23Sep

『中篇创作・2ch』妹「来做夜宵咯~」(十二)

时间: 2017-9-23 分类: 妹「来做夜宵咯~」 作者: 鹳

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

44: 2013/10/31(木) 00:19:52.41 ID:PQIZtviDo

 

『日清食品 日清のどん兵衛 鴨だしそば』

『日清食品 兵卫 鸭汤荞麦面』

 

『中篇创作・2ch』妹「来做夜宵咯~」(十二)

 

キーンコーンカーンコーン

叮——咚——叮——咚

 

男  「昼だ!」

男「中午啦!」

 

男友 「はいよ」

男友「好」

 

幼馴染「きたよ!」

青梅竹马「我来啦!」

 

男友 「はいはい」

男友「好好」

 

男  「テンション低いな!」

男「你情绪不高啊!」

 

幼馴染「お昼だってのにね!」

青梅竹马「明明接下来要吃午饭!」

 

男友 「お前等のテンションが異常なんだと思うぞ」

男友「我倒反而觉得你们那高涨的情绪不正常」

 

45: 2013/10/31(木) 00:20:21.12 ID:LmxTinQbo

男  「じゃあ、俺はお湯入れてくるから」

男「那,我去加开水」

 

幼馴染「カップメン? 飽きないね」

青梅竹马「杯面?你还真是不腻呢」

 

男  「女には分からんさ。なあ?」

男「女人是不会懂的啦。是吧?」

 

男友 「いや、俺でも飽きると思う」

男友「不,我觉得我也会腻的」

 

男  「UFOのジェット湯切りで火傷しろ!」ダッ

男「被UFO的jet湯切り烫伤吧!」

 

男友 「いや、UFOなんて滅多に食べないし……」

男友「啊,我很少吃UFO那种的……」

 

幼馴染「負け惜しみなのかすら、分からないね」

青梅竹马「都不知道你这到底算不算是嘴硬了」

 

46: 2013/10/31(木) 00:20:46.82 ID:LmxTinQbo

男  「ただいま」

男「我回来了」

 

男友 「すぐ戻ってくるしな」

男友「马上就回来了呢」

 

幼馴染「鶏みたいに3つ歩いたら忘れるんだよ、多分」

青梅竹马「大概就像鸡一样只要走出三步就会忘记吧」

 

男  「そういうわけで、今日はどん兵衛の鴨だしそばです」

男「所以,今天是兵卫的长葱鸭肉汤荞麦面哦」

 

幼馴染「あぁ、そういう風に繋がるのね」

青梅竹马「啊啊,以那样的方式接上了呢」

 

男友 「鶏じゃなくて鴨だけどな」

男友「虽然不是鸡而是鸭啦」

 

男  「ちゃんと鶏もある」コトッ

男「里面也有鸡哦」

 

幼馴染「なにこれ?」

青梅竹马「这是什么?」

 

47: 2013/10/31(木) 00:21:13.69 ID:LmxTinQbo

男  「ホテイの缶詰”とりたま たれ味”だ」

男「HOTEI的罐头“鸡肉球 料汁味”」

 

幼馴染「缶詰? 何で、口開けてお湯に浸かってるの?」

青梅竹马「罐头? 为什么,要把盖子打开泡在热水里?」

 

男  「温めるためだ」

男「为了将它热一热」

 

男友 「無駄に手間かけるなぁ。いつものことだけど」

男友「总是花些无用的工夫呢。虽然已经是老生常谈了」

 

男  「3分経ったな」ベリッ

男「三分钟过去了」

 

幼馴染「缶詰は?」

青梅竹马「罐头呢?」

 

男  「当然、入れる」ペコッ

男「当然要倒进去」倒

 

男友 「おかずじゃなくて、トッピングか」

男友「不是作为用来送的菜,而是直接倒进面里么」

 

48: 2013/10/31(木) 00:21:39.55 ID:LmxTinQbo

男  「この芳しい鴨だしの香りに、炭火で焼かれた鶏肉の匂いが食欲を刺激して止まないな」

男「这芳醇的鸭汤的香气,用炭火烤制的鸡肉味不停地刺激着食欲」

 

