16Oct

『中篇创作・2ch』男「中招了吧www」青梅竹马「…………」(完)

时间: 2016-10-16 分类: 男「中招了吧www」青梅竹马「…………」 作者: 鹳

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

提示:如果您是第一次阅读,请点击第一章。想看之前的章节,请点击目录

 

上一章 目录 

 

186: 2012/04/13(金) 20:14:25.47 ID:WbUt7fSX0

幼馴染「……? どうした……の?」

青梅竹马「……? 你怎么了……啊?」

 

男「なあ幼馴染。何でお前、学校に来てるんだ?」

男「呐,青梅竹马。为什么你…会来学校?」

 

幼馴染「……え?」

青梅竹马「……诶?」

 

男君、どうしたの?

男君,怎么了?

 

男「オイ、俺の知ってる幼馴染はどうした。なあ、誰だお前。何だお前。どうなってるんだ。何だよこれ」

男「喂,我认识的青梅竹马去哪了。呐,你到底是谁。怎么回事。发生什么了,这是怎么回事」

 

おいおい、いきなりどうしちまったんだよ。

喂喂,你突然怎么了。

 

幼馴染「……男?」

青梅竹马「……男?」

 

男「何だよ……!? どうなってる!? オイ、何なんだよ!?」

男「为什么啊……!? 这是怎么了!? 喂,怎么回事啊!?」

 

急に叫んでどうしたんだ。

你怎么了,突然大喊大叫的。

 

ちょっと、男君大丈夫?

喂,男君没事吧

 

男「うるッせぇ!!」

男「好烦啊!!」

 

幼馴染「…………」

青梅竹马「…………」

 

男「どこだ、ここ。俺の教室なのか? じゃあ何で……幼馴染が元気に登校して、みんなと喋ってるんだ」

男「这是哪,这里,是我的教室吗? 那为什么……青梅竹马会健康的来上学,还在和大家说话啊」

 

いつものことじゃん。男君、勉強のしすぎなんじゃないの。

一直不都是这样吗。男君,你是不是最近学习太累了。

 

お前ちょっとおかしいぞ。大丈夫なのか?

你有点不对劲哦。没事吧?

 

男「俺じゃねぇっ! おかしいのはお前らの方だ! お前ら、幼馴染の顔すら覚えてないはずだろうがっ!!」

男「不是我! 不对劲的是你们! 你们,应该连青梅竹马的脸都不记得才对吧!!」

 

187: 2012/04/13(金) 20:17:29.94 ID:laYY70uYo

(´・ω・`)

(´・ω・`)

 

188: 2012/04/13(金) 20:30:28.99 ID:fowVIZmIo

あー……

最後まで見届けさせてもらいま

啊——……

就让我看到最后吧

 

189: 2012/04/13(金) 21:39:56.85 ID:GSuV08JWo

 

190: 2012/04/13(金) 21:40:10.60 ID:ysmAwWRDO

覚悟は出来てる

已经做好觉悟了

 

どんなラストでもかかって来いや!

不管是怎样的结局都尽管来吧!

 

191: 2012/04/13(金) 22:22:45.56 ID:WbUt7fSX0

幼馴染「……ねえ、男」

青梅竹马「……呐,男」

 

男「ああ!?」

男「啊啊!?」

 

幼馴染「……私、じゃ……ダメなの?」

青梅竹马「……是我的话……不可以吗?」

 

男「お前、何言って……」

男「你,在说什么……」

 

幼馴染「……私じゃ、ダメなの?」

青梅竹马「……是我的话,不可以吗?」

 

男「止めろ。……止めろ」

男「停下。……快停下」

 

幼馴染「……私じゃダメなの?」

青梅竹马「……是我的话不可以吗?」

 

男「止めろッ! それ以上聞きたくない!」

男「停下! 我不想再听下去了!」

 

この幼馴染ちゃんは、男君の話に笑顔を返してくれるよ?

这个青梅竹马酱,会笑着回答男君哦?

 

男「違う! 俺は……そんな……おれは……」

男「不对! 我 ……不是的……我……」

 

この幼馴染は、お前と一緒にいてくれるぞ?

这个青梅竹马,可以和你在一起哦?

 

男「やめろ……やめてくれ……ちがうんだ……そんな……そんな……」

男「快停下……拜托了……不是这样的……不是的……不是的……」

 

幼馴染「……『私』は、あなたを拒絶したり……しない」

青梅竹马「……是『我』的话,不会……拒绝你」

 

男「――――ッ!」

男「——!」

 

192: 2012/04/13(金) 22:28:19.81 ID:WbUt7fSX0

男(真っ暗になった)

男(变得漆黑一片了)

 

男(何も見えない)

男(什么都看不见)

 

男「……違う」

男「……不是的」

 

男「違う。ああ、違うとも!」

男「不是的。啊啊,不是的!」

 

男「俺が好きなのは……ずっとずっと好きだったのは……」

男「我喜欢的是……我一直以来喜欢的是……」

 

