15Sep

『中篇创作・2ch』妹「来做夜宵咯~」(七)

时间: 2016-9-15 分类: 妹「来做夜宵咯~」 作者: 鹳

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

80: 2013/10/18(金) 22:30:12.88 ID:xQO8x9iIo

『カレーハウスCoCo壱番屋 パリパリチキンカレー』

『咖喱饭CoCo壱番屋 脆鸡排咖喱饭』

『中篇创作・2ch』妹「来做夜宵咯~」(七)

 

キーンコーンカーンコーン

(上课铃声)

 

男  「よし、飯だ!」

男友 「おい、どこ行くんだよ!?」

幼馴染「きたよー」

男友 「アイツ、どっかいっちまったぞ」

幼馴染「凄い勢いで飛び出していくのが見えたよ」

男 「好嘞,吃饭咯!」

男友「喂,你要去哪啊!?」

青梅竹马「我来了哦—」

男友「那家伙,不知道跑去哪了」

青 「我看见他以惊人的速度冲出去了哦」

 

81: 2013/10/18(金) 22:30:40.83 ID:xQO8x9iIo

男友 「まぁ、そのうち戻ってくるだろう」

幼馴染「ご飯、買い忘れたのかな?」

男友 「それは無いだろう。アイツほど、飯の為に無駄な努力を割いている奴はいないからな」

幼馴染「ホント、無駄だよね」

男  「戻ったぞ」ハァハァ

男友 「どこ行ってたんだよ」

男友「嘛,一会儿就回来了吧」

青 「他忘记买饭了吗?」

男友「不可能吧。 为了饭做如此多多余努力的家伙,除了他也没有别人了吧」

青 「真的很多余呢」

男 「回来了哦」哈啊哈啊

男友「你去哪了啊」

 

82: 2013/10/18(金) 22:31:07.22 ID:xQO8x9iIo

男  「出前、受け取ってた」

幼馴染「出前!?」

男  「昨日のうちから、今日の昼に届けてもらえるように手配してた」

男友 「何がお前をそこまでさせているんだ」

男  「ふふふ、やっぱり食べるなら出来立てが良いからな」ガサッ

幼馴染「あ、ココイチだ」

男友 「出たな、テロリスト」

男 「我去收外卖了」

青 「外卖!?」

男 「昨天安排好了今天中午给我送来」

男友「是什么让你做到那种地步」

男 「呼呼呼,果然还是刚做出来的最好吃呢」

青 「啊,是CoCo壱番屋」

男友「出现了呢,你这恐怖分子」

 

83: 2013/10/18(金) 22:32:50.35 ID:xQO8x9iIo

カパッ

开封

 

男  「はぁ、この芳醇な薫り。食欲を掻き立てる魔法の匂いだ」

男友 「悪質だ。訴えてやる」

幼馴染「そうだそうだ!」

男 「哈啊,这芳醇的香气,诱人食欲的魔法的香味」

男友「你行径太恶劣了,我要起诉你」

青 「就是就是!」

 

同級生A(畜生、カレーが食べたい!)

同級生B(カレー……カレーを食べよう!)

同級生C(昨日もカレーだったのに!)

同級生D(今日の晩御飯はカレーなのに! 分かっているのに!)

同級生A(可恶,想吃咖喱!)

同級生B(咖喱——……吃咖喱吧!)

同級生C(明明昨天也是吃的咖喱!)

同級生D(今天的晚饭是咖喱!我明明知道的!)

