13Aug

『中篇创作・2ch』妹「来做夜宵咯~」(二)

时间: 2016-8-13 分类: 妹「来做夜宵咯~」 作者: 鹳

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

18: 2013/10/14(月) 23:45:26.44 ID:xQO8x9iIo

『ケロッグ ココくんのチョコワ』

『家乐氏 可可玉米圈』

『中篇创作・2ch』妹「来做夜宵咯~」(二)

 

男「おーい、起きろー」ゴンゴン

妹「うーい」

男「朝飯くえー」

妹「おーう、任せとけー」

男「宿題終わったのか?」

妹「何とか」

男「パンでいいんだろ?」

妹「今日は軽めでお願いします」

男「喂——,快起床——」咚咚

妹「喔~」

男「吃早饭了——」

妹「喔,交给我吧——」

男「作业写完了吗?」

妹「总算是」

男「面包就可以了吧?」

妹「今天稍微清淡点 拜托了」

 

19: 2013/10/14(月) 23:45:52.89 ID:xQO8x9iIo

男「コーンフレークでいいのか?」

妹「もうちょっと濃い目でお願いします」

男「ワガママな奴だな」

妹「寝不足のときって、胃が重いのに妙な空腹感があるよね」

男「わからんでもないが」

妹「胃にやさしく空腹が満たされる感じで」

男「わかったから、着替えて来い」

妹「着替えは俺に任せろー」ベリベリ

男「何が面白くてマジックテープのパジャマなんか好んで着てるんだか」

男「玉米片可以吗?」

妹「想要稍微再浓厚点」

男「真是任性的家伙啊」

妹「睡眠不足的时候,明明胃很沉重却有种奇妙的空腹感呢」

男「倒也不是不能理解啦」

妹「就是能温柔地填饱肚子的感觉」

男「我知道了,快去换衣服」

妹「换衣服这点小事就交给我吧——」

男「怎么就这么爱穿粘扣带的睡衣呢」

 

20: 2013/10/14(月) 23:46:29.76 ID:xQO8x9iIo

男「とりあえず、牛乳をマグカップに入れて、電子レンジへ入れる。

  2分くらい回して、その間にスープ皿を出して、コレも入れるか」

男「首先,把牛奶倒进马克杯里面,放入微波炉

  转个2分钟左右,在那期间把汤碗拿出来,把这个也倒进去吧」

 

妹「着替えたー」

男「早いな、女の支度とは思えないぞ」

妹「学校行くだけだしー。後でちゃんとやるしー」

男「あんまりみっともない格好で行くなよ」

妹「はいはい。で、朝ごはんは何でしょう、お兄ちゃん」

男「んー、チョコワだ」

妹「换好了——」

男「真快啊,无法想象是女人的准备时间呢」

妹「反正只是去学校——,等会儿会好好的弄的——」

男「别用太不成体统的样子去哦」

妹「是是。然后,早饭是什么,欧尼酱」

男「恩——,巧克力玉米圈」

 

21: 2013/10/14(月) 23:47:21.97 ID:xQO8x9iIo

妹「あー、まぁ軽くて食べやすいよね」

男「すぐ出来るから、ヨーグルト食べてろ」

妹「果物は?」

男「ゴールデンキウイが入ってるよ」

妹「ヒャッホウ! お兄ちゃん大好きー!!」

男「別に軽めにする必要なかったな」

妹「それとこれとは別ですよ。ゴールデンキウイですから」

男「確かに美味いけどな」

妹「緑のキウイは酸っぱくて、あんまり甘くないけど、

  ゴールデンキウイは全然酸っぱく無いし、朝にピッタリの優しい味わいですよ」

妹「啊——,清淡又容易入口呢」

男「马上就好,你先喝酸奶」

妹「水果呢?」

男「里面有放黄金猕猴桃」

妹「yahoo! 最喜欢哥哥了——!!」

男「看你这样子也没必要弄得清淡呢」

妹「这是两码事啊。毕竟是黄金猕猴桃哦」

男「确实是很好吃辣」

妹「绿色的猕猴桃太酸,不太甜

  黄金猕猴桃一点也不酸,对早上来说是最适合不过的温和的味道哦」

 

