15Jun

『长篇故事・2ch』借给青梅竹马草莓棉花糖后(三)

时间: 2017-6-15 分类: 借给青梅竹马草莓棉花糖后 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

7: 1: 2006/06/24(土) 00:26:28.86 ID:EPDaXmEj0

学校にて

「おい、昨日のメールは友達に勝手に送られてだな、」

昨日の弁解を綾乃(幼馴染)にしとこうとおもって前スレ>>162、>>126の言い訳を言った

「誰?」

なんかにやにやしてた。むかつく

到了学校

「喂,昨天的短信是朋友随便发的哦」

作为昨天事情的辩解对青梅竹马说出了前帖>>162,>>126的借口

「谁?」

一脸笑嘻嘻的样子。叫人火大

 

「言わねぇよ」

「やっぱあんたのでしょw」

「だから違うって」

「別に人には言わないから大丈夫だってw」

「違うから!」

「私とあんたの仲ジャンw正直に言えよw」

「ちーがーう」

「あっそ」

どっか行った。パン持ってきたんで購買に行ったらしい

「我不会说啦」

「果然是你吧w」

「所以说不是啦」

「不会告诉别人的,没事啦w」

「都说不是了!」

「我们关系这么好w老实交代啦w」

「不~是~啦」

「啊是吗」

说完就不知道到哪里去了。回来时拿着面包,应该是去小卖部了

 

弁解できたのか?

这算是成功辩解了吗?

 

9: 2006/06/24(土) 00:27:43.45 ID:Y/DAGBul0

>>1

おぉ、待ってたぞ!

やっぱりスレタイこれにしたのかwwwwww

>>1

喔喔,等你很久了哦!

标题果然用这个了吗wwwwww

 

11: 1: 2006/06/24(土) 00:35:09.18 ID:EPDaXmEj0

で、苺ましまろの1巻を貸さなきゃなので放課後に渡すことにした

然后,还得借给她草莓棉花糖第一卷,决定在下课后交给她

 

「おい綾乃、昨日言ってた漫画…借りる?」

「ん、ん?ああ、うん!貸してーw」

「別に面白くないかもしれないぞ?お前には」

「なにそれ?良いから貸せよ」

諦めて(もう昨日の時点で諦めてたけど)苺ましまろ渡す。

「喂绫乃,昨天说的漫画…要借给你吗?」

「嗯,嗯?啊啊,嗯!借给我~w」

「可能不一定有趣哦?于你而言」

「什么意思?好了啦快借给我」

只好认命(虽然昨天已经认命了)将草莓棉花糖借给了她

 

「んー!かわいいwあんたこんなの呼んでんだww」

「ん・・・まあ、少し」

明日から学校行けないカモ

「じゃあ家に帰って読むからw」

「嗯~!好可爱w你原来看这种的啊ww」

「嗯・・・嘛,一点点」

明天可能来不了学校了

「那我回家读w」

 

本をかばんに直して部活に行った。

ちなみにあいつの部活はバスケ部だ

说完把书塞进书包里去社团了

顺带一提那家伙的社团是篮球社

 

12: 1: 2006/06/24(土) 00:42:48.17 ID:EPDaXmEj0

で俺はかえってすぐ寝て、起きたら11時だったんで飯食って風呂は行って今北。

然后,我回到家倒头就睡,醒来后已经11点了,吃了饭

 

メールが綾乃から来てた。2通

收到了绫乃发来的短信。2封

 

「私のおっぱいだ(ハート)」

どう見ても貞子ですorz

「我的欧派哦♥」

不管怎么看都是贞子orz

 

「漫画読んだよー。みんなかわいいかった!

 でも太郎がこういう漫画読んでるって以外なんだけど(笑)

 続きある?明日もって来い!」

表では格闘漫画しか読んでない俺。

「漫画我看了哦。大家都好可爱!

 不过太郎原来会看这种漫画啊,真是没想到(笑)

 还有后续吗?明天给我拿过来!」

我表面上是只读格斗漫画的形象来着

 

もう寝てるだろうけど返信すべき?

估计已经睡了,应该回信吗?

 

>>15

>>15

 

13: 2006/06/24(土) 00:45:05.45 ID:Y/DAGBul0

っていうか前スレにいてから今このスレ見てるやつ俺しかいないと思うんだが

话说,我想看了前帖现在又正在看这个帖子的人,应该只有我了

 

14: 1: 2006/06/24(土) 00:52:21.03 ID:EPDaXmEj0

俺の目的を達成できるか否かは>>13にかかっているのか

我能否达成目的,就要看>>13的了吗

 

15: 1: 2006/06/24(土) 00:55:42.58 ID:EPDaXmEj0

明日休みだが、綾乃は部活があるので5時くらいまでいないと思う。

スレタイは【幼馴染に苺ましまろ貸してあげたら】とかでどうだろ?

