12Dec

『长篇故事・2ch』我和宅与公主殿下(十七)

时间: 2016-12-12 分类: 我和宅与公主殿下 作者: 鹳

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

358 名前:70 ◆DyYEhjFjFU   投稿日:04/09/10(金) 00:33

昼過ぎに目覚めた。

姫様といっしょにベッドの上でまるまって

2匹の猫みたいに寄り添い、窓を通過して差しこんでくる暖かい陽射しにくるまって

いつまでもだらだら眠り続けた。

先に起きたのはぼくのほうだった。

ベッドからすべるように落ち、一回転して走ってトイレへ。それからシャワーを浴びた。

午后我醒了

和公主一起在床上蜷缩着

像两只猫一样互相依偎着,透过窗子照射下来的阳光

久久地睡着

先醒来的是我

从床上滑下来,翻滚了一圈跑到了洗手间。然后冲了个澡

 

頭はすっきり爽快。バスタオルで濡れた頭をごしごししながら、姫様を揺り起こす。

そのとき頭のなかでカチっと音がした。

ぼくの脳にモードが変更されたようなあからさまな変化があって

自分でもあらがうことのできない強い衝動が、体中に沸き起こった。

ふつうの男がそうやるように、ぼくは姫様を求めた。

彼女はちょっと驚いたような顔をした。抵抗はなかった。

優しく抱きとめられた気がする。

大脑一下子清爽起来。我一边用浴巾使劲地擦着濡湿的头发,一边把公主摇起来

那时我脑中啪的一声有什么东西断掉了

发生了像是改变了我头脑运作模式的某种明显变化

自己也无法抗拒的强烈冲动,在我身体里燃烧了起来

我就像普通男人那样,向公主索取着

她稍微有些吃惊。但没有抵抗。

只是温柔的抱住了我

 

そのあとはよく覚えてない。

姫様がバスルームに消えたあと

ぼくは彼女のために何かしてあげたいと真面目に考えはじめた。

ぼくにしかしてあげれないような特別な何か。

できればあまり大袈裟じゃないほうがいい。

彼女がそうとは気づかない程度の何か。

那之后记不太清楚了

公主消失在浴室之后

我开始认真地考虑,想为她做些什么

只有我才能做到的特别的什么

可以的话最好不要太夸张

让她无法察觉那种程度的

 

359 名前:70 ◆DyYEhjFjFU   投稿日:04/09/10(金) 00:34

姫様は例によってちょっとした用事のため渋谷に戻ると言い

ぼくはゆっくり食事してから、彼女の後を追った。

待ち合わせは東京駅。

あのあとぼくは彼女にこう提案した。

バスルームから出てきた彼女をつかまえ、髪を乾かすとか化粧とか

そんなことをはじめる前に、彼女にぼくの提案を聞いてもらった。

按照惯例公主说稍微有些事要回一趟涉谷

我慢慢地吃完饭后,追在了她后面

集合地点是东京站

在那之后我对她这么建议了

抓住从浴室里出来的她,在吹头发化妆什么的之前

让她听了我的提议

 

ぼくは君が昔いた公園は遠いのかと尋ねた。

つまり、弟と過ごした、君にとっては特別な意味のあるあの場所。

彼女は最初、あそこへ行くことになにか意味があるとは思えない

とかなにかそんな意味合いのことを言ったように記憶している。

でも、そのすぐあとで、ぼくの嘘のない真剣な表情を見てとると

ありがとう。と言った。

我问她你曾经在那个的公园很远吗

也就是和弟弟度过的,对你来说具有特别意义的那个地方

我记得她好像最初说过,不觉得去那里有什么意义

好像说过类似意思的话

但是,在那之后,看见了我不似作伪的表情后

谢谢。她说道

 

ほんとうは何度もひとりで行こうと考えた、と彼女は言った。

あそこを訪れるのが怖かった。と。

ヒロがよければ、ぜひ行きたい。

彼女は最後に、わたしをそこへ連れて行ってほしいと言った。

東京駅はひろい。

いつ来てもそう思う。

其实有很多次都想过一个人去,她说

去那里很害怕

如果弘可以的话,务必想去

最后,她明确说出了「请带我去那里」

东京站很大

不管什么时候来,我都会这么想

 