男「お前はゼスプリの回し者か?」

男「你是ZESPRI的托儿吗?」(ZESPRI (佳沛)是受托于新西兰奇异果农的行销公司)

 

22: 2013/10/14(月) 23:47:48.15 ID:xQO8x9iIo

妹「はぁ、ヨーグルトの酸味に、ゴールデンキウイの甘みが絡み合う」モグモグ

男「そんなに大したもんでもないけどな」

妹「昨日、お兄ちゃんが言ってたのが男のロマンなら、これは女心って奴だよ」

男「そりゃあ、俺には分からんな。確かに」

妹「スっと沁みこむ爽やかな甘みが、1日の始まりを告げるわけですよ」

男「分かった分かった。ほれ、チョコワだ」

妹「わーい……お? 湯気が出てる」

妹「哈,酸奶的酸味与黄金奇异果的甜味缠绕在一起」嚼嚼

男「不是那么了不起的东西啊」

妹「昨天,哥哥说的是男人的浪漫的话,今天这个就是女人心了哦」

男「难怪我不懂呢。确实是」

妹「清爽的甜味,宣告着一天的开始啊」

男「我知道了我知道了。给,可可玉米圈」

妹「哇——……哦? 冒着热气」

 

23: 2013/10/14(月) 23:48:26.37 ID:xQO8x9iIo

男「ホットミルクで作ったチョコワだ」

妹「ほーう、これはこれは」ズズズ

男「胃に優しいし、食べやすくて、チョコだからそれなりに腹持ちもあるだろ」

妹「ふむふむ、これは中々」モグモグ

男「ホットチョコレートみたいなもんだからな」

妹「冷たいミルクで作ったサクサクのチョコワも良いけど、

  温かいミルクがジュっと染み込んだチョコワもいいね!」

男「是用热牛奶冲的可可玉米圈哦」

妹「哦?这真是」吸

男「对胃也好,也容易消化,因为含有巧克力所以也相对容易填饱肚子」

妹「唔姆唔姆,这真是」嚼嚼

男「是类似热巧克力一样的东西呢」

妹「加入冷牛奶的脆脆的可可玉米圈虽然也不错

  但加入温牛奶这种充分吸收奶份的玉米圈也不错呢!」

 

 

男「サラダも食うか?」

妹「食べる!」

男「ゆっくり食えよー」

妹「ホットミルクのスープに、チョコレートが溶け出して甘みを加えてる。

  チョコワは、ふやふやのお麩みたいになってるけど、チョコレートが濃いから飽きないね」モグモグ

男「沙拉也要吃吗?」

妹「要吃!」

男「慢点吃哦——」

妹「巧克力溶解在热牛奶增加甜度

  玉米圈虽然变成了像是软软的面筋一样的东西,但因为巧克力很浓所以不会腻呢

 

24: 2013/10/14(月) 23:48:53.57 ID:xQO8x9iIo

コリッ

 

妹「おおっと、これは意外! ドライフルーツのバナナだ! お兄ちゃんめ、やってくれる!」

男「何だ、呼んだか?」

妹「ううん、バナナ美味しいね」ポリポリ

男「朝はバナナが定番だからな」

妹「何でチョコレートとバナナは相性が良いんだろうね」モグモグ

男「南国つながりじゃないか? 詳しくは知らないが」

妹「チョコバナナは世界で通用する食べ物だと思うよ」

男「ほら、サラダだ。ベビースター乗せといたからな」

妹「哦这真是,真是意外! 这是香蕉干! 欧尼酱这家伙,挺能干的嘛!」

男「怎么了,叫我了吗?」

妹「恩,香蕉真好吃呢」嚼嚼

男「毕竟香蕉是定式呢」

妹「香蕉和巧克力的相性到底为什么这么好呢 」嚼嚼

男「是因为南国的联系吧? 具体我不太清楚」

妹「我觉得巧克力香蕉是世界通用的食物哦」

男「给,沙拉。给你加了星星面碎哦」

 

