26Dec

『长篇故事・2ch』我和宅与公主殿下(二十二)

时间: 2016-12-26 分类: 我和宅与公主殿下 作者: 鹳

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

674 名前:70 ◆DyYEhjFjFU   sage 投稿日:04/10/04(月) 23:20:35

7日朝。

重く辛い。自室のベッドから這い出ることができたのは奇跡的だった。

またいつものように白いシャツに手をとおして、ネクタイを締める毎日のはじまり。

体温計を見ると39度ちょい。

最悪のスタートだ。

家でもめるのは勘弁だったから、何事もないように玄関を開け

7日早上

身体沉重。能从自己房间里爬出来简直就是个奇迹

像往常一样把手伸进白色衬衫里,系紧领带开始新的一天

看了看温度表,39度

最糟糕的开始

在家里待着也只会心神不定,若无其事的出了家门

 

 

見慣れた商店街を抜け、駅へと向かう。

すれちがう女子高生の群れ。姫様といくらも違わない年の女の子たち。

ほんのちょっと人生のネジの調整が狂っただけで

あの女子高生たちのようには笑うことのできなくなった姫様。

穿过熟悉的商店街,走向车站

擦肩而过的一群女高中生,年龄和公主差不多的女孩子们

只是因为人生的螺丝钉稍微歪了一点

便无法如那些女高中生一般微笑的公主殿下

 

ぼくはポケットの小銭を自販機に投げ入れて、てきとうなボタンを小突く。

出てくるのはお決まりの、どれを選んでも大差ない味の缶コーヒー。

ぼくはひょんなことから、ふつうとは違う、スペシャルな女の子に出会った。

我把钱包里的零钱塞进自动售货机,随便按了一个按钮

出来的是惯例的,选哪个味道都没什么区别的罐装咖啡

我也只是偶然,才会邂逅到这和常轨不太一样的,特别的女孩

 

名はリカであり、恵子であり、姫様。

かつ、そのどれとも違うぼくの見知らぬ女性。

ときどき踏切の遮断機が閉じられ、車輪のついたでかい鉄の箱がいくつもとおり過ぎてゆく。

都心へ向かう人間専用コンテナ。

その毎日の旅路は合計すると、きっと月よりも遠い。

ぼくはその旅路の途中で姫様を見つけた。

名字既是理香,又是恵子的公主殿下

且,那其中不管哪一个都是我未曾相识过的女性

道口的路杆偶尔合上,带有车轮的巨大铁箱如往常一样穿过

通往市中心的人的专用容器

把那每日的路程加在一起,肯定比月亮还要远

我在那段旅路的途中遇见了公主

 

 

 

姫様は線路の脇を徒歩ですすむ難民だった。

色褪せたぬいぐるみが唯一の連れ。

小石につまずいただけで、終わってしまいそうな危なげな旅。

その連れはいまぼくの黒皮の四角い鞄の中にいて、

持ち主の暖かい手のひらへ帰ることを切望している。

自分の居場所は姫様のごちゃごちゃのバッグの中だと確信している。

昨夜、忽然と消えていなくなった姫様。

公主曾是徒步走在路旁的难民

褪色的玩偶是她唯一的行李

这段看上去只是被小石子绊一下,就会结束的危险旅行。

那件物品现在躺在我的黑色公文包中

殷切希望回到主人温暖的手中

确信自己应该待的地方在公主那杂乱的包中

昨夜,忽然消失不见的公主

 

 

なんでぼくの手元にクマを残したんだろうな。

漠然とした考えが浮かんでは消えるけど、熱に溶けて頭からこぼれ落ちる。

そのうち電車がホームに滑りこんできて、ぼくは女子高生といっしょに押しこまれる。

軽量ステンレスとポリカーボネイトの無機質な筒。

その内側では、ぼくは自分のふりをしながら呼吸する別の何かだ。

ネクタイモードにきっちり合わせることができる自分を、ぼくは誇らしく思ってるけど

为什么要把熊放在我手边呢。

模糊的想法浮起来又沉下去,在正发热的脑袋中缓缓消融

这时电车进了站,我和女高中生一起被塞了进去

轻型不锈钢聚碳酸酯的无机物的车筒

在那里面,我是假扮成自己的,呼吸着的别的什么东西

虽然对自己紧跟当下潮流的领带感到骄傲

 

 