男友 「よくもまぁ、色々考えるな。物足りないのか?」

男友「你想得很多呢。觉得直接吃不够劲?」

 

男  「何言ってるんだ? どん兵衛はそれだけで完成された味だろうが」

男「你在说什么?兵卫是已经完成的味道了」

 

幼馴染「じゃあ、普通に食べれば良いのに」

青梅竹马「那,正常吃不就好了嘛」

 

男  「俺は完璧な蛇の絵に足を書き足しているだけだが、そのほうが面白い絵になることもある」

男「我虽然只是在完美的蛇画上添上了脚,但有时那样画会变得更有趣」

 

男友 「深いことを言ってるような、そうでもないような」

男友「你好像说了非常深奥的话,但又好像不是」

 

幼馴染「間違いなく、そうでもない方だよ」

青梅竹马「毫无疑问,一点都不深奥」

 

49: 2013/10/31(木) 00:22:06.86 ID:LmxTinQbo

男  「頂きます」

男「我开动了」

 

男友 「まぁ、好きにしてくれ」

男友「嘛,随你喜欢啦」

 

男  「何よりも惹き付けられるのが、矢張り香りだな。芳醇な鴨だしの匂い。

    インスタント食品でここまでの芳しさを出すのは、賞賛せざるを得ない」クンクン

男「最吸引我的是,还是香气呢。芳醇的鸭汤的味道。

  速食食品竟然可以有这样的香气,叫人不得不称赞。」

 

 

 

幼馴染「まぁ、良い匂いだよね」スンスン

青梅竹马「味道很香呢」嗅嗅

 

男  「そして、どん兵衛の麺。ちぢれ麺で無くなったのは今は昔の話だが、今のストレート麺も美味い。

    蕎麦をすすったときのズババッとした食感を高めている気がする」ズババッ

男「然后,兵卫的面。 虽然早就没有卷面了,但现在的直面也很好吃。

  感觉吸食面的时候那爽溜的口感都被提升了。 」

 

 

男友 「汁飛ばすなよ」

男友「别让汤汁溅出来啊」

 

男  「ここで缶詰の鶏肉を一つ。タレが絡みつつ、鴨だしの汁を浴びた肉の旨味が増している」モグモグ

男「这里加入一块罐头里的鸡肉。鸡肉沾上料汁,淋上鸭汤之后,肉的美味更上一层」

 

幼馴染「美味しそうな気がしてきた」

青梅竹马「开始觉得有点好吃了」

 

50: 2013/10/31(木) 00:22:33.35 ID:LmxTinQbo

男  「鴨だしのスープ。焼き鳥のタレが溶け込んで、コクがでたスープは炭火の香りも相まって、

    大人しいだけじゃない、野性味のある深みが出ている」ズズズッ

男「烤鸡肉的料汁溶入鸭肉汤中,浓郁的汤汁与炭火的香气相结合

  不只是温和,更突出了具有野性味道的深度」滋溜溜

 

 

 

男友 「全く意味が分からないのに、何か凄そうだ」

男友「虽然不是很明白,但好像很厉害」

 

男  「蕎麦をすすったときに、麺に絡む汁がまた美味い。口の中の飛沫から鴨だしの風味が広がり、鼻に抜ける」

男「吸面条的时候,缠绕在面上的汤汁更加美味。鸭汤的味道随着飞沫在口中扩散,直冲鼻腔」

 

幼馴染「ちょっと頂戴」

青梅竹马「给我尝尝」

 

男  「嫌だね。ここで七味唐辛子を少々加える」

男「不要。在这里加上一点七味粉」

 

男友 「調味料を持ち歩いてるのか?」

男友「你居然随身带着调料吗?」

 

男  「焼き鳥の肉に七味が良く合うんだ。あぁ、ピリっとくる刺激とタレの甘み!」モグモグ

男「烤鸡肉和七味非常搭。啊啊,辛辣的刺激和料汁的甜味!」

 