男「無口で」

男「不爱说话」

 

男「無愛想で」

男「冷淡」

 

男「ノーリアクションで」

男「没反应」

 

男「笑わなくて」

男「不爱笑」

 

男「チョコ渡しても放置したりして」

男「送给她巧克力也被放在一边」

 

男「何考えてるのか分からなくて」

男「不知道心里在想什么」

 

193: 2012/04/13(金) 22:31:35.35 ID:WbUt7fSX0

男「……でも」

男「……但」

 

男「言葉にしないけどいつも気遣ってくれて」

男「虽然不说出来,但一直为我着想」

 

男「根は優しくて」

男「本性温柔」

 

男「時々レアなリアクションを見せてくれて」

男「偶尔对我露出稀有反应」

 

男「俺の話を覚えていてくれて」

男「我说的每句话全部记得」

 

男「俺がいなくなった後にチョコをこっそり食べていて」

男「我走之后就偷偷地吃巧克力」

 

男「だんだん心を開いてくれて」

男「慢慢地向我打开心扉」

 

 

男「――そんな幼馴染を、俺は好きになったんだ」

男「——那样才是我喜欢的青梅竹马」

 

195: 2012/04/13(金) 23:11:08.32 ID:WbUt7fSX0

男「…………」

男「…………」

 

幼馴染「…………」

青梅竹马「…………」

 

男「俺って間抜けなんだな」

男「我真是个笨蛋呢」

 

幼馴染「…………」

青梅竹马「…………」

 

男「なあ、そう思うだろ?」

男「呐,你也这么想吧?」

 

幼馴染「…………」

青梅竹马「…………」

 

男「おい、起きろよ。返事、してくれよ」

男「喂,醒醒。回答…我啊」

 

幼馴染「…………」

青梅竹马「…………」

 

男「今なら、言える気がするんだ。なんにも迷う必要なんてないって分かったから……だから、」

男「现在的话,终于能说出来了。没有任何必要再迷茫下去了……所以」

 

ピーッ、ピーッ、ピーッ、ピーッ

哔——、哔——、哔——、哔——

 

 

男「!」

男「!」

 

男「な、ナースコールっ! オイ、おじさん、おばさん! 起きて! 幼馴染が……ッ!」

男「护,护士! 喂,叔叔,阿姨! 快醒醒! 青梅竹马她……!」

 

196: 2012/04/14(土) 00:00:08.46 ID:3n9d2j3c0

男「頼む、頼む、死ぬな。死なないでくれよ、頼むから」

男「拜托了,拜托了,别死。不要死,拜托了」

 

脈拍が――電気ショックを――先生、血圧が――処置のしようが――

脉搏——快打开电击脉冲——医生,血压——做这样的处置吧——

 

 

男「オイ、勝手に死ぬな。散々俺のこと無視して、チョコだけ食いやがって、感想もよこさずに、死ぬんじゃねえよ」

男「喂,别擅自的死掉啊。 狠狠地无视了我,别光把巧克力吃掉,连感想都不说,就这么死掉啊」

 

そんな――先生、どうにか――我々もできるかぎりのことは――もう見守ることしか――

怎么这样——医生,请务必——我们能做的事情也很有限——只能静静守候了——

 

 

男「死ぬな……起きろ……神様、ああ、神様。頼む、俺が死んでもいいから……こいつを……誰か……助けてください……」

男「别死……快醒醒……神,啊啊,神啊。求求你,让我死也可以……请谁来……救救她……」

 

 

 

ピ――――――――――――

哔――――――――――――

 

 

 

 

男「   、」

男「   、」

 

男「      あ 」

男「      啊 」

 

男「…………」

男「…………」

 

197:(大阪府): 2012/04/14(土) 00:55:09.52 ID:ffLwFfbvo

マジかよ…(´・_・`)

真的假的…(´・_・`)

 

198: 2012/04/14(土) 00:56:40.00 ID:yQu8Znnj0

うわぁぁぁぁぁぁぁぁ

呜哇啊啊啊啊啊啊啊啊

 

199: 2012/04/14(土) 01:10:16.46 ID:RN+73QOFo

うそ・・・だろ?

骗人・・・的吧?

 

200: 2012/04/14(土) 01:31:33.53 ID:I03TuRwAO

おいおい…

喂喂…

 

201: 2012/04/14(土) 01:38:33.51 ID:3kR5/lmuo

oh……

oh……

 

202: 2012/04/14(土) 03:27:24.32 ID:X75Ljkii0

おい

 

 

 

 

 

 

おい

 

203: 2012/04/14(土) 07:32:14.74 ID:Pm39fp23o

なんてこった・・・

怎么这样・・・

 

205: 2012/04/14(土) 11:16:45.54 ID:MRnZaTS80

ハッピーエンド希望したじゃねぇか・・・

なんてこった・・・

不是说希望Happy End嘛・・・

怎么这样

 

い、いやまだだ・・・続きがあると信じている!

