10Oct

『长篇故事・2ch』那个在游戏厅遇到的不可思议的女孩(九)

时间: 2014-10-10 分类: 那个在游戏厅遇到的不可思议的女孩 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

359:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/16(月) 00:37:42.57 ID:x9+/iUde0

当日まで、ドキドキとした。何をどうすりゃいいのか。

 

彼女にデート初日でやりたいことを聞いた。

彼女「ゲーセンに行って、そのへんフラフラするー」

俺「え、そんなんでいいん?」

 

彼女「特別にどっか行くより、そっちの方が普通のデートっぽくていいじゃん」

彼女「学校帰りに一緒に帰るくらいの日常さで、いいんだよ」

彼女はにこにこしてそう言う。

 

彼女が望むのなら、俺もあまり気張りすぎないようにしようと思った。

 

到约会当天为止都心跳个不停,究竟要怎么做才好呢

 

问了问她约会第一天想做的事情

她「去游戏厅,然后在那里瞎逛」

我「诶,这样就行了吗?」

 

她「不觉得和专门跑去什么地方比起来,还是这样更有像是普通约会的感觉吗?」

她「只要是能一起从学校回家那种程度的日常,就已经足够了」

她笑吟吟地对我这么说道

 

如果那就是她的愿望的话,我也要小心让自己不要用劲过头才行

 

360:名も無き被検体774号+: 2012/01/16(月) 00:39:50.77 ID:cOF2U+4D0

3日ってのがまたなんかな・・・

3天也是感觉有点…

 

364:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/16(月) 00:58:49.39 ID:x9+/iUde0

その日が迫るごとにあたふたした。

実家に、女の子連れてくよって電話した。病気のことは伏せた。

 

前日に、意気揚々とCOACHに帽子を買いにいったが、あいにく売っていなかった。

彼女が一番好きなブランドはCOACHだった。COACHで帽子が欲しかったのに…

 

俺「あの…帽子が欲しいんですが…COACHのニット帽、被ってる人見たことあるんです」

店員「もうしわけございません…それはこちらの店頭では…」

 

あきらめられなかった。

俺は店内を見ていると、ハートの可愛いネックレスを見つけた。3万くらいした。

帽子を買うつもりでそんなに金は使うつもりではなかった。

 

でも俺はそのネックレスを買った。

しかし、この選択は正解だった。

 

随着那一天的逐渐接近,自己也开始变得忙乱

向老家里打了电话,说要带女孩子回去,但没有提及病情的事情

 

前一天,自己兴致昂昂地来到了COACH专卖店买帽子,不凑巧的是他们没在卖帽子

明明她最喜欢的牌子就是COACH了,想要COACH牌的帽子的说…

 

我「那个…我想要帽子…COACH的针织帽,我看有人戴过」

店员「真的非常抱歉…那个的话在我们这边的店…」

 

不能就这么放弃

我又看了看店里,结果发现了一串心形的项链,大概3万日元的样子

原本只是打算买个帽子并没打算花那么多钱

 

不过我还是买下了那串项链

但这个选项是对的

 

366:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/16(月) 01:03:08.02 ID:x9+/iUde0

いよいよその日になる。

俺はリュックにプレゼントを忍ばせて、いつ渡すか決めかねていた。

 

お父さんとお母さんに挨拶した。

お父さんは優しそうに笑っていた。

「よろしく、頼むね。」

俺「はい、彼女のことは、任せてください。」

彼女「じゃーね、いってくる!」

 

俺もニヤニヤしていたけど、彼女も始終にこにこしていた。

楽しい、忘れられない三日間が始まる。

 

终于到了那一天

我把礼物藏在背包里,烦恼着究竟要什么时候给她

 

和她的父母也打好了招呼

她父亲很和蔼的对我笑了笑

「就拜托你多多关照了」

我「好的,她就安心地交给我吧」

她「拜拜,我们走了!」

 

我的嘴角忍不住上翘,她也是一直保持着笑吟吟的状态

快乐的、让人无法忘怀的三天开始了

 

370:名も無き被検体774号+: 2012/01/16(月) 01:07:42.40 ID:i05ow9F0i

まだ途中なのに…まだ結末わかんないのに…それなのに涙が…

明明没写完…还没有到结局…尽管如此眼泪却…

 

371:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/16(月) 01:07:50.15 ID:x9+/iUde0

正直不安もいっぱいだった。

突然体調が変わったら?彼女に何かあったら?

