1Aug

『中篇故事・2ch』讲一下隔壁搬来的女高中生的故事(三)

时间: 2016-8-1 分类: 讲一下隔壁搬来的女高中生的故事 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

58: 2014/02/16(日) 16:40:50.65 ID:ekj73V7Z0

不意をつかれた俺は動揺する

やっぱり昨日の件・・・気まずかったな

因为这出其不意的一句话我产生了动摇

果然昨天那件事・・・有些尴尬呢

 

彼女は「先家に帰ってるからね」と言い駆け足で去っていってしまった

家までの道のりを一緒に帰るのもなんというか気まずいし

先に帰ってくれて丁度良かったんだけど

家に帰れば夕食の時に顔を合わせることになるのかと思うと

俺はどうにもこうにも平常心でいることが出来なかった

「我先回去了哦」她这么说着快步跑了回去

心想直到家里为止的道路一起回去也挺尴尬的

让她先回去也刚刚好

只是一想到回到家的话,在晚饭时间就要和她碰面

我就无论如何也没办法保持平常心了

 

60: 2014/02/16(日) 16:43:02.04 ID:ekj73V7Z0

その日の夕食、俺はもちろん参加した

家族を囲んでその女子高生がいる

那一天的晚饭,我当然是参加了

被家人包围着,那个女高中生也在

 

名前もまだ知らないけど両親達が「りーちゃん」と言っていたから

りから始まる名前なのだろう

虽然不知道名字,但父母是叫她「莉酱」

所以估计是莉字开头的名字吧

 

俺はクッキーのお礼も兼ねてAVを救出することにした

結構は今夜

家族が寝静まる11時頃だ

我决定于今晚实行饼干的回礼&AV的救出行动

是在家人静静睡下的11点钟

 

63: 2014/02/16(日) 16:45:45.11 ID:ekj73V7Z0

11時頃

俺は家族の目を盗んで離れに向かった

11点钟的时候

我趁家人不注意来到了独房

 

姉貴にどこ行くのと聞かれたがコンビニと言って適当にごまかした

スポーツバッグはサイズ的に無理なので黒いゴミ袋を持ち

忍び足で俺は離れへと急いだ

虽然被老姐问道你要去哪里,不过我用去便利店的理由随便地敷衍了下

运动包因为体积太大的缘故所以拿的都是黑色的垃圾袋

蹑手蹑脚地来到了独房

 

64: 2014/02/16(日) 16:49:39.34 ID:ekj73V7Z0

離れのクローゼットは2重になっている

その角に身をひそめているのが俺のAVたちだ

独房的壁橱是两重构造

隐藏在那个角落里的就是我的AV们

 

しかしこのとき

AVを救出できるかどうかとはまた違う緊張感が俺にはあった

この緊張感がなんなのかはいまいちよく分からないが

離れの扉を2,3回軽くノックした

只是这个时候

除了能不能救出AV外,我还有了一种不一样的紧张感

轻轻敲了2,3次独房的门

 

「はい」

「来了」

 

中から彼女が扉へと歩いてくる足音が聞こえる

ドクンと強く俺の心臓が脈を打った

能够听到里面的她走向门口的脚步声

怦怦,我的心跳猛然加速

 

65: 2014/02/16(日) 16:52:15.43 ID:ekj73V7Z0

扉を開けると彼女は驚いた表情で俺を見つめた

打开门后,她用吃惊的表情看着我

 

「鈴木くん・・・!」

「昼間はどうも」

「铃木君・・・!」

「白天的时候谢谢了」

 

たいした話もしてないのに昼間はどうもなんて意味の分からないセリフだが

彼女は一人で暇してたんだよー入ってく?なんて冗談交じりに

笑いかけてきたから俺はチャンスだ!と思い真顔で答えた

虽然明明没聊几句,我却说了什么白天的时候谢谢了这种莫名其妙的台词

但她也是,一个人好无聊呢,要进来吗?像这样半开玩笑地笑着向我问道

我则是机会来了!这么想着认真地回答道

 

「入る」

「・・・え?」

「え?」

「あ・・ううん、なんか散らかってるけど・・・」

「かまわないよ」

「そっか」

「进」

「・・・诶?」

「诶?」

「啊・・没事,只是有点乱・・・」

「没关系哦」

「是吗」

 

 

妙な空気が流れた

一种奇怪的氛围流淌着

 

