8Oct

『中篇创作・2ch』妹「来做夜宵咯~」(八)

时间: 2016-10-8 分类: 妹「来做夜宵咯~」 作者: 鹳

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

101: 2013/10/18(金) 23:59:20.94 ID:xQO8x9iIo

『キンレイ ちゃんぽん(冷凍食品)』

『Kinrei 什锦面(冷冻食品)』

 

『中篇创作・2ch』妹「来做夜宵咯~」(八)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

幼妹「ねえ、お父さん。お母さんは?」

父 「……遠いところに、行ったんだよ」

幼妹「いつ帰ってくるの? 来週?」

父 「もう、帰ってこれないんだ」

幼妹「何で?」

幼男「おい、あんまり父さんを困らせるな」

幼妹「お母さん帰ってこないの? 何で?」ジワァ

幼男「母さんは……!」

幼妹「呐,爸爸。妈妈呢?」

父 「……去了很远的地方哦」

幼妹「什么时候回来?下周?」

父 「已经…回不来了」

幼妹「为什么?」

幼男「喂,不要让爸爸为难啊」

幼妹「妈妈不回来吗? 为什么?」泪眼汪汪

幼男「妈妈……!」

 

103: 2013/10/19(土) 00:00:15.40 ID:xQO8x9iIo

父 「お母さんは、お腹が痛くなる病気だったろ」

幼妹「うん」グス

幼男「……」

父 「お腹が痛いから、ご飯が食べられなくて可哀想だろ?」

幼妹「うん」ズビズビ

父 「でも空の上に、お母さんでもご飯が食べられる所があるんだ」

幼妹「お母さん、そこにいるの?」

父 「今頃、ご飯を食べてるはずだよ」

幼妹「お腹一杯になったらお母さん、おうちに戻ってくる?」

父 「妈妈得了肚子很疼的病」

幼妹「嗯」呜

幼男「……」

父 「因为肚子痛,吃不了饭很可怜吧?」

幼妹「嗯」呜呜

父 「但是在天上的话,有妈妈也可以吃饭的地方」

幼妹「妈妈,在天上吗?」

父 「现在应该在吃饭哦」

幼妹「等妈妈吃饱了,会回家吗?」

 

104: 2013/10/19(土) 00:00:41.73 ID:xQO8x9iIo

父 「戻ってきたら、お母さんはご飯が食べられなくなるじゃないか」

幼妹「あ、そっか」

父 「帰ってこられないけど、空の上からずっと見ているはずだよ」

幼妹「本当?」

父 「ああ! 本当だとも!」

幼男「父さん……」

父 「回来的话,妈妈不就没有办法吃饭了吗」

幼妹「啊,是吗」

父 「虽然妈妈回不来,但妈妈会在天上一直看着我们哦」

幼妹「真的?」

父 「啊啊! 当然是真的!」

幼男「爸爸……」

 

105: 2013/10/19(土) 00:01:08.42 ID:xQO8x9iIo

父 「……よし! これから夜食を作ります!」

幼男「え?」

幼妹「ごはん?」

父 「冷蔵庫に何か入ってないのか?」

幼男「何も無いよ」

父 「困ったな」

幼妹「あるよ! 凍ってるの!」

父 「……好! 接下来我要做夜宵!」

幼男「诶?」

幼妹「做饭?」

父 「冰箱里有什么吗?」

幼男「什么都没有哦」

父 「真是困扰啊」

幼妹「有哦! 冻的!」

 

106: 2013/10/19(土) 00:01:37.53 ID:xQO8x9iIo

父 「冷凍食品のチャンポンか。1個しかないけど、これを作ろう」

幼男「お父さん、料理できるの?」

父 「む、馬鹿にするんじゃないぞ。温めるだけだろ?」

幼妹「ごはんー!」

父 「えーと、フィルムを剥いで、ガスコンロにかける」

幼男「危ないよ、火強すぎ!」

父 「おっとっと」

幼妹「へたくそだー」

父 「冷冻的什锦面吗,虽然只有一个,就做这个吧」

幼男「爸爸…会做饭吗?」

父 「姆,你可别小瞧我哦。这个只需要热一下吧?」

幼妹「夜宵–!」

父 「那个~,撕开包装,放在煤气灶上」

幼男「很危险哦,火太大了!」

父 「哎哟哟」

幼妹「爸爸好笨–」

 

