18Jun

『长篇故事・2ch』借给青梅竹马草莓棉花糖后(五)

时间: 2017-6-18 分类: 借给青梅竹马草莓棉花糖后 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

94: 1: 2006/06/24(土) 21:18:00.65 ID:EPDaXmEj0

ただいま

我回来了

 

今まとめる

现在整理下经过

 

103: 1: 2006/06/24(土) 21:33:00.25 ID:EPDaXmEj0

ぱにぽに持って綾乃の家に行く途中巻尺持って電柱相手に練習してみた

3回ぐらいできれいに巻けたので綾乃家のインターホンを押した

「はーい?どちらさまですか?」

「あ、おばさん、僕です太郎です」

ドアが開く

「あら、太郎ちゃん!太郎ちゃんがうちに来るのは久しぶりねぇ」

綾乃母はスーパーで働いてるらしいので夕方はいなかった

带着嬉皮笑园到绫乃家的途中,用卷尺对着电线杆子练习了下

成功卷了3次后,按下绫乃家门铃

「来了?是哪位?」

「啊,阿姨,是我太郎」

门打开了

「啊啦,太郎酱!太郎酱好久没来我们家了呢」

绫乃妈好像在超市工作,傍晚的时候一般不在

 

「何?せっかくだから夕食食べていく?」

「いえ、食べたので。綾乃います?」

「ああ、ちょっとまってね・・・綾ー!!太郎君がきてるよー」

綾乃母はキッチンのほうに戻っていった

綾乃が階段下りてくる

「怎么啦?难得的机会要不要在这吃晚饭?」

「不用了,我吃过了。绫乃在吗?」

「啊,稍微等一下哦・・・绫——!!太郎君来了哦~」

绫乃妈回到了厨房

绫乃从楼上下来了

 

「おう、ちょうど読み終わったよwほら」

苺ましまろを返してもらう。

「で、新しい漫画は?」

「ちょっと待って」

綾乃母が料理中に安価を実行しようとした

「喔,刚好读完了w给」

说完把草莓棉花糖还给了我

「然后,新的漫画了?」

「稍微等我下」

打算趁绫乃妈正在做饭的时候先实行安价

 

「なに?」

「後ろ向いてくれない?」

「はぁ?なに?なんなの?」

「いいからいいからw」

後ろ向いたのを確認してから巻尺を取り出して

練習どおりにばっと胸に巻きつけた

「干嘛?」

「能往后转一下吗?」

「哈啊?干嘛?要做什么?」

「好了啦好了啦w」

确认她转过身后,拿出了卷尺

就像练习的那样,熟练的围在了胸上

 

「んふぁ?」

「89cm・・・」

「ちょっと!!」

綾乃がふりほどく感じで体を振った

「ぎゃ!」

綾乃肘が右目に入る

「嗯呼?」

「89cm・・・」

「喂!!」

绫乃像是要用力挣脱一样摆动了身体

「呀啊!」

绫乃的手臂击中我的右眼

 

104: 2006/06/24(土) 21:34:17.62 ID:4mvML+s10

>>103

痛そうだなwwwwwwwwwwwww

>>103

好像很痛啊wwwwwwwwwwwww

 

108: 2006/06/24(土) 21:37:09.95 ID:hehL/0ob0

ちょwwwww89ってwwww

喂wwwww你说89wwww

 

109: 2006/06/24(土) 21:37:19.70 ID:eFMRiUg30

その幼馴染・・・オクリタマエ(`・д・´)

请把那个青梅竹马・・・送过来(`・д・´)

 

110: 2006/06/24(土) 21:38:02.37 ID:4mvML+s10

よく考えたら89…でかいなwwwwwww

仔细想想的话89…好大啊wwwwwww

 

112: 1: 2006/06/24(土) 21:43:17.54 ID:EPDaXmEj0

「目ガァ目ガァ!!!」

「ちょっと何やってんの!?イキナリ!」

「いたぃいたいぃ・・・」

「なに自爆してんの?あんたあほでしょ?」

自爆はしてないお前のせいだ

「我的眼睛我的眼睛!!!」

「我说你突然间搞什么!?」

「好痛好痛!?」

「你在自爆什么?你是傻瓜吧?」

没有自爆,是你的错

 

「っ~~~~…いや、ちょっと胸の大きさを測りたくて」

「はあ?訳わかんないだけどー!何?」

「だから胸の大きさを」

猫パンチみたいに殴られた。でこも痛い。でも目のほうが痛い

「痛~~~~…不,就是想测一下胸部的大小」

「哈啊?莫名其妙诶~!什么啦?」

「所以说胸部的大小」

说完挨了一记猫拳。额头痛,但是右眼更痛

 

