26Aug

『中篇故事・2ch』昨天,去给亡妻扫墓了(五)

时间: 2016-8-26 分类: 昨天,去给亡妻扫墓了 作者: 郝雪花(♂)

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

187: 2016/07/14(木)21:46:59 ID:n4c

嫁と付き合い始めてからしばらくたったある日、嫁と近くのショッピングセンターに遊びに行ってたところをうちの母ちゃんに見つかってしまった

「おいおい、その可愛いおねぇちゃんは彼女かい?」とかウキウキな感じで話しかけてくる母ちゃん、絶望感に打ちひしがれる俺

そんな俺の様子を知ってか知らずか

「はい!お付き合いさせていただいております!」なんて元気よく挨拶する嫁

母ちゃんが考えた我が家の家訓はいつも元気に挨拶するべしだったので、母ちゃん的には嫁さんをすぐ気にいったみたいだった

その流れで三人で飯食う羽目になり、挙句そのままうちに来ることにまでなった

和妻子交往了一阵子后的某一天,我和她去了附近的购物中心玩,然后在那里遇见了我妈

面对笑嘻嘻地说着「喂喂,那位可爱的小姐是女朋友吗?」之类的话搭话的母亲,我感到了巨大的绝望感

也不知道她知不知道我的心事

「是的!我们正在交往!」妻子这么精神十足地回答道

老妈认为吾家之家训就是应该要保持精神饱满的打招呼。所以,老妈当然是十分中意她的

然后就顺其自然地陷入三个人吃饭的处境,结果就直接那样登上我家的门了

 

188: 2016/07/14(木)21:48:10 ID:n4c

三人で家に帰れば何も知らないパンツ一丁の親父がリビングに

親父完全にキョトン顏

母ちゃんが「ほら、うちの若様が彼女連れてきたよ!」なんていったら大慌てで退場、お気に入りのワイシャツ来てから再登場した

三人回到家后,什么都不知道的老爹只穿着一条内裤坐在客厅

老爹完全是一脸懵逼

老妈「你瞧,小子带了女友回家哦」

老爸这才慌张地爬回房间内换上了中意的白衬衫出来见人

 

189: 2016/07/14(木)21:49:26 ID:n4c

四人の会話はいたって普通、母ちゃんはなんか嫁さんにいろいろ質問してた、親父は若い女の子と喋る機会が無いのか妙にデレデレしてた

結局夕飯も食べて行ったんだがみんなで楽しく過ごした

嫁さんは一人暮らしだからこういう家族の感じが嬉しいって言ってた

我们四人的谈话非常普通,老妈好像是问了她许多的问题

老爸却因为很少和妙龄女子说话所以显得有些莫名的害羞

结果晚饭也一起吃了,大家都十分的开心

妻子是独居的,所以说这种温馨家庭感觉让人觉得很开心

 

190: 2016/07/14(木)21:50:07 ID:n4c

うちは子供が俺だけなんだが、本当だったら俺の下に妹がいるはずだった

生まれてすぐ死んでしまったんだけど、

そういう経緯もあって両親共嫁さんが娘の様に思えて嬉しかったんだと思う、

実際結婚してからうちの両親は嫁さんを本当の子供の様に接していたし

虽说我是独生子女,但其实本来我还有一个妹妹的

虽说出生没过多久就死了,但是因为这个缘故所以我想父母应该是觉得仿佛多了个女儿觉得很开心吧

事实上在我们结婚后,我家父母也把我妻子当成是真正的孩子那样去对待

 

191: 2016/07/14(木)21:51:55 ID:n4c

それからまたしばらく経ったある日、急に幼馴染みからメールが来た

「なにしてんのさ」みたいな

「彼女と飯食ってるよ」って返信したら、

「ほう、幼馴染みとしてあんたの嫁さんを見定めてやろう、どこでご飯食べてんだ」なんて返信がすぐさまきたから俺は頭を抱えてしまった

然后在那之后的某一天,突然收到了来自青梅竹马的一条短信

内容大概是「现在在干什么呢」

我给她回了一条「在和女友吃饭」

「霍,那就让身为青梅竹马的我来评定一下吧,吃饭的地点在哪儿呢」

这短信回复的速度之快让我只得抱头蹲防

 

192: 2016/07/14(木)21:53:05 ID:n4c

嫁さんはほんわか系、幼馴染みはドSの一匹狼、こんな二人がはたして合うんだろうかと

結局嫁さんも「幼馴染みちゃんの話聞いてたからね会ってみたい!」というので不安を抱えつつ場所を変え三人で飲むことになった

妻子是温和派的女子,而青梅竹马简直是巨S的一匹狼,这两个人到底合不合得来呢

结果妻子也说「听闻过她的事迹所以也想见见她!」

就这样我抱着不安的心情换了个地方,变成三个人一起喝酒的状况了

 

