2Oct

『长篇故事・2ch』那个在游戏厅遇到的不可思议的女孩(二)

时间: 2014-10-2 分类: 那个在游戏厅遇到的不可思议的女孩 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4077578.html


 

上一章 目录 下一章

 

29:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/15(日) 04:23:11.20 ID:WuLtuWlB0

ふてくされてるかと思ったが、そんなことはなかった。

にっこり笑うと、

「あぁ、見てたんですか、恥ずかしいです。

わたしああいうとこだとつい必死になっちゃって…」

と笑いながら話してくれたのには驚いた。

 

恐らく、ゲーセンにいるって段階で、

初対面の会話の壁ってのが数段なくなってるんだと思う。

お互いにゲーム好きだと分かってるし、

ここで自然な会話が生まれたのはゲーセンだったからだと思う。

 

还以为她会闹别扭,但并没有那回事。

在甜甜一笑后

「哎呀,被看到了吗,那还真是让人害羞啊。在刚才那种情形下我经常会不禁尽全力呢…」

只是边笑边这么对我说着,稍稍让人有点感到意外

 

恐怕这是多亏在游戏厅这种环境下吧,感觉那种初次对话的障碍薄弱了很多

因为相互都知道对方是喜欢游戏的

感觉如果是在游戏厅这个地方,进行自然的对话并不是特别难的事情

 

30:名も無き被検体774号+: 2012/01/15(日) 04:23:52.59 ID:F0WtCt+K0

続きが気になる話だ、、。

好在意接下来的发展啊……

 

32:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/15(日) 04:25:42.75 ID:WuLtuWlB0

そうすると彼女は面白そうに、

「煙草一本くれません?」と言ってきた。

俺「え、あ、吸うんですか?」

「吸わないけど、なんか見てたら…なんか」

 

この時点で薄々分かってたんだけど、

彼女は天然か変な人かよくワカラン人のいずれかだったw

 

接下来她带着愉快的口吻说道

「能给我一支烟吗?」

我「诶?啊,原来你吸烟的吗?」

「虽然不吸烟,但是看着别人抽……总觉得」

 

在这个时候我已经开始有点意识到

她要么就是那种天生的怪人,要么就是那种令人不知所以的那种人(笑)

 

33:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/15(日) 04:29:39.57 ID:WuLtuWlB0

しかし俺はといえば、大学生活サークルなし、

青春なし、家に帰れば絵かきに身を費やす

という生活を送っていたため、女の子と話すこと事態稀も稀で、舞い上がってた。

 

俺「じゃ、吸います?wキャスターってんですけど…ちょっと甘いかもですw」

「ありがとございます~!すぅぅ…ゴホ!ゲホ!なにこれ苦しい…」

案の定涙目になっていた。

 

よろしくないことではあるが、俺はもうその時、

なんなんだこの人すごく面白いし可愛いって気持ちに取り憑かれていた。

 

不过对于我来说,大学生活中又没有参加社团

只是过着没有青春一回到家就画画浪费时间的日子

所以对我来说能和女孩子对话这种情形本身就非常稀有,所以感到非常新鲜非常高兴

 

我「那么,你要抽抽看吗?(笑)这个是叫Caster的烟……可能没那么呛哦(笑)」

「那就谢谢啦~!(吸……)咳咳咳!这是什么好苦…」

果然和我预料的一样变成了泪目

 

虽然觉得这样不太好,但我在那个时候

觉得这个人真是又有趣又可爱,不知不觉已经有点陷进去了……

 

34:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/15(日) 04:32:48.24 ID:WuLtuWlB0

煙草が初めてってことは…そんなに悪いかんじの子ではない。

まあ見た目からしてそうではあったが。

 

あと、なんか知らないけどやたらと笑う。

そこで数分格ゲー談義をしていたんだけど、すごく笑うんだ。

女の子ってこんなに笑うの?というか笑った女の子ってすごい。

 

そもそもこんな誰とも話せたことのない格ゲーの話を、

今ここで、初対面の女性としているということが一番信じられなかった。

 

从以前没抽过烟这个角度来看……应该并不是那么糟的女孩子

嘛虽然从旁人角度看上去可能感觉不怎么好啦

 

接下来我们以一种很随意的感觉开始说说笑笑

在几分钟内互相交流对方关于格斗游戏的经验,看着她的笑容

我不禁感叹原来女孩子这么能笑的吗? 不如说会笑的女孩子什么的好厉害

 

以前从来都没跟别人谈过的玩格斗游戏的经历

在这种地方却和初次见面的女性聊起来了,真的是有点难以置信

 

35:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/15(日) 04:36:20.85 ID:WuLtuWlB0

なんだかすごい打ち解けてしまって、あの喫煙所で一体何分話したろう。

そうなってくると、男としては「連絡先知りたい」

という欲望が出てきしまう。

20~30分話した時くらいだったか

 

趣味の話になってて俺が言ったんだよ。

「ちょっとね、イラストを描くのが好きで…」

ゲーセンにいた子だし、こういうことにもちょっとは興味を示してくれるんじゃないか

なんて淡い想いもあったわけだが…

「イラスト?」

笑顔いっぱいだった女の子が急に、すごく暗い顔になった。

「ま…その話はいいよ…」

「それじゃ、また…ゲーセンで会えたらいいね… 」

 

总觉得已经聊得很熟了,都已经忘了在那个吸烟区到底聊了有多久

在这种时候,作为男的总是会有想要对方联系方式的欲望

那大概是在聊了20~30分钟后的样子吧

 

谈到兴趣的话题时我说了

「兴趣的话稍微有点喜欢画插图吧……」

想着毕竟是在游戏厅里遇到的人啊,对这方面应该多多少少会有点兴趣的吧

虽然抱着这种淡淡的期待但是…

「插图?」

原本笑得很开心的她的表情突然变得阴沉

「嘛…这个话题就别再聊了吧…」

「那么,下次……如果能再次在游戏厅相遇就好了呢」

 

37:名も無き被検体774号+: 2012/01/15(日) 04:38:28.79 ID:DwYZ6jvr0

ぱんつはどうすればいい

我裤子都脱了你就给我看这个?