「イキナリそんなことしないでよ!先に言え!」

「言ったらさせてくれるのか?」

「なわけあるか!」

なんだよそれ。ちょっと涙出てきたんだけど・・・

「不要突然间做这种事!做之前先说啊!」

「说的话会让我做?」

「怎么可能啦!」

那算什么。我的眼泪都要出来了・・・

 

「あら、ちょっと大丈夫!?太郎ちゃん?綾乃、何やってるの!」

綾乃母登場

「だってこいつがー」

「いいからほら、部屋に入れなさい。」

「はーい・・・」

「すいません・・・」

で綾乃の部屋に入る

「啊啦,喂没事吧!?太郎酱?绫乃你在干什么!」

绫乃妈登场

「还不是因为这家伙他」

「好了好了,快进房间里」

「好・・・」

「对不起・・・」

说着进到了绫乃房间

 

「目見せて」

「いっつう・・・」手をどける

「・・・・・・ふう、水持ってくる」

綾乃が部屋を出たので片目でメール報告

「眼睛给我看看」

「痛・・・」移开了手

「・・・・・・呼,我去拿水过来」

绫乃离开房间后,睁着一只眼睛做了报告

 

116: 2006/06/24(土) 21:45:48.97 ID:4mvML+s10

>>112

フ ラ グ 立 っ た な wwwwwwwwwwwwwww

>>112

竖 旗 了 啊 wwwwwwwwwwwwwww

 

乙wwwwwww

辛苦了wwwwww

 

119: 1: 2006/06/24(土) 21:48:03.64 ID:EPDaXmEj0

打ち終わって数分後(ちょっと遅い気がした)綾乃が水を入れたビニールを持ってきた

「ありがと」

「ああ、だめ、私が当ててあげるから、じっとしてて」

「はぁ?」

綾乃ってこんな優しいキャラだっけ?

报告完的几分钟后(感觉稍微慢一点)绫乃拿着装了水的塑料袋过来

「谢谢」

「啊,不行,我来帮你弄,不要乱动」

「哈啊?」

绫乃是这么温柔的角色来着?

 

「手、どけて」

「あ・・・うん・・・」

「目、つぶったほうが良いよ」

「わかった」

目を瞑る

「把手移开」

「啊・・・嗯・・・」

「眼睛还是闭上比较好哦」

「我知道了」

闭上了眼睛

 

「ごめんね、いくら胸触られたからってやりすぎだよね」

触ってはいない。残念ながら

「じゃ、付けるから」

なんかめっちゃドキドキしてきたんだ

「对不起哦,虽说被摸了胸我下手还是太重了」

并没有摸,很遗憾

「那我来给你敷哦」

感觉心跳变得好快

 

128: 1: 2006/06/24(土) 21:53:07.97 ID:EPDaXmEj0

ぴと・・・

水が目を冷やす・・・?

熱い

めっちゃ熱かった

「あっつぅぅぅっぅ!!!???」

びっくりして後ろに吹っ飛んだ

熱湯じゃん!(実際は60度くらいだけど)

贴・・・

利用水给眼睛冷敷・・・?

超级烫

「好烫啊啊啊啊!!!???」

被吓到的我直接往后退了两格

这不是热水嘛!(实际应该有60度左右)

 

「ちょっっおまっな、それ、ね熱湯!」

「あれ?打撲には熱湯じゃなかったけ?」

氷水だろ馬鹿が!

と綾乃の顔を見るとにやにやしてる。

しかもめっちゃ笑顔だし・・・

「喂我说你,这不是热水吗!」

「啊咧?碰伤不是用热水嘛?」

是冰水吧这个笨蛋!

不过仔细看绫乃笑眯眯的

而且是超级灿烂的笑容・・・

 

「ぶっふふぅ!!!」

「て、てめ、わざとかよ!!」

「えーしらねぇよーwwwww」

そういって部屋を出る綾乃

「噗呼呼!!!」

「你、你丫的,是故意的么!!」

「诶我才不知道啦wwwww」

说完绫乃离开了房间

 

そうでした綾乃はこういうやつでした。

ドキドキしてしまった俺はそのとき死にたくなりました

死にたくなりました

没错绫乃就是这样的人

一想到自己竟然对她心动了就好想死

好想死

 

137: 1: 2006/06/24(土) 22:01:45.63 ID:EPDaXmEj0

目打ってるのになんで冗談ができるかな・・・

めっちゃ憎悪めっちゃ憎悪!!