不、还没・・・我相信还有后续!

 

209: 2012/04/14(土) 23:29:23.20 ID:KygTAroUo

トゥルーエンドなんていらない。ハッピーエンドが欲しいよぅ・・・・・・

True End什么的才不需要,我要Happy End啦・・・・・・

 

210: 2012/04/15(日) 00:50:12.76 ID:fCEVdb6R0

男「…………」

男「…………」

 

幼馴染「」

青梅竹马「」

 

 

男「静かだな、ここ」

男「真安静啊,这里」

 

男「遺体安置室、か……」

男「遗体存放室,么……」

 

男「…………」パサッ

男「…………」掀

 

男「死んでるんだな、こんな、いつもどおりなのに。ああ、顔色ちょっと悪いか」

男「死了呢,明明,看起来和往常一样。啊啊,脸色不太好么」

 

男「…………」

男「…………」

 

男「……いつもお前ばっかり見てたんだ」

男「……一直只顾看着你」

 

男「髪を切るたびにドキドキしてた」

男「每次剪了头发时都让我心跳不已」

 

男「病気のことはずっと前から知ってたのに……わざと、考えてなかったのかもな」

男「你的病我明明从很久之前就知道……或许却故意的,没有去想呢」

 

男「幼稚園のころからずっと一緒だったよな」

男「从幼儿园开始我们就一直在一起呢」

 

男「お前がいつか、元気になれるように、病気のことなんか気にしなくて済むようにって」

男「为了有一天,你能变得健康,不再担心身上的病」

 

男「医者になろうとして、必死こいて勉強して」

男「我决定成为医生,拼命的学习」

 

男「結局俺、何をするにも、理由にお前がいたんだ」

男「结果,我做什么,都是因为你」

 

男「これからは……どうなるんだろうな」

男「以后……我要怎么办啊」

 

男「お前が好きなんだ」

男「我喜欢你哦」

 

男「十数年間、ずっと」

男「这十几年来,一直都」

 

男「晴れでも雨でも」

男「不管是晴天或是雨天」

 

男「暑い日も寒い日も」

男「炎热或是寒冷」

 

男「外を走っててもベッドの中で丸まってても」

男「在外面奔跑时或是在被窝里缩成一团时」

 

男「いつもいつもずっとずっと――お前のことを考えてきたんだ」

男「总是一直一直——都在想你的事」

 

男「う、う。う゛ぅぁ゛……」ポロポロ

男「呜,呜。呜,呜啊……」落泪

 

211: 2012/04/15(日) 00:53:37.52 ID:wKf67WULo

寝る前になんていう展開を…

睡觉前都给我看了什么展开啊…

 

212: 2012/04/15(日) 00:57:26.81 ID:78PVtMELo

オワタ

结束了

 

213: 2012/04/15(日) 00:57:59.62 ID:uFDzq1Rno

orz

orz

 

214: 2012/04/15(日) 01:40:10.13 ID:fCEVdb6R0

男「……」

男「……」

 

 

男(久々の、幼馴染の部屋だ)

男(久违地,来到了青梅竹马的房间)

 

男(でもあいつはいない。ベッドは空っぽだ)

男(但是她不在。床空荡荡的)

 

男(いつもいたのに……)

男(明明一直都在的……)

 

男(……いや)

男(……不)

 

男(いただけだったんだ。話してただけだ。手を握りもせず。ただ自分を偽って)

男(只是在那里而已。只是说了话而已。连手都没握。只是欺骗着自己)

 

男(ずっと笑っていれば、幼馴染も元気になる気がした。笑顔を分け与えられる気がした)

男(觉得只要自己一直笑着的话,青梅竹马也能变得精神,可以把自己的笑容也分给她)

 

男「自己満足だったのかもなー」

男「可能只是单纯的自我满足呢——」

 

男「……いまさら何言ってんだか」

男「……事到如今我还在说什么」

 

男「ん? 机の上に、何か置いてる……?」

男「嗯? 桌子上,放着什么……?」

 

『男へ』

『致男——』

 

男「…………」

男「…………」

 

男「……」パサッ

男「……」掀

 

 

 

『改めて手紙を書くと緊張します。ほとんど毎日顔を合わせているのに、変なものですね』

『正式地写在信上有点紧张。明明几乎每天都见面,真是奇怪呢』

 

 

男「あ……」

男「啊……」

 

215: 2012/04/15(日) 01:40:42.89 ID:hgHM1FfLo

おわ・・・おわた

完・・・完了

 

おわた

完了

 

216: 2012/04/15(日) 02:06:14.26 ID:fCEVdb6R0

『知ってました。あなたが運動会で大活躍だったって。

『我知道的。你在运动会上大展身手

 

 騎馬戦では大将を勤め、クラス対抗リレーではアンカーとして3人ほど一気に抜いてトップでゴールしたって。

 骑马战担任大将,班级接力赛时,你作为最后一棒,一口气超过三个人,第一个到达了终点。

 

