9Nov

『短篇创作・2ch』男「青梅竹马粘着我不放」(四)

时间: 2016-11-9 分类: 青梅竹马粘着我不放 作者: 鹳

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

118: 2012/03/20(火) 01:13:07.00 ID:9wfjEsGF0

体育

体育课

 

男「はぁ…全然味しなかった…」

男「哈啊…完全品尝不出滋味…」

 

友「おつかれさん」

友「辛苦了」

 

男「急にどうしたんだろ、あいつ…」

男「突然怎么了啊,那家伙……」

 

友「幼馴染ちゃんなぁ……前はあそこまで大胆じゃなかったよな?」

友「青梅竹马酱呢……之前没有那么大胆吧?」

 

男「あぁ、もっとマイルドではあった」

男「啊啊,要更加温和一些」

 

友「なんか心当たりないのか?あの子がいきなり大胆になるような理由」

友「有什么头绪吗?那孩子突然变得大胆的理由」

 

男「うーん…」

男「嗯…」

 

119: 2012/03/20(火) 01:13:21.11 ID:TuoQWFX70

あり得たかもしれない過去

可能发生的过去

 

121: 2012/03/20(火) 01:14:30.69 ID:NU2M/Icw0

+   + 
  ∧_∧ +  
 (0゚・∀・)    满怀期待
 (0゚∪ ∪ +     心跳不已
 と__)__) + 

 

122: 2012/03/20(火) 01:16:12.08 ID:9wfjEsGF0

男「ダメだ、思いつかん」

男「不行,想不到」

 

友「そうか…でもまぁ、悪くはないだろ?あんな可愛い子にベタベタされてよ」

友「是么…不过嘛,这样也不坏吧?被那么可爱的女孩子粘着」

 

男「場所を弁えてくれたらな…」

男「如果能分清场所的话呢……」

 

友「そこは我慢だ。男の器が試されるところだな」

友「那里要忍耐。这是才是测试男人器量的时候」

 

男「そういう問題かねぇ…」

男「是这种问题么…」

 

123: 2012/03/20(火) 01:21:19.94 ID:9wfjEsGF0

幼馴染「男!帰ろ!」

青梅竹马「男!回家吧!」

 

男「あぁ、わかったから引っ張るな伸びる」

男「啊啊,我知道了别拉我要断了」

 

幼馴染「ほらほらー」

青梅竹马「快点快点——」

 

男「あーれー」ズルズル

男「啊—呜—」被拖着走

 

 

友「また明日なー」

友「明天见啊——」

 

 

幼馴染「ねぇねぇ!今日なに食べたい?」

青梅竹马「呐呐!今天想吃什么?」

 

男「ちゃんこ鍋」

男「相扑火锅」

 

幼馴染「ちゃんこ!?無理だよ!」

青梅竹马「相扑!?做不到啦!」

 

男「冗談冗談…ていうかお前」

男「开玩笑开玩笑…话说你」

 

幼馴染「なにー?」

青梅竹马「什么——?」

 

男「今日も泊まる気だったり…?」

男「今天也打算住下来……?」

 

幼馴染「当ったり前でしょ!」

青梅竹马「那还用说吗!」

 

124: 2012/03/20(火) 01:27:09.12 ID:pfxoX0XW0

顶贴

 

125: 2012/03/20(火) 01:28:48.85 ID:9wfjEsGF0

男「あのさ…聞きたいんだけども」

男「那个啊…有事想问你啊」

 

幼馴染「なんでもござれ」

青梅竹马「什么都尽管问」

 

男「お前さ、何かあった?」

男「你啊,发生了什么?」

 

幼馴染「なにか?」

青梅竹马「你指什么?」

 

男「なんか嫌なこととかあったなら相談してもいいんだぞ?」

男「如果遇到什么不开心的事情可以找我聊聊哦?」

 

幼馴染「嫌なことなんて全くないよ!男と一緒だからね!」

青梅竹马「没有发生不好的事哦!因为和男在一起呢!」

 