虽然明天不用上课,不过绫乃有社团活动,所以5点之前我应该来不了

标题就用【借给青梅竹马草莓棉花糖之后】如何?

 

16: 2006/06/24(土) 00:59:58.45 ID:lIyALBy80

俺も居るノシ

帰ってからっていってたけどスレ立てるのが遅かったからじゃね

我也在哦

人少是因为你回家倒头就睡,帖子发的晚的缘故吧

 

17: 1: 2006/06/24(土) 01:02:23.35 ID:EPDaXmEj0

>>16

帰ったら立てるといっておきながら即寝た俺がわるかった。

まだ脚のほうは少し痛い。あざはないみたいだけど

>>16

说好回来后发帖结果倒头就睡是我错了

腿还有点疼,倒是没肿啦

 


幼馴染に苺ましまろ貸してあげたら

借给青梅竹马草莓棉花糖后

 

1: 1: 2006/06/24(土) 18:01:28.69 ID:EPDaXmEj0

むかつく幼馴染をセクロスして懲らしめたいが

どうすれば良いのかわからず安価出したら

苺ましまろを貸すことになった。

想上令人火大的青梅竹马来惩罚她

但不知道该如何是好,开始了安价

结果却变成了借给她草莓棉花糖的发展

 

8: 月経グランギニョル ◆yRb6QZPCgk: 2006/06/24(土) 18:06:23.54 ID:zUX/Yz7r0

それでどうなったの?

然后事情怎样了?

 

9: 1: 2006/06/24(土) 18:18:32.99 ID:EPDaXmEj0

5時くらいに部活が終るらしいので

5時半に綾乃の家に行く

苺ましまろ2巻を持って

下午5点左右社团结束

于是5点半去了绫乃家里

带上了2卷草莓棉花糖

 

で4軒となりの綾乃の家のインターホンを押す

「はーい。・・・ん?なんだ太郎じゃんw何?」

「昨日の約束。漫画の続き。」

「あ、はいはい。ちょっとまってろ」

ドアが開く

来到隔着4栋的绫乃家门前,按下门铃

「来了。・・・嗯?这不是太郎嘛w怎么了?」

「昨天约好了的,漫画的后续」

「啊,知道了知道了。稍微等下」

 

「入る?」

「・・・・・・うん、そうする」

そういえば最後に綾乃の家に入ったのは中1だった気がする

綾乃の部屋はあんまりものが無かった。

「んじゃ貸してちょーだいw」

「ああ」

かばんから2巻をだす

「要进来吗?」

「・・・・・・嗯」

这么说来,好像上次进绫乃家已经是初一时的事情了

绫乃房间没什么东西

「那就借给我w」

「啊」

从书包里拿出第二卷

 

「ども。あ、そうそう。1巻返すよ。」

「どうだった?」

「んー・・・かわいくておもしろかったけど」

「そうか」

「谢谢。啊,对了对了。第一卷还给你哦」

「感觉怎样?」

「嗯~・・・是挺可爱挺有趣的啦」

「是吗」

 

「でも、太郎がこんなの読んでるとはw想像したらマジ笑えたw」

「想像するなよ」

「実は太郎ってあれ?オタクなん?」

にやにやした顔でにらんでる。ちょっとこええ・・・

「但是啊,真没想到太郎会读这种漫画w想象了一下真的笑出来了w」

「不要想象啊」

「实际上太郎是那个?是宅吗?」

她一脸笑眯眯的看着我,有点可怕・・・

 

「その、まあ、一般的にはそういう部類じゃないかな」

「へえぇ~www」

完全カミングアウトしてしまったorz

「那个,嘛,从一般人的角度看应该算是这种分类吧」

「喔~www」

完全暴露出来了orz

 

12: 1: 2006/06/24(土) 18:27:00.92 ID:EPDaXmEj0

「じゃあ太郎はこんな子が好きなの?

 そういえばメールで小学生がいいとかいってたねw

 もしかして太郎ってロリコンなのwww」

「ちょ、そこまで人間すててねぇ!」

「那太郎喜欢这样的女孩子吗?

