21Mar

『长篇故事・2ch』回到家后看到了表妹,被抱住了(十七)

时间: 2017-3-21 分类: 回到家后看到了表妹,被抱住了 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

703:1 ◆6aitHB75Es: 2006/09/11 22:11:33 ID:+DuoYhON

さて、叔父さんの件について話そうか。みんな今日もリハビリに付き合ってくれ。

那么,就讲一下伯父那件事吧。今天大家也请陪我进行康复治疗

 

叔父「やぁ、ひさしぶり。」

俺「ご無沙汰してます」

叔父「すまんね。うちの娘が」

俺「いや、かなり助けてもらってます。この前も飯作ってもらったし」

叔父「そうか。私は娘の手料理を食った事がないんだ」

俺「・・・ (;゚Д゚)う、うそでしょ?」

叔父「うらやましいなぁ・・・」

伯父「呀啊,好久不见」

我「好久不见了」

伯父「不好意思啊,我家女儿」

我「不,帮了我很多。之前还做饭给我吃」

伯父「是吗。我都没吃过女儿亲手做的饭呢」

我「・・・ (;゚Д゚)不、不会吧」

伯父「真叫人羡慕啊・・・」

 

 

(;゚Д゚)

(;゚Д゚)

 

(゚Д゚)ドウシヨウ

(゚Д゚)怎么办

 

707: 2006/09/11 22:16:08 ID:bBIxMWLZ

叔父wどんまいww

伯父w不要在意ww

 

708:1 ◆6aitHB75Es: 2006/09/11 22:17:55 ID:+DuoYhON

俺「もう従妹には会ってきたんですか?」

叔父「仕事で遅くなるみたいだから先に君に会いに来た」

俺「あ~そういえばそんな事言ってましたね」

叔父「で・・・聞きにくいが少しは落ち着いたかい?」

我「已经见到表妹了吗?」

伯父「好像因为工作会晚点回来,所以先来见你了」

我「啊~这么说来好像是这么说过」

伯父「那么・・・虽然有点不好开口问,你稍微好点了吗?」

 

俺「・・・まだ気持ちの整理が・・・」

叔父「・・・そうだろうな。私の人生で君ほどの辛い経験はなかった」

俺「・・・」

叔父「気休めかもしれないが、早く立ち直って欲しい」

俺「ありがとうございます」

我「・・・可能还需要些内心的整理・・・」

伯父「・・・也是呢,我的人生没有经历过你这样的辛酸」

我「・・・」

伯父「虽然只是暂时的宽慰,不过愿你快点振作起来」

我「谢谢」

 

709: 2006/09/11 22:21:16 ID:bBIxMWLZ

>>708

ありがとうございますっって答え方変な気がしたけど

いきなり立ち直れと言われてもなんていえばいいかわからないよね。

>>708

谢谢的回答虽然感觉有点怪怪的

不过突然被说快点振作起来,也确实不知道该怎么回答呢

 

710: 2006/09/11 22:24:06 ID:8rItZ0O0

かける言葉が見つからない

私には君ほどの事はなかったから

だからこれしかいえなかった

       by叔父

找不到能说的话

我没经历过像你这样的辛酸

所以只能这么说

       by叔父

 

 

PS娘を頼む

PS女儿就拜托你了

 

712:1 ◆6aitHB75Es: 2006/09/11 22:26:54 ID:+DuoYhON

>>709 一応応援の言葉と受け取ったのでお礼の言葉を返しといた

>>710 叔父さん(;’A`)

>>709 姑且当做是给我鼓气的话语,所以道了谢

>>710 伯父(;’A`)

 

 

叔父「夢の話は聞いたかい?」

俺「はい。半信半疑ですけど」

叔父「確かに信じがたい。けどあの娘は君にだけは嘘はつかない。親バカの発言かもしれないが」

俺「大丈夫、わかってます」

叔父「妻の家系は確かにそういった能力を持ってる人がいる。私も会うまで半信半疑だった」

伯父「梦的事情听说了吗?」

我「是的,虽然有些半信半疑」

伯父「确实是难以置信。但只有对你那孩子是不会说谎的。虽然这可能只是我对女儿的偏袒」

我「没关系,我知道的」

伯父「妻子的家系确实有这种能力的人,我也是直到遇见前都半信半疑」

 

叔父「そういった能力に向けられるものは二つある」

叔父「好奇心と恐怖心だ」

俺「・・・」

叔父「特異な能力は目をつけられたらもてはやされる事もあるだろう。

だがそれと同時に他人の恐怖を買うこともある。結果、攻撃される事もあるだろう」

伯父「对这种能力大家报以的是」

伯父「好奇心与恐怖」

我「・・・」

伯父「特殊的能力确实会引人注目

但同时也会让人感到害怕。作为结果,有时候也会被攻击」

 

716: 2006/09/11 22:31:41 ID:8rItZ0O0

あの文章書いてるときに正直言って自分でひいた

今は反省している

写那些文字的时候说实话自己都被雷到了

现在在反省

 

715:1 ◆6aitHB75Es: 2006/09/11 22:30:35 ID:+DuoYhON

いとこきたおちる

表妹来了,我先下了

 

721: 2006/09/11 22:39:15 ID:bBIxMWLZ

そこで区切るの!?www

在这里断掉!?www

 

723: 2006/09/11 22:41:12 ID:bBIxMWLZ

今日はもう帰ってこないのかな1は・・・

今天已经不会回来了吧1・・・

 