 

でも彼女は俺のこと信頼して、全てを俺に預けてくれたんだろう。

もしもの時のために病院の番号もメモったし、お父さんとお母さんの番号も分かってる。

 

きっと、どうにかなる。とにかく彼女といられる時間を大事にしようと思った。

 

说实话也感觉到了许多不安

会不会身体突然出什么状况?她会不会碰到什么意外?

 

不过她对我报以信赖,把自己全部交给了我

为了以防万一也记下了医院的电话号码,她父母的电话号码我也知道

 

事情一定能够顺利进行的。不管怎样都想好好地珍惜这段能和她在一起的宝贵时间

 

373:名も無き被検体774号+: 2012/01/16(月) 01:11:52.62 ID:WdAtM8AuO

このスレに会えて良かった(;ω;`)今を生きられるって素晴らしいことだな

和这个贴子相遇真是太好了(;ω;`) 感觉到现在仅仅是能活下去,就已经是非常棒的事情了

 

374:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/16(月) 01:12:32.33 ID:x9+/iUde0

彼女「電車のろ!電車電車!」

俺「え、タクシーとかでもいいんだよ?」

 

彼女「そんなんセレブなデートないよw」

俺「まあこの時間なら人も少ないしね。電車に乗ろうか。」

 

駅に着く。彼女は大声を出す。

彼女「わわ、電車だよ電車!いいなあ懐かしいなあ!」

俺「なんだかいいね、こういうの。すごい不思議な感じ、至って普通なのにw」

 

ずっと、病室でしか会えなかったものだから、色々と新鮮に映った。

電車に乗っただけで、なんだかとても嬉しかった。

 

她「去坐电车吧!电车电车!」

我「诶,但是坐的士什么的也是可以的噢」

 

她「哪有那么奢侈的约会啊(笑)」

我「嘛,这段时间的话人应该也不多,那就做电车吧」

 

到站以后,她大声地喊了出来

她「哇哇,是电车啊电车!真好啊好怀念啊!」

我「总觉得感觉很不错呢。真是不可思议,明明只是很普通的事情(笑)」

 

因为一直都只能与她在病房相见,总感觉周围的风景充满了新鲜感

只不过是坐一下电车而已,却感觉到了一种不同寻常的快乐

 

378:名も無き被検体774号+: 2012/01/16(月) 01:13:53.11 ID:HbZ8ThR6i

生きたいっておもうやつがあっさり死んで

死にたいってやつがしぶとく生きる

 

世の中理不尽だよね…

 

想活的人轻易的死去

想死的人却依然活着

 

这个世界真的是很没道理啊…

 

379:名も無き被検体774号+: 2012/01/16(月) 01:15:43.68 ID:9WSRwcRW0

>>378

そうだな

是啊

 

383:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/16(月) 01:18:29.16 ID:x9+/iUde0

電車ではしゃぐ彼女はどこかヘンテコだったけど、

どう見ても普通の女の子にしか見えなかった。

 

この小さい体に、色んなものを抱えてると思うと、悔しかった。

電車内には同じような年齢の女性もたくさんいて、それを見てると複雑な気持ちになった。

 

俺「どこいこっか?」

彼女「あ、決めてないのー?もうしっかりしてよー」

 

俺「ええ、ノープランでいいって言ってなかった?」

彼女「嘘でしたー!言ってみたかっただけこういう事w」

彼女は笑いながら言った。

 

虽然面对一个电车都这么兴奋的她给人一种古怪的感觉

但不管怎么看她果然还是一个普普通通的女孩子

 

想着在这小小的身体里,竟然抱负了那么多的东西,真的是很让人窝心

电车里面随处都能看见年龄差不多的女性,看到她们感觉到了一种很复杂的心情

 

