4Sep

『长篇故事・2ch』借给青梅竹马草莓棉花糖后(五十六)

时间: 2017-9-4 分类: 借给青梅竹马草莓棉花糖后 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

358: 太郎 ◆F8rmrUcZic: 2006/07/03(月) 00:49:01.14 ID:7SVQsxwt0

早朝

携帯のアラームを5分おき(オールスヌーズ)で

5個設定していたので何とか4:30までには起きれたw

というか4:10だったけど

早上

把手机的闹钟调成5分钟响一次

一共设置了5个闹钟,总算是在4:30前醒来了w

不如说4:10就行了

 

屋根上通って綾乃の部屋に行く

窓はちゃんと開いてた

通过屋顶来到绫乃房间

窗户已经开了

 

綾乃はすやすやとねてました

横向きに寝ててめっちゃかわいかった。

绫乃睡的很香

侧身睡着,超级可爱的

 

361: 太郎 ◆F8rmrUcZic: 2006/07/03(月) 00:49:29.60 ID:7SVQsxwt0

キスして起こすべきか考えたけど

おっぱい触りたくなったので

触って見る事にした

起こさないように、ゆっくり・・・

虽然想着应该通过kiss叫醒

不过想摸一下欧派

所以决定摸摸看

小心不弄醒她,慢慢地・・・

 

やわーらかwやわーらかw

やわーらかwやわーらかw

软绵绵~w软绵绵~w

软绵绵~w软绵绵~w

 

おっきした

硬了

 

363: 2006/07/03(月) 00:49:47.69 ID:z/aeESl80

今までずっとまとめてたのか!??

wktk

直到现在都在整理吗!!?

期待

 

364: 太郎 ◆F8rmrUcZic: 2006/07/03(月) 00:49:57.36 ID:7SVQsxwt0

乳首を触ろうと指をのばした

ふにふにしてた。

綾「ん・・・」

太「!!!!!!」

綾「ふー・・・・・・」

太「あwqせdrftひゅじこl」

綾「・・・・・・・」

太「セーフ?」

寝返りをうっただけだった

想摸尖端,伸出了手指

轻轻按了下

綾「嗯・・・」

太「!!!!!!」

綾「呼・・・・・・」

太「あwqせdrftひゅじこl」

綾「・・・・・・」

太「安全?」

只是翻了个身而已

 

367: 太郎 ◆F8rmrUcZic: 2006/07/03(月) 00:50:25.95 ID:7SVQsxwt0

次はおしりをさわろうと思う

やさしく、ゆっくり

接下来打算摸一下PP

轻柔的,慢慢的

 

ふゆ、ふゆ、ふゆ、

噗哟、噗哟、噗哟、

 

こっちもやわらかいw

这边也好柔软w

 

正直股のラインにきゅっとパジャマが寄ってるのを

見るともう、さわりたくて、触りたくて

少しずつ指を近づけていった

说实话看到紧贴着睡衣的股间线条

一种想摸的欲望不断膨胀

手指慢慢的靠近

 

370: 太郎 ◆F8rmrUcZic: 2006/07/03(月) 00:50:54.42 ID:7SVQsxwt0

ちょん、と触れた後

綾「んん・・・」

太「!!!!!!!」

綾「ん?ん?ん?」

太「せrftgyふじこlp;@:」

綾「あ?あ、太郎・・・」

太「・・・おはよう」

啾、轻触之后

綾「嗯・・・」

太「!!!!!!!」

綾「嗯?嗯?嗯?」

太「せrftgyふじこlp;@:」

綾「啊?啊,太郎・・・」

太「・・・早上好」

 

綾「おはよ・・・どした?顔赤いよ?」

太「なんでもねぇよ」

綾「んふ、ちゃんと起こしてくれたね♪」

太「当たり前だろ」

綾「どーだか」

太「は?」

綾「なんでもない、じゃあ玄関で待ってて。着替えるから」

太「わかった」

綾「早上好・・・你怎么了?脸很红哦?」

太「什么都没啦」

綾「嗯呼,有好好叫我起床呢♪」

太「那当然了」

綾「这可不好说」

太「哈?」

綾「什么都没,那你在门口等我。我换衣服」

太「我知道了」

 

