3Nov

『长篇故事・2ch』借给青梅竹马草莓棉花糖后(八十四)

时间: 2017-11-3 分类: 借给青梅竹马草莓棉花糖后 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

36:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/07/14(金) 02:41:11.15 ID:6pduxXfc0

 

太「そういや、お前って携帯どうした?」

綾「ああ、なんか事故で壊れた」

太「壊れたのか」

綾「動くみたいだけど画面の部分がちぎれてわけわかんない」

太「そうか」

綾「・・・やっぱ携帯にはいろいろメールとかしてた?」

太「说起来,你的手机怎么样了?」

綾「啊,好像是事故的时候坏了」

太「坏了吗」

綾「开机是没问题啦,但屏幕画面整个都碎掉了根本看不清什么是什么」

太「是吗」

綾「・・・果然手机发了很多短信之类的?」

 

太「たくさんしてました」

綾「・・・じゃあ良かったのかな?」

太「?」

綾「へんに見て事実に驚いたりしなくてすむし」

太「そうだな」

太「发了很多哦」

綾「・・・那这样也挺好?」

太「?」

綾「不需要对已经发生的事实一惊一乍了」

太「是呢」

 

綾「でもメモリは生きてるから携帯屋さんに行けば

  データ写してもらえるらしいけど」

太「そうなんだ」

綾「どちらにしても退院するまでは携帯も買わないし

  病院じゃ使わないからね」

太「うん」

綾「不过记忆卡没坏,到手机店的话

  应该能让他们把数据还原出来啦」

太「这样啊」

綾「不过不管怎么说,在出院前也不会买手机

  毕竟在医院也用不了」

太「嗯」

 

37:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/07/14(金) 02:41:27.05 ID:6pduxXfc0

 

綾「でも病院ってひまだわ」

太「そうだろうな」

綾「というわけで芸でもしやがれw」

太「・・・綾乃へのラブソングとか?」

綾「私がここから飛び降りるから」

綾「不过呆在医院好无聊啊」

太「是呢」

綾「所以你来表演写什么东西给我看w」

太「・・・献给绫乃的情歌之类的?」

綾「我会从这里跳下去的」

 

太「ひでぇw」

綾「w」

太「じゃあ何すれば良い?」

綾「そーだね、漫画もってきて」

太「苺ましまろみたいな?」

綾「・・・なんでもいい。太郎が好きな奴」

太「过分w」

綾「w」

太「那我该做什么好?」

綾「是呢…带些漫画过来吧」

太「草莓棉花糖之类的?」

綾「・・・什么都可以。选太郎喜欢的」

 

太「寄生獣とかぱにぽにとか」

綾「じゃ両方」

太「カバンにはいらねぇw」

綾「1~2巻ずつでいいから」

太「おk」

太「寄生兽啊嬉皮笑园之类的」

綾「那就两个都要」

太「书包放不下那么多啦w」

綾「1~2卷慢慢带过来就好」

太「OK」

 

38:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/07/14(金) 02:41:47.11 ID:6pduxXfc0

 

太「じゃあ明日ぱにぽにと寄生獣持ってくる」

綾「別に明日じゃなくて良いから」

太「でも明日も来るよ?」

綾「勉強しなきゃ入れない」

太「えー」

綾「当然だろ!」

太「那我明天把嬉皮笑园和寄生兽带过来」

綾「也没必要非得明天」

太「但我明天会来哦?」

綾「不学习的话就不让你进」

太「诶——」

綾「那不是当然的嘛!」

 

太「徹夜でがんばります」

綾「あたって砕けろw」

太「うい・・・」

綾「じゃ♪」

太「また明日」

太「我通宵拼一把」

綾「去撞个粉身碎骨吧w」

太「喔・・・」

綾「拜♪」

太「明天见」

 

39:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/07/14(金) 02:42:05.16 ID:6pduxXfc0

昨日はこんなとこ

昨天就是这种感觉

 

では今日

然后接下来是今天的

 

43:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/07/14(金) 02:43:05.88 ID:6pduxXfc0

7/13

7/13

 

というわけで勉強しました

一夜漬けでまあそこそこ

取れたと思う

就是这样我学习了

临时通宵抱佛脚

嘛我想效果还算过得去吧

 

昨日の安価はよくわからなかった。

今日の安価は銭形?

昨天的安价没太懂

今天的安价是钱形?

※钱形:切成钱的形状的纸,拜神时用的东西

 

事故は大切なものをあなたから奪いました

あなたの心です・・・

事故夺走了你的重要的东西

就是你的心・・・

 

リアルすぎて駄目だ・・・

太真实了不行・・・

 

綾乃はとん出もないものを盗んでいきました

太郎の心です・・・

绫乃偷走了不得了的东西

就是太郎的心・・・

 

キモイ?

というかあんまりルパン見ないからなぁ

觉得恶心?

话说我不怎么看鲁邦呢

 

病院

医院

 

太「まてぇぅるぱぁぁ~ん!!」

綾「・・・・・・」

太「・・・・・・」

綾「ウザ」

太「・・・ごめん」

太「等等我啊——鲁~邦!!」

綾「・・・・・・」

太「・・・・・・」

綾「好恶」

太「・・・抱歉」

 

44:太郎 ◆F8rmrUcZic : 2006/07/14(金) 02:43:41.51 ID:6pduxXfc0

 

 

太「寄生獣とぱにぽに、

  それぞれ2巻ずつ持ってきました」

綾「ありがと。」

太「はい」

綾「ところで太郎」

太「ん」

太「寄生兽和嬉皮笑园

  各给你带了2卷」

綾「谢谢」

太「给」

綾「话说啊太郎」

太「嗯」

 

綾「ちゃんと勉強した?」

太「しましたよ。寝てない」

綾「で、手ごたえは?」

太「平均は行くと思う」

綾「行かなかったら×ゲームねw」

綾「有好好学习吗?」

太「学了哦,都没睡」

綾「那么,感觉考得怎样」

太「应该能达到平均分」

綾「达不到的话要接受惩罚游戏哦w」

 

太「なんで?」

綾「病院の先生に

 「なんだか最近夜になると眠くなるんです」

  って言えw」

太「だからなんでだよ!ていうかなにそれw」

綾「私のせいで太郎の成績が悪くなったって言われたら

  困るしね」

太「为什么?」

綾「对医院的医生

 「「感觉最近到了夜里会变困」」

  这么说w」

太「所以说为什么啦!然后这是要干什么w」

綾「如果说因为我的缘故太郎成绩变差的话

  我也很困扰呢」

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 2 条评论
  1. Omi

    钱形应该是说鲁邦三世里一直追捕鲁邦的钱形警部

    11月10日 03:58来自移动端 回复
  2. Froze

    绫乃偷走了不得了的东西

    就是太郎的心・・・

     

    (|||゚д゚) 给我来把枪

    11月4日 10:47来自移动端1 回复
返回顶部