10Jun

『长篇故事・2ch』去美国读书结果交上了美国女友(一百零五)

时间: 2016-6-10 分类: 去美国读书结果交上了美国女友 作者: 研小一

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

161: 2015/11/06(金)20:01:30 ID:Mzu

※そしてボブの予言通り、遊びは日に日に忙しくなっていきました……

※然后就像鲍勃预言的那样,“玩耍”一天比一天忙碌了起来……

 

ボ「今日は顔つなぎにいくぞ!ロードアイランド州まで行くからな!」

僕「はい!」

ボ「今日は企画会議を見学しろ。勉強もかねて議事録を作ってみろ!」

僕「はい」

ボ「今日はウンタラカンタラ……」

僕「……」

ボ「おいシュウ!きいてるか!?」

僕「はい!!」

鲍「今天要去集会哦!要去到罗德岛州那边哦!」

我「好!」

鲍「今天来企划会议参观学习吧。学习的同时也做一下会议纪要!」

我「好」

鲍「今天(此处省略五十字)……」

我「……」

鲍「喂修!听到没!?」

我「好!!」

 

168: 2015/11/06(金)20:03:50 ID:Mzu

ア「シュウ、オカエリー」

僕「ただいま……」

ア「どうしたの元気ないね?」

僕「今日は……疲れたからもう寝るよ……」

ア「そっか……オツカレサマ」

僕「おやすみ」

亚「修,你回来了」

我「我回来了……」

亚「怎么这么没有精神?」

我「今天……太累了我已经要睡了……」

亚「这样啊……你辛苦了」

我「晚安」

 

175: 2015/11/06(金)20:09:40 ID:Mzu

※休日

※休息日

 

ア「今日はどうしよっか?」

僕「うーん……ゆっくり休みたい」

ア「それじゃあ一緒にアニメ見ない?」

僕「いいね」

亚「今天要做什么好呢?」

我「嗯……想慢慢休息」

亚「那一起看动画片吧?」

我「好哦」

 

 

 

僕「あ、このアニメまだ1話見てないからだめ。こっち見よう」

ア「それシリーズ物じゃない?ファーストシーズン見てないよね?」

僕「……ならどれ見るんだよ?」

ア「どれって……そんなこわい顔しないでよ」

僕「クソ、ごめん!」

我「啊,这部动画片我还一集都没看过所以不行。看这边的吧」

亚「这个不是一个系列的吗?第一季还没看吧?」

我「……那看哪个啊?」

亚「就算你问哪个……别露出这么可怕的表情」

我「啊,对不起!」

 

186: 2015/11/06(金)20:17:12 ID:Mzu

僕「アレックス、ひとつルールを決めないか?」

ア「ルール?」

僕「そう。アニメタイムっていうんだけどね」

ア「なにそれ?」

僕「僕が小さいころ、アニメが好き過ぎてテレビの前から離れなかった時

  カーサンか姉ちゃんがいるときにしかアニメを見ちゃダメってルールができたんだ」

我「亚历克斯,我们来定一条规矩吧?」

亚「规矩?」

我「嗯,名为动画片时间的规矩」

亚「那是什么?」

我「我小时候太喜欢看动画片,几乎不离开电视的时候

  被定下了只有妈妈或者姐姐在的时候才能看动画片的规矩」

 

ア「うう……ちょっと窮屈な感じだね」

僕「それがそうでもなくてさ。一緒に見るから感想を言い合えて、いつもよりアニメが面白くなったんだ」

ア「へー!それはすごいね」

僕「だからさ、僕たちもアニメを見る時は2人そろっての時にしない?」

ア「No!」(即答)

亚「唔,听起来有点拘束呢」

我「那倒也不会哦。因为一起看的话就可以聊聊感想,比平常看的时候感觉更有趣哦」

亚「喔~!那还真是很棒啊」

我「所以说,我们也只在两个人都在的时候再看动画片怎么样?」

亚「不!」(秒回)

 

199: 2015/11/06(金)20:20:42 ID:Mzu

僕「じゃあ、せめて新作アニメだけでも……

  僕はアレックスと一緒に楽しみたいんだよ」

我「那么,至少新番……

  我想跟亚历克斯一起欣赏嘛」

 

ア「でも……シュウは帰ってくるといつもすぐ寝ちゃうじゃん」

僕「寝ない!一緒にアニメを見よう!」

ア「約束してくれる?」

僕「ああ、約束だ」

亚「但是……修回来的时候总是直接就睡了不是嘛」

我「我不睡!一起看动画片吧!」

亚「一言为定?」

我「嗯,一言为定!」

 

 

※こうして今も続くアニメタイムのひな形が出来上がりました

※就这样形成了现在也在持续的“动画时间”的雏形

 

220: 2015/11/06(金)20:27:24 ID:Mzu

ア「これおもしろいよ?」

僕「また男同士の恋友情物語……?」

ア「それがいいんじゃん!」

僕「う~ん……アニメタイムには2人で見て楽しいものを要求します!」

亚「这个很有趣哦?」

我「又是男人间的友情恋爱故事……?」

亚「那不是很好嘛!」

我「嗯……我要提个要求,动画片时间要看两个人都喜欢看的作品!」

 

226: 2015/11/06(金)20:29:09 ID:Zw3

┌(┌ ^o^)┐ホモォ┌(┌ ^o^)┐ホモクレルノ?ホント?……。┌(┏ ^o^ ┓)┐ !!!!!ヒャッホオオオオ

┌(┌(┌ ^o^)┐homo┌(┌ ^o^)┐要homo?真的吗?……。┌(┏ ^o^ ┓)┐ !!!!!哈吼噢噢噢噢)

 