107: 2013/10/19(土) 00:02:03.44 ID:xQO8x9iIo

父 「それで、一煮立ちすればOKか」

幼妹「出来た?」

幼男「良い匂い」クンクン

父 「よし、それじゃあ食べようか」

幼男「テーブル片付けるよ」

幼妹「お手伝いするー!」

父 「これだけじゃつまらないから、何か一手間加えたいな。

   お、チューブのこれがいい」

父 「然后,煮一会就可以了吗」

幼妹「做好了?」

幼男「好香」闻闻

父 「好,那我们开吃吧」

幼男「要把桌子收拾一下哦」

幼妹「我来帮忙–!」

父 「只有这个太单调了,我想加点什么呢。

   哦,这个管状的不错」

 

108: 2013/10/19(土) 00:02:29.59 ID:xQO8x9iIo

ブリュリュ

滋溜溜

 

父 「……やべっ」

幼男「父さん?」

幼妹「どうしたの?」

父 「悲しいお知らせがある」

幼男「何したの」

父 「……柚子コショウを、入れすぎた」

幼男「慣れないくせに、変なことするからだよ」

父 「……糟了」

幼男「爸爸?」

幼妹「怎么了?」

父 「有个坏消息」

幼男「怎么了」

父 「……柚子胡椒,放太多了」

幼男「都是因为你不懂还要放奇怪的东西啊」

 

柚子胡椒

用九州的小型青柚(这种柚子不能当成水果吃,只能泡茶,泡澡,或者做酱料用

所谓南橘北枳)的青色柚皮加上朝天辣椒,和在一起,加入盐巴,剁碎,然后手工研磨制成。

 

109: 2013/10/19(土) 00:02:55.62 ID:xQO8x9iIo

父 「良いところを見せたいじゃないか」

幼男「その結果は?」

父 「……スミマセンでした」

幼妹「ごはん、食べられないの?」

幼男「いや、食べよう」

父 「食うのか? これを」

幼男「ちょっと辛いけど、食べられなくは無いよ」ペロッ

父 「我不就是想让你们俩看看我帅气的一面吗」

幼男「但结果呢?」

父 「……真的很抱歉」

幼妹「饭不能吃了吗?」

幼男「不,吃吧」

父 「要吃吗?这个」

幼男「虽然稍微有些辣,但也不是不能吃啦」舔

 

110: 2013/10/19(土) 00:03:23.48 ID:xQO8x9iIo

父 「そうか?」

幼男「テーブルに持っていくね」

幼妹「ごはんー!」

父 「よし、それじゃあ、頂きます!」

幼男「頂きます!」

幼妹「いただきまーす!」

父 「是吗?」

幼男「拿到桌子上去哦」

幼妹「饭–!」

父 「好,那,我开动了!」

幼男「我开动了!」

幼妹「我吃了!」

 

111: 2013/10/19(土) 00:03:51.88 ID:xQO8x9iIo

ズズズ

滋溜溜

 

父 「むボっ! ゲホッ! エホッ! 辛い!」

幼男「騙されてやんの! バーカバーカ!」

幼妹「お父さん、鼻から何か出てる!」キャハハ

父 「我が子ながら、恐ろしい」ゲホッ

幼男「このちゃんぽんは出来損ないだ。食べられないよ」キリッ

父 「いや……しかし、不思議と後引く辛味だな」

幼妹「ほんとう?」

父 「姆!咳咳! 啊!好辣!」

幼男「被骗了吧!笨蛋笨蛋!」

幼妹「爸爸从鼻子里面喷出了什么!」啊哈哈哈

父 「我的孩子真是可怕」咳咳

幼男「这个什锦面做坏了。没法吃哦」(`・ω・´)

父 「啊……可是,这股辣味有种不可思议的回味呢」

幼妹「真的?」

 

113: 2013/10/19(土) 00:04:49.49 ID:xQO8x9iIo

父 「あぁ、ちゃんぽんの海鮮スープに溶け込んだ柚子が、爽やかな後味を醸し出してる。

   それに、ピリっとくるコショウも良い。刺激的で美味いぞ」

父「啊啊,融入了海鲜汤中的柚子,令回味变得清爽

  而且,辣椒麻麻的,又刺激又好吃哦」

 

幼男「いや、まさかそんな……」

父 「中太麺が、柚子コショウ風味のスープに絡む!」ズルズル

幼男「ちょっと、食べてみようかな」ゴクリ

父 「ほら、食え食え」

幼男「不,怎么可能……」

父 「里面的微宽面,缠绕上了柚子胡椒风味的汤汁!」滋溜溜

幼男「我就稍微吃一口吧」咽

父 「快来,快吃快吃」

 

114: 2013/10/19(土) 00:05:16.01 ID:xQO8x9iIo

ズズズ

滋溜溜

 

