7Nov

『短篇创作・2ch』男「青梅竹马粘着我不放」(三)

时间: 2016-11-7 分类: 青梅竹马粘着我不放 作者: 鹳

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

65: 2012/03/19(月) 23:59:09.81 ID:66XlqpNU0

男「よっこしょ…」

男「这怎么整…」

 

 

幼馴染「……」ギュッ

青梅竹马「……」紧抱

 

友「くっついてんのか?これ」

友「是打算黏着不放吗?这个」

 

女「服掴んじゃって可愛い」

女「还抓着衣服好可爱」

 

幼馴染「……」

青梅竹马「……」

 

男「ちょっとお前さぁ…ここ学校だから…」

男「我说你啊…这里是学校…」

 

幼馴染「……」ギュッ

青梅竹马「……」抱紧

 

友・女(可愛い)

友・女(好可爱)

 

67: 2012/03/20(火) 00:01:38.59 ID:9wfjEsGF0

男「離せぇ……」グググ

男「快放开……」挣扎

 

幼馴染「うぎぎぎ……」ギュー

青梅竹马「呜呃呃呃」抱紧

 

男「…はぁ…はぁ」

男「…哈啊…哈啊」

 

幼馴染「……」ギュッ

青梅竹马「……」抱紧

 

男「こいつ…俺にベッタリで離れない…」

男「这家伙…粘着我不放」

 

友「いつも一緒にいるとは思ってたけど、ここまでベッタリなのは初めてだな」

友「以前虽然觉得你们俩总在一起,但黏乎到这种程度还是第一次呢」

 

女「……」カシャ

女「……」照

 

男「おいこら」

男「喂那边在干啥」

 

71: 2012/03/20(火) 00:03:22.75 ID:ttXzgnMG0

幼馴染こそ至高

青梅竹马才是最棒的

 

73: 2012/03/20(火) 00:04:03.74 ID:9wfjEsGF0

友「授業が始まればさすがに離れるだろ」

友「上课了的话再怎么说也会放开的吧」

 

男「だといいが…」

男「如果是那样倒还好……」

 

キンコンカンコン

叮咚叮咚

 

友「お、言ってるそばから」

友「哦,刚说完就打铃了」

 

男「幼馴染、そういうわけだから…」

男「青梅竹马,就是这样所以…」

 

幼馴染「……」プクー

青梅竹马「……」鼓脸

 

男「膨れてもだめ」

男「就算鼓脸也不行」

 

幼馴染「……」タタタ

青梅竹马「……」踏踏踏

 

友「あっさり離れたな」

友「很简单就松开了呢」

 

男「…ますますわからん」

男「…越来越不懂她了」

 

74: 2012/03/20(火) 00:06:12.08 ID:0Gj4ZBlm0

>>72

純粋に続きが読みたくなったわ

>>72

纯粹变得想读了呢

 

75: 2012/03/20(火) 00:06:32.30 ID:D1Paw9dxO

えーと、パンツは脱いでてもいい感じなんでしょうか?

嗯,我差不多可以脱掉内裤了吗?

 

76: 2012/03/20(火) 00:08:16.64 ID:v1PtZLUa0

幼馴染のあまりの愛らしさに全俺が泣いた

青梅竹马太让人怜爱让我感动的哭了

 

77: 2012/03/20(火) 00:08:46.87 ID:9wfjEsGF0

友「メシだー!」

友「吃饭啦——!」

 

男「腹減ったー!」

男「肚子饿了——!」

 

幼馴染「男」チョイチョイ

青梅竹马「男」拉扯

 

男「ん?」

男「嗯?」

 

幼馴染「失礼します」

青梅竹马「打扰了」

 

男「は?……っておい」

男「哈?……喂」

 

友「…おぉ、これは……」

友「…哦哦,这是……」

 

幼馴染「……」チョコン

青梅竹马「……」趴在男背后

 

友「子供みたいだな」

友「像个孩子一样呢」

 

男「…重くはないからいいけど、前が見え辛い」

男「……重倒是不重啦,只是这样很难看清前面」

 

78: 2012/03/20(火) 00:08:52.63 ID:NU2M/Icw0

>>75

え?お前パンツなんかはいてんの?

>>75

诶?你穿着胖次那种东西吗?

 

79: 2012/03/20(火) 00:09:55.65 ID:MP5OXuJu0

これは可愛い

这真是可爱

 

81: 2012/03/20(火) 00:11:52.56 ID:9wfjEsGF0

幼馴染「お弁当は今日は作れなかったんだ。ごめんね」

青梅竹马「便当今天没能做便当。抱歉呢」

 

男「まぁ、泊まってったわけだからな」

男「嘛,毕竟昨晚睡在我家了呢」

 

友「なにそれ詳しく」

友「那是什么求详细」

 

男「出世したらな」

男「等你出人头地以后哦」

 

友「えぇー…」

友「诶——……」

 

幼馴染「だから今日は男と同じ、パン食」

青梅竹马「所以今天和男一样,吃面包」

 

男「同じなのはかまわんが、邪魔だな…」

男「一样倒是没关系啦,在背后有点碍事诶…」

 

幼馴染「……」ガーン

青梅竹马「……」打击

 

友「ショック受けてんぞ」

友「受打击了哦」

 

82: 2012/03/20(火) 00:12:38.13 ID:V875meVw0

かわいい

可爱

 

