6Jul

『长篇创作・2ch』男「将游戏变成现实的游戏机?」 天使「没错哦~♪」(二十一)

上一章 目录 下一章

 

301: 2012/07/04(水) 23:22:10 ID:WkRp7u/Y

~翌週~

~第二周~

 

「なぁ……聞いたか?」

「あぁ……友の奴、幼さんを男から略奪したってマジらしいな?」

「いや、オレは女友さんと付き合ってるって聞いたぞ?」

「いやいや、無口さんと書記さんも一緒に、5人で歩いてたってよ……」

「なんだよそれ、ハーレムじゃねぇかよ……クソ、羨ましいなアイツ……」

「呐……听说了吗?」

「啊啊……友那家伙,从男那里抢走了青好像是真的哦?」

「不,我听说他跟女友正在交往哦?」

「不不,我听说他跟无口和书记也一起,5个人在一起走哦……」

「什么啊那个,不是后宫吗……可恶,真羡慕那家伙啊……」

 

302: 2012/07/04(水) 23:25:45 ID:WkRp7u/Y

男友「……噂、広まっちまったな……」

男「……あぁ」

オタ「良いのでござるか?」

男「事実だからな。 今は……これでいい」

男友「なぁ……まだ、なのかよ?」

男「……多分、もう少しだ。 ……見てみろよ」

男友「……流言,传开了呢……」

男 「……啊啊」

宅 「这样好吗?」

男 「毕竟是事实呢。 现在……这样就好」

男友「呐……还不能,行动吗?」

男 「……大概,还差一点。 ……你给我等着啊」

 

幼「でね、今度遊園地に行きたいなーって!」

友「……あぁ、そうだな」イライラ

幼「……どうしたの? 何かあった?」

友「……何でもねぇよ」

青「然后呢,下次想去游乐园——呢!」

友「……啊啊,是啊」焦躁

青「……怎么了? 发生了什么吗?」

友「……没什么啊」

 

303: 2012/07/04(水) 23:26:28 ID:WkRp7u/Y

オタ「……? どうやらイライラしているようでござるな?」

男友「どうやったかは知らねぇけど、アイツ今幸せの絶頂じゃねぇか……」

男友「なんでアイツがイライラすんだよ?」

男「理由は分かってる。 ……言えなくて悪いんだけどな」

オタ「……もしかして、時を待てとはこれを待っていたのでござるか?」

男「あぁ……」

宅 「……? 怎么看上去有些焦躁的样子?」

男友「虽然我不知道他怎么做的, 那家伙现在不是都幸福得都快死了吗……」

男友「为什么那家伙会焦躁啊?」

男 「理由我知道。 ……只是不能说出来有些抱歉呢」

宅 「……难道,所谓的等待时机就是在等待这个吗?」

男 「啊啊……」

 

304: 2012/07/04(水) 23:27:50 ID:WkRp7u/Y

『男ー! 会いたかった!』

男——! 我好想你!

 

男『毎日会ってるじゃねぇか。 まぁ、姿は見てないけどな?』

男『不是每天都见面吗。 嘛,虽然看不到人影呢?』

 

『今日の定時報告なー? 男の予想通り、昨日もだったぜ!』

『关于今天的定时报告哦——? 跟男预测的一样哦,昨天也是哦!』

 

男『行動制限か…… アイツ、どんな顔してた?』

男『行动限制吗…… 那家伙,什么表情?』

 

『ハッ、笑っちゃうね! まるでおあずけかまされたワンコのよう!』

『哈,真好笑呢! 就像食物放在眼前却不能吃的狗一样!』

 

男『だろうな。 ……そろそろ、アイツも気づく頃か?』

男『我猜也是呢。 ……差不多,那家伙也该察觉到了吧?』

 

『多分ねー? もうすぐキミの所へ帰るから、股を濡らして待ってな!』

『应该吧——? 我马上就回你那,把股间弄湿等着我呢!』

 

男『濡らさねぇよ! 下ネタ言ってないで、しっかり張ってろよ?』

男『才不会弄湿啊! 别说黄段子了,给我好好盯着哦?』

 

『アイアイサー! んじゃ、また後でねー!』

『遵命遵命——! 那么,一会儿见哦——!』

 

男友「……どうした、男? さっきからボーっとして……」

男「いや……なんでもねぇよ」

男友「……怎么了啊,男? 从刚才起就在发呆……」

男 「不……没什么啦」

 

305: 2012/07/04(水) 23:29:27 ID:WkRp7u/Y

~翌日~

~第二天~

 

女友「友! 今日の放課後どうする?」

幼「私、駅前の店のパフェ食べたいなー!」

友「……」イラッ

女友「どしたん? 何か元気ないけど?」

幼「パフェ、嫌いだった? なら、別のお店でも……」

友「……うるせぇ! 少し静かにしてくれよ!」バン!

幼「ご、ごめん……」

女友「友! 今天放学后打算怎么度过?」

青 「我想吃车站附近的芭菲呢——!」

友 「……」烦躁

女友「怎么了啊? 总感觉你没什么精神呢?」

青 「讨厌…芭菲么? 那样的话,其他的店也……」

友 「……烦死了啊! 给我安静一点啊」砰!

青 「对、对不起……」

 

 

オタ「……今日は一段と荒れているでござるな……」

宅「……今天的粗暴程度更上一层楼呢……」

 

男友「ったく、二人はべらせておいて何が不満なんだよ、アイツ……」

男友「真是的,让两个人都侍奉着,有什么不满的啊,那家伙……」

 

306: 2012/07/04(水) 23:31:07 ID:WkRp7u/Y

『男ー! 聞っこえってるー?』

男——! 听得见吗——?

