1Jul

『长篇故事・2ch』借给青梅竹马草莓棉花糖后(十四)

时间: 2017-7-1 分类: 借给青梅竹马草莓棉花糖后 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

46: 1◆F8rmrUcZic: 2006/06/26(月)21:13:14.31 ID:504T9zSj0

朝教室

早上教室

 

綾「露骨に逃げるなよ」

太「うっつ」

国語の教科書の角で頭を打ちやがった

綾「あーあ、相も変わらず小せえ男だな」

太「だまれ」

綾「不要这么露骨的逃跑啊」

太「痛」

说着用语文教科书的角敲了我的脑袋

綾「啊啊,一如既往的小家子气男生呢」

太「闭嘴」

 

綾「…このやろ!」

太「あだ!」

国語の本を振り落とされた

綾「………」

太「んだよ」

そのまま席に戻って友達としゃべりだす綾乃

綾「…你这家伙!」

太「啊哒!」

语文教科书被甩下来了

綾「………」

太「什么啦」

绫乃就这样回到了座位上开始和朋友聊天

 

俺の友達が俺の席に寄ってきた

我的朋友来到了我的座位前

 

51: 1◆F8rmrUcZic: 2006/06/26(月)21:20:40.18 ID:504T9zSj0

友達:狩田 守 :男

朋友:狩田 狩:男

 

狩「お前萩原さんと何かあったん?」

太「なんで?」

狩「今日はえらく絡むじゃん」

太「そんなもんじゃなかったっけ?」

狩「你和萩原桑发生了什么?」

太「为什么这么问?」

狩「今天被纠缠地挺厉害的不是嘛」

太「平时不也是这样?」

 

狩「まあ萩原さんとおまえは幼馴染だから仲良いのは知ってるが

  それでも一日一回叩かれるくらいだろw?」

太「ちょっ…そこまで叩かれてねぇ」

狩「じゃあ余計おかしいじゃんか」

太「ん……」

狩「もしかして、付き合った

狩「嘛,萩原桑和你是青梅竹马你们关系好这个我也知道啦

  但就算这样也就是一天被打一次而已吧w?」

太「喂…才没有被打这么多次啊」

狩「那不是更可疑了嘛」

太「嗯……」

狩「难不成,开始交

 

56: 1◆F8rmrUcZic: 2006/06/26(月)21:26:54.30 ID:504T9zSj0

>>51ミスった

狩「もしかして、付き合いだした?」

太「なんでそうなるw」

内心ドキドキ

狩「萩原さん楽しそうだったろ」

太「えーそうか?」

>>51失误

狩「难不成,开始交往了?」

太「为什么会变成这样w」

心跳加速

狩「萩原桑看上去挺开心的不是嘛」

太「诶,是吗?」

 

狩「言えよ、友達だろ?」

太「だから違うって」

狩「ホントかよ?」

太「本当だ」

狩「そうか。なら、いいんだwこっちは見てて面白いしな」

太「いつも言ってるが面白がらないで助けろよ」

狩「無理w」

狩「告诉我呗,我们不是朋友嘛?」

太「所以说不是啦」

狩「真的吗?」

太「真的」

狩「是吗。那也好w作为旁观者看你们也挺有意思的」

太「虽然不是第一遍说了,不要只看戏也帮帮我啊」

狩「办不到w」

 

担任登場会話終了

ちょっと冷や汗

班主任登场对话结束

出了点冷汗

 

58: 2006/06/26(月) 21:31:32.51 ID:rBmIkDhM0

狩田w エロゲに付き物のキャラだなw

狩田w 是黄油配角的角色吧w

 

59: 1◆F8rmrUcZic: 2006/06/26(月)21:33:23.46 ID:504T9zSj0

昼は特になし

白天没发生什么特别的

 

綾乃はいつもの仲間で昼飯食べてたし

俺は俺でいつもの奴と食ってた。

トイレついでに報告しといた

午饭绫乃一如既往地和她朋友一起吃

我也是跟我平时那些面孔一起吃

然后上厕所的时候顺便报告了下

 

放課後

放学后

 