 

84: 2013/10/18(金) 22:33:17.95 ID:xQO8x9iIo

男  「頂きます!」

幼馴染「くっそう、私も明日はカレーにしよう」

男  「ココイチのルーは、他の店に比べると柔らかいんだよな」モグモグ

男友 「そうなのか?」

男  「その分、米にルーが染みこみ易い。米の甘みとカレーの辛さが混然一体となる。

    鼻に通るスパイスの香り、少しだけ舌にピリっとくる辛味」

男 「我开动了!」

青 「可恶,我明天也吃咖喱吧」

男 「CoCo家的,和比起其他店的比起来更加松软呢」嚼嚼

男友「是吗?」

男 「正因如此,汤料容易到渗进饭里,米饭的甜味和咖喱的辣味浑然一体

   香料的味道冲入鼻腔,让舌头微微发麻的辣味」

 

85: 2013/10/18(金) 22:33:44.85 ID:xQO8x9iIo

男  「付け合せの福神漬けも美味い。ココイチの優秀な点は、無料なのに福神漬けが美味いんだよな。

    店の帰り際に、お土産で買ったこともある」コリコリ

男「附带的什锦八宝菜也很好吃。CoCo家的优秀在于,八宝菜明明只是免费的却非常好吃呢

  从店里回来的时候,我还专门作为礼物买过

 

幼馴染「美味しそう……」ゴクリ

男  「お前には絶対にやらん」

幼馴染「この間のことは謝るからさぁ」

男  「そして、パリパリチキンだ。名前の通り、パリッパリに焼いてある皮が、たまらん」パリパリ

幼馴染「無視された」

青「好像很好吃的样子……」咽口水

男「绝对不给你吃」

青「上次的事是我不好啦」

男「接下来,是脆脆的鸡肉,如名字所说,烤的脆脆的外皮,真让人受不了」嘎吧脆

青「被无视了」

 

86: 2013/10/18(金) 22:34:12.96 ID:xQO8x9iIo

男  「ふははっ、このチキンにもスパイスが振ってあるな。食べ始めると止まらなくなる。

    更にカレーにつけて食べたりしたら、もうね! 凄いよ!」ハフハフ

呼哈哈,这个鸡肉上面也撒了香料呢。一吃起来就停不下来了

男「放在咖喱上的话,已经是! 无法形容了!

 

男友 「お前に舌を火傷する呪いをかけた」

男  「それくらい熱いのが美味い! ガラムマサラが全身を廻る! 段々暑くなってきたぞ!」ハフハフ

幼馴染「ねー、無視しないでよー」

男  「カレー、ライス、チキン、カレー、夢のローテーションだ! パリパリチキンが6ピースしかないのが憎い!」

男友「对你下了舌头会烫伤的诅咒」

男 「就是热到这样才好吃! 三味香辛料环绕着全身! 慢慢开始热起来了!」哈呼哈呼

青 「呐——,别无视我啊——」

男 「咖喱,米饭,鸡肉,咖喱,梦幻一般的循环!脆皮炸鸡只有6块太可恨了!」

 

87: 2013/10/18(金) 22:34:39.65 ID:xQO8x9iIo

幼馴染「無視しないで。私のクラスの人達みたいなことしないでよー」

男  「……可哀想だから、一口やるよ」

幼馴染「やったね」

男  「お前、クラスでハブられてるのか?」

幼馴染「んー、腫れ物みたいな感じ」モグモグ

男友 「何かしたの? 喧嘩とか」

幼馴染「何も?」

男  「何もなくて、避けられないだろ」

青 「别无视我。别跟我班里的人一样啊——」

男 「……看你这么可怜,给你一口」

青 「好哦!」

男 「你在班上被排挤了嘛?」

青 「恩——,就像脓包一样的感觉」

男友「发生过什么吗?跟谁吵架什么的」

青 「什么都没?」

男 「什么都没的话,不会被排挤吧」

 