オタの冷ややかな視線を堂々と受け止めることができない。

ひょっとすると、憐れんでもらうのはぼくの方なのかもな。

変化を嫌って生きてきたぼく。

置き去りにされたとき、ぼくはクマを握ったまま泣くことしかできなかった。

あの夏の姫様のように。

あの冬、弟に置き去りにされた姫様のように。

但我还是没办法堂堂正正的应对宅冰冷的视线

说不定,被可怜的反而是我呢

讨厌变化的我

被遗弃的时候,能做的只是握着熊哭泣

就像那年夏天的公主

就像那年冬天,被弟弟抛下的公主

 

675 名前:70 ◆DyYEhjFjFU   sage 投稿日:04/10/04(月) 23:21:26

出社して同僚と手のひらを合わせるようにして叩き合い

明けおめと挨拶して

デスクに座ってPCを起動する。

たった1週間ほど前にも、ぼくはここにいた。

あの日を大昔のように感じる。

たしか姫様からの営業メールが届いた日だった。

到了公司和同事相互击掌

相互恭贺新年

坐到桌旁打开电脑

刚好在一周之前左右,我也坐在这里

那天就像是发生在很久之前

记得就是那天收到了公主的营销短信

 

年末にひとつ面倒があり、晦日から日付が新年へと変わるまで

同僚達と粘ったその痕跡がTFTに表示される。

素晴らしい仕事ぶりじゃないか。

誰しも仕事の精密な歯車になることは難しい。その困難さの履歴だ、これは。

ぼくは指の先で更新されたドキュメントを追い

背後に立った背の高い男と含み笑いを交わした。

年末公司里有些麻烦的问题,和同事们从除夕晚上

一起奋斗到新年凌晨的那痕迹正显示在液晶屏上

这不是完美的工作态度么

谁都很难像精密的齿轮一样转动。这就是那困难的经历

我的光标紧跟着更新的记录

和站在背后的高大男人互相抿嘴笑着

 

なんの問題もなかった。

ぼくらの努力は報われて、万事は順調。

そんなわけでぼくは帰ることに決めた。

なにがなんでも、すぐに電車に乗り、暖かい自室のベッドで眠ると決めた。

信頼できる同僚のアドレス宛に、そのいいわけを書いた短いメールを送信したときだったかな

ケータイが震えて、メールを受信した。

没有任何问题。

我们的努力被回报了,一切顺利

所以我决定回家

决定不管发生什么都要马上坐上电车,回到自己房间温暖的床上睡觉

那是在给可以信赖的同事,发了说明情况的短信的时候吧

手机震动,来了一条短信

 

 >クマ返せ~

 >電話しなさいってメモしたでしょ

 >把熊还我~

 >我都在字条上说了要你打电话的吧

 

姫様からだった。

胸に生暖かい鼓動が一拍あって、それは鳥肌をともなって四肢の先まで広がった。

続けてもう一通。

是公主发来的。

胸中微暖,然后起了鸡皮疙瘩扩散到了全身。

紧接着又一封。

 

 >ただいまデート美少女無料キャンペーン中!

 >1分以内にレスくれたヒロくんには、美少女添い寝の特典付き!

 >会いたいよ~。ヒロぉ

 >现在约会美少女免费活动中!

 >1分钟以内回复的弘君,附有美少女侍寝的特典!

 >好想见你哦~。弘——

 

30秒ジャストでレスした。

会いたいとだけレスしてから、場所を追伸した。

美少女って微妙な表記には触れなかった。

フロッピィのこともあるし。

用了三十秒整回复了。

只回了想见你之后,附上了地点。

没有去管美少女那微妙的记载。

毕竟还有软盘的事。

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


鹳

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 8 条评论 新浪微博
  1. 骚年你渴望大腿吗[doge]

    公主好可爱啊,不行了~这样就算up被骗了,不也是心甘情愿的接受吗

    1月3日 02:38来自移动端 回复
  2. maecenas

    唉…虽然日常虐狗但又有股淡淡的忧伤

    2016年12月28日 10:02 回复
  3. 约束之地

    总算变成日更了,日常的短小精干?

    2016年12月27日 10:37 回复
  4. 物语_(:з」∠)_

    这好期待后续(ಡωಡ)

    2016年12月27日 07:18 回复
  5. 你的我

    好想见你哦~(泪……

    2016年12月27日 03:23来自移动端 回复
  6. 匿名

    最后的公主好可爱。话说还要多久才能写到公主的真相啊?

    2016年12月27日 02:43来自移动端 回复
  7. 炤炤穆穆

    那短信真是如梦幻的信息啊

    2016年12月26日 22:13来自移动端 回复
  8. Devilsarms

    不妙啊,可爱度超出常规了…虽然知道多多少少有演技的成分在但是这时候心甘情愿被骗就是男人的浪漫

    2016年12月26日 22:09来自iPhone3 回复
返回顶部