明明眼睛受伤了还能开这种玩笑吗・・・

我好恨我好恨

 

すぐに綾乃は戻ってきて

「ほら」

氷水をいれたビニール袋を投げる

「・・・ああっと」

片目を閉じてるのでキャッチ失敗

绫乃马上回来

「给」

说着把放了冰水的塑料袋扔了过来

「・・・啊呜」

因为只睁着一只眼睛所以捕捉失败

 

「ったく、信じらんねー」

「大丈夫だって、見た感じそこまでひどくねーよ、大げさなのww」

「そういう問題じゃないだろ・・・」

「あははwww」

「もういい、かえる」

「ありゃ、そう」

「はい、ぱにぽに」

「真是难以置信」

「没事啦,看外表并没那么严重,你太夸张了ww」

「不是这种问题吧・・・」

「啊哈哈www」

「真是够了,我回去了」

「啊啦,是吗」

「给,嬉皮笑园」

 

「うわwこれも子供ジャン!!マジで太郎ってロリコンなのww」

「違う」

「引くわー」

「だから違うって」

「にやにや」

「お邪魔しましたー」

玄関で靴はいてたら綾乃母が来る

「呜哇w这也是小孩!!太郎你原来真的是萝莉控啊ww」

「不是」

「没想到你是这样的人~」

「所以说不是了」

「坏笑」

「打扰了,我回去了」

在门口穿鞋的时候,绫乃妈来了

 

「あら、もう帰るの?大丈夫?ちゃんとあの子、太郎ちゃんにあやまった?」

「一応」

演技だったけどな・・・憎悪!

「では、すみませんでした」

「はい、またおいでね。お母さんにもよろしく」

「おじゃましました。」

「啊啦,要回去了吗?没事吗?那孩子有好好对太郎酱道歉吗?」

「姑且」

虽然是演技・・・我好恨!

「那,我就先回去了」

「好,下次再来哦。替我向你妈问好」

「打扰了」

 

大体こんな感じ

大概这种感觉

 

138: 2006/06/24(土) 22:03:23.77 ID:ZILWVECw0

工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工

いや、この後「・・・待って!」的なあれが

工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工

不,之后「・・・等一下!」的那个展开呢

 

139: 1: 2006/06/24(土) 22:03:49.80 ID:EPDaXmEj0

>>138

ねぇよw

>>138

才没有啊w

 

143: 1: 2006/06/24(土) 22:06:23.36 ID:EPDaXmEj0

もうやだ、目いてぇし・・・

鏡で見たら確かにあんま腫れてないが。

啊真讨厌,眼睛好痛・・・

不过照镜子的话,确实也没怎么肿

 

復讐してぇ(#^ω^)ビキビキ

好想复仇(#^ω^)怒

 

復讐安価>>150

复仇安价>>150

 

148: 2006/06/24(土) 22:08:12.33 ID:ZILWVECw0

ちょっと大事な話があるって言って近くの公園に呼び出す

有重要的事情想告诉你←这么说着把她叫到附近的公园

 

150: 2006/06/24(土) 22:08:17.48 ID:tchR7Ioi0

なぁマジで言うけど、俺と付き合ってくれ

呐,我说真的,和我交往吧

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 11 条评论 新浪微博
  1. 骚年你渴望大腿吗[doge]

    超展开!|・ω・`)

    10月27日 01:18来自移动端 回复
  2. drvilsarms

    噗,超展开!!| ू•ૅω•́)ᵎᵎᵎ

    6月20日 13:48来自iPhone1 回复
  3. haru123

    为你的眼眸,干杯

    6月19日 16:38来自移动端1 回复
  4. 150楼太棒了!

    6月19日 12:21来自新浪微博1 回复
  5. 路人c

    89cm嗎…..
    啪啪啪裡的M看到了的話肯定會淚目的吧[t滑稽]

    6月18日 13:431 回复
  6. kuri

    >>150 GJ!

    6月18日 13:331 回复
    • 鱼干

      瞧瞧1的行动力那么高,层主以前有对青梅竹马干过什么吗?

      6月18日 14:501 回复
      • kuri

        也没有干过什么,说一下以前对青梅竹马做过的一些事情吧:
        1、小学的时候掀过她的裙子,被揍了,以后很少看到她穿裙子了
        2、初中的时候,出于好玩顺手解了她系在脖子上的内衣绳子,被揍了,然后她向我妈告状,我被我妈教育了一顿[t泪]
        3、高中的时候,有次去她家,看到阳台上晒的bra,问哪件是她的,被她用看变态一样的眼神深深的鄙视了[t滑稽](顺便她那时目测是B Cup,现在是C Cup?)

        还有一些先不说了,然后上大学之后联系就比较少了,接着不知不觉她就交了男朋友,最后结婚了[doge]

        6月18日 15:542 回复
        • 爆炸吧

          请允哀

          6月18日 16:391 回复
        • 鱼干

          求更多事情

          6月18日 17:281 回复
        • ncyp

          这性骚擾…

          6月19日 01:01来自移动端1 回复
返回顶部