 写真を見せてもらいました。すごく格好良かったです。私もこの目で見たかったです。

 照片我看了。非常的帅。我真想亲眼看看。

 

 

 知ってました。あなたがずっと、テスト全教科2位だって。お母さんから聞きました。

 我知道的。考试时,你一直都是所有科目第二。我从妈妈那里听说了。

 

 あなたが頑張ってるのも知ってました。医学部に進もうとしているのも。

 我也知道了你正在努力。想要报考医学部的事也是。

 

 私の病気を治す、と七夕の日に短冊に書いてるの、お母さんから聞きました。

 你在七夕的愿望上写着,要治好我的病,我从妈妈那听说了

 

 本当にうれしくて、涙が出ました。ベランダ越しに笹を見ては元気をもらえました。

 其实真的好开心,都流出了眼泪。看着越过窗台你为我种下的细竹,打起了精神

 

 

 

 知ってました。本当は修学旅行のしおりなんか無かったって。あなたが修学旅行のしおりを、私のために手作りしてくれたって。

 我知道的。其实根本没有什么修学旅行的手册。那是你为了我,亲手做的。

 

 行けるはずもないのに無神経だと思ったけど、あなたが私の両親に頭を下げて許可を取り付けてくれたそうですね。

 原本想着明明去不了你还提这件事真是不懂体贴,但其实是你恳求我的父母才让他们答应的吧。

 

 あなたはお母さんに口止めをお願いしたそうですが、お母さんは話してくれました。お母さんのことは責めないでください。きっとそのことを知らなかったら、私、すごく後悔したと思います。

 虽然你让妈妈不要告诉我,但妈妈还是跟我说了。请别责怪妈妈。如果没能知道那件事的话,我会非常后悔

 

217: 2012/04/15(日) 02:19:39.98 ID:fCEVdb6R0

 修学旅行本当に楽しかったです。

 修学旅行真的很开心。

 

 あなたがいてくれて本当に楽しかったです。色んなところを見回りましたね。

 有你在真的非常开心。我们去了很多地方呢

 

 写真ありがとうございました。私が写ってる写真、全部先生じゃなくてあなたが買ってくれたのでしょう?

 谢谢你的照片。我的照片,其实不是老师,而是你买下的吧?

 

 感謝しています。あなたは私の表情を笑いましたが、今手元にある写真の中でもあなたの変顔はひどいですよ。

 我很感谢你。虽然你当时嘲笑了我的表情,现在我手上的照片你的鬼脸也没资格说我哦

 

 

 夏祭りに連れて行ってくれてありがとうございました。

 谢谢你带我去夏祭。

 

 金魚すくい、正直言うと夢中になっているあなたの横顔に見とれていました。

 救金鱼时,实话说,你认真时的侧脸让我看入迷了。

 

 射的の時は……まあ、あなたも男の子なので仕方ないですよね。けど、熊さんのぬいぐるみは本当にうれしかったです。ずっと大切にしたかったです。

 射击游戏时……嘛,毕竟你是男生所以没办法呢。不过,熊先生的玩偶我真的很喜欢。我会一直珍惜的

 

 そして花火を見る時、隣にいたのがあなたで、本当によかった。あの夏のことは忘れられません。

看烟火的时候,在我身边的是你,真是太好了。那个夏天发生的事情我永远不会忘记。

 

 

 進路調査、何を書いていいのか分かりませんでした。先の長くないこの体で何ができるのか、想像もできませんでした。

 进路调查,我不知道该写些什么。我无法想象时日不多的这个身体还能做些什么

 

 

 あなたが医者になろうとがんばっているのを聞いて、応援しようと思いました。あなたならきっと、いえ絶対、夢を叶えることができると思います。

 我听说你要成为医生的时候,我想为你加油。你的话一定,不,绝对可以实现梦想的

 

 ただ、私を治療するためにお医者さんになろうとするのは……それは、やめてください。私はもう、だめなんです。

 只是,为了治好我而成为医生……那个,请放弃吧。我已经…不行了。

 

 

 文化祭、お疲れ様です。気づきませんでしたか? 私、実は行ってたんです。

 文化祭,辛苦了。你没察觉吗? 其实,我去了哦。

 

 といっても私服でしたし、学校にはほとんど行っていなかったから、誰も分かりませんでした。

 虽然这么说但我穿的是便装,因为几乎没怎么去过学校,谁也不认识我。

 

 劇も見ました。あなたが主演と聞いて楽しみでした。とてもうまい演技だったと思います。舞台の上で、主人公を務めるあなたは、カッコよかったです。観客投票で、ちゃんとあなたに票を入れました。といっても、私の票がなくても、あなたの演技は大差で1位だったと思いますが。

 戏剧我也看了。听说是你主演我非常的期待。我觉得你演的超级棒。舞台上,扮演主人公的你,非常的帅。观众投票时,我投了你的票。不过,我觉得,就算没有我的票凭你出色的表演也会夺得第一名

