31Jul

『长篇故事・2ch』借给青梅竹马草莓棉花糖后(三十四)

时间: 2017-7-31 分类: 借给青梅竹马草莓棉花糖后 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

339: 太郎 ◆F8rmrUcZic: 2006/06/29(木) 21:35:12.60 ID:ot8DECRc0

ベットイン ライトオフ

钻进被窝 关灯

 

綾「エッチなこと禁止!」

太「さっきのはエッチなことじゃねえのかよ」

綾「セーフ」

太「じゃあもっかい」

綾「禁止做H的事情!」

太「刚才那个还不够H吗」

綾「安全圈内」

太「那再来一次」

 

綾「調子に乗るなよ」

太「ちぇー」

綾「ほら、寝ろ」

太「む、」

頭抑えられる

顎がちょっと胸に当たる

綾「别蹭鼻子上脸哦」

太「切」

綾「好啦,快睡吧」

太「姆」

头被压回枕头上

下巴稍微有点碰到了胸部

 

341: 太郎 ◆F8rmrUcZic: 2006/06/29(木) 21:35:45.06 ID:ot8DECRc0

太「なあ、」

綾「なに?」

太「舐めて良い?」

綾「ええ?」

太「ちょっとだけ」

綾「ちょっとだけね」

太「おう♪」

太「呐」

綾「什么?」

太「可以舔吗?」

綾「诶?」

太「就一下」

綾「就一下哦」

太「喔♪」

 

347: 太郎 ◆F8rmrUcZic: 2006/06/29(木) 21:39:13.67 ID:ot8DECRc0

首筋から(うなじには届かなかった)

鎖骨、顎のライン、唇まで行ってベロ入れられた

すぐ抜け出して鼻とか頬とか舐めて

また顎、鎖骨、谷間、胸に行こうとしたら

先从颈部开始(没够到脖颈儿)

从锁骨,下巴边缘,直到嘴唇都舔了个遍

然后马上越过又舔了鼻子啊脸颊

然后又从下巴,锁骨,谷间,正准备往胸部时

 

綾「こら!」

後頭部噛まれた

太「いってて!」

綾「ちょっとって言っただろが」

綾「喂!」

后脑勺被咬了

太「好痛!」

綾「不是说只一下吗」

 

349: 太郎 ◆F8rmrUcZic: 2006/06/29(木) 21:40:02.14 ID:ot8DECRc0

綾「さっさと寝ろ!」

太「寝れない」

綾「寝ないとびりびり」

太「下僕とかわらねーな」

綾「びりびりー」

太「グーグーグー!!」

綾「www」

綾「快睡吧!」

太「睡不着」

綾「不睡的话哔哩哔哩」

太「这样跟仆人没什么区别呢~」

綾「哔哩哔哩」

太「呼~呼~呼~!!」

綾「www」

 

350: 太郎 ◆F8rmrUcZic: 2006/06/29(木) 21:40:18.50 ID:ot8DECRc0

そのまま無言でいたらいつの間にか寝てて

夜中に起きたときにはもういつの間にか居なかった

まどの鍵を閉めた

で、軽く報告した

然后陷入沉默,不知不觉睡着

半夜醒来的时候发现她不知道什么时候已经走了

关上窗户后

简单报告了下

 

354: 太郎 ◆F8rmrUcZic: 2006/06/29(木) 21:40:54.17 ID:ot8DECRc0

昨日の夜は確かこんな感じですた

昨晚大概就是这样的感觉

 

何か質問ある?

有什么问题吗?

 

356: 2006/06/29(木) 21:41:37.50 ID:qq81LSJV0

綾乃の喘ぎ声は~?

绫乃的娇喘声呢~?