88: 2013/10/18(金) 22:35:14.01 ID:xQO8x9iIo

幼馴染「映画の話してたから、勇気を振り絞って混ざろうとしたんだけどねぇ」

男  「何の映画の話したんだよ」

幼馴染「ジャッカス」

男  「俺も、カレー食ってるときにジャッカスの話する奴とは、付き合い考えるわ」

男友 「その映画は知らないけど、ロクでもない物ってことは分かった」

幼馴染「面白いのに」

青 「同学们在谈论电影,我鼓起勇气想要融入她们」

男 「什么电影啊」

青 「《无厘取闹》」

男 「就算是我也不太愿意和吃着咖喱的时候聊起《无厘取闹》的人说话呢」

男友「虽然那不知道是什么电影,不过看样子不是啥好东西」

青 「明明很有趣的说」

 

89: 2013/10/18(金) 23:11:37.27 ID:xQO8x9iIo

『K&K 缶つま 国産鶏ぼんじり ソラチたれ焼き』

『K&K 罐头 国产鸡尾肉 sorachi照烧味』

『中篇创作・2ch』妹「来做夜宵咯~」(七)

『中篇创作・2ch』妹「来做夜宵咯~」(七)

 

男「夜食を作ります」

妹「ヨッ! 日本一!」

男「随分、元気が良いじゃないか」

妹「私は見たのです。お兄ちゃんが、高そうな缶詰を仕舞うところを」

男「無駄に目が良いな」

妹「えへへ」

男「来做夜宵」

妹「喔! 日本——!」

男「你很有精神嘛」

妹「我看到了。哥哥摆弄着看上去很贵的罐头」

男「你眼睛只有在这种时候很好用呢」

妹「诶嘿嘿」

 

90: 2013/10/18(金) 23:12:03.43 ID:xQO8x9iIo

男「そう、今日は1個500円もする缶詰だ」

妹「おおおおお」

男「正直、高い。しかし、美味い」

妹「期待を込めて★x5です」

男「イラっときた」

妹「ごめんなさい」

男「嗯,今天要用一个500块的罐头」

妹「哦哦哦哦哦」

男「说真的,很贵。但是,很美味」

妹「期待指数★x5」

男「我开始烦躁了」

妹「对不起」

 

91: 2013/10/18(金) 23:12:29.18 ID:xQO8x9iIo

男「今日ばかりは豪勢に、炊き立ての白米を使います」

妹「ほっかほかー」

男「丼によそって」

妹「はいさ」

男「そして、この高級缶詰を開封します」

妹「待ってました!」

男「只有今天奢侈一下,使用刚蒸好的米饭」

妹「热热乎乎的」

男「盛到碗里」

妹「遵命!长官!」

男「然后,把这个高级罐头打开」

妹「我等了好久啦!」

 

92: 2013/10/18(金) 23:12:57.53 ID:xQO8x9iIo

パキッ

 

男「ほーら、高級な鶏肉の匂いだ」

妹「はぁー。タレの良い匂い」

男「これを白米に乗せる」

妹「とりゃー」

男「そして紅生姜を少々と、レタス少し、ちょっぴりマヨネーズ」

妹「はーい」

男「喏,高级鸡肉的味道」

妹「哈啊——。酱汁的香气」

男「把这个放在米饭上面」

妹「嘿呀——」

男「然后放入少许红姜,生菜,再挤一点蛋黄酱」

妹「好~」

 

93: 2013/10/18(金) 23:13:25.46 ID:xQO8x9iIo

男「それでは、頂きます」

妹「いただきます!」

男「一口で食べてしまうのはもったいないが、あえて一口で食べる!」モグモグ

妹「私は、ちょっとかじります」モグモグ

男「はぁぁああん、プリップリの鶏肉だあああ」

妹「おいひいいいいい」

男「那么,我开动了」

妹「我开动了!」

男「虽然一口就吃掉感觉有些浪费,但我就是要一口吃!」嚼嚼

妹「我想细嚼慢咽一点」嚼嚼

男「哈啊啊啊啊啊恩,弹弹的鸡肉啊啊啊啊」

妹「好呲————」

 