725: 2006/09/11 22:53:24 ID:bBIxMWLZ

1の報告が早く聞いたいから従妹には帰ってもらいたいが

帰ってもらいたくない・・・これがジレンマってやつかなwww

想听1的报告,所以希望表妹快点回

但又不想她回・・・这就是所谓的矛盾吗www

 

728:1 ◆6aitHB75Es: 2006/09/11 23:36:01 ID:+DuoYhON

従妹帰った。何かお菓子のおすそわけしてもらった。

表妹回去了。分了些点心给我

 

729: 2006/09/11 23:37:30 ID:TfkAJJgm

>>728

ふたたび、おかー

>>728

欢迎回来

 

733:1 ◆6aitHB75Es: 2006/09/11 23:46:57 ID:+DuoYhON

続き

叔父「君は娘をどう思う?」

俺「どうでもいいです」

叔父「なんだって?」

俺「そんな能力なんてどうでもいいって言ったんです。エスパーだか霊能力者

だか何だか知りませんが、そんな能力何てどうでもいいんです。俺には関係ありません。

あいつはあいつです。幽霊が見えようが念力があろうが俺にとってあいつは従妹です。

もっと大事なのはそんなおまけみたいな能力じゃありませんよ。」

继续写

伯父「你觉得女儿怎么样?」

我「怎样都好」

伯父「你说什么?」

我「我是说这样的能力怎样都好。我不知道什么超能力者还是

灵能力者什么的,那种能力怎样都好,和我没有关系。

那家伙就是那家伙。不管能看到幽灵还是能使用念力还是怎么样

对我来说那家伙就是表妹。

更重要的东西并不是这种附带的能力哦」

 

俺「あいつは、今の俺を助けてくれようとしている。その気持ちが今は嬉しい」

我「那家伙,现在正打算帮我。这份心意很让我开心」

 

734: 2006/09/11 23:51:24 ID:0JjgQIgo

>>733

カコイイ(・∀・)!

>>733

帅气(・∀・)!

 

735:1 ◆6aitHB75Es: 2006/09/11 23:54:01 ID:+DuoYhON

叔父「つまり、これからも変わらずってことかな?」

俺「まぁそういうことです。すいません、うまく説明できなくて」

叔父「こっちこそつまらない質問をしたね」

俺「全くですw」

叔父「このやろうw」

伯父「也就是说,从今以后态度也不会改变是吗?」

我「嘛,就是这样了。不好意思,说明的不够好」

伯父「我这边才是问了无聊的问题」

我「就是说啊w」

伯父「你这家伙w」

 

俺「そういえば、よくこっちに引越し先見つかって、しかも仕事先まで見つかりましたね」

叔父「自慢に聞こえるかもしれないが、全部コネを使ったんだよ。こう見えても顔は広いんだよ」

俺「・・・マジっスか?」

叔父「娘が住んでる賃貸マンションは私の後輩が一枚かんでいる。仕事先は妻の友人関係に頼んだら

一発OKだったよ。引越し業者は・・・」

我「话说回来,真亏她在这边能找到住的地方啊,而且连工作都找到了」

伯父「虽然听上去像是在吹嘘,我走了关系哦。别看我这样我人脉还是不错的」

我「・・・真的假的?」

伯父「女儿所住的出租公寓是我后辈负责的。工作单位的话,通过妻子的朋友关系

也是一下子就找到了。搬家公司的话・・・」

 

 

 

叔父・・・恐ろしい人。

伯父・・・可怕的人

 

736: 2006/09/12 00:00:08 ID:rveu6naI

叔父・・・何者だwwww

伯父・・・何方神圣wwww

 

739:1 ◆6aitHB75Es: 2006/09/12 00:02:26 ID:rFUdn3hi

俺「その、能力ってあいつ昔からありましたっけ?」

叔父「いや、あんなこと言ってたのは今回が初めてだ」

俺「そうですか」

叔父「結果的に君が助かっているのならそれにこしたことはないな。

それにそんな能力じゃなくて、本当にたまたま、虫の知らせって奴が的中しただけかもしれないし」

我「那个,能力那家伙以前就有吗?」

伯父「不,这种事情还是第一次听她说」

我「是吗」

伯父「从结果上来说如果有帮到你的话那真是再好不过了

而且或许也不是什么能力,刚好预感灵验了也说不定」

 

 

叔父「ところで、娘とは付き合ったりしてるのか?」

俺「ブフォ!(麦茶噴出す)」

伯父「话说回来,和女儿正在交往吗?」

我「噗!(麦茶喷出来)」

 

741: 2006/09/12 00:03:37 ID:8ULevCKl

先輩「君は完全に包囲されている!」

叔父「あきらめて(娘と)交際しなさい!」

前辈「你已经被完全包围了」

伯父「你就死心(跟女儿)交往吧!」

 

742: 2006/09/12 00:05:30 ID:8bk9gQLd

>>739

予想通りの展開に吹いたwww

>>739

看到这预料中的展开喷了www

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 5 条评论 新浪微博
  1. kyu

    伯父MVP

    5月23日 13:20 回复
  2. Cupcakewow

    伯父已經決定了
    就由你來當男朋友(笑

    3月21日 23:39来自移动端7 回复
  3. CyclizePei

    今后女儿就拜托了wwwwwww

    3月21日 23:29 回复
  4. Devilsarms

    挑在喝茶的时候问也是真够坏的233

    3月21日 22:48来自iPhone 回复
  5. 大龙猫

    [t喷]送女儿的节奏?

    3月21日 21:51 回复
返回顶部