 

218: 2012/04/15(日) 02:31:28.35 ID:fnxc0Ppe0

素晴らしい

好棒

 

219: 2012/04/15(日) 02:35:57.66 ID:q/2AyImEo

ふむ…

唔姆…

 

220: 2012/04/15(日) 02:39:50.44 ID:xyJvxTYZ0

ほう…

喔…

 

221: 2012/04/15(日) 02:40:54.48 ID:fCEVdb6R0

 誕生日にくれた携帯電話は宝物になりました。両親も仕事の休憩に電話してくれたりメールしてくれたり、コミュニケーションがうまくいくようになったと思います。

 生日时收到的手机成了我的宝贝。父母也会在工作之余给我打打电话发发邮件,让交流变得非常方便

 

 このプレゼントはあなたが発案したそうですね。あなたはいつも、私のために、色んなことをしてくれます。

 这个礼物似乎是你提议的呢。一直以来,为了我,你做了很多。

 

 その度に私は、どんどんあなたへの借りが増えていってしまいます。もう返せそうにありません。

 但每当那个时候,我都知道我欠你的越来越多。 已经还不完了。

 

 

 クリスマスプレゼント、ちょっとキザでしたね。雪を降らせるなんて、どこの少女漫画ですか。

 圣诞礼物,有点装模作样呢。让雪降下来什么的,那是哪里的少女漫画啊。

 

 けれど、一面の銀世界はとても美しくて、本当にきれいでした。といっても、私が一番みとれたのはあなたなんですが。

 但,一片银色的世界非常美,真的非常漂亮。不过,最让我最入迷的还是你呢。

 

 オルゴールは毎日聴いてます。あの音楽を聴いていると、なんだか私の体が楽になるんです。目を閉じると、音楽と一緒に、あなたの笑顔が浮かんで、励みになりました。

 卡农我每天都有听。听到那个音乐,我感觉自己的身体轻松起来了。闭上眼睛,你的笑脸和音乐一起浮现在眼前,鼓励着我

 

 

 

 一緒に過ごした年越しは、最後の楽しい思い出です。どうしても止まらなくて、甘えてしまいました。

 一起度过的除夕,是我最后的美好回忆,无论如何也控制不了自己,向你撒娇了

 

 ずっとあのままでいたかった。ずっとあなたと一緒にいたい。

 真想永远那样。永远和你在一起。

 

 ずっと抱きしめていたかった。腕を放したくなかった。あなたを放すと寒かった。あなたの腕を抱きしている間は温かかった。

 想一直抱着你。不想放开你的手。放开你会感觉很冷。抱紧你的时候非常温暖。

 

 まだ、離れたくありません。ずっとずっと。離れなくなんてない。

 还,不想离开你。想一直待在你身边,永远都不分开

 

222: 2012/04/15(日) 02:42:58.35 ID:oGAgZOeU0

これは…

这是…

 

223: 2012/04/15(日) 03:14:36.49 ID:fCEVdb6R0

 倒れているのに気づいてくれた時……もう限界だと思いました。ずっとあなたに守ってきてもらって、励ましてもらって、それでも、この体はどんどん弱っていきます。

 发现自己倒下的时候……我知道自己已经不行了。一直被你保护着,被你鼓励着,但即使如此,这个身体还是日渐衰弱。

 

 あなたに見つからないよう咳き込むのも、血を吐くのも、負担ではありません。あなたの笑顔を見れるためだったら、それぐらいの我慢は安いものでした。

 为了不让你发现悄悄的咳嗽,吐血也并不是我的负担。为了看到你的笑容,那种程度的忍耐不值一提。

 

 でももう、限界なんです。私はこれ以上あなたに心配をかけなくない。だから、あんな風に突き放してしまいました。本当に、ごめんなさい。

 但,已经到极限了。我已经不想再让你担心了。所以,才像那样抛弃了你。真的,很抱歉。

 

 

 

 バレンタインチョコ、美味しかったです。すごく手が込んでて、私にはあんな風には作れそうにありません。

 情人节的巧克力,非常好吃呢。做的非常用心,我可没办法做成那样子

 

 あんまりにキレイで、少しずつ分けて食べました。

 因为太过漂亮,我每次只舍得吃一点。

 

 食べるたびに泣けてきて、何であの時、お礼を言えなかったんだろう、何であの時、ベッドの中で手に持っていたチョコを渡せなかったんだろう、と後悔しています。

 每次吃的时候眼泪都会不争气的掉下来,为什么那时,没能说出谢谢呢,为什么那时候,被窝里手中的巧克力没能交给你呢,我一直在后悔。

 

 私が作ったのはガトーショコラです。家の冷蔵庫にまだ残っていると思います。もしよかったら、なんて虫のいいことは、言えませんね。

 我做的是奶油巧克力。家里的冰箱里应该还有。如果可以的话请……这种不知廉耻的话,我说不出来呢

 