83: 2012/03/20(火) 00:12:40.58 ID:gG+83DdBO

支援

支援

 

84: 2012/03/20(火) 00:12:58.49 ID:FirmeFri0

想像したら可愛すぎてなんか色々吹き飛んだ

试着想象了一下因为太过可爱感觉好多东西都吹飞了

 

86: 2012/03/20(火) 00:16:22.07 ID:pfxoX0XW0

パンツくだけちった

内裤破碎了

 

87: 2012/03/20(火) 00:17:08.07 ID:9wfjEsGF0

幼馴染「じゃあこれで」クルッ

青梅竹马「那就这样」转圈

 

友「おぉ…男と幼馴染ちゃんが向かいあう形に…」

友「喔…男和青梅竹马变成了面对面的形式…」

 

幼馴染「これなら邪魔じゃないよね?」

青梅竹马「这样的话就不碍事了吧?」

 

男「まぁ…目のやり場に困るけど…」

男「嘛…只是这样眼睛就不知道该放哪了…」

 

幼馴染「男は私を見てれば良いの」

青梅竹马「男只要看着我就好了」

 

男「ずっと見てるのも辛いな…」

男「一直看着也很辛苦呢……」

 

幼馴染「すぐに慣れるよ」

青梅竹马「马上就会习惯的哦」

 

男「うーん…」

男「嗯…」

 

友「ははっ、端から見る分には面白いな、お前ら」

友「哈哈,从旁观者的角度看很有意思呢,你们俩」

 

友(でもなんだろう…この気持ち……なんかこう…胸の奥でなにかが燃えてるような…そんな感じ)

友(但是怎么回事呢…这个心情…怎么说呢…心中好像有什么燃起来的感觉…这样的感觉)

 

88: 2012/03/20(火) 00:17:12.79 ID:/MLBf1H70

これは最近幼馴染は彼氏と別れたんだな

看这模样青梅竹马最近应该和男友分手了吧

 

93: 2012/03/20(火) 00:22:17.96 ID:9wfjEsGF0

男「……」モシャモシャ

……

 

幼馴染「……」モシャモシャ

青梅竹马「……」嚼嚼

 

友(シュールだな)

友(真是超现实啊这个场面)

 

男「…幼馴染」

男「…青梅竹马」

 

幼馴染「なにー?あ、男。ほっぺにソースついてるよ。とったげる」

青梅竹马「什么——?啊,男,你脸上沾着酱汁哦。我帮你擦掉」

 

男「あぁ、さんきゅ」

男「啊啊,谢谢」

 

幼馴染「んふふーどういたして。それで、なに?」

青梅竹马「恩呼呼——不客气。那么,有什么事?」

 

男「えーっとさ……お前さっきから俺の目を見ながら食べるのやめてくれない?」

男「那个啊……你从刚才起就一直盯着我的眼睛吃,能不能不要这样了?」

 

幼馴染「えー…やだ」

青梅竹马「诶——…不要」

 

男「俺のことも考えてくれよ…結構恥ずかしいんだよ」

男「你也为我想想啊……相当害羞的啊」

 

幼馴染「私は恥ずかしくない」

青梅竹马「我不害羞」

 

男「だから、俺は恥ずかしいの!」

男「所以说,是我害羞!」

 

96: 2012/03/20(火) 00:24:51.62 ID:9wfjEsGF0

お風呂入ろう

去洗澡吧

 

102: 2012/03/20(火) 00:28:27.36 ID:R6ZE0tCU0

俺はこのとき、初めてパンツの存在を見失った。

意識が自分の制御下から乖離し、精神は混乱し、現実を正しく把握出来なくなった。

それほどの衝撃を、精神を揺さぶる力強さを、この幼馴染は有していたのである。

その事実に直面した今、パンツは概念へと昇華し、俺の手の届かぬ存在となったのだった。

我在这个瞬间,第一次迷失了内裤的存在

意识从自己的控制下脱离,精神开始混乱,开始不能正确的理解现实

说明这个青梅竹马,就是有这种程度的冲击,能够动摇精神的力量吧

然后认识到了这个事实的现在,内裤升华成为概念,成为了我所触摸不到的存在

(lu:这是啥,文艺版的「胖次已脱么」)

 

104: 2012/03/20(火) 00:34:12.60 ID:9wulSr50O

なるぽ

nullptr

 

105: 2012/03/20(火) 00:34:13.61 ID:v1PtZLUa0

何この幼馴染とかいうかわいい生物

什么啊这个名为青梅竹马的可爱生物

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


鹳

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 6 条评论 新浪微博
  1. Zzggaa

    不是靠在背后是坐在两腿中间吧?

    2016年11月10日 05:56来自iPhone 回复
  2. 匿名

    我也觉得超现实。
    话说友这个电灯泡真亏他能一直待着。

    2016年11月8日 16:07 回复
  3. 程序员即是忍者

    想象一下这只青梅竹马160斤

    2016年11月8日 02:173 回复
  4. CupcakeWOW

    なるぽ ー

    ガッ !
    [doge]

    2016年11月7日 22:51 回复
  5. 是文艺版的胖次已飞

    2016年11月7日 20:171 回复
  6. 涩谷忍

    单身狗受到一万点伤害

    2016年11月7日 19:59来自移动端 回复
返回顶部