66: 2014/02/16(日) 16:56:42.26 ID:ekj73V7Z0

「鈴木くんって高校1年生なんだよね?私高校2年生なんだよー

最初見た時同い年くらいかと思ったから年下って聞いてびっくりだった」

「そうすか」

「身長も高いよね?いくつなの?」

「178cmっす」

「へーすごいー!クラスでも高いほうでしょ?私は158cmだから・・・あ、ちょうど20cm差だね」

「铃木君是高一的吧?我是高二的哦~

 最开始看到的时候还以为是同年龄,听说比我小我还吓了一跳呢」

「是吗」

「身高也很高吧?多高?」

「178cm」

「喔好厉害!这就算在班里也算高的吧?我是158cm所以・・・啊,刚好有20cm的差距呢」

 

「そうすね」

「・・・」

「・・・」

「鈴木くん何部だっけ?野球部?練習大変そうだね」

「そうすね」

「是呢」

「・・・」

「・・・」

「铃木君是什么社团来着?棒球社?练习感觉挺不容易呢」

「是呢」

 

俺は他愛もない会話など正直どうでもよかった

早くAVを救出したくて仕方なかったからだ

しかし彼女は沈黙を恐がるかのように会話を繰り広げてくる

这无关紧要的对话说实话我觉得怎样都好

因为实在是想要快点救出AV

只是她不知是害怕沉默还是怎样,一直不停地展开着话题

 

67: 2014/02/16(日) 17:03:24.55 ID:ekj73V7Z0

「今日は冷えるね・・・っていうか散らかってるねごめんね」

「大丈夫っす」

「鈴木君あの」

「あのすみません」

「!」ビクッ

「今天很冷呢・・・话说房间很乱呢,对不起哦」

「没事的」

「铃木君那个」

「那个不好意思」

「!」吓

 

俺が正座で彼女の目の前に座ると彼女は一瞬肩をすくませた

俺は真っ直ぐ彼女を見つめこぶしを両膝の上におく

我在正座着的她的面前坐下后,她有一瞬间缩了下肩膀

我直直地看着她,将握紧的拳头放在了两个膝盖上

 

 

「あのー・・・・・」

「那个~・・・・・」

 

クロゼット開けてもいいですかの一言がどうしてもいえなかった

彼女の性格上きっと何が入ってるの?としつこく聞いてくることが

目に見えていたからだ

だけどここまできて逃げるのは男がすたる

俺は勇気をふりしぼって再び彼女の目を真っ直ぐ見つめた

我可以打开壁橱吗,这句话无论如何也说不出来

很明显,从她的性格上考虑

她一定会「里面有什么吗?」这么穷追不舍地追问

只是都到这一步了还退缩不前的话,那也太不像男人了

我鼓起勇气,再次直直地看向她

 

「あの!・・・って、え」

「那个!・・・喂,诶」

 

俺は自分の目を疑った

そう彼女がポロポロと泣き始めたからだ

我怀疑自己是不是看错了

因为面前的她开始大颗大颗地流下眼泪

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 13 条评论 新浪微博
  1. 蓝蓝的天空

    可以,这很lu大

    2016年8月4日 12:58来自QQ 回复
  2. Adieu

    怎么可以停在这里

    2016年8月2日 23:26来自移动端 回复
  3. 衰衰の小x

    [t怒]新的风暴已经出现,怎么能够停滞不前。

    2016年8月2日 15:534 回复
  4. 噢 在这停顿!

    2016年8月2日 14:40来自QQ1 回复
  5. 脑残粉

    わたし、気になります.jpg

    2016年8月2日 09:25来自移动端 回复
  6. Devilsarms

    这种断已经不是熟练的等级了吧…

    2016年8月2日 06:26来自iPhone1 回复
  7. 貧血

    男主腦內:
    AV>>>神>>>不可跨越之壁>>>>>>>莉醬 ←NOW

    2016年8月2日 02:233 回复
  8. 秋名山老司机一个前列腺刹车停在了这种位置…

    2016年8月2日 01:29来自QQ6 回复
  9. Alpha

    这样断,真的好吗?小lulu

    2016年8月2日 01:05来自移动端 回复
  10. CyclizePei

    扑通一声跪在善断的lu大面前

    2016年8月1日 23:327 回复
  11. kongkong

    ?!这胃口吊得怎么那么熟练啊

    2016年8月1日 23:172 回复
  12. WD233

    lu大你这个断得QAQ

    2016年8月1日 23:17来自移动端 回复
  13. anon

    怎!么!可!以!停!在!这!里!?

    2016年8月1日 23:03来自移动端6 回复
返回顶部