193: 2016/07/14(木)21:53:43 ID:n4c

結論から言うとこの2人めちゃめちゃウマが合った、

というか途中から女子会に俺が参加してるみたいな構図になってた、

幼馴染みが自分から人に連絡先聞くなんて本当に無いことだから驚いたのを覚えてる

从结果来说,这两个人是非常合拍的

倒不如说中途仿佛变成了我在参加了女生聚会一样的状况

青梅竹马主动向别人要联系方式什么的真的从来没有过,所以很是惊讶

 

「もしこいつに酷いことされたらすぐに連絡して、石で殴ってやるから」という言葉も強烈だったので覚えてる

子供の頃、喧嘩した時公園の石で思いっきり殴られた過去があったからだと思う

その他にも顔面グーパンチとか日常茶飯事だったし

「如果这家伙欺负你的话马上和我联系,我用石头揍他」因为这句话实在太强烈所以记得很清晰

那应该是因为小时候吵架的时候,曾经被她用石头狠狠揍过吧

其他的诸如用拳头打我脸之类的也是家常便饭

 

194: 2016/07/14(木)21:54:13 ID:n4c

ちなみに中学の時、幼馴染みをいじめてたグループに話したのはこの話

そりゃ電話で慌てて謝るわな

顺带一提初中的时候,对欺负了青梅竹马的集团说过的就是这件事

那当然会通过电话慌忙地道歉了

 

195: 2016/07/14(木)21:54:21 ID:pCC

幼馴染さんは彼氏いたの?

青梅竹马有男友么?

 

196: 2016/07/14(木)21:54:59 ID:n4c

>>195

ちょいちょい出来てたみたいだけど、長続きした事は無いみたい

>>195

好像时不时都会交上一两个,但好像坚持的时间都不久

 

197: 2016/07/14(木)21:55:30 ID:n4c

付き合ってから半年ぐらい過ぎると、嫁さんが一人暮らしということにかこつけて嫁さんちに入り浸るようになった、一緒にご飯食べてまぁやる事やって寝るという感じ

ある日の朝いつも通りにお互い下着姿で寝てたら、ふいに家のドアが開いて直後に怒鳴り声が聞こえた

嫁さんのお姉さんだった

どうやらたまたま近くを寄ったので連絡なしで来たらしい

下着姿で正座してお姉さんに怒られる2人、服を着たかったけどそんなこと言える雰囲気じゃなかった

在交往半年后,我以她独居为借口入侵了她家,一起吃吃饭啊,干该干的事情啊,一起睡觉之类的感觉

然后某天早晨,正当我们两人都只穿着内衣睡觉时,突然门被打开然后马上听见了怒骂声

来者是妻子的姐姐

好像是偶尔来到附近所以没事先联系就来了的样子

然后我们俩就以身穿内衣的姿态被她姐姐训话,虽然想穿衣服但在这种氛围下实在是说不出口

 

198: 2016/07/14(木)21:56:27 ID:n4c

お説教がひと段落するとふいにお姉さんにこんなことを聞かれた

「それで、君はこの子との事をどこまで考えてくれてるわけ?」

然后在说教告一段落后,她姐姐突然向我这么问道

「所以,和这孩子两人的事你到底想过多少?」

 

199: 2016/07/14(木)21:58:40 ID:n4c

唐突だったけど別にこの場を誤魔化すためじゃなく、結婚したいですって言った

たぶん声は上ずってた

嫁さんは下着姿のまま俺に飛びついた

それを見たお姉さんは服を着ることを許してくれた

虽然有些唐突,但也不是为了应付这个场面。我直说了想结婚

大概声音也变尖了

然后妻子就保持穿着内衣的样子向我飞扑过来

看到这一幕的姐姐也原谅了我们

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 6 条评论 新浪微博
  1. Souta

    ´_>`。。。

    2016年8月27日 15:12来自移动端 回复
  2. ringo

    2016年8月27日 14:35来自iPhone 回复
  3. 感动

    2016年8月27日 09:51来自iPod1 回复
  4. [t狂汗]漫画一样的剧情…..

    2016年8月27日 00:33来自新浪微博 回复
  5. Devilsarms

    一想到是亡妻就好伤心,发生的时候1难过得都快死掉了吧…

    2016年8月26日 23:34来自iPhone4 回复
  6. CupcakeWOW

    這段有夠甜~

    2016年8月26日 22:54 回复
返回顶部