 

39:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/15(日) 04:40:40.61 ID:WuLtuWlB0

>>37

すまん多分エロ展開はないよw

抱歉,大概接下来没有你想象中的那种工口展开噢(笑)

 

38:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/15(日) 04:39:45.17 ID:WuLtuWlB0

予想外だった。

連絡先どころか、ほぼ喧嘩別れクラスの雰囲気の悪さで別れてしまった。

イラスト、ちょっとくらいはテンション上って話が膨らむかなと思ったんだけど…

 

もしかしたら、そういうのが嫌いな人だったのかもしれない、

そう思って俺は落胆した。

 

「一体あの子は何だったんだろう…?」

キャスケット帽が似合ってたのは覚えてる。

でもそんな風貌でゲーセン来るなんて…

俺はすごい気になった。

 

真的是没想到

别说是联系方式了,整个结尾几乎是以一种吵架的感觉分离的

想着如果聊到插画的话可能可以聊得更开呢

 

说不定是讨厌插画的那种人吧

这么想着我稍稍有些沮丧

 

「到底那孩子究竟是什么呢…?」

戴着鸭嘴帽虽然说也挺合适的。

不过一般来说不会有人用这种穿着到游戏厅来吧……

果然还是非常在意……

 

41:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/15(日) 04:44:14.53 ID:WuLtuWlB0

いかんせん、俺が人間として少しでも甲斐性を見せるにはイラストしかなかった。

だって、それしかしてなかった…

 

それから数日経って、俺は再びゲーセンを訪れた。

彼女はまた居た。

その日はLOVをやっていた。その日はなぜかベレー帽。

でもそれも似合っていて、可愛かった。

 

相変わらず不思議な人だなあ…と思いつつ

俺もおもむろに近くでLOVをプレイし始めた。

 

无可奈何的是,说到一技之长的话我稍微能拿出来看的东西就只有插画了

毕竟,我也只有这个了……

 

在那之后又过了几天,我再次来到了游戏厅

她仍在那里

这一天她在玩LOV,但不知为什么穿的却是贝雷帽

但尽管如此这依然很适合她,非常可爱

 

果然还真是个不可思议的人啊……这么想着我也静静地来到LOV的游戏机前开始了游戏

 

42:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/15(日) 04:46:24.84 ID:WuLtuWlB0

この時、様々な疑問が浮かぶ。

 

今日は平日だぞ。

俺は講義半日だからいるが。

彼女はなんなんだ?

大学生?フリーター?

 

同い年くらいに見えるけど…

というか名前も知らないし。

 

悶々として、ゲームに集中できない。

 

而在这时,我的心里突然有了疑问

 

今天可是工作日噢

我是只有半天课所以才在这里

那么她到底是什么

大学生?自由职业者?

 

看上去跟我年纪差不多…

话说回来我连她名字都不知道呢

 

抱着种种疑问,总感觉没办法集中精力进行游戏

 

43:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/15(日) 04:48:02.92 ID:WuLtuWlB0

LOVの彼女の称号レベルをチラ見する。

やはり、俺よりやりこんでいる。

そして勝率も高い。明らかに俺より上級プレーヤー。

 

そして勝つと、

「やったね~!」と声を上げる。

相変わらずの奇人っぷりを発揮していらっしゃる。

 

稍微瞅了一眼她的LOV的称号等级

不出所料,比我拉出了好几个等级

而且胜率也非常高,明显是比我档次要高的那种高级玩家

 

然后每当她胜利时

就会大声叫出「太好了~!」

果然这家伙一如既往的是个怪人呢

 

44:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/15(日) 04:50:19.69 ID:WuLtuWlB0

ゲームが終わったところで、俺は肩を叩いて、ども、と会釈する。

「あ、来てたんだね~。ジュース買おうぜ~」

などと言い出す。もはやキャラが分からない。

 

馴れ馴れしいし、

本当に素の時は変な人なんだ。なんなんだこの人。

ますます気になる。

 

游戏结束以后,我拍了拍她的肩向她问好

「啊,来了啊~一起去买饮料吧~」

说着这样的话,已经越来越搞不懂她的角色了

 

一副熟头熟脑的样子

在平常就是有点怪怪的人,这究竟是个什么样的人啊……感觉越来越在意了

 

45:名も無き被検体774号+: 2012/01/15(日) 04:54:17.21 ID:NW4b4Pql0

寝ようと思ったら面白そうなスレですこと。

さて、ゲーセンいくか

 

本来想着要睡了没想到能看到这么有意思的帖子

接下来去游戏厅好了…… (lu:哥们你看看现在几点)

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
  1. 虽然现在评论晚了很久..谢谢这个故事

    2016年1月6日 19:02来自iPhone 回复
  2. 紫毒藥

    然后呢!?

    2014年10月4日 17:12来自QQ 回复
    • lu

      抱歉还没全部翻译完噢,不出意外每天都会更新的,三刚刚翻译完已经放出来了

      2014年10月4日 18:28 回复
  3. 依存症

    还真是小说一样的故事。。

    2014年10月3日 10:39来自QQ 回复
返回顶部