373: 太郎 ◆F8rmrUcZic: 2006/07/03(月) 00:51:54.88 ID:7SVQsxwt0

ランニング

綾「おまたせ」

太「うん」

綾「じゃあ行くよ」

太「うん」

跑步

綾「让你久等了」

太「嗯」

綾「那么出发吧」

太「喔」

 

今日は15分くらいからスタンガン追跡が始まった・・・

太「今日、の、ペース、速く、ない?」

綾「気のせいじゃない、かなw」

太「俺、筋肉痛で痛いんだけどな」

綾「しるか、体力だけ付けばいいの」

太「えー・・・」

綾「わたしマッチョにがて」

太「そう、だった、のか」

今天跑了15分钟左右电棍的追击就开始了・・・

太「今天、跑的、是不是、有点快?」

綾「是你的错觉吧w」

太「我,肌肉痛诶」

綾「谁管你啊,好好锻炼体力就好」

太「诶~・・・」

綾「我也是为了不变成肌肉女」

太「是、吗」

 

綾「筋肉痛で休んだら筋肉太くなるし」

太「へぇー」

綾「筋肉痛でもないのに休んだら脂肪になるし!」

太「そうなんだ」

綾「おそい」

びちち!

太「あだーっ!!」

綾「因为肌肉痛休息的话,肌肉会变大」

太「喔」

綾「如果肌肉不痛休息的话,会变成脂肪!」

太「这样啊」

綾「太慢了」

哔哩哩!

太「好痛!!」

 

何とか今日も完走

とはいえ瀕死

今天也总算跑完全程

话虽如此也接近濒死

 

375: 太郎 ◆F8rmrUcZic: 2006/07/03(月) 00:52:39.38 ID:7SVQsxwt0

綾「今日は学校休みだしゆっくり休みな」

太「そー・・・・・・する・・・」

綾「夜中、雨降ってたみたいだね」

太「そう・・・なんだ」

綾「夜中、雷うるさかったじゃん」

太「寝てた」

綾「今天不用上课,放轻松吧」

太「我会・・・・・・的・・・」

綾「晚上好像下雨了呢」

太「是・・・呢」

綾「半夜,雷声不是挺吵的嘛」

太「我睡着了」

 

綾「どんかんだな」

太「うっ・・・さい」

綾「明日もはしれるかなぁ」

太「俺は・・・どっちでもいいや」

綾「えー」

太「きつい」

綾「真是迟钝」

太「啰・・・嗦」

綾「明天能跑吗」

太「我・・・跑不跑都行」

綾「诶~」

太「撑不下去了」

 

綾「今日は・・・9時くらいに来て」

太「わかった」

綾「それで、DVDを一気に見よう」

太「おk」

綾「じゃあそゆことで」

太「うい」

綾「今天・・・9点左右的时候过来」

太「我知道了」

綾「然后,一口气看完DVD吧」

太「OK」

綾「那就这样」

太「喔」

 

家戻ってシャワー浴びて寝て朝飯食べて報告

回到家淋过浴后睡觉吃了早餐后报告

 

376: 太郎 ◆F8rmrUcZic: 2006/07/03(月) 00:52:56.80 ID:7SVQsxwt0

綾乃の家前

绫乃家门前

 

また綾乃は庭で水まいてた

太「おう、きたぞ」

綾「おう、きたか」

太「また水やってるのか」

綾「うん」

绫乃又在庭院里浇水

太「喔,我来了哦」

綾「喔,来了吗」

太「你还在浇水吗」

綾「嗯」

 

太「・・・もしかして俺の事でむかえてくれてたの?」

綾「・・・・・・」

水かけられた

綾「入るよ」

太「・・・うん」

太「・・・难不成是在等我吗?」

綾「・・・・・・」

被泼水了

綾「进屋了哦」

太「・・・嗯」

 

379: 太郎 ◆F8rmrUcZic: 2006/07/03(月) 00:53:21.68 ID:7SVQsxwt0

綾乃の部屋

绫乃的房间

 

太「じゃあ、見るか」

綾「ちょっとまってて」

太「那么,来看吧」

綾「稍微等等」

 