幼男「むボっ! ゲホッ! エホッ! 辛い!」

父 「騙されてやんの! バーカバーカ!」ゲホッ

幼妹「お兄ちゃんも、鼻から何か出てる!」ゲラゲラ

幼男「大人のやることかよ!」エホッ

幼妹「私も食べたい!」

幼男「ちょっと舐めるだけにしとけ」

幼妹「うん!」ペロッ

幼男「姆!咳咳! 呕!好辣!」

父 「被骗了吧!笨蛋笨蛋」

幼妹「哥哥也从鼻子里面喷出了什么!」

幼男「你这是大人做的事情吗」呕

幼妹「我也想吃!」

幼男「你舔舔就行了」

幼妹「嗯!」舔

 

115: 2013/10/19(土) 00:05:43.82 ID:xQO8x9iIo

幼妹「エホッ! 辛いね!」ジワァ

父 「あー、涙出てきた!」ジワァ

幼男「全く! 辛すぎるよ!」ジワァ

父 「ああ、辛くて涙が出る!」

幼男「柚子コショウのせいだからな!」

幼妹「……辛い!」

父 「あぁ、柚子コショウが辛すぎるから仕方ないな」

幼男「うん」グス

幼妹「うん」グス

幼妹「呕! 好辣啊!」泪目

父 「啊–,眼泪流出来了!」泪目

幼男「真是的!太辣了啊!」泪目

父 「啊啊,辣的眼泪都出来了!」

幼男「都是因为柚子胡椒的错啊!」

幼妹「……好辣!」

父 「啊啊,柚子胡椒太辣了没办法呢」

幼男「嗯」呜

幼妹「嗯」呜

 

116: 2013/10/19(土) 00:06:10.41 ID:xQO8x9iIo

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

妹「お兄ちゃん?」

男「うおっ、いつの間にか寝てた」

妹「お父さんから電話あったよ。今週末は帰るって」

男「海外の仕事も大変だなぁ」

妹「寂しくないかー、だって」

男「給料良いらしいから、仕方ない」

妹「哥哥?」

男「呜哇,不知不觉睡着了」

妹「爸爸打电话回来了哦,说这周末回来」

男「国外的工作也挺不容易呢」

妹「寂不寂寞啊~,这么问哦」

男「毕竟工资不错,所以没办法呢」

 

117: 2013/10/19(土) 00:06:37.36 ID:xQO8x9iIo

妹「ねえ、お腹空いたー」

男「あぁ、何か食べるか」

妹「今日も外で食べるの?」

男「そろそろ寒いかな」

妹「いいんじゃない? お母さんもよく見えるだろうし」

男「……!? お前、知ってて」

妹「うひひ」

妹「呐,肚子饿了–」

男「啊啊,吃点什么吧」

妹「今天也在外面吃吗?」

男「开始冷起来了呢?」

妹「不是很好嘛? 老妈应该也在看着的说」

男「……!? 你,明明知道」

妹「呜嘻嘻」

 

118: 2013/10/19(土) 00:07:08.42 ID:xQO8x9iIo

妹「今日のメニューは?」

男「んー、そうだな。冷凍食品の鍋焼きうどんかな。卵入れて」

妹「ヒャッホウ! お兄ちゃん、素敵!」

男「よし、じゃあ冷凍庫から鍋焼きうどんを出すんだ!」

妹「アイサー!」

妹「今天的菜单是?」

男「恩–是呢,用冷冻食品做火锅乌冬面吧。放点鸡蛋」

妹「呀吼! 哥哥,好帅!」

男「好,那把火锅面从冰箱里拿出来!」

妹「遵命!长官!」

 

 

男「夜食を作ります!」

男「来做夜宵咯!」

 

(おわり)

(完)

 

120: 2013/10/19(土) 00:19:43.82 ID:xQO8x9iIo

タラタラ書き過ぎるのもダレそうなんで、一旦終わります。

そのうちまた書くと思うんで、そのときはヨロシクどうぞ。

感觉写的太啰嗦也不好,就在这里结束吧

以后应该还会再写,到那时还请多指教

 

123: 2013/10/19(土) 01:31:10.95 ID:KSaXH+Buo

飯テロは堪忍や……

美食恐怖主义还请手下留情……

 

125: 2013/10/19(土) 10:07:50.73 ID:1x3gHd+AO

辛苦了

 


未完待续,后续正在翻译中…

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


鹳

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 5 条评论 新浪微博
  1. 匿名

    配图有罪(打鼓)

    2016年10月11日 02:15来自移动端 回复
  2. 貧血

    青梅竹馬「」

    2016年10月9日 12:35 回复
  3. 麻辣烏冬麵(口水,筆記

    2016年10月9日 09:18来自移动端 回复
  4. CupcakeWOW

    竟然在最後帶點主線。。。

    2016年10月8日 22:40 回复
  5. acer

    这家人真是……

    2016年10月8日 22:05 回复
返回顶部