11Jun

『长篇故事・2ch』去美国读书结果交上了美国女友(一百零六)

时间: 2016-6-11 分类: 去美国读书结果交上了美国女友 作者: 研小一

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

300: 2015/11/06(金)20:55:50 ID:Mzu

デ「以前の店では加藤と名乗って無理矢理日系人のふりをしていましたww」

レ「その顔で?」

デ「その方が受けがいいと思ってたんですよwwwコンナフにカタコトのエイゴをつかてましたー」

ボ「ハハハ、ショーマンシップだなwww」

店「在以前的店里,曾经用『加藤』这个名字假扮日本人呢ww」

丽「用那张脸?」

店「因为这样比较受欢迎哦www就像这样只言片语地讲着英文。」

鲍「哈哈哈哈哈,吸引观众的手法呢www」

 

317: 2015/11/06(金)21:00:18 ID:Mzu

デ「前のお店では日本人のお客さんを怒らせてしまって大変でしたよ」

ア「ここでは?」

デ「もう日本人の振りをしなくてもいいし、大将にもいろいろ教えてもらったんで大丈夫ですよ!

  お兄さんは日本人でしょ?他のお店でイヤな思い出もしましたか?」

店「在之前的店里惹怒了日本客人可够受了」

亚「在这儿呢?」

店「在这里不用假装日本人,大将也教了我很多事情所以没问题哦!

  小哥你是日本人对吧?在其他店里有什么不好的回忆吗?」

 

僕「よくわかるね?」

デ「さっきからずっと表情が硬いですよwww

  ここでは私が腕を振るって最高においしいものを出しますんで楽しんでいってください」

我「真亏你看得出来啊?」

店「因为从刚才开始表情一直很僵硬哦www

  在这里我会施展自己的手艺做出最好吃的东西的,尽请期待」

 

僕「……ありがとう」

ア「このオコノミ超おいしー!!」

我「……谢谢」

亚「这个御好烧超好吃!!」

 

477: 2015/11/07(土)02:05:30 ID:sgW

ボ「このコーベもなかなか……」

ア「一切れちょうだい」

ボ「だめだ。これは俺のコーベだ」

ア「ぐぬぬ……ねえヒダビーフはおいてないの!?」

デ「え?ヒダ?」

僕「なんでもないです、気にしないでくださいwww」

鲍「这个神户牛肉也是相当……」

亚「给我一片」

鲍「不行,这是我的神户牛」

亚「咕呶呶……呐没有飞弹牛吗?」

店「诶?飞弹?」

我「没事没事,请不要在意www」

 

485: 2015/11/07(土)02:09:43 ID:sgW

ボ「うむ、うまかった」

キ「お店もステキだしまた来ようかしら」

ア「またみんなで来ようね!」

レ「ねえ、デザートは無いの?」

僕「アイスクリームをたのんであるよ」

レ「ヤッター!」

ア「え、大丈夫なの?」ボソ

鲍「唔姆,真好吃。」

凯「这家店也很棒以后要再来吗」

亚「大家一起再来吧!」

丽「呐,没有甜点吗?」

我「有点冰淇淋哦」

丽「太好啦!」

亚「诶,没关系吗?」小声

 

493: 2015/11/07(土)02:15:00 ID:sgW

僕「基本的に花火は誕生日のサービスだったはず。

  ましてこれだけ人数がいたらやらないでしょ」ボゾ

我「基本上烟花应该只是生日的特别服务。

  何况只有这么几个人应该是不会办的

 

ア「なるほど」ボソ

僕「ほら、何も乗ってないよwww」

ア「よかったーwww」

亚「原来如此。」

我「你看,什么都没有放哦www」

亚「太好了www」

 

 

レ「ワオ!」

デ「こちらのお嬢さんに大将からプレゼントです!」バチバチバチ

丽「哇哦!」

店「这是大将送给这位姑娘的礼物哦!」啪叽啪叽啪叽

 

497: 2015/11/07(土)02:15:42 ID:fED

Oh…

Oh……

 

501: 2015/11/07(土)02:18:44 ID:sgW

僕「何も見えない……」

レ「シュウ、すごいね!日本の花火思い出すね!」

僕「……そうだね!」ニコ

ボブ「どうしたシュウ?その花火が……あっ(察し)」

我 「我什么都没看到」

丽 「修,好厉害!想起了日本的烟花呢!」

我 「……是呢!」微笑

ボブ「怎么回事,修?这个烟花……啊(懂了)」

 