綾「はい、おまたせ」

太「おお」

綾「焼きたてだよ」

太「クッキーじゃん!」

綾「昨日生地寝かせといて朝焼いた」

綾「给,让你久等了」

太「喔喔」

綾「刚出炉的哦」

太「曲奇饼诶!」

綾「昨天开始发面,今早烤的」

 

太「食って良い?」

綾「どうぞ」

太「ほぐほぐ」

綾「どう?」

太「うめぇ」

綾「どーぜん」

太「我可以吃吗?」

綾「请便」

太「嚼嚼」

綾「怎么样?」

太「好吃」

綾「那肯定了」

 

太「じゃあ見よう」

綾「うん」

くっついて見てた。

紙パックのみかんジュースと綾乃手作りのクッキーをたべながら。

太「那来看DVD吧」

綾「嗯」

紧贴在一起看了DVD

边喝盒装果汁和吃着绫乃的手制饼干边看

 

380: 2006/07/03(月) 00:53:54.90 ID:z/aeESl80

太「・・・もしかして俺の事でむかえてくれてたの?」

綾「・・・・・・」

水かけられた

太「・・・难不成是在等我吗?」

綾「・・・・・・」

被泼水了

 

 

一週間前もやっぱりそういうことだったかw

一周前果然也是这样吗w

 

383: 太郎 ◆F8rmrUcZic: 2006/07/03(月) 00:54:13.90 ID:7SVQsxwt0

続けっぱなしで見たら4,5時間くらいで見終わった

その間かわいいとかこいつアホスとかほのぼのしたり笑ったりした。

不间断地看了4、5个小时左右总算是看完了

在这期间有说有笑地夹带了「好可爱」「这家伙好蠢」类似这样的对话

 

太「こんな時間だけどおなかはすいてないな」

綾「ずっとクッキー食べてたからね」

太「あー そいね してぇな」

さりげなく(?)言ってみた

綾「ww・・・しょうがないなw」

太「明明都这个时间了,肚子却还不饿呢」

綾「毕竟一直在吃饼干呢」

太「啊~ 好想要陪睡啊」

若无其事(?)地说了下试试

綾「ww・・・真拿你没办法啊w」

 

太「え、まじで!」

綾「私も眠くなってきちゃったし、昼寝しよ」

太「w」

綾「エッチ厳禁!」

太「・・・了解」

そのままくっついてねっころがる

タオルケット一枚ふたりでかぶった

太「诶,真的假的!」

綾「毕竟我也困了,来午睡吧」

太「w」

綾「禁止做H的事情!」

太「・・・明白」

就这样紧贴在一起躺下

两个人共用一条毛巾毯

 

386: 太郎 ◆F8rmrUcZic: 2006/07/03(月) 00:54:43.23 ID:7SVQsxwt0

太「なあ、」

綾「なに」

太「やっぱいい」

綾「なんだよ」

太「お前、恥ずかしいんだろ?」

太「呐」

綾「什么」

太「果然还是算了」

綾「什么啦」

太「你会觉得难为情的吧?」

 

綾「何が?」

太「オナニーの事とか」

綾「・・・まあそうだけど」

太「じゃあいい」

綾「でも、太郎なら別に私はいいよ。話だけなら」

太「そうか」

綾「・・・うん」

綾「什么?」

太「自X的事情之类的」

綾「・・・嘛,是这样没错啦」

太「那就算了」

綾「不过,如果是太郎的话我是无所谓啦,只是聊聊的话」

太「是吗」

綾「・・・嗯」

 

388: 太郎 ◆F8rmrUcZic: 2006/07/03(月) 00:55:26.21 ID:7SVQsxwt0

太「じゃあ聞くけど」

綾「うん」

太「お前、オナニーってどうやってる?」

綾「え?」

太「たとえばおかずとか」

太「那我问你啊」

綾「嗯」

太「你平时自X是怎么做的?」

綾「诶?」

太「比如说施法材料之类的」

 

綾「おかず・・・?」

太「何考えてオナニーしてんだ?」

綾「え・・・べ、別に何も考えて、ないけど」

太「え?ホントに?」

綾「……うん」

綾「施法材料・・・?」

太「想象什么来自X?」

綾「诶・・・倒、倒是什么也没想・・・啦」

太「诶?真的?」

綾「……嗯」

 