 

 

 あなたがこの手紙を読むとき、多分私はもう、この世にはいません。

 你读到这封信的时候,我大概…已经不在这个世界上了。

 

 最後に、ずっとずっと、あなたに言いたかったことがあるのです。最後の便箋に、まとめて書き綴りたいと思います。

 在最后,有一直想说却没能说出口的话。想在最后的便签里面,全部一齐写出来

 

224: 2012/04/15(日) 04:05:26.31 ID:nsW+InwIO

締めは録音かな

结尾是录音吧

 

225: 2012/04/15(日) 04:05:27.87 ID:hxDFjLY70

ああ…

啊啊…

 

226: 2012/04/15(日) 04:09:33.43 ID:fCEVdb6R0

 

 

 ごめんなさい。ごめんさないごめんなさいごめんなさい。ありがとうって言えなくてごめんさない。何回感謝しても感謝しきれません。一生かけても返せないほど、恩を受けたと思います。

 对不起。对不起对不起对不起。没能对你说出谢谢真的对不起。无论感谢多少次都无法表达我的心情。这份恩情,是我一生都无法回报的。

 

 

 ずっと言いたかったけど言えませんでした素直になれませんでした。ずっと無口で気分を悪くさせました。

 虽然一直都很想说出那句话,却总是没法变得坦率,一直沉默着打击着你的兴致

 

 本当に、あなたにずっと伝えたかった。

 其实,一直都很想说出来

 

 大好きです。あなたのことが大好きです。ずっとずっと大好きでしたこれからも大好きです。

 喜欢你。我好喜欢你。一直以来最喜欢的是你,从今以后最喜欢的也是你。

 

 大好き大好き大好き大好き。ありがとう。大好き。今までありがとう。愛してます。死んでも愛してます。絶対にあなたから離れません。

 好喜欢好喜欢好喜欢好喜欢。谢谢。最喜欢你了。至今为止都谢谢了。我爱你。死了也会一直爱着你。绝对不会离开你。

 

 あなたがいつか、別の誰かを愛しても、それでも私を忘れないでほしいのです。

 我希望有一天,你就算爱上了别人,也不要忘记我。

 

 言葉にして言えませんでした愛してます大好きです。ずっとあなただけ見ていました。これからもずっと見ています。

 虽然一直没能说出来,但我爱你,最喜欢你了,一直都只注视着你,从今以后也会一直看着你

 

 髪を切るたびドキドキしていました目が離せませんでした。あなたが笑うたびに私も嬉しくなりました。あなたが悲しむと私も泣きそうになりました。

 每次看到你剪了头发,我都无法移开视线。每当你笑的时候,我也会一起开心起来。每当你伤心难过的时候,我也会变得想哭出来

 

 どこにいても見守っています。夢を追いかけるあなたを、あなただけを応援しています。

 无论在哪里我都会保佑着你。只为那追逐梦想的你,只为你加油

 

 

 いつまでも愛しています。大好きです。愛しています。

 不管何时我都爱着你。最喜欢你了。爱你。

 

 さようなら』

 再见』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

227: 2012/04/15(日) 04:12:05.19 ID:tswaunNAO

ぐすん

 

228: 2012/04/15(日) 05:01:34.47 ID:WK+JyKUDO

うぅ…ダメだ…泣けてきたわ…

呜呜……不行了……我哭了…

 

22: 2012/04/15(日) 05:04:07.50 ID:UuaS4gKco

終わった……のか?

结束了……吗?

 

230: 2012/04/15(日) 05:30:50.84 ID:9i8SZq7po

泣いてもいい・・・のか?

我可以……哭吗?

 

231: 2012/04/15(日) 05:42:02.05 ID:fCEVdb6R0

男「…………」

男「…………」

 

男「…………」

男「…………」

 

男「……あ、あ、あああ。う、ぁ」

男「……啊,啊,啊啊啊。呜,啊」

 

男「う゛……っう、あ゛、ぁ゛ぁ゛ぁ゛」

男「呜 …… 呜,啊,啊啊啊」

 

男「あああああああああっ! ああ、ああああああああああああああ!!」

男「啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊! 啊啊,啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊!!」

 

男「ああああ! あ、あぁぁぁぁぁ……」

男「啊啊啊啊! 啊,啊啊啊啊啊啊……」

 

男「愛してるんだっ! 俺も、お前のことを愛してたんだ! 大好きだったんだ! ひたすらお前が大好きだったんだ!」

男「爱你阿! 我也,爱着你啊! 最喜欢你了啊! 最喜欢的一直都是你啊」

 

男「なぁ……どこだよ、どこにいるんだよぉっ!」

男「呐……在哪里啊,你在哪啊!」

 

男「見守ってくれるんだろっ!? どこだよどこにいるんだよ姿を見せてくれっ! 声を聞かせてくれ! 手を握らせてくれ!」

男「你说过会保佑我的吧!? 你在哪啊让我看看你! 让我听听你的声音啊! 让我握你的手!」

 

