あれ?太郎君幽霊部員なんだー?」

里「不过很开心哦w」

綾「那不是很好嘛w」

里「ww嗯w」

太「藤原桑,有参加什么社团活动之类的吗?」

里「每周会去一次茶道社,虽然我也不算太积极啦w」

綾「再怎么也比幽灵部员好吧?w」

太「・・・别看我这边说啊」

里「啊咧?太郎君是幽灵部员来的吗——?」

 

太「こっちみんな」

里「www何部?」

太「・・・漫研」

里「そうだったんだwそういえばうちの学校の漫研は

  去年全国大会にいったみたいだよ?」

太「そうなんだー」

太「别看我这边啊」

里「www什么社团啊?」

太「・・・漫研」

里「这样啊w说起来我们学校的漫研

  去年好像去了全国大会哦?」

太「这样啊——」

 

綾「うわ、興味ねーw」

里「ww太郎君駄目駄目か?」

太「駄目駄目いうなw」

里「www」

綾「www」

綾「呜哇,毫无兴趣的样子w」

里「ww太郎君已经废掉了吗?」

太「别说废掉啊w」

里「www」

綾「www」

 

50:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/07/14(金) 02:45:26.34 ID:6pduxXfc0

 

里「綾乃はバスケできるの?」

綾「直ってもしばらくは無理だって」

里「がんばってたのに残念だね」

綾「別に運動の為に入っただけだから

  そこまで真剣じゃないよ」

里「でもレギュラーじゃなかった?」

綾「3年が一人しかいないから」

里「でも運動できないなら太っちゃうんじゃない?w」

里「绫乃能打篮球吗?」

綾「说是现在暂时还不行」

里「明明那么努力的说,真遗憾啊」

綾「只是为了运动才加入的

  并没有那么认真」

里「但你不是主力队员么?」

綾「因为3年生只有1个人」

里「不过不能运动的话可能会变胖哦?w」

 

綾「うん・・・正直今心配」

里「どれどれw」

綾「あ、こらw」

里「ちょっとぶよぶよしてきてない?」

綾「してない!」

里「www」

綾「里美はどうなんだよ」

里「あーだめ!w」

綾「嗯・・・说实话现在挺担心的」

里「我看看我看看w」

綾「啊,喂w」

里「感觉稍微有点丰满了?」

綾「才没有!」

里「www」

綾「里美又如何呢」

里「啊,不行!w」

 

きゃいきゃい

おさわりモード突入

めっちゃ居辛かった

KyaKya

突入互摸模式

身为男生超尴尬的

 

51:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/07/14(金) 02:45:42.00 ID:6pduxXfc0

 

里「じゃあ帰るね」

綾「うん、ありがと」

太「俺もかえるか」

綾「さあ帰れ」

太「酷!」

里「あははW」

里「那我回去了哦」

綾「嗯,谢谢」

太「我也回去吧」

綾「撒,给我回去」

太「过分!」

里「啊哈哈哈w」

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 10 条评论
  1. 匿名

    啊啊啊(幸福状

    11月6日 22:40来自移动端 回复
  2. CyclizePei

    lu大 从此 站起来了!!

    11月5日 23:15 回复
  3. 被妹妹甩了的样子的家伙

    回想起当年学校男女生宿舍各自最火的运动(可怕……

    11月5日 22:31来自移动端 回复
    • 路人c

      分別是什麼運動啊……

      11月5日 22:37 回复
      • crmxm

        我猜是阿鲁巴

        11月6日 01:41 回复
      • 被妹妹甩了的样子的家伙

        在小学毕业后,大家终于住进了学校宿舍,出于对成长的渴望,男生纷纷拿室友练习各种姿势,于是,攻者愈攻,受者愈受;女生则喜欢探索未知,感受未有之物,所以,大者聚且愈巨,贫者则无人问。

        11月7日 02:09来自移动端 回复
  4. 匿名

    不要立flag啊!!!明天又会倒下的啊!?

    11月5日 22:22来自移动端 回复
  5. 永远14岁的狐耳loli

    lu妈TAT太好了,你终于站起来了TAT

    11月5日 19:34来自移动端 回复
  6. 路人c

    LU大他……LU大他終於站起來了啊啊啊啊啊(喜大普奔

    11月5日 17:482 回复
  7. aubrisbane2ch

    互摸剧情233

    11月5日 16:58来自iPhone 回复
返回顶部