男「そうか…じゃあなんで急に俺にくっつくようになったんだ?」

男「是吗…那为什么突然这么黏我了?」

 

幼馴染「……そんなだからだよ」ボソッ

青梅竹马「……就是因为你这个样子所以」小声

 

男「ん?なにか言ったか?」

男「恩?你说什么?」

 

幼馴染「ううん!なんでもなーい!」

青梅竹马「没什么哦!没什么——!」

 

126: 2012/03/20(火) 01:32:19.80 ID:9wfjEsGF0

幼馴染「ささっ、早く行こう!」ダキッ

青梅竹马「好啦好啦,快走吧!」抱

 

男「だからこんな人が往来するような場所で抱きつくのやめろ!」

男「都说别在这种人来人往的地方抱过来啊!」

 

幼馴染「やめませーん!離しませーん!」

青梅竹马「就不——!就不放!」

 

男「あぁもう!離さないと嫌いになるぞ!」

男「啊真是的!你再不放我就讨厌你了哦!」

 

幼馴染「え…」

青梅竹马「诶…」

 

男「…あ」

男「……啊」

 

127: 2012/03/20(火) 01:35:36.35 ID:9wfjEsGF0

幼馴染「…嫌いに、なっちゃうの?」

青梅竹马「……会,讨厌我吗?」

 

男「あー…その…」

男「啊——……那个……」

 

幼馴染「……やだ」ギュ

青梅竹马「……不要」抱紧

 

男「そのだな…今のは言葉の綾であって…本当に嫌いになるわけじゃないから…」

男「那个啊…刚才只是措辞而已……不会真的讨厌你的……」

 

幼馴染「…迷惑かな?」

青梅竹马「……很困扰吗?」

 

男「……幼馴染?」

男「……青梅竹马?」

 

130: 2012/03/20(火) 01:39:23.06 ID:9wfjEsGF0

幼馴染「男に…こんな風に接するの…迷惑かな」

青梅竹马「用这样的方式……对待男……会觉得很困扰吗」

 

男「……」

男「……」

 

幼馴染「私は…男に見てもらいたくて…このままじゃダメだって思って……」

青梅竹马「我只是想……让男好好的看着我……想着这样下去不行……」

 

男「……おい」

男「……喂」

 

幼馴染「ごめんねっ」タタタ

青梅竹马「抱歉呢」踏踏踏

 

男「あ、幼馴染!」

男「啊,青梅竹马!」

 

男「……」

男「……」

 

男「……デジャブ」

男「……既视感」

 

131: 2012/03/20(火) 01:39:39.05 ID:9f3MgOH30

支援

小学校から大学まで同じ学校のヤツがいるが一度も同じクラスになったことなかったな……

支援

有个从小学到大学都是同个学校的家伙,但从未试过被分到同个班呢…

 

132: 2012/03/20(火) 01:43:03.35 ID:9wfjEsGF0

男「……とりあえず、あいつのいきそうな所と言えば」

男「……总之,说到那家伙会去的地方的话」

 

男「……」

男「……」

 

男「…あそこ、だな」

男「……是那里,吧」

 

 

幼馴染「…グスッ……ごめん…ごめんね…おとこ…」

青梅竹马「…………抱歉……抱歉呢……男……」

 

幼馴染「迷惑ばっかりかけて……ダメな幼馴染で…」

青梅竹马「总是给你添麻烦……没用的青梅竹马」

 

 

男「ダメなんかじゃねーよ」バサッ

男「才不会没用呢!」

 

133: 2012/03/20(火) 01:45:25.40 ID:+co9l1x90

ん?なんか言ったか?ほどうざい台詞はない

恩?说了什么吗?←没有比这个更烦的台词了

 

135: 2012/03/20(火) 01:46:43.63 ID:Ykt7X29w0

>>133

でも、これに変わる台詞って難しくね?

>>133

但是,要找到代替的台词也很难吧?