 

>>356

喘いでねーw

>>356

才没有娇喘w

 

357: 2006/06/29(木) 21:42:06.30 ID:7atg9R2H0

手コキ中の綾乃の表情とかkwsk

帮你撸时绫乃的表情之类的求详细

 

>>357

あんま覚えてないがたしか顔火照ってて

口元はにへらーしてて目はちんちん凝視してたw

>>357

虽然细节记不太清了,记得脸整个都红了

嘴巴上翘凝视着丁丁w

 

358: 2006/06/29(木) 21:42:32.24 ID:lJZ3sAS00

>>354

何故無理矢理胸を舐めなかった!?

>>354

舔胸时为何不强硬一点!?

 

>>358

おま、そりゃ行きたかったが頭噛まれたとき結構力入ってたんだぞ!

痛いってあれ

実はまだすこし歯型が凸凹する・・・

>>358

你!我当然也想啊,但被咬的时候她挺用力的哦!

那可是相当痛啊

实际上到现在都还留有些齿痕・・・

 

360: 2006/06/29(木) 21:44:05.22 ID:Mf70XANr0

おまえは綾乃を真剣に思っているのか?

你对绫乃是认真的吗?

 

>>360

正直言うと好きになってきたかも

>>360

实话说可能是有些喜欢上了

 

367: 2006/06/29(木) 21:46:16.63 ID:0V8yCDBN0

舐めてるときの反応は

被舔时的反应呢

 

374: 太郎 ◆F8rmrUcZic: 2006/06/29(木) 21:49:32.11 ID:ot8DECRc0

>>367

首筋とか舐めてるときは表情読めなかったが

顔舐めてるときは目は閉じてた。

舌入れられて、すぐ脱出したら「む」って聞こえた

>>367

舔脖颈儿时的表情我看不到

不过舔脸的时候眼睛是闭着的

舔了一下马上脱离时,听到了「姆」的声音

 

378: 太郎 ◆F8rmrUcZic: 2006/06/29(木) 21:50:29.10 ID:ot8DECRc0

じゃあそろそろ今日の報告に行く。

あんまり今日は特別な事はなかったけど

那接下来报告一下今天发生的事情吧

虽然也没发生什么特别的

 

384: 太郎 ◆F8rmrUcZic: 2006/06/29(木) 21:51:22.96 ID:ot8DECRc0

口がもごもご・・・

早上

感觉嘴巴里有异物・・・

 

綾「ん、おはよ♪」

太「あ、おはよう」

綾「昨日しぼんだのにもう復活してやがる」

太「じゃあまたしごいて♪」

綾「む、」

ちんちんにデコピンぐぁ!

綾「嗯,早上好♪」

太「啊,早上好」

綾「昨天明明都软下来了,这么快就复活了啊」

太「那再帮我撸一次♪」

綾「姆」

丁丁被手指头弹了一下!

 

太「いって!」

綾「玄関でまってるねん♪」

太「痛!」

綾「在门口等着你哦♪」

 

388: 太郎 ◆F8rmrUcZic: 2006/06/29(木) 21:52:21.40 ID:ot8DECRc0

朝食

早饭

 

母「綾乃ちゃんのお弁当、おいしかった?」

太「まあまあうまかった」

妹「いいなー私も食べたい」

太「おめーは自分で作れ」

母「作る?」

妹「やだ!」

母「绫乃酱的便当,好吃吗?」

太「还不赖」

妹「真好啊~我也想吃」

太「你去自己做吧」

母「要做吗?」

妹「不要!」

 

393: 2006/06/29(木) 21:53:06.17 ID:RblsyOma0

妹 の 弁 当 が 食 べ た い !

想 吃 妹 妹 的 便 当 !

 

395: 2006/06/29(木) 21:53:48.96 ID:qq81LSJV0

>>383

そうか?俺は

  妹 が 食 べ た い !

>>383

是吗?我的话

  想 吃 妹 妹 !

