11Jul

『安价系列帖・2ch』我「咕嘿嘿嘿……」女骑士「快把这手铐解开!」(完)

时间: 2016-7-11 分类: 我「咕嘿嘿嘿……」女骑士「快把这手铐解开!」 作者: 鹳

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

提示:如果您是第一次阅读,请点击第一章。想看之前的章节,请点击目录

 

上一章 目录 

 

445: 2013/06/19(水) 02:50:27.78 ID:PrxTl5qO0

俺「グヘヘヘ……こいつはキツイなぁ……!!」

我「咕嘿嘿嘿……这个很难呢……!!」

 

女騎士(……身体がうずく………)

女骑士(……身体好痒……)

 

俺「なぁ!!」

女騎士「えっ?あ、あぁ……そうだな」

我  「呐!!」

女骑士「诶?啊,啊啊……是呢」

 

女騎士(コント……コントか………)

女骑士(相声……相声吗……)

 

女騎士「……」

俺「ん?どうした!!グヘヘ!!一人じゃ無理か!!」

女騎士「……あぁ」

俺「しょうがねぇ!!この中から誰か一人相方を選びなぁ!!」

女騎士「……じゃあ>>450」

女骑士「……」

我  「恩?怎么了!!咕嘿嘿!!一个人不行么!!」

女骑士「……啊啊」

我  「真没办法!!从这些人里面选一个来当你的搭档吧!!」

女骑士「……那就>>450」

 

450: 2013/06/19(水) 02:50:59.04 ID:HEaGxiOU0

 

458: 2013/06/19(水) 02:51:52.34 ID:gruIJlG90

俺かよwwwwwwww

我么wwwwwwww

 

469: 2013/06/19(水) 02:55:36.18 ID:PrxTl5qO0

女騎士「お前だ」

俺「グヘヘ!!……えっ」

女騎士「この中から選んだぞ」

俺「えっ、いやそんな一休さんみたいな」

女騎士「お前だ」

俺「グヘ、グヘヘヘ……み、皆はどう思……」

オーク達「やらなきゃ駄目っすよ!!」

俺2「グヘヘへ!!グヘヘヘ!!」

女騎士「決まりだな」

俺「そ、そんな……」

女騎士「それじゃあ見てください……ショートコント」

女骑士 「就选你」

我   「咕嘿嘿!!……诶」

女骑士 「我从这里面选了哦」

我   「诶,不怎么像一休一样的」

女骑士 「就是你」

我   「咕嘿,咕嘿嘿嘿……大,大家会怎么想……」

半兽人们「不做可不行哦!!」

我2  「咕嘿嘿嘿!!咕嘿嘿嘿!!」

女骑士 「决定了呢」

我   「怎、怎么这样……」

女骑士 「那么请看……短相声」

 

女騎士『セックス』

女骑士『啪啪啪』

 

俺「えっ」

俺2「えっ」

オーク達「えっ」

我   「诶」

我2  「诶」

半兽人们「诶」

 

471: 2013/06/19(水) 02:56:04.78 ID:sPwcwtWi0

えっ

 

472: 2013/06/19(水) 02:56:12.25 ID:ktHtBCyU0

えっ

 

473: 2013/06/19(水) 02:56:16.49 ID:bv/MjJQN0

ん?

恩?

 

475: 2013/06/19(水) 02:56:33.50 ID:mPEvfX8G0

なんだと

什么

 

476: 2013/06/19(水) 02:56:34.10 ID:t4yw64as0

えっ

 

477: 2013/06/19(水) 02:56:42.77 ID:ItitqNIU0

流れ変わったな

流向变了呢

 

478: 2013/06/19(水) 02:56:43.54 ID:I6wvqBleI

えっ

 

480: 2013/06/19(水) 02:56:45.53 ID:o98/pB300

遂に来たか

终于来了么

 