男「あああああ……俺も、大好きだ……グズッ、愛してる……グズッ、ズズッ、愛してる……ずっとずっと……時間を跳び越えてでも……不可能を可能にしてでも、もう一度……会いたいよっ……」

男「啊啊啊啊啊啊……我也,最喜欢了……呜,爱你……一直一直……即使跨越时间……就算化不可能为可能,也想再一次……见到你啊……」

 

男「何でいなくなっちまうんだよ……っ。俺の、見守ってくれるんだろ? なあ、なあっ!」

男「为什么你不在了啊……。你说过要保佑我的吧?  呐,呐!!」

 

男「…………」

男「…………」

 

男「まだ、続きが……?」

男「还有,后续……?」

 

『P.S. 携帯のボイスメモ 一番上』

『P.S. 手机录音备忘录 最上面的』

 

232: 2012/04/15(日) 06:06:48.68 ID:fCEVdb6R0

男「…………」シャッシャッ

男「…………」划

 

男(データが大量に……どれも6秒とかその辺だ)

男(有大量的数据……每个文件都是六秒左右)

 

男(ひょっとして、失敗したデータの消し方分かんなかったのかな)

男(难道说,是因为不懂得怎么删掉吗)

 

男(一番上……7秒か)

男(最上面的……七秒么)

 

男(再生)

男(播放)

 

男「……ははっ、指が震えてら」

男「……哈哈,手颤抖着」

 

男(怖ぇな。何が入ってんだか分かんねえ)

男(好害怕啊。不知道里面是什么)

 

男「でも。これを聞かなきゃ。多分……前に進めない。だから」ピッ

男「但是,这个不听的话。我大概会……无法迈出下一步,所以」哔

 

 

『……あ、ゲフンゲフン』

『……啊,咳咳』

 

 

男(何が聞こえるのかなんて分かってた)

男(会听到什么我是知道的)

 

男(もう二度と、俺の耳を打つことはないであろう声)

男(那是再也不会在我耳旁响起的声音)

 

『……男』

『……男』

 

男(名前を呼ばれるたびに、何でもできる気がした)

男(每次被叫到名字时,都觉得自己什么都能做到)

 

男(何万分の一っていう確率の奇病も魔法みたいに治して)

男(几万分之一概率的奇病也可以像魔法一样治好)

 

男(ずっとずっと前にさかのぼってやり直して)

男(回到很久之前重新再来过)

 

男(あいつを、幸せにして)

男(让那家伙,得到幸福)

 

男(でも……実際には、できやしなかった)

男(但是……实际上,并没有做到)

 

男(…………)

男(…………)

 

男(……俺は。俺は、おれは)

男(……我。到头来)

 

男(あいつのために、なにか、できたのかな)

男(我为了她,做了,些什么吗)

 

233: 2012/04/15(日) 06:17:23.43 ID:fCEVdb6R0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『――――だいすきだよ』

『——最喜欢你了哦』

 

「…………ああ。おれも、だいすきだ」

「…………啊啊。我也,最喜欢你了」

 

 

 

234: 2012/04/15(日) 06:25:55.49 ID:fCEVdb6R0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

235: 2012/04/15(日) 06:26:52.75 ID:fCEVdb6R0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

236: 2012/04/15(日) 06:28:14.97 ID:fCEVdb6R0

風が吹く。

桜が散る。

花びらが舞う。

桜色の竜巻のすぐそばに、あいつの眠る場所がある。

微风吹过

樱花散落

花瓣随风飞舞

樱色的龙卷旁,是那家伙沉睡的地方。

 

「すげぇなwwwお前ww毎年花見できるじゃねえかwwwww桜見たかったってwww言ってたしwwwドンピシャだなwwww」

「好厉害啊www你ww这不是每年都可以赏花么wwwww你说过www想看樱花的呢www心想事成啊wwww」

 

ウソだ。俺が手配したのだ、この場所は。あいつが見たがっていた桜を毎年見せてあげられるように。

花束を墓前に捧げ、墓石をなでる。

这是谎话。这个地方是我选的,为了能让那家伙每年都能看到她一直想看到的樱花。

我把花束置于墓前,手抚摸着墓石

 

やっと。

终于

 

やっと、俺の方から触れた。

终于,我主动的伸出了手

 

 

「俺wwがんばるwwwwからww」

「我ww会wwww加油的ww」

 

スーツにはまだ慣れない。職場では白衣だが、まだ学生気分が抜け切らないんだ。

そう簡単に社会人の仲間入りは果たせねーな。

还没习惯西装。工作时穿的虽然是白大褂,不过还没脱离学生的心态

加入社会人的行列没有那么简单呢。

 

「だからwwww見ててくれwww」

「所以wwww请看着我www」

 

背を向けた。頬を伝う熱い水を見られたくなかった。

俺は最後までクールガイなんだよ。

我转过了身。为了不让她看到我顺着脸颊流下的滚烫的水滴

我直到最后都是帅男人啊

 