規模だけなら新宿駅のほうが上な気がするけど

東京駅はやけに広くて、大きい気がする。

遠いどこかとどこかを結ぶ、その拠点として考えてしまうからだろうか。

まあ、たしかに新宿駅で感傷的な気分になったりはしないよな。

せいぜい気をつけることだ。

そんな気分はあまりいい結果を生まないことを、ぼくは経験則から知っている。

虽然光看规模的话可能新宿站更大

但东京站异常的宽广,给人很大的感觉

连接着遥远的某处和某处,是因为作为那个据点的原因吧

恩,确实新宿站不会给人那么感伤的气氛呢

要好好小心才是

以我的经验,那种心情不会带来什么好结果

 

思い起こしてみると、説明のつかない奇怪な行動や

思わず赤面しそうな言動の元凶になってる場合が多い。

そんなわけで、ぼくは早くも芽生えた感傷的な気分を頭から追い出して

姫様がやってくるのを待った。

急がないと。

あまりゆっくりしてられるほど時間が残ってなかった。

戻ってくるのは深夜になるかもしれない。

回想起来的话,这常常会变成无法说明的怪异行动以及

情不自禁脸红的言行的元凶

所以,我把萌生的感伤心情从脑子里驱赶出去

等待着公主的到来

不快点的话。

已经没有多少可以悠闲度过的时间了

返程很可能会到深夜

 

360 名前:70 ◆DyYEhjFjFU   投稿日:04/09/10(金) 00:36

お互い迷ってしまわないように

東海道新幹線改札の前と指定しておいたのがよかった。

姫様が広いタイル張りのプラットホーム連絡通路を走ってくるのを

すぐに捕まえることができたから。

ふたりでとりあえずコーヒーを飲み

为了方便互相寻找

提前约好在東海道新干线的检票口前汇合真是太好了

公主殿下在铺满瓷砖的站台上奔跑的样子

我马上就看到了

两个人先喝了杯咖啡

 

それから横須賀へと向かう電車ホームを目指した。

お互いあまり口をきかなかった。

姫様はぼくに寄り添うようにして、ぼくの腕をしっかりつかんで歩いた。

ぼくらが目指すのはかの地。

過去の時の中で永遠に凍りついて、絶対に溶け出すことのない場所。

彼女が過去にごっそり失った何かが、そこに散らばっているんだろうかと

然后走向了去往横須賀的车站

两个人都没怎么说话

公主依偎在我身边,紧紧地抓住我的手臂

我们要前往的是那个地方

被冻结在过去的时间里,永远不会融化的场所

她在过去全部失去的什么,应该在那里散落着吧

 

考えてみるけど、それはたぶん現実的じゃない。

彼女はただそこを訪れることを望んでる。

自分の傷ついた気持ちがそこにある何かであがなえると、

本気で信じてるわけじゃないだろう。

単純に考えよう。

彼女は弟に会いたがってる。

だからぼくも同行する。

虽然试着想了,但这大概不太现实。

她只是希望再一次回到那里

并没有真的相信

自己受伤的心情能在那里得到什么救赎吧

想的单纯一点吧

她很想见弟弟

所以我也会同行

 

 

ぼくはウーロン茶と途中来るときに買ったベーコンサンドの包みを彼女に渡して

ホームに滑りこんできた電車に飛び乗り

彼女のために窓際の席を確保した。

ぼくは彼女がよく見えるようにと、対面の席に腰掛けたけど

彼女が小声で「手を握ってて」とささやいたので、彼女の隣に座った。

我把乌龙茶和途中来的时候买来的培根三明治的包递给她

跳上滑进车站的电车

替她留了窗边的座位

本来是想为了能好好看着她,坐到了对面的座位

但因为她小声地说「握住我的手」,所以我坐到了她身旁

 

客はまばらだった。

ぼくはCDウォークマンのイヤリングみたいなスピーカのRを彼女に渡した。

バッハの無伴奏チェロソナタ。

気分じゃなかったら聴かなくていい。

でもさ、こういうときは気分が落ち着く。と姫様に勧めた。

车上乘客稀疏

我把CD随身听像是耳环一样的耳机的右半递给了她。

是巴赫的无伴奏奏鸣曲

不和心情的话不听也罢

但是,像是这种时候听可以放松心情。我这么像公主推荐着

 

電車がゆっくりと動きはじめると彼女はぼくの手をぎゅと握った。

頭をお互いにくっつけると、頭蓋骨が振動してボーンフォンみたく聴こえないかな。

ぼくの耳にあるのはL。

聴こえてきたのは小さな風の音だった。

車内を循環する空気の流れが、ぼくと姫様の頬をすり抜ける音だった。

电车缓缓地开动起来,她紧握住了我的手

脑袋互相靠着紧贴着,头盖骨震动着轰轰隆隆地可能听不见吧

我耳朵里的是L

听到的是轻轻的风声

车内循环的气流,擦过我和公主脸颊的声音

 