綾「太郎!ちょっと」

太「?なんだ」

綾「聞きたいことあるんだけど」

太「なに?俺これから塾だから手短に」

綾「だったら終ったらでいいよ。私も部活だから」

太「終ったらって何処で?家?」

綾「太郎!等等」

太「?怎么了」

綾「有事情想问你啊」

太「是什么?我接下来要去补习班,请尽量简短」

綾「那就事情做完后也行,我接下来也要去社团活动」

太「完事后哪集合?家?」

 

綾「んーと、家はちょっとねー…あ、公園とか?」

太「ま、いいけど」

綾「じゃあ終ったら来て」

太「わかった」

綾「じゃね」

太「ああ」

綾「嗯,家的话稍微有点…啊,公园之类的?」

太「嘛,可以是可以啦」

綾「那结束后过来」

太「知道了」

綾「拜拜」

太「嗯」

 

塾と部活それぞれ移動

于是各自了补习班和社团

 

65: 1◆F8rmrUcZic: 2006/06/26(月)21:41:59.60 ID:504T9zSj0

塾が終って公園へ

补习班结束后来到公园

 

もう綾乃がいた。

绫乃已经到了

 

太「おまたせ」

綾「おせーよ」

太「ちょっ、切れんな」

綾「30分待ったかな」

太「あーごめん」

綾「……」

太「なんだよ」

太「让你久等了」

綾「好慢啊——」

太「喂,别动不动生气啊」

綾「等了有30分钟吧」

太「啊,抱歉」

綾「……」

太「干嘛啦」

 

綾「太郎はやっぱわかんないなー」

太「お前のがわかんねーし」

綾「そう?」

太「そうだよ」

綾「うっせえ」

太「www」

綾「太郎果然叫人搞不懂啊」

太「你才是叫人搞不懂」

綾「是吗?」

太「是啊」

綾「少烦人」

太「www」

 

まだ明るいけど人はいない・・・

セクロスに挑むか!?

でもアレが気になる

虽然天还没暗下来不过周围没人・・・

要挑战啪啪啪吗!?

但很在意那个

 

綾「どうした?」

太「綾乃さん、もしかして今、スタンガンとか持ってませんよね?」

綾「…持ってるよ♪」

太「無念」

綾「はぁ?あんたまだエッチ狙ってるの!? 信じらんない!くたばれよ!」

太「わ、ごめんなさい!ソレ(スタンガン)出さないで!!マジでソレ痛いんだから!」

綾「怎么了?」

太「绫乃桑,该不会现在,还拿着电棍什么的吧?」

綾「…拿着哦♪」

太「可惜」

綾「哈啊?你难道还想着H!? 难以置信!去死啦!」

太「哇,对不起!别把那个(电棍)拿出来!!那个真的很痛啦!」

 

残念無念

真是遗憾

 

69: 2006/06/26(月) 21:48:04.28 ID:rBmIkDhM0

綾乃も1がセクロス目当てだって気付き始めたか

绫乃也开始察觉到1的目的是干炮了吗

 

70: 2006/06/26(月) 21:48:16.03 ID:K17kX8q00

綾「30分待ったかな」

人気のない公園で30分も待ってるとは・・・

こりゃマジで惚れてるな

綾「等了有30分钟吧」

在荒无人烟的公园等30分钟还真是・・・

这是真的喜欢上了吧

 

74: 2006/06/26(月) 21:52:15.75 ID:CPCa+MAdO

まだセクロス狙うかwww

啪啪啪还没放弃吗www

 

76: 1◆F8rmrUcZic: 2006/06/26(月)21:54:12.14 ID:504T9zSj0

暗くなってきた

天暗下来了

 

綾「…エッチしか興味ないとかないよね?」

太「まっさか!」

ご名答

綾「じゃあ、そういうのやめてよ。私も怖いんだから」

太「俺は痛いです」

綾「じゃあやめろよ」

にらまれた。めっちゃ怖い

綾「…该不会是只对H有兴趣之类的吧?」

太「怎么会!」

您说对了

綾「那就别这样了。我也很害怕的」

太「我很痛」

綾「那就别在搞啦」

被瞪了,超可怕的

 

太「わかったよ」

綾「ホント?」

太「ああ、たぶん」

綾「むっ」

太「いって!」

脚けられた

太「我知道啦」

綾「真的?」

太「啊,大概」

綾「姆」

太「痛!」

腿被踹了

 