497: 2013/06/19(水) 02:59:55.76 ID:PrxTl5qO0

女騎士「私は最近なぜか異常にムラムラするんだ」

俺「えっ」

女騎士「こんなスケスケの服を着ているせいだろうか」

俺「えっ」

女騎士「それともこの液体のせいだろうか」

俺「ちょっ」

女騎士「お前の裸を見たせいかもしれないな」

俺「ま、待って」

女騎士「待って?違うだろ?お前が今するべき事は……」

女骑士「我最近不知道为何有些异常地欲求不满」

我  「诶」

女骑士「是因为穿着这种透透的衣服的原因么」

我  「诶」

女骑士「还是这个液体的原因呢」

我  「等」

女骑士「或许是因为看到了你的裸体的缘故吧」

我  「等、等等」

女骑士「等等?不对吧?你现在应该做的是……」

 

女騎士「『私に突っ込む事』だ!!!」ばーん

女骑士「『来插我啊』!!!」

 

505: 2013/06/19(水) 03:00:53.65 ID:UhUdf/6b0

ちょっと上手いこと言いやがった

稍微说了句不错的话啊

 

518: 2013/06/19(水) 03:04:45.17 ID:PrxTl5qO0

女騎士「ほら脱げ!!早く脱げ!!」ぐいっ

俺「グヘ!グヘヘェ!!やめろぉ!!お、お前ら!!助けてくれ!!」

俺「!!」

女骑士「快脱!快给我脱!!」扯

我  「咕嘿!咕嘿嘿诶!!不要啊!!你、你们!快帮帮我!!」

我  「!!」

 

俺「い、いない……!!」

我「不,不在了……!!」

 

オーク達(男になって下さい…!!)

半兽人们(请成为男人吧…!!)

 

男2(グヘヘヘ……相棒…ボンボヤージュ!(良き航海を!))

男2(咕嘿嘿嘿……兄弟…祝旅途愉快!)

 

俺「アイツラァァァァ!!!」

女騎士「Wind is blowing from the Aegean~♪」

俺「えっ…なに………」

我  「那些家伙!!!!」

女骑士「Wind is blowing from the Aegean~♪」

我  「诶…什么…………」

 

女騎士「女は海~♪」ぬぎっ

俺「ウワァァァァァァァァァ!!!!」

女骑士「女人是海~♪ 」脱

我  「哇啊啊啊啊啊啊啊啊啊!!!!」

 

536: 2013/06/19(水) 03:07:48.87 ID:PrxTl5qO0

女騎士「海女になれと言ったのはお前だぞ」

俺「お、俺童貞で……」

女騎士「知るか!!」ぬぷっ

俺「はーーーーーん!!!!」

女騎士「この火照りが治まるまでお前は私の相方だ……!!」ぬっぷぬっぷ

俺「き、気持ち良すぎるぅーーーーー!!!!」

女騎士「じぇじぇ!!じぇじぇ!!!」ぬっぷぬっぷ

俺「はーーーーーーーーん!!!!!」ぬっぷぬっぷ

女骑士「是你说要我成为海女的哦」

我  「我、我还是处男……」

女骑士「我管你啊!!」

我  「哈——————嗯!!!!」

女骑士「直到这股火平息下来前你都要陪着我……!!」

我  「这太、太舒服了——————!!!」

女骑士「jeje!!jeje!!!」

我  「啊————————恩!!!!」

 

549:ペンネリガーテ ◆wLuJbLonG2: 2013/06/19(水) 03:09:41.71 ID:yWuA/Fmr0

はーんwwwwwww

哈——恩wwwwwwwww

 

551: 2013/06/19(水) 03:10:18.05 ID:ktHtBCyU0

童貞卒業おめでとう

恭喜处男毕业

 

553: 2013/06/19(水) 03:10:51.14 ID:8Bptig7a0

こんな卒業いややわw

这种毕业才不要w

 

562: 2013/06/19(水) 03:13:04.76 ID:PrxTl5qO0

女騎士「フフフフ……治まる気がしないなコレは……」ぬっぷぬっぷ

俺「も、もうイっちゃ」

女騎士「良いぞ、いつでも」ぬっぷぬっぷ

俺「で、でもそんな事したら妊娠し」

女騎士「構うものか!!!」ぬっぷぬっぷぬっぷ!!