 

539 名前:70 ◆DyYEhjFjFU   sage 投稿日:04/10/01(金) 21:06:24

間違いなく忘れ去られてるだろうな。

と思ってたのでひっそりアップしとこうと考えてましたが。

レスがしっかりついてたのを読んで正直驚いてます。

驚くのと同時になんだか嬉しい気分でした。

わざわざ保守してくれた人もいたようで…ありがとう。

続きをはじめたいと思います。

その前にレスにくっついてた質問とかちょっと気になったことを先に。

肯定会被人遗忘吧

本来是抱着这种想法打算默默上传的

看到回复居然那么多说实话我有点吃惊

吃惊的同时也有点小高兴

还有专门帮忙顶贴的人…谢谢你们。

我想继续写下去

不过在这之前先回答一下回帖里一些比较我在意的提问

 

 

 

このスレを最初に立てた1はまだいるのでしょうか?

途中からひっそりいい加減にてきとうに書き始めた頃は

まさかこんなにレスがつくようになるとは、ぼくだって想像してなかったので

実はちょっと気にしてたりします。

風俗嬢について2ちゃんらしい世間話を毎晩アップしたり読んだりすることを

楽しみにしてる人だっていると思うからです。

じゃあスレッドを自立したほうがいいかというと、ぼく自身そうは考えてはいません。

o1最初建这个帖子的1还在吗?(这个帖子帖主并不是>>1)

从途中默默随便开始写的时候

因为完全也没想到居然会有这么多回复

其实我有点在意

因为我觉得也有些朋友是想看每晚大家对于风俗小姐的2ch风格闲聊

那么是不是干脆独立建一个独立的帖子比较好呢,我自身并没有那么想

 

 

つまり、いままでのとおり風俗嬢について書き込む人がいて

そのあいだに埋没するみたいに、ぼくのくだらない文章の塊が挟まる。

ってふうにしたいのです。いままでと変わらないように。

理由は

ひとつには、スレを自立するような大袈裟なものじゃないってことと

ぼく自身このスレタイがとても気に入ってるからです。

70ウザイ!って人もいると思いますけど

できればこのまま続けたいのです。

也就是说,有一些和至今为止一样写关于风俗小姐的人

我的无聊文章夹杂埋没于那其中

我想弄成这种形式,和至今为止一样

原因是

第一是,感觉这个帖子并没有夸张到需要独立建个帖子

而且我自身也非常中意这个帖子的标题

虽然我想也会有觉得很烦的人

但如果可以的话我想继续这样保持原样

 

ぼくを読書家だとか、そんなふうに考えてくれっちゃったりした人達。残念でした。

ぼくは普段、小説とか文学なんてものからはほど遠い人間です。

村上龍も春樹も読んだことありません。

ぼくが書いてアップし続けてる文章は、およそ小説なんて呼べるものじゃないです。

時間軸に沿って話を、ただ「説明」しているだけだからです。

もちろんここには主人公の視点となるべきテーマもありません。

夜、就寝する前の、「すべての喪のためのデタラメな子守歌」と受けとめていただけると助かります。w

お互い喪同士。脛の傷の痛みは分かってますってば。

觉得我平时是个书虫的人们。很遗憾。抱歉让你们失望了

我平时是个无缘于小说,文学之类的人

村上龙或春树都没有读过

我所写的文章,大概不是能够被称为小说的东西。

因为只是沿着时间轴把发生的事情写下来,叙述曾发生过的事而已

当然在这里也没有那种必须成为主人公视角的规则

如果大家可以把这当做晚上睡觉前的「为了所有丧男胡扯的摇篮曲」的话我会很感激的w」

同样作为丧男,来分担一下相互的痛苦吧

 

 

これから書きます。

が、残務あり。アップの時間は約束できそうにありません。

那么继续

但,还有剩下的工作,不能保证上传的时间

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


鹳

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 3 条评论 新浪微博
  1. 骚年你渴望大腿吗[doge]

    虐!感觉约会完过后就。。。_(:з」∠)_

    2016年12月14日 03:33来自移动端1 回复
  2. kongkong

    真的挺不错的 好想继续看

    2016年12月12日 23:35 回复
  3. Devilsarms

    这不就是在约会吗

    2016年12月12日 21:47来自iPhone 回复
返回顶部