94: 2013/10/18(金) 23:14:31.92 ID:xQO8x9iIo

男「ちょっと辛めのタレが、脂の乗った鶏肉にピッタリだな!」

妹「お肉の旨味が、そこらの焼き鳥なんて目じゃないよ!」

男「そして、タレと脂の染み込んだ白米」パクッ

妹「炊きたて!」パクッ

男「うまああああああいいい!!」

妹「美味しいいいいい」

男「微辣的酱汁,配有些油脂的鸡肉正好呢!」

妹「肉的美味,那些大街货的烤鸡完全不能比呢!」

男「然后,渗入了酱汁和油脂的米饭」嚼

妹「刚蒸好的!」咬

男「好吃————————!!」

妹「美味——————————!!」

 

95: 2013/10/18(金) 23:14:57.33 ID:xQO8x9iIo

男「焼き鳥のタレとマヨネーズの組み合わせが最高だ!」

妹「紅生姜の酸味が、鶏肉の脂をサッパリさせるね!」

男「そしてまた鶏肉! ボンジリ!」モグモグ

妹「ぼんぢり!」モグモグ

男「ふわぁぁ、うめえ」

妹「感動が薄れないねぇ」

烤鸡的酱汁和蛋黄酱的组合最棒了!

男「红姜的酸味,让鸡肉的油脂变得清爽呢!」

妹「接下来还是鸡肉! 鸡尾肉!」嚼嚼

男「鸡尾肉!」嚼嚼

妹「呼哇啊啊,好美味」

男「感动无法减弱呢」

 

96: 2013/10/18(金) 23:15:23.92 ID:xQO8x9iIo

男「高いだけあるなぁ」モグモグ

妹「美味しいねぇ」モグモグ

男「レタスを口の中をリセット!」

妹「瑞々しいね!シャッキシャキ!」

男「そして鶏肉!」モグモグ

妹「プリっと歯ごたえ!」モグモグ

男「贵果然有贵的道理啊」嚼嚼

妹「真好吃呢」嚼嚼

男「生菜让嘴里的味道重新刷新!」

妹「水灵灵的呢! 脆脆的!」

男「然后再来一口鸡肉!」嚼嚼

妹「弹嫩的口感!」嚼嚼

 

97: 2013/10/18(金) 23:15:51.37 ID:xQO8x9iIo

男「怒涛の勢いで食べつくしてしまった」フゥ

妹「いや、もう仕方ないよ」フー

男「また今度買ってこよう」

妹「そうだね、近いうちに」

男「豚の角煮の缶詰もあったなぁ」

妹「お兄ちゃん、今度買い物一緒に行こうね!」

男「以怒涛一般的势头吃光了」

妹「呀啊,已经没办法了啊」

男「下次再买吧」

妹「是呢,最近再找个时间」

男「也有猪肉块的罐头呢」

妹「哥哥,下次买东西一起去吧!」

 

99: 2013/10/18(金) 23:38:34.66 ID:BtaMk6R3O

さっきからね、お腹がね、鳴りっぱなしなんだよ畜生が!

从刚才开始啊,肚子啊,就一直在叫啊畜生!

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


鹳

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 5 条评论 新浪微博
  1. 肚子餓了,來求更新
    想要找其他懶人美食的做法

    2016年10月8日 10:43来自移动端 回复
  2. 兔子火锅

    饿了

    2016年9月20日 12:43来自移动端 回复
  3. CupcakeWOW

    我要畫餅充飢了

    2016年9月16日 22:39 回复
  4. ……嗯,为什么青梅竹马的翻译变成了青?感觉会串戏……

    2016年9月16日 22:05来自新浪微博 回复
  5. 姬川亚弓

    作这篇东西的人是不是吃货,而且当时还很饿吧?
    反正我饿的时候各种菜幻想、画食物、看美食相关视频、找美食相关的信息……
    反正就是不肯出门买吃的,也不愿意叫外卖,因为没钱;更加不想自煮,因为懒……
    我没救了。

    2016年9月16日 00:23来自移动端 回复
返回顶部