宣誓にも近い儀式が終わる。金縛りにあったみたいに、足が動いてくれねぇ。

いいんだ、これで。未練があって、いいんだ。

距离宣誓也不远了,仪式已经结束了。但我的脚却像上了锁一样一动不动

有什么关系,就算这样。就算恋恋不舍,又如何

 

なんていっても、

不管怎么说

 

「大好きwwwだしなww」

「我都www最喜欢你了呢ww」

 

風がまた吹いた。花びらが鼻先をかすめ思わず目を閉じる。

まぶたの裏に、確かに、あいつの顔が見えた。

……ばっかやろ。そういう時は、わざとでもいいから、笑顔にしろよ。何いつも通りの無表情で出てきてんだ。

风又吹起了。花瓣擦过我的鼻尖让人情不自禁的闭上眼睛。

眼眸深处,确实的,映出了她的脸。

……笨蛋。这种时候,就算假装,也要笑啊。为什么出现的是那张没表情的脸啊。

 

振り向いた。花束が風で少し動いてる。それ以上に。

もう一度、言いたかった。

我转过身。 花束被风微微的吹动着。

想再一次,说出那句话

 

「大好きだ、幼馴染。愛してる」

「最喜欢你了,青梅竹马。我爱你」

 

そして、

確かにその時、

幻聴なんかじゃなく、

俺の耳には聞こえたんだ。

然后

那时

并不是我的幻觉

我的耳边的确听到了

 

 

――あいつの、声が。

——她的声音。

 

 

 

 

『……私も……大好き』

『……我也……最喜欢你了』

 

 

 

 

 


鹳:什么破故事,害得我把桌子上的书都弄湿了

 

提示:整个故事已经完结了噢>_<

 

上一章 目录 

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


鹳

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 26 条评论 新浪微博
  1. 炤炤穆穆

    差点哭了。。。

    2016年12月7日 15:06来自移动端 回复
  2. 然后去画了部四月么……(

    2016年12月7日 11:04来自新浪微博 回复
  3. 阿黑

    这个结局,尤其是那个信莫名想到了四月是你的谎言…

    2016年10月25日 23:34来自移动端 回复
  4. YSNMJ

    智代ED实在太犯规….

    196楼颜色真的没有标错?

    2016年10月23日 17:06 回复
    • lu

      感谢指出,确实是标错了!

      智代af当时玩完伤了我好久

      2016年10月23日 20:36 回复
      • YSNMJ

        我玩完智代after之后至今大概4年,没听过能勾起游戏后半回忆的音乐,听得比较多的还是light colors,这次听到,游戏后半带给我的回忆还是那么鲜明

        2016年10月23日 23:371 回复
  5. lu

    233楼添加插入曲,感觉和这篇文比较配

    2016年10月18日 22:06 回复
  6. 哎。。。

    2016年10月17日 22:191 回复
  7. 骚年你渴望大腿吗[doge]

    什么破故事,害我在床上哭了不是么!。(゚´Д`゚)゚。
    作者文笔不错惹,果然是打算出道的轻小说作家吗

    2016年10月17日 21:25来自移动端 回复
  8. 123

    乐色结局

    2016年10月17日 19:24 回复
  9. 匿名

    ( ´•̥̥̥ω•̥̥̥` )

    2016年10月17日 19:07来自iPhone 回复
  10. kk

    ………………………………………………………………………………………………..人生無常

    2016年10月17日 18:28 回复
  11. u

    哭了

    2016年10月17日 14:17来自移动端 回复
  12. 脑残粉

    在這裡簽收一個淚人兒

    2016年10月17日 10:57来自移动端 回复
  13. 冥土

    久违的不是甜食了

    2016年10月17日 02:18来自移动端 回复
  14. add

    哎呀哭了

    2016年10月16日 23:38来自移动端 回复
  15. WD233

    (ノಥ益ಥ)

    2016年10月16日 23:14来自移动端 回复
  16. Adagio

    已经脑补出bgm了,翻译辛苦

    2016年10月16日 22:24 回复
  17. T^T

    2016年10月16日 21:40来自iPhone 回复
  18. 啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊

    2016年10月16日 21:31来自新浪微博 回复
  19. krzae

    恭喜完结

    2016年10月16日 21:29 回复
  20. masakitenchi

    In each life some rain must fall

    2016年10月16日 21:20来自移动端 回复
  21. shinknight

    什么破故事!・゚。。゚(ノД‵)ノ・゚。

    2016年10月16日 21:01 回复
  22. lu

                               
                                
     
    被唐突的大魔王剧本杀了个措手不及
     

    2016年10月16日 20:001 回复
    • Hentai93

      那就来一个久违的洗衣男暖暖心吧

      2016年10月17日 12:39来自移动端 回复
      • lu

        洗衣男橘君最近比较忙,可能要晚点~

        2016年10月18日 21:51 回复
返回顶部