508: 2015/11/07(土)02:27:13 ID:sgW

僕「ボブ、ここは僕のオアシスだからどうぞ穏便に……」

ボ「はぁ……レベッカのこの笑顔を見たら何も言えんよ」

僕「ボブ……」

レ「何話してるの?アイス溶けちゃうよ」

キ「あら、このグリーンティーフレーバーおいしいわね」

ア「シュウのお姉さん昔は抹茶の会社で働いててね……」

我「鲍勃,这里是我的绿洲哦所以请务必稳妥的……」

鲍「哈啊……看到丽贝卡的这张笑脸什么话都说不出了哦」

我「鲍勃……」

丽「在说什么啊?冰淇淋要化了哟」

凯「啊啦,这个绿茶口味很好吃呢。」

亚「说来修的姐姐以前在抹茶公司里工作过呢……」

 

524: 2015/11/07(土)02:36:26 ID:sgW

僕「ごちそうさまでした」

ア「やっぱり家族全員で食べるご飯はステキだね」

キ「フフ、シュウもすっかり家族の一員ね」

レ「あ、今年の感謝祭はみんな一緒に過ごせるんだね!」

ボ「もちろんクリスマスもだぞ!」

僕「またトムにあうのが楽しみです」

みんな「あ……」

我 「多谢款待」

亚 「果然全家一起吃的饭最棒了」

凯 「呼呼,修也完全是家庭的一员了呢」

丽 「啊,今年的感恩节可以全家一起过了呢!」

鲍 「圣诞节当然也是哦!」

我 「又可以见到汤姆了真是期待啊」

大家「啊……」

 

 

 

 

 

 

※忘れちゃらめぇ!

※不可以忘记啊!

 

526: 2015/11/07(土)02:37:55 ID:nxO

トムーーーw

汤姆——w

 

532: 2015/11/07(土)02:44:18 ID:Xlv

トム「なんか内装変わったな~」zzz

汤姆「家里的样子好像变了呢~」zzz

 

 

police「不法侵入で逮捕」

police「因为非法入侵逮捕」

 

 

トム「」

汤姆「」

 

533: 2015/11/07(土)02:44:39 ID:sgW

※仕事も慣れて来たとある休日

※开始习惯了工作后的某个休息日

 

フ「それで?わざわざ休日にどうしたの?」

僕「フランス人はこういうの上手かな……と思って」

フ「こういうの?」

僕「プ、プロポーズってどうやってすればいいんだ!?」

弗「所以呢?特意休息日跑来怎么啦?」

我「法国人对那种事应该很擅长吧……这么想着」

弗「那种事?」

我「求、求婚的应该怎么做才好啊!?」

 

543: 2015/11/07(土)02:47:51 ID:5sg

>>533

なwぜwフwラwンwツwに聴wいwたwしww

>>533

为w什w么w要w问w弗w朗w茨ww

 

551: 2015/11/07(土)02:51:28 ID:sgW

フ「フランス人は愛に生きるからね。さすがはシュウ、よくわかってる」

僕「おお、それでどうすればいいんだ?」

フ「まずは大勢人がいるところにアレックスを連れ出す」

僕「ふむ」

フ「そしてこんなふうにおもむろに片膝をついて指輪を差し出すんだ」

僕「おお!」

フ「そこではごちゃごちゃ言ったらいけない。一言だけで十分だ」

僕「何て言うの?」

フ「俺と結婚してくれないかい?」

弗「法国人就是为爱而生的呢。不愧是修,你很懂嘛」

我「哦哦,所以怎么办好呢?」

弗「首先要把亚历克斯带到人很多的地方」

我「唔姆」

弗「然后像这样单膝跪地拿出戒指」

我「喔喔!」

弗「然后不能叽里呱啦地说一大堆话。一句话就已经足够了」

我「要说什么呢?」

弗「要和我结婚吗?」

 

 

 

 

 

 

ビ「Oh my god」

碧「Oh my god」

 

