7Sep

『长篇故事・2ch』借给青梅竹马草莓棉花糖后(五十七)

时间: 2017-9-7 分类: 借给青梅竹马草莓棉花糖后 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

390: 太郎 ◆F8rmrUcZic: 2006/07/03(月) 00:55:57.98 ID:7SVQsxwt0

太「じゃ、じゃあさ」

綾「まだあんの?」

太「高校のときはあんまりしてないって

  言ってたのに最近はしたんだ?」

綾「・・・そ、それは、眠れなかった・・・から・・・」

太「眠れない?」

太「然,然后啊」

綾「还有问题?」

太「你说高中都没怎么做了

  最近却又开始了?」

綾「・・・那、那是因为、睡不着・・・觉・・・」

太「睡不着?」

 

綾「眠れないときは、すると、ねむれるから・・・」

太「いつもは寝れるんだ」

綾「高校入って部活始めたから」

太「じゃあ何で最近は眠れなかったんだ?」

綾「太郎、の、事で、いろいろ考えたから」

太「俺のこと」

綾「うん・・・」

綾「睡不着的时候,做一下,就能睡着了・・・」

太「以前一直能睡」

綾「毕竟上了高中有参加社团活动呢」

太「那为什么最近睡不着了啊?」

綾「想了・・・很多・・・太郎的事情」

太「我的事情」

綾「嗯・・・」

 

394: 2006/07/03(月) 00:56:39.91 ID:z/aeESl80

綾「太郎、の、事で、いろいろ考えたから」

綾「想了・・・很多・・・太郎的事情」

 

ウワァァ—–。゚(゚´Д`゚)゚。—–ン!!!!

呜哇—–。゚(゚´Д`゚)゚。—–!!!!

 

395: 太郎 ◆F8rmrUcZic: 2006/07/03(月) 00:56:42.76 ID:7SVQsxwt0

太「そういえばさ」

綾「な、なんだよ」

太「なんで綾乃は俺の事好きになったの」

綾「え・・・それは」

太「何?」

綾「今までは仲がいい幼馴染って意味で、好きだったけど

  太郎に告白されて、太郎の事を男の子として、

  真剣に考えて。」

太「・・・」

太「这么说来」

綾「什、什么啦」

太「为什么绫乃会喜欢上我啊」

綾「诶・・・那是因为」

太「什么?」

綾「至今为止是作为关系要好的青梅竹马喜欢着的

  但被太郎告白以后,认真考虑了下作为男孩子的太郎」

 

綾「本当はすごいショックだったんだけど、

  幼馴染が急に好きだって、言ったら

  今までの関係はもう、無理じゃん」

太「・・・そうかもな」

綾「だから、幼馴染として好きな太郎とは別れたくなくて、

  しばらく、様子をみることにしたわけ」

太「そうだったんだ」

綾「其实是挺受打击的

  毕竟青梅竹马突然说喜欢

  至今为止的关系,已经没法持续下去了不是嘛」

太「・・・或许是呢」

綾「所以,不想和作为青梅竹马喜欢的太郎分开

  想就暂时先观望一阵子」

太「是这样啊」

 

綾「そしたら、ちょっといいかも、とか、楽しい、とか

  キスしたら、気持ち良い、とか、感じて

  気が付いたら太郎の事好きになってた。」

太「そう・・・か」

綾「だから今も大好きw」

太「俺もだ」

綾「然后,觉得或许不错,之类的・・・挺开心,之类的

  接吻了觉得舒服,之类的

  然后回过神来发现已经喜欢上太郎了」

太「是・・・吗」

綾「所以现在也最喜欢了w」

太「我也是」

 

398: 太郎 ◆F8rmrUcZic: 2006/07/03(月) 00:57:41.79 ID:7SVQsxwt0

綾「じゃあさ」

太「え?」

綾「太郎は何で、私を、好きになったの?

  たしか、メールの告白は、あれ、冗談だって言ってなかった?」

太「・・・うん」

綾「どうして、今は好きになったの?」

太「それは、その、最初はホントにお前の体目当てだった」

綾「・・・・・・そうなんだ」

綾「那」

太「诶?」

綾「太郎又是为什么喜欢上我的啊?

  记得你说过,短信的告白,那个是假的?」

太「・・・嗯」

綾「那为什么,现在又喜欢上了呢?」

太「那个是、那个,最开始的时候其实是以你的身体为目的」

綾「・・・・・・是吗」

 

太「それに、お前の事は嫌いだったんだぜ?」

綾「え、うそ」

太「だってお前性格悪いじゃん」

綾「そう、かな?」

太「そうだよ。少なくともそうだった」

綾「今は?」

太「スタンガンと暴力がなけりゃなぁw」

綾「太郎が襲わなくなったら考えてあげるw」

太「ww、でだ。」

太「而且,以前我是讨厌你的哦?」

綾「诶、骗人」

太「因为你性格不是很恶劣嘛」

綾「是,吗」

太「是哦。至少以前的我是这么觉得的」

綾「现在呢?」

太「如果没有电棍和暴力的话w」

綾「太郎不变成狼的话,我会考虑的w」

太「ww,然后啊」

 