 

394: 太郎 ◆F8rmrUcZic: 2006/06/29(木) 21:53:27.97 ID:ot8DECRc0

登校

上课

 

太「おまた」

綾「いこ♪」

なんかこっち見てるので聞いてみた

太「让你久等了」

綾「去吧♪」

因为她望着这边,所以我问了下

 

太「腕組みたいのか?」

綾「え?え、ええと恥ずかしいから良い」

太「・・・じゃあ何で昨日はしたんだよ」

綾「いいじゃん、じゃあ手、つなご!」

太「わかった」

太「想挽胳膊?」

綾「诶?那、那个怪难为情的还是算了」

太「・・・那昨天为什么要挽啊」

綾「有什么嘛,那来牵手吧!」

太「知道了」

 

397: 太郎 ◆F8rmrUcZic: 2006/06/29(木) 21:54:19.52 ID:ot8DECRc0

早晨

 

綾「今日のお弁当は楽しみにしててね」

太「お?どんなだ?」

綾「それは後でのお楽しみw」

太「じゃあ楽しみにしとこうかな」

綾「w」

綾「给我期待今天的便当哦」

太「喔?是怎样的?」

綾「到时候便知咯w」

太「那我期待着」

綾「w」

 

403: 太郎 ◆F8rmrUcZic: 2006/06/29(木) 21:55:26.51 ID:ot8DECRc0

昼休み

午休

 

綾乃は先に行った

狩「今日は一緒に食うよな?」

太「あーゴメン今日もなんだ」

木「購買行こうぜ」

太「ゴメン金無い」

狩「貸そうか?」

太「大丈夫」

绫乃已经先走了

狩「今天要一起吃吧?」

太「啊抱歉,今天也不行」

木「去小卖部吧」

太「抱歉没钱」

狩「我借你?」

太「不用了」

 

楠「昼飯抜きなん?」

太「というわけで」

狩「だから何処に行く気だよ」

太「俺には行くべきところがあるのだ!すまない、友よ」

木「意味ワカンネーwww」

狩「まて、待つんだ山田ぁぁぁ!!!」

逃走

楠「不吃午饭了?」

太「就是这样」

狩「所以你打算去哪里啊」

太「我有必须去的地方!朋友啊,抱歉了」

木「意义不明www」

狩「等等,给我等等山田——!!!」

 

まともな良いわけを考えないとな・・・

得想出个能说的过去的借口才行呢・・・

 

408: 2006/06/29(木) 21:56:17.97 ID:7atg9R2H0

狩「まて、待つんだ山田ぁぁぁ!!!」

狩「等等,给我等等山田——!!!」

 

狩田ァァアァアアアアアアアア!!!!!!!!!

狩田啊啊啊啊啊!!!!!!!!!

 

411: 2006/06/29(木) 21:56:27.78 ID:RblsyOma0

狩田の気持ちを考えたら胸が苦しくなって泣きそうになった;;

一想到狩田的心情,我的心就闷得慌,都要哭出来了;;

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 7 条评论
  1. 这完全就是lovelove情侣的节奏哦

    7月31日 23:24 回复
  2. devilsarms

    狩田啊啊啊啊啊啊

    7月31日 18:54来自iPhone 回复
  3. kuri

    话说标题数字写错了

    7月31日 17:20来自移动端1 回复
  4. kuri

    狩田:明明是我先的

    7月31日 17:19来自移动端 回复
  5. 被妹妹甩了的样子的家伙

    头骨那么硬怕什么!又不是脖子!就算是脖子也会控制到刚好不会流血的!就算是流血了…你想想吸血鬼多可爱!

    7月31日 15:41来自移动端 回复
  6. 阿康

    太:狩田,为什么你是狩田呢!!
    狩田:山田,为什么你是山田呢!!
    旁白:两种不同类型的田,是会有距离的!无奈!
    天之音:管你是什么田,是良田就行。
    群众们:良田是谁?!
    天…炸了!

    7月31日 13:32来自iPad1 回复
  7. 路人c

    狩田ァァアァアアアアアアアア!!!!!!!!!
    狩田啊啊啊啊啊!!!!!!!!!

    7月31日 12:45来自移动端 回复
返回顶部