太「じゃあ、指は入れてやってるのか?」

綾「え、い、入れないよ?」

太「ホントに?」

綾「ほんとだって—こわいもん」

太「じゃあ、どうやってるんだよ」

太「那,手指会伸进去吗?」

綾「诶,不、不会哦?」

太「真的?」

綾「真的啦——因为很恐怖啊」

太「那是怎么弄的啊」

 

綾「え、・・・それは、指で、あそこを、触って」

太「触るだけ?」

綾「・・・少し、さすって、気持ちよくなるまで・・・」

太「そして?」

綾「も、もういいでしょ!恥ずかしいし!」

太「あ、ご、ごめん」

綾「もう…」

綾「诶,・・・那就是,用手指,摸・・・那里」

太「只是摸而已?」

綾「・・・轻轻,摸一阵,直到变得舒服为止・・・」

太「然后?」

綾「已、已经够了吧!很难为情诶!」

太「啊,抱、抱歉」

綾「真是的…」

 

390: 太郎 ◆F8rmrUcZic: 2006/07/03(月) 00:55:57.98 ID:7SVQsxwt0

太「じゃ、じゃあさ」

綾「まだあんの?」

太「高校のときはあんまりしてないって

  言ってたのに最近はしたんだ?」

綾「・・・そ、それは、眠れなかった・・・から・・・」

太「眠れない?」

太「然,然后啊」

綾「还有问题?」

太「你说高中都没怎么做了

  最近却又开始了?」

綾「・・・那、那是因为、睡不着・・・觉・・・」

太「睡不着?」

 

綾「眠れないときは、すると、ねむれるから・・・」

太「いつもは寝れるんだ」

綾「高校入って部活始めたから」

太「じゃあ何で最近は眠れなかったんだ?」

綾「太郎、の、事で、いろいろ考えたから」

太「俺のこと」

綾「うん・・・」

綾「睡不着的时候,做一下,就能睡着了・・・」

太「以前一直能睡」

綾「毕竟上了高中有参加社团活动呢」

太「那为什么最近睡不着了啊?」

綾「想了・・・很多・・・太郎的事情」

太「我的事情」

綾「嗯・・・」

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 19 条评论
  1. 狗粮,真好吃啊。郭冬临是什么?!

    9月6日 15:08 回复
  2. kuri

    居然漏了那么重要的一段,还有郭冬临是什么鬼? →_→

    9月6日 09:48来自移动端 回复
    • lu

      =_=输入法调皮了

      9月7日 22:53 回复
  3. 01111

    这断的,太骚了

    9月6日 09:46 回复
  4. 廚·二·病·棟

    施 法 材 料 坐 实

    9月6日 01:43来自移动端 回复
  5. 0.32''

    郭冬临www

    9月6日 00:56来自移动端 回复
  6. CyclizePei

    唐 突 郭 冬 临

    9月5日 23:02 回复
  7. 路人c

    …………啊咧?
    因為覺得好像有點違和感所以跑去看了下原文……
    ……………………太郎跑去叫綾乃起床去晨跑這一段,是不是沒有翻到?

    9月5日 19:26来自移动端 回复
    • lu

      感谢指出!已补上!_(:3 」∠)_傻了

      9月5日 21:03 回复
      • 匿名

        今晚有吗?

        9月5日 22:25来自移动端 回复
  8. Excαlibur

    支持~好棒的剧情啊,特地登录来评论下

    9月5日 15:03来自移动端 回复
  9. hugh2558

    神停顿,期待下篇!

    9月5日 13:23来自移动端 回复
  10. 又在恰到好处的地方断了,召唤尔康!!!

    9月5日 12:02来自新浪微博 回复
  11. 被妹妹甩了的样子的家伙

    问得还真是执著……

    9月5日 00:58来自移动端 回复
  12. 匿名

    绫乃好可爱

    9月5日 00:47来自移动端 回复
  13. 永远14岁的狐耳loli

    呸!不对,汪!!!

    9月5日 00:32来自移动端2 回复
  14. 匿名

    还是个傲娇

    9月5日 00:00来自移动端 回复
  15. Alfreman

    绫乃原来是闷骚色狼啊^-^

    9月4日 23:441 回复
  16. kuri

    呼姆呼姆๑乛◡乛๑~~

    9月4日 23:43来自移动端 回复
返回顶部