229: 2015/11/06(金)20:30:14 ID:Mzu

※仕事にも少しずつ慣れ始めた頃

※开始习惯工作的时候

 

ボ「今日は家族でメシでも食いにいくか」

レ「賛成!」

キ「このへんだとどこがいいかしら?」

ア「大将の所!」

僕「あ、いいねそれ」

鲍「今天全家一起去吃饭吧」

丽「赞成!」

凯「去附近哪家店好呢?」

亚「大将那里!」

我「啊,这个好」

 

236: 2015/11/06(金)20:32:39 ID:Mzu

僕「久しぶりだな~」

ア「……ねえ、花火のこと……大将に言った方がいいかな?」

僕「あ……すっかり忘れてた……どうしよう」

レ「花火がどうかしたの?」

僕「い、いや、なんでもないよ!さあ、日本食を楽しもう!」

我「好久没来了呢~」

亚「……呐,烟花那件事……要跟大将说一下比较好吗?」

我「啊……完全忘记了……怎么办」

丽「烟花怎么了?」

我「没,没事,什么事都没有!撒,尽情享受日本美食吧!」

 

244: 2015/11/06(金)20:35:30 ID:Mzu

店員「いらっしゃいませ~。あら今日は大勢で」

ア「私の家族だよ」

店員「あいにくこの人数だと今空いてるのが鉄板焼の席しかないんですが……」

僕「……て、鉄板?」

店员「欢迎光临~啊啦今天人很多嘛」

亚 「是我家人哟」

店员「很遗憾,如果是这个人数的话,现在空着的只有铁板烧的座位了哦……」

我 「……诶,铁板?」

 

245: 2015/11/06(金)20:35:55 ID:1hP

寿司屋に鉄板!?

在寿司店做铁板?!

 

247: 2015/11/06(金)20:36:21 ID:ESF

お好み焼き始めたか?

开始做御好烧了吗?

 

252: 2015/11/06(金)20:37:07 ID:Mzu

寿司屋じゃないんだな~。大将の店は日本食屋さん

いろいろあるのは知ってたけど、いつもはカウンター席に座ってたから鉄板席があるのを知らなかったんです……

原来不是寿司店啊~大将的店是日本料理店

虽然知道这里有很多东西,但是因为一直都坐在角落所以都不知道还有铁板烧座位……

 

262: 2015/11/06(金)20:40:56 ID:Mzu

デ「こんばんは。この席を担当するデイビッドです。ご注文伺います」

ア「あー!オコノミがある!これオコノミだよね!?」

デ「ビーフ、ポーク、シュリンプから選んでください」

ア「ビーフで!!」

店「晚上好。我是负责这桌的大卫。请问您需要点什么」

亚「啊!有御好烧这个是御好烧对吧!?」

店「请选择要牛肉,猪肉还是虾」

亚「牛肉的!!」

 

267: 2015/11/06(金)20:44:24 ID:Mzu

僕「この子は魚ベースのものすべてなしでお願いできます?」

デ「大丈夫ですよ。鉄板焼きではお好み焼き以外ではほとんどダシは使いませんから」

我「给这个孩子没有添加鱼味的东西可以吗?」

店「没问题。铁板烧除了大阪烧外其他都没有使用出汁哦」

 

僕(さすが大将の店……ここなら安心して注もn)

我(不愧是大将的店……在这里可以安心的点c)

 

 

デ「さあ、まずはこちらのタマネギにご注目!」

店「撒,首先请看这个小葱!」

 

 

僕 !?

我 ?!

 

269: 2015/11/06(金)20:45:04 ID:i7Y

うわwww

呜哇www

 

273: 2015/11/06(金)20:45:37 ID:whu

ザパニーズ再来

Zapanese再来

 

277: 2015/11/06(金)20:46:53 ID:Mzu

レ「すごい!炎が吹き上がってる!」

ボ「本場日本でもこのパフォーマンスは見られなかったな」

キ「さすがはアレックスがすすめてくれるだけのことはあるわね」

ア「……シュウ……大丈夫?」

僕「うん、ヘイキダヨ」

丽「好厉害!火被吹上来了!」

鲍「在日本也没看过这样的表演呢」

凯「真不愧是亚历克斯推荐的呢」

亚「……修……你没事吧?」

我「嗯,没事哦(棒读)」

 

281: 2015/11/06(金)20:48:18 ID:cX8

『长篇故事・2ch』去美国读书结果交上了美国女友(一百零五)

これかな

是这个吧

 

290: 2015/11/06(金)20:53:15 ID:Mzu

僕「このパフォーマンスは以前から?」

デ「私は他の店でやってたんですが、ここの大将にヘッドハンティングされましてね

  この店のテッパンマスターをやってます」

我「这个表演从以前开始就有吗?」

店「我本来是在其他店做的,被这里的大将挖过来了

  在这里做铁板master。」

 

 

僕「大将はパフォーマンスに関しては何も?」

デ「いえいえ、いろいろ直されましたよwww

  以前の店では今のタマネギを焼くとき「フジヤマが噴火してる」って言ってたんですが

僕「」

デ「大将に叱られましてね。今ではタマネギのパフォーマンスだけが残ってます」

我「大将对于表演的事情没说什么吗?」

店「不不,被纠正了很多哦www

  在以前店里烧今天这个小葱的时候说了「富士山喷发了」不过

我「」

店「被大将训斥了,所以现在就只剩小葱的表演了」

 

296: 2015/11/06(金)20:54:49 ID:wJR

セ、セーフ

安,安全

 


(抱歉,今天有点事发得晚了一点)

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 6 条评论 新浪微博
  1. kyu

    哈哈哈哈哈哈哈哈宿敌来了

    5月26日