 

136: 2012/03/20(火) 01:47:02.20 ID:9wfjEsGF0

幼馴染「男…」

青梅竹马「男……」

 

男「お前って親に怒られたときとか、よくここにきてたよな」

男「你被父母骂的时候,经常来这里呢」

 

幼馴染「……」

青梅竹马「……」

 

男「ここに来て、ここで丸くなるんだ」

男「来这里,把自己抱成一团」

 

幼馴染「……うん」

青梅竹马「……嗯」

 

男「お前さ、さっきまで謝ってたわりには全く反省してねぇだろ」

男「你啊,刚才说了那么多其实根本没反省吧」

 

幼馴染「……」

青梅竹马「……」

 

男「俺の部屋のベットで包まりやがって、ばーか」

男「在我房间的床上蜷缩成一团,笨蛋」

 

137: 2012/03/20(火) 01:47:53.67 ID:pfxoX0XW0

顶帖

 

138: 2012/03/20(火) 01:48:19.33 ID:R6ZE0tCU0

うちにきてよ

来我家啊

 

140: 2012/03/20(火) 01:51:44.94 ID:9wfjEsGF0

幼馴染「だって…ここ落ち着くんだもん」

青梅竹马「因为……这里最能让我安心嘛」

 

男「自分のじゃダメなん?」

男「自己房间的话不行?」

 

幼馴染「…うん」

青梅竹马「…嗯」

 

男「もう高校生だぞ」

男「你已经是高中生了哦」

 

幼馴染「昨日ここで久しぶりに寝たせいか、ここの良さを再認識しちゃったみたいで…」

青梅竹马「可能是因为昨天久违的在这里睡的原因,让我再次认识到了这里的好处……」

 

男「だからついつい来ちゃった、と?」

男「所以忍不住又来了,你想这么说?」

 

幼馴染「うん…」

青梅竹马「嗯…」

 

男「はぁ…」

男「哈啊……」

 

141: 2012/03/20(火) 01:52:43.25 ID:OxUmB+cc0

ズボ…パンツが空飛んでった

短裤…胖次飞向了天空

 

142: 2012/03/20(火) 01:53:41.83 ID:6OMZTEcv0

おじさん「幼馴染SSが見れてうれしいよ///」

大叔「能看到青梅竹马的帖子很高兴哦///」

 

143: 2012/03/20(火) 01:55:42.20 ID:9wfjEsGF0

男「でもさ、ここそんなにいいところか?俺の匂いしない?」

男「但是啊,这里真的有那么好吗?不会有我的味道吗?」

 

幼馴染「そ、それが…いいんだよ…」

青梅竹马「就、就是喜欢……这一点啊……」

 

男「貴様変態か?」

男「你是变态吗?」

 

幼馴染「ち、違っ…!あぁもう!」バフッ

青梅竹马「不,不……!啊啊真是的」缩

 

男「だから俺の布団で隠れるなよ」

男「所以说别躲进我的被窝里啊」

 

幼馴染「……」

青梅竹马「……」

 

男「はぁ…埒があかん…このまま話をさせてもらっていいか?」

男「哈啊……没完没了……就这样让我说完好吗?」

 

幼馴染「…うん」モソッ

青梅竹马「……嗯」蜷缩

 

男(ジャミラみたいになっとる)

男(变得跟杰米拉一样了)

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


鹳

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 6 条评论 新浪微博
  1. 兔子火锅

    甜过头了,总感觉结局可能会不好……

    2016年11月10日 01:43来自移动端1 回复
  2. 被妹妹甩了的样子的家伙

    看样子很是困扰呢~

    2016年11月10日 00:35来自移动端 回复
    • 被妹妹甩了的样子的家伙

      不过不粘人之后可不要哭哦~

      2016年11月10日 00:38来自移动端 回复
  3. 「貴様変態か?」

    2016年11月9日 22:58 回复
  4. CupcakeWOW

    幼馴染太萌啦

    2016年11月9日 22:55 回复
  5. shinknight

    我也. . . .想要. . . .这样的 . . .(死

    2016年11月9日 22:32 回复
返回顶部