我「我们去哪里呢?」

她「诶,你还没决定好吗?真是的振作一点啊——」

 

我「诶,不是你说不要任何计划就好的吗?」

她「骗你的啦!只不过想这么说说看而已(笑)」

她边笑着边这么说道

 

384:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/16(月) 01:20:43.71 ID:x9+/iUde0

あーすまん、書くのちょっとだけ辛くなってきたよ。

少しだけ一服休憩させてください

啊,抱歉,稍微写得我感觉有点难受了

请让我稍稍休息一会

 

391:名も無き被検体774号+: 2012/01/16(月) 01:24:48.68 ID:qXuEQoPE0

>>384

待ってるお!ゆっくり休んでくれ

 

が、

 

続きを明日以降にするなら言ってくれ

 

等着你哦!好好休息吧

 

虽然想这么说

 

如果明天才继续的话跟我说下

 

392:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/16(月) 01:26:58.40 ID:x9+/iUde0

>>391

やや、もうちょっとだけ書かせてくれ。

不不,让我再多写一些吧

 

393:名も無き被検体774号+: 2012/01/16(月) 01:27:15.00 ID:XGGTHlAj0

追いついて花言葉調べて泣いた

読み物で初めて泣いた

稍微调查了一下花语结果哭了

读文章第一次读到哭了

 

402:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/16(月) 01:37:44.19 ID:x9+/iUde0

彼女は電車の中でも突拍子もないことを言い出す。

彼女「ねえねえ、ケンカしよ!」

俺「え、は?」

彼女「もう、ふざけないでよ!」

 

俺「どゆことwww」

彼女「失礼しましたw」

ケンカをするはずがすぐ漫才みたいになってしまって、二人で笑い転げた。

 

俺は彼女が何を求めているのか、なんとなく分かっていた。

 

她在电车里突然说了句超越常轨的话

她「呐呐,来吵架试试吧!」

我「诶,啥?」

她「真是的,别开玩笑了啊!」

 

我「怎么回事啊(笑)」

她「让你见笑了(笑)」

我们当然不可能吵得起来,一下子就变成了相声对话一样的东西,最后两个人都在那捧腹大笑

 

她究竟在追求些什么,感觉自己好像能够明白

 

406:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/16(月) 01:42:09.14 ID:x9+/iUde0

花言葉が気になるけど、続けますw

 

彼女は自由だった。そう、彼女はこういう人だったんだよ。

俺は凄く安心していた。

 

けっこう電車に乗って、とりあえず新宿で降りた。

彼女「あ、そだ。ゲーセンでも行かない?」

俺「それ最初から決めてたんじゃんww」

彼女「ま、そうなんだけどww」

 

彼女のワールドになりつつあった。

俺はすごく懐かしい気持ちになった。

会ったばかりの頃を、思い出すようだった。

 

虽然挺在意花语的,我还是先继续吧(笑)

 

她表现的非常自由。没错,她就是这样子的人

我感觉到非常安心

 

在电车上坐了好一会儿,总之在新宿站下车了

她「啊,对了。去游戏厅吧?」

我「那个不是一开始就决定好了吗(笑)」

她「嘛,是这样没错啦(笑)」

 

感觉慢慢又回到了她的世界一般

我感到非常怀念

仿佛能想起最开始与她相遇时那种感觉

 

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
  1. 柏木

    想活的人轻易的死去
    想死的人却仍旧活着

    2017年12月21日 17:28来自iPhone 回复
  2. 金三胖

    只是想体验一下普通情侣的感受吧

    2015年11月9日 14:46 回复
  3. 很感动啊。。。真希望是虚构的。

    2014年11月1日 11:44来自移动端 回复
  4. mao05

    花语是什么

    2014年10月10日 19:50来自移动端2 回复
    • 星野瑠羽

      百度百科有详细

      2014年10月10日 21:03 回复
  5. 星野瑠羽

    我感到非常怀念
    仿佛能想起最开始与她相遇时那种感觉……

    2014年10月10日 19:011 回复
返回顶部