綾「誓ってよ」

太「何を?」

綾「…もういい、帰る」

太「は?」

綾「给我发誓啊」

太「发什么?」

綾「…够了,回去了」

太「哈?」

 

綾「帰ろ」

太「ちょ、まてよ先行くな」

綾「えい」

太「!?」

キスされた

綾「回去吧」

太「喂,等等啊别先走啊」

綾「看招」

太「!?」

被吻了

 

綾「これでがまんしな!」

太「むぅー、キス魔のお前にキスされてもうれしさ半減だ」

綾「幼稚園からしてねーよ」

太「そうだっけか?」

綾「小学校までしてたかもだけどw」

太「ああそうw」

綾「用这个先忍忍吧」

太「姆,就算被接吻魔的你kiss也高兴不起来啊」

綾「从幼儿园起就没做过了吧」

太「是吗?」

綾「到小学为止可能有w」

太「啊是吗w」

 

83: 2006/06/26(月) 22:00:54.97 ID:w3HLCWpP0

俺が思うにセクロスの前に>>1が綾乃を完全に好きになる気がするんだがw

我怎么觉得在啪啪啪前>>1就会完全喜欢上绫乃w

 

84: 2006/06/26(月) 22:02:36.92 ID:rBmIkDhM0

ていうかそうならないとセクロスまでたどり着けなさそうだw

不如说不这样的话应该走不到啪啪啪这一步w

 

85: 1◆F8rmrUcZic: 2006/06/26(月)22:02:54.30 ID:504T9zSj0

綾「じゃあまた明日」

太「ああ、ってお前明日もまた一緒に行こうとか言うんじゃないよな?」

綾「嫌なの?」

太「それは、ほら、人の目が気になるしな」

綾「じゃあ早めにいこ」

太「きついよ」

綾「起こそうか?」

綾「那就明天见」

太「嗯,不过你该不会明天还说要一起上学什么的吧?」

綾「不喜欢?」

太「那个是,喏,在意他人的目光」

綾「那就早点起床早点出发吧」

太「起不来啦」

綾「我叫醒你?」

 

太「え」

綾「痴漢撃退のこれで」

太「スタンガンはやめろよマジで。死ぬってホント」

綾「死んでももう一回心臓に打てば大丈夫だよ?」

太「いや、殺すなよ」

綾「行こうよ」

太「诶」

綾「用击退痴汉的这个」

太「电棍饶了我把真的,真的会死的」

綾「就算死了再刺激一下心脏也能复活吧?」

太「别,别杀人啊」

綾「去啦」

 

太「うーん・・・」

綾「・・・・・・・・・」

太「・・・わかったよ、早めになら。」

綾「じゃあ朝電話で起こしてやるよ」

太「ああ、まかせる」

綾「じゃね」

太「ああ」

太「嗯——・・・」

綾「・・・・・・・・・」

太「・・・好吧,如果是早起的话」

綾「那我早上打电话叫醒你哦」

太「啊,拜托了」

綾「拜拜」

太「嗯」

 

めんどいことになっちまったよ。

变成麻烦的事态了

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 6 条评论
  1. kuri

    完了,从此以后>>1再也离不开电棍了

    7月2日 02:10来自移动端 回复
  2. 綾「用这个先忍忍吧」
    太「姆,就算被接吻魔的你kiss也高兴不起来啊」
    綾「从幼儿园起就没做过了吧」
    太「是吗?」
    綾「到小学为止可能有w」
    太「啊是吗w」
    ——————-
    卧槽 这段是什么!!!从小就接吻的么!!!

    7月1日 22:20 回复
    • 被妹妹甩了的样子的家伙

      大概女孩子都比较喜欢kiss吧

      7月2日 00:24来自移动端 回复
  3. 阿康

    夏天前买好的墨镜又碎了,可恶!

    7月1日 16:40来自iPhone 回复
  4. 这电棍真是看一次笑一次。好想看病娇啊,青梅竹马+病娇明明绝配

    7月1日 12:38来自新浪微博 回复
  5. devilsarms

    7月1日 12:13来自iPhone 回复
返回顶部