『中篇创作・2ch』妹「来做夜宵咯~」(二)

 

25: 2013/10/14(月) 23:50:44.48 ID:xQO8x9iIo

妹「いやぁ、致せり尽くせりですなぁ」

男「トマトも残すなよ」

妹「はーい。サラダにベビースターラーメンも合うよね」

男「醤油味のな」

妹「でも、イタリアンサラダじゃないと合わないのは何でだろうね」

男「世界の不思議の一つだな」

妹「世界は奥が深い」

妹「哎呀,真是无微不至啊」

男「番茄也要好好的吃掉哦」

妹「好,沙拉配面碎也很搭呢」

男「可是酱油味的呢」

妹「但,不是意大利奶酪沙拉就不行这是为什么呢」

男「这是世界的不可思议之一呢」

妹「世界真是深奥」

 

26:(SSL): 2013/10/14(月) 23:57:12.44 ID:58/F75zr0

こんな時間なのに腹減ってきた…

明明是在这种时间肚子却饿了…

 

27: 2013/10/14(月) 23:58:22.17 ID:xQO8x9iIo

男「お前、靴下出してあったろ。履いてないのか?」

妹「柄が違ったから、履いてないよ」

男「あれ? 違ったか?」

妹「鳳凰の柄の、右がオスで左がメスなんだよ。お兄ちゃんが出したの、両方ともオスだった」

男「何で、お前の学校の指定靴下はそんなに面倒くさいんだ」

妹「知らないよ、そんなこと」

男「探してくるから、トマト残すなよ」

妹「はいはーい」

男「你啊,我已经把袜子拿出来了吧,你没穿吗?」

妹「花纹不一样,所以没穿哦」

男「啊咧? 搞错了吗?」

妹「凤凰花纹的,右边是雄性左边是雌性的啊。 哥哥拿出来的两只都是雄性的」

男「你们学校的指定的袜子为什么要搞得这么麻烦啊」

妹「谁知道啦这种事情」

男「我去帮你找,番茄要好好吃掉哦」

妹「知道了知道了」

 

28: 2013/10/14(月) 23:58:49.81 ID:xQO8x9iIo

男「平等院鳳凰堂と何か関係あるのかもしれんな」ゴソゴソ

妹「んー、サラダも美味しい」ポリポリ

男「いくつか見つけたけど、雄と雌の区別がつかん」

妹「えーっと、あった。コレだけメスだ」

男「これだけか?」

妹「うん、他は全部オス」

男「何で靴下は片方だけどっかに行くんだろうなぁ」

妹「世界の不思議の一つだね」

男「世界は奥が深い」

男「说不定跟平等院鳳凰堂有什么关系呢」小声

妹「嗯——,沙拉也好好吃」

男「我找到了好多,但分不清雄性和雌性」

妹「恩——,有了。只有这只雌性的」

男「只有这只是?」

妹「恩,其他的都是雄性」

男「为什么只有袜子会有一只跑到不知道哪里去呢~」

妹「这是世界的不可思议之一呢」

男「世界真是深奥」

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


鹳

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 8 条评论 新浪微博
  1. 777

    肚子饿了

    2016年8月18日 08:53来自移动端 回复
  2. 巧克力香蕉~~我的哥哥不可能这么药王(

    2016年8月16日 09:06来自新浪微博 回复
  3. ????

    2016年8月14日 16:19 回复
  4. 冥土

    哥哥负责管理妹妹的衣服?!

    2016年8月14日 13:58来自移动端 回复
  5. 這個哥哥好棒( º﹃º )
    要我去當他妹也可以

    2016年8月14日 06:39来自移动端 回复
  6. 匿名

    啊。。大半夜的。。

    2016年8月14日 01:12来自iPhone 回复
  7. CyclizePei

    总有一种奇怪的违和感[doge]

    2016年8月13日 23:30 回复
  8. CupcakeWOW

    香蕉很好吃[t滑稽]

    2016年8月13日 23:05 回复
返回顶部