 

男『聞こえてるよ。 定時連絡か?』

男『听得见哦。 定时联络吗?』

 

『うんにゃ。 アイツ、昨日見たぜ?』

『恩喵。 那家伙,昨天去看了哦?』

 

男『……そうか。 とすると、気づいたな、アイツ!』

男『……是吗。 这样就是说,察觉到了呢,那家伙!』

 

『多分ねー! 案外早かったじゃん? まだイベント半分残ってるし』

『大概呢——! 出乎意料地快嘛? 事件还剩下一半呢』

 

男『ま、それだけ我慢出来なかったんだろうよ』

男『嘛,也就是说这对他来说就是有这么难忍呢』

 

『へっへー、私頑張ったっしょ? ほめてほめて!』

『嘿嘿——,我努力了吧? 夸夸我夸夸我!』

 

男「よくやったぞ、天使!」

男友「あ……? 天使……?」

男「あ……いや、なんでもない……」

男 「干得不错哦,天使!」

男友「啊……? 天使……?」

男 「啊……不,没什么……」

 

307: 2012/07/04(水) 23:32:23 ID:WkRp7u/Y

オタ「そういや、男は最近ゲームしているでござるか?」

男「うんにゃ。 そんな気分でもなくてな……」

男友「ま、そりゃそうだ。 つっても、この前クソゲーやってたけどな?」

男「やりたくてやってた訳じゃねぇっての……」

オタ「もう少しマシなゲームやったらどうでござるか?」

オタ「なんだったら、紹介するでござるよ? ほら、最近発売したエロゲで……」

男友「あぁ、あれだろ? 『幼な妻キュンキュン!』 っての」

男友「うちの店でも売り上げ一番みたいだしな。 どうなんだよ、あれ?」

オタ「すごいらしいですぞ? 純愛ラブラブの上、エロエロだそうでござる!」

宅 「说起来,男最近在玩游戏吗?」

男 「嗯。 没那种心情呢……」

男友「嘛,也是啊。 话说回来,这之前你玩了粪作吧?」

男 「又不是我想玩才玩的……」

宅 「稍微玩一些好一点的游戏怎么样?」

宅 「不如我介绍给你哦? 你看,最近发售的黄油……」

男友「啊,就是那个吧? 『幼妻的心蹦蹦跳!』吧?」

男友「在我们店里卖得也是最多。 怎么样啊,那个?」

宅 「好像很厉害哦? 在纯爱lovelove的基础上,还十分工口呢!」

 

308: 2012/07/04(水) 23:33:28 ID:WkRp7u/Y

男「お前らな、学校でエロゲの話すんなよ……女子が聞いたら引くぞ?」

オタ「フヒヒ、拙者ら、彼女いない同盟に怖いものなど!」

男友「男もやるか? 本当なら高校生は駄目だけど、売ってやるぞ?」

オタ「男友! 今の男にそのゲームは……」

男友「あ……悪ぃ。 お前の気持ち、考えてなかったな……」

男「……気にすんな。 気使われる方が余計気にするっての」

男 「你们啊,别在学校谈论黄油啊……女生听到的话可是会雷到的哦?」

宅 「呼嘿嘿,在下们,无女友联盟怎么可能有畏惧的东西!」

男友「男也玩嘛? 虽然话高中生不能买,但我可以卖给你哦?」

宅 「男友! 对现在的男来说那个游戏……」

男友「啊……抱歉。 我没能考虑到你的心情呢……」

男 「……别在意。 太过顾虑的话我反而会在意的」

 

309: 2012/07/04(水) 23:34:28 ID:WkRp7u/Y

『駄目だぜ? そんなので抜くくらいなら私で抜けよ!』

『不行哦? 与其用那种撸的话还不如用我撸啊!』

 

男『うるせー! そもそも抜かねぇよ!』

男『烦死了啊——! 再说根本不会撸啊!』

 

『へぇ? ふーん? ほほぅ? ホントに?』

『诶? 呼恩? 吼吼? 真的?』

 

男『な、なんだよ……?』

男『什,什么啊……?』

 

『私の天使ノーズが青臭ーい栗の花のかほりを嗅いでるんだけど?』

『我的天使鼻子可是问到了青涩栗之花的香味哦?』

 

男『……てめぇ、実体化して無い癖に分かるわけねーだろ!』

男『……你,没实体化怎么可能知道!』

 

『アハ、バレた?』

『啊哈,露馅了?』

 

男『ほれ、いいから友を張ってろ! 目、離すなよ?』

男『快点给我好好盯着友! 眼睛别从他身上离开哦?』

 

幼「友くん、どうしたの?」

友「いや……なんでもない」

友「……幼な妻キュンキュン! ね……」ボソッ

青「友君,怎么了啊?」

友「不,没什么」

友「……幼妻的心蹦蹦跳! 吗……」小声

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


鹳

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 6 条评论 新浪微博
  1. ナギちゃん

    把天使留下吧   其他人无所谓了

    2016年7月7日 12:13来自移动端 回复
  2. 777

    Σ(゚Д゚)果然是换碟吗

    2016年7月7日 05:38来自移动端 回复
  3. 我好像猜对了一半的样子!这家伙为了亲热会停下游戏换碟!

    2016年7月7日 02:29来自iPhone 回复
  4. anon

    下一个要攻略天使了么!

    2016年7月7日 00:34来自移动端 回复
  5. CupcakeWOW

    無意間就立flag了

    2016年7月6日 23:13 回复
  6. CyclizePei

    妈呀。。。。。又要超展开了

    2016年7月6日 21:17 回复
返回顶部