 这么说来你好像说过小学生真不错什么的w

 难不成太郎是萝莉控吗www」

「喂,我还没堕落到那种程度!」

 

「あれだね!電車男だね!」

「違う」

「え~~~~」

「帰る」

「まてよーwwwもっとオタクのこときかせて?w」

「就是那个吧!电车男!」

「不是啦」

「诶~~~~」

「我回去了」

「等等啦www再告诉多一些我宅宅的事情嘛?w」

 

 

怖くなって逃げ帰りました。

变得害怕起来逃掉了

 

10: 月経グランギニョル ◆yRb6QZPCgk: 2006/06/24(土) 18:20:35.81 ID:zUX/Yz7r0

ましまろを読んでたらオタクだとー!

你说读了草莓棉花糖就是宅~!

 

14: 1: 2006/06/24(土) 18:30:42.41 ID:EPDaXmEj0

>>10

少年漫画ならともかく萌系のキャラがいる本を持ってるだけで

一般人はオタクと判断するんだ。

だから俺は今までオタクを隠してきたのにorz

>>10

如果是少年漫画还好说,光是持有有萌系角色的书

一般人都会将其判断为宅

所以我至今为止才隐瞒自己是宅这件事的说orz

 

今は家

多分綾乃は苺ましまろを読んでると思う。

现在待在家

绫乃现在应该在读草莓棉花糖吧

 

メールか行動か何か安価頼む

>>15

短信或行动都可以,来点安价吧

>>15

 

15: 2006/06/24(土) 18:32:25.23 ID:CXupjCoY0

>>15

人のことオタクオタク言って否定する割にはましまろ読むのな、その雌豚

>>15

说别人宅啊宅啊的,自己读的倒是挺开心的不是嘛,这头母猪

 

安価なら「そういう本の二巻貸せって言ってるお前もオタクの素質あるんじゃねえの?」

如果安价的话「这样的书却叫我借给你第二卷,你也挺有宅的潜质的嘛?」

 

17: 1: 2006/06/24(土) 18:33:30.88 ID:EPDaXmEj0

>>15

そうだな!

メール送ってみる

>>15

也是呢!

我发短信过去试试

 

18: 1 ◆F8rmrUcZic: 2006/06/24(土) 18:39:36.10 ID:EPDaXmEj0

收到了

 

「女の子が見る分にはいーんだよ(笑い顔の絵文字)

 でも電車男とか好きだったからもしかするとそうかもねー(笑」

「女孩子看没问题啦(笑脸的颜文字)

 但是我也喜欢电车男,所以或许是这样没错(笑」

 

次安価>>25

すまん飯食べてくる

下个安价>>25

抱歉我先去吃饭

 

19: 1: 2006/06/24(土) 18:54:21.85 ID:EPDaXmEj0

ただいま

我回来了

 

今の一般人はオタク=電車男なのか?

对现在的一般人来说宅=电车男吗?

 

24: 1: 2006/06/24(土) 19:11:29.35 ID:EPDaXmEj0

あっちからメール北!

她又发短信来了!

 

「よんだよ。アナちゃんがかわいいね!次もってこい!」

このままオタクに引きずり込むか?

返信>>25

「读完了哦。安娜酱很可爱呢!下一卷也拿来!」

要就这样将她拖入宅的深渊吗?

回信>>25

 

25: 2006/06/24(土) 19:14:32.91 ID:CXupjCoY0

了解しました、オタ姉さん!

了解,宅姐!

 

26: 1: 2006/06/24(土) 19:17:52.70 ID:EPDaXmEj0

>>25

送った

>>25

发了

 

返信北

「言ってろマジオタク!」

回信来了

「随便你怎么说,你个阿宅!」

 

なんかグサってくるんだけど・・・

次>>30

こいつムカつく!

感觉很不爽・・・

下一个>>30

这家伙真叫人火大!

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 7 条评论 新浪微博
  1. NeetMoon

    这个难道不是隔壁的那个帖子吗!

    8月11日 19:05 回复
  2. 这个套路我怎么有种似曾相似的感觉啊。。

    6月16日 20:00 回复
  3. 这贴原贴的安价回帖好少的样子啊~~

    6月16日 09:15来自QQ2 回复
    • lu

      前面人比较少,后面人才多起来

      6月16日 17:07 回复
  4. Alfreman

    现充之路一去不复返

    6月15日 22:188 回复
  5. EPDaXmEj0

    呜哇~一股线充的气息扑面而来

    6月15日 21:152 回复
    • 路人c

      在沒有幼馴染妹子的瞬間我們就已經輸給了太郎orz

      6月15日 21:239 回复
返回顶部