僕「イヤァァァァァァ!!!お父さんイヤァァァァァァ!!!」

女騎士「イヤじゃない!!良い!!」ぬっぷぬっぷぬっぷ!!

僕「イヤァァァァァァ!!!イヤァァァァァァ!!!」

女騎士「スパーーーーーート!!!」ぬっぷぬっぷぬっぷぬっぷ!!

僕「はーーーーーーーーーん!!!!」

女骑士「呼呼呼呼……没有平息的迹象呢这个……」

我  「已,已经要去了」

女骑士「可以哦,随时可以」

我  「但,但是那样的话会怀孕的」

女骑士「管那个干什么!!」

我  「不要啊啊啊啊啊啊!!爸爸不要啊啊啊啊啊啊!!」

女骑士「不是不要!!要!!」

我  「不要啊啊啊啊啊啊!!!不要啊啊啊啊啊啊啊!!」

女骑士「冲————————刺 !!!」

我  「啊————————恩!!!!」

 

 

  エ  ク  ス  タ  シー(Sea)

 e c s t a s yー(sea)

 

584: 2013/06/19(水) 03:19:21.42 ID:PrxTl5qO0

~それから時は過ぎ~

~在那之后时间流逝~

 

女騎士「フン!そんな事も出来んのか!!」

俺「グヘヘヘ……ヨガマスターじゃねぇんだからよぉ……」びたーん

娘「あはは!またパパ負けー!!」

俺「グヘヘヘ……情けねえぜ…!!」

オーク達「お邪魔しまーす!あっ!またやってるんすか!?」

女騎士「フフッ、私の方がすっかりハマってしまってな」

俺2「グヘヘヘ!!相変わらず熱いねぇ!!」

女騎士「よし!皆来たしご飯にしようか!!」

娘「わたしも手伝うー!!」

俺「グヘヘヘ……」

女骑士 「哼!连那种事都不行么!!」

我   「咕嘿嘿嘿……我可不是瑜伽大师啊……」

女儿  「啊哈哈!爸爸又输了——!」

我   「咕嘿嘿嘿……真丢脸啊…!!」

半兽人们「打扰了!啊!又在做么!?」

女骑士 「呼呼,我这边倒是完全的沉浸进去了呢」

我2  「咕嘿嘿嘿!!还是那么火热呢!!」

女骑士 「好!大家来吃饭吧!!」

女儿  「我也来帮忙!!」

我   「咕嘿嘿嘿……」

 

俺「ツイスターは負けても…人生ゲームは俺の勝ち……かな」

女騎士「何か言ったか?」

俺「グヘヘヘ!!なんでもねぇよ!!」

我  「就算扭扭乐输了……但人生游戏(大富翁)算是我赢了……吗」

女骑士「你说了什么吗?」

我  「咕嘿嘿嘿!!没什么哦!!!」

 

おわり

 

589: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) : 2013/06/19(水) 03:20:29.27 ID:eT8YhjOW0

まさかのGOOD END

出乎意料的GOOD END

 

592: 2013/06/19(水) 03:20:46.07 ID:s55W5uqJ0

いいはなしだなー

真是个好故事啊——

 

提示:整个故事已经完结了噢>_<

 

上一章 目录 

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


鹳

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 8 条评论 新浪微博
  1. 脑残粉

    逆推骑士可以有

    2016年7月12日 09:53来自移动端 回复
  2. 777

    Σ(゚Д゚)居然莫名的ge了

    2016年7月12日 08:23来自移动端 回复
  3. CupcakeWOW

    嗑了媚藥的女騎士真可怕

    2016年7月11日 23:082 回复
  4. mamamia

    出乎意料的GOOD END

    2016年7月11日 18:41 回复
  5. ncyp

    可喜可賀

    2016年7月11日 18:15 回复
  6. acer

    真是个好故事啊

    2016年7月11日 17:59 回复
  7. 匿名

    明明有半獸人的說,為什麼選了“我”?

    2016年7月11日 16:10 回复
    • upup

      大概是因为扭扭乐吧

      2016年7月11日 17:48来自移动端 回复
返回顶部