綾「うん」

太「お前と話したり、キスしたり、いろんな一面をみて、

  綾乃の事が、かわいく見えてきた」

綾「太郎・・・」

太「で、おれもいつの間にか本気で好きになってたってわけ」

綾「www」

太「www」

綾「嗯」

太「通过和你聊天,接吻,见识到你的各方各面

  开始觉得绫乃有些可爱了」

綾「太郎・・・」

太「然后,我也不知不觉真的喜欢上了」

綾「www」

太「www」

 

400: 太郎 ◆F8rmrUcZic: 2006/07/03(月) 00:58:14.79 ID:7SVQsxwt0

綾「なにそれw」

太「え?」

綾「だって二人とも最初はどっちも恋愛感情なくて付き合いだして

  気が付いたらどっちも好きになってたなんて・・・」

太「たしかにwへんだ」

綾「那算什么w」

太「诶?」

綾「因为两个人最开始都没有恋爱感情就开始交往了

  然后注意到时也都喜欢上了对方・・・」

太「确实w挺奇怪的」

 

綾「でも、今は好き同士だもん」

太「そうだなw」

綾「好き」

太「俺もだ」

綾「不过,现在不是已经互相喜欢了嘛」

太「是呢w」

綾「喜欢」

太「我也是」

 

この辺で恥ずかしさMAXになって手を握ったまま無言になった

気が付いたら俺寝てた

这时羞耻度已经到达顶点,手握着手陷入了沉默

不知不觉中我已经睡着了

 

399: 2006/07/03(月) 00:58:02.43 ID:OJPMR2Hp0

綾乃が可愛い綾乃が可愛い

绫乃好可爱啊绫乃

 

401: 2006/07/03(月) 00:58:43.35 ID:2X1puHZj0

なんかもう太郎もかわいいなぁww

感觉太郎也很可爱ww

 

402: 太郎 ◆F8rmrUcZic: 2006/07/03(月) 00:58:48.34 ID:7SVQsxwt0

太「?」

もう目を覚ましたら綾乃は部屋に居なかった

太「・・・」

ぼーっとしてたら綾乃がしばらくしてやってきた」

綾「あ、起きた?」

太「うん」

太「?」

醒来的时候,绫乃已经不在房间里了

太「・・・」

发了一阵子呆后,绫乃回到房间

綾「啊,醒了?」

太「嗯」

 

綾「おなかすいてない?」

太「空いてるかも」

綾「ハンバーグ作ってみました」

太「まじかよ!」

綾「まじだぜw」

太「うぉぉ」

綾「肚子饿不饿?」

太「可能有点饿了」

綾「我做了汉堡牛肉饼哦」

太「真的假的!」

綾「真的哦w」

太「喔喔」

 

というわけで綾乃手作りのハンバーグ食べました。

これはうまかったw

ソースがからかったけどまあ許容範囲だったんで言わない事にした

就是这样,我吃了绫乃的手制牛肉饼

真的挺好吃的w

虽然酱料有点辣,不过还在可承受范围内,所以也没说什么

 

405: 太郎 ◆F8rmrUcZic: 2006/07/03(月) 00:59:07.68 ID:7SVQsxwt0

太「ご馳走様」

綾「^^」

太「ふう、」

綾「ねえねえ」

太「はい?」

太「多谢款待」

綾「^^」

太「呼」

綾「呐呐」

太「诶?」

 

綾「散歩しよ」

太「・・・良いよ」

綾「じゃあこれ脱いでくる」

太「あい」

言うの忘れてたけど綾乃はエプロン姿でした

綾「去散步吧」

太「・・・好哦」

綾「那我去把这个脱了」

太「喔」

忘记说了,绫乃穿的是围裙装

 

407: 2006/07/03(月) 00:59:39.53 ID:zLKiCC1vO

つまりVIPのおかげで今がある

也就是说多亏了VIP才有的现在

 

411: 2006/07/03(月) 00:59:57.27 ID:z/aeESl80

>>407 まさにそのとおり

>>407 真的是这样

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 10 条评论
  1. kuri

    让我想起另一个想和青梅竹马啪啪啪中的1,在说出最初的目的是身体这种话时,结果可是完全不同啊

    9月11日 01:28来自移动端2 回复
  2. 小夫妻的节奏

    9月8日 09:16来自新浪微博 回复
  3. 永远14岁的狐耳loli

    有好好说出来就不错~加油,请务必让绫乃幸福o(≧v≦)o

    9月8日 01:24来自移动端 回复
  4. 这尼玛已经是小夫妻的感觉了啊。汪

    9月8日 01:00 回复
  5. 被妹妹甩了的样子的家伙

    在遇到天使前我大概也算是报复心理吧?然鹅……之后我几乎要成了个M……完败呢……

    9月8日 00:33来自移动端1 回复
    • 路人c

      請說出你的故事.jpg

      9月8日 07:00来自移动端4 回复
      • 兔子火锅

        这莫说来我们可以开一个故事区,不干脆开一个讲故事的匿名版吧[ali坏笑]

        9月8日 09:103 回复
    • 这个搞事情的ID 

      9月9日 13:23来自移动端 回复
  6. 匿名

    汪汪汪!!!

    9月8日 00:31来自移动端 回复
  7. 路人c

    啊咧,我的眼前一片雪白啊,筆電壞掉了嗎[doge]

    9月7日 22:56 回复
返回顶部