565: 2015/11/07(土)02:57:46 ID:sgW

ビ「なんだ、シュウにプロポーズの方法教えてたのね」

フ「わかってくれて嬉しいよ」(説明所要時間10分)

ビ「あ、あんなシーン見て落ち着いてられるわけ無いでしょ!」

僕「だいたいわかったけど、なんで大勢人がいるところで?」

ビ「ああ、そうすると勝手に周りが盛り上がって『Say yes!』(ハイって言え!)ってなるの」

フ「どうよこの作戦?」

ビ「……ありきたり。ボツ」

碧「什么啊,原来在教修求婚的方法啊」

弗「你能明白我真是太开心了」(说明时间花了10分钟)

碧「看、看到那样的场景怎么可能冷静得下来啊!」

我「虽然大体明白了,不过为什么要到人很多的地方呢?」

碧「啊啊,这样的话周围的人就会很激动的喊『say yes』(说“好!”)哦」

弗「这个作战如何?」

碧「……太老套了。不采用」

 

574: 2015/11/07(土)03:03:40 ID:sgW

ビ「そもそもなんでこんなやつに頼ろうとしたの?」

僕「やっぱりフランス人でその辺の事情に明るいと思って」

ビ「よく考えなさい。このへたれにそんなステキなプロポーズが思いつけるわけ無いでしょ?」

フ「へたれって言うなよ……」

ビ「じゃあオタクのほうがよかったかしら?」

フ「Oh, fuck」

碧「话说回来为什么要拜托这种家伙啊?」

我「我觉得还是法国人对这种事比较了解」

碧「好好想想啊。这种废物怎么可能想出很棒的求婚啊?」

弗「别叫我废物……」

碧「那死宅比较好?」

弗「Oh, fuck」

 

582: 2015/11/07(土)03:08:50 ID:sgW

ビ「そもそもさ、シュウってもうプロポーズしたんじゃなかった?」

僕「何で知ってるの?」

フ「え,まじで?」

ビ「アレックスが嬉々として教えてくれたわよ」

僕「///」

ビ「もう一回そのプロポーズすればいいじゃない」

僕「さすがにそれはだめでしょ……」

碧「话说回来,修你不是已经求过婚了嘛?」

我「为什么会知道啊?」

弗「啊,真的假的?」

碧「亚历克斯很开心地告诉我的哦」

我「///」

碧「再来一次同样的求婚不是很好吗」

我「那再怎么说也太……」

 

595: 2015/11/07(土)03:15:38 ID:sgW

僕「そもそもプロポーズのつもりが無かったからもう一回するんだよ」

フ「え、それは指輪もなしにプロポーズ成功させたってこと!?」

僕「そうなるのかな?でも僕も指輪なしはまずいだろうと思って……」

フ「何もったいないことしてるんだよ!婚約しちゃえばこっちのもんだろうが

  ほんのわずかな勇気でバージンとおさらばできたって言うのに」

我「要说的话当时我根本没打算求婚的所以要再来一次。」

弗「诶,也就是说当时没有戒指你就求婚成功了!?」

我「也可以这样说吧?不过我也觉得没有戒指不太好……」

弗「你也太浪费了吧!只要订下婚约不就相当于已经是你的东西了嘛

  明明再拿出一点勇气就可以和处男告别了的说」

 

ビ「フランツもへたれだけど……シュウも相当よね」

僕「今は昔の話はどうでもいいだろ///」

碧「弗朗茨虽然是个废物没错……修也真够可以的……」

我「事到如今以前的事什么的已经怎样都好了吧///」

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 7 条评论 新浪微博
  1. LasTaurus

    [doge]

    2016年6月12日 12:23 回复
  2. 空想少年

    新增弗朗茨线(察觉)

    2016年6月12日 09:01来自移动端 回复
  3. 炤炤穆穆

    日常虐。。。

    2016年6月12日 08:33来自移动端 回复
  4. 脑残粉

    日常基佬帖

    2016年6月12日 01:28来自移动端 回复
  5. Devilsarms

    233碧池被吓到了好可怜

    2016年6月11日 23:46来自iPhone 回复
  6. CyclizePei

    弗兰兹×碧池总是那么温暖 。。。。

    2016年6月11日 22:16 回复
    • 总觉得很合适呢

      2016年6月20日 20:00来自移动端 回复
返回顶部