(七味粉:由生的紅辣椒、煮熟的红辣椒、山椒粉、黑芝麻、芥子、麻实、陈皮等七味組成。 )

 

51: 2013/10/31(木) 00:22:59.68 ID:LmxTinQbo

幼馴染「私のお弁当と交換しようよ」

青梅竹马「和我的便当交换嘛」

 

男  「俺が大半食ったらな。お前に渡すと、帰ってこない」

男「等我多吃一点。给了你,就拿回不来了」

 

幼馴染「絶対だよ」

青梅竹马「一定要给我留哦」

 

男  「缶詰に2個だけ入ってる、うずらの卵は全部俺が食うけどな」

男「罐头里只有两个的,鹌鹑蛋我要全部都吃掉」

 

幼馴染「あ、あ! 1個残してよ!」

青梅竹马「啊,啊! 给我留一个啊!」

 

男  「美味い。タレが染みこんで、ほろっと崩れる黄身がたまらん」モグモグ

男「好吃。料汁渗了进去,微微散开的蛋黄让人欲罢不能」

 

幼馴染「ケチッ」

青梅竹马「小气」

 

男  「麺と汁の相性が最高だ。そこに加わった焼き鳥も調和を崩さない」ズズッ

男「面和汤汁的相性如此完美。加上的烤鸡肉也没有破坏这种和谐。」

 

52: 2013/10/31(木) 00:23:25.38 ID:LmxTinQbo

 

男友 「とても良いもののような気がしてきた」ゴクリ

男友「有点觉得这是非常好的东西了」咽口水

 

男  「はぁ、炭火焼きは、どうしようもなく肉の旨味を引き出すな」モグモグ

男「哈啊,碳烤,让肉的美味上升到了寻常美味无法企及的地步呢」

 

幼馴染「そろそろ、いいんじゃないかな」

青梅竹马「差不多,可以了吧」

 

男  「鴨だし汁だからこそ、ここまで焼き鳥と旨く溶け込んだ味になるんだな」ズズズッ

男「正因为是鸭汤,才能与烤鸡肉的味道完美相融到这种地步呢」

 

幼馴染「ねぇ。いいでしょ?」

青梅竹马「呐。可以了吧?」

 

男  「そして、この汁の中にあって、なお自己を失わない、しっかりとした蕎麦の麺!」ズババ

男「然后是,存在于这个汤汁中,仍不失自我,保持本性的荞麦面!」

 

男友 「あんまり苛めんなよ」

男友「别太欺负她了」

 

53: 2013/10/31(木) 00:23:52.72 ID:LmxTinQbo

男  「チッ。お前の弁当なんだよ?」

男「切。你的便当里有什么啊?」

 

幼馴染「おっぱいチョコ」

青梅竹马「咪咪巧克力」

 

男友 「え?」

男友「诶?」

 

幼馴染「ハロウィンだし、お菓子」

青梅竹马「万圣节啦,点心」

 

男  「色々と間違ってるだろ」

男「搞错了吧,各种意义上」

 

幼馴染「ほら、トリックオアトリート!」

青梅竹马「喂,不给糖就捣乱!」

 

男友 「お菓子がイタズラに走ってる場合はどうすればいいんだ」

男友「糖果走上恶作剧的道路时,要怎么办才好」

 

男  「お前、そんなんだから友達一人もいないんだよ」

男「你啊,就是因为这样才没朋友的」

 

幼馴染「えっ」

青梅竹马「诶」

 

56: 2013/10/31(木) 02:17:30.03 ID:oMV6ZwO30

はら が へって ちから が でない!

肚子 饿 的 没力气了!

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


鹳

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 3 条评论
  1. 复活倒计时……

    9月24日 13:391 回复
  2. 草不可避

    咚兵衛的狐狸烏冬麵超好吃的~~~

    9月24日 02:37来自移动端 回复
  3. CupcakeWOW

    表示UFO的撈麵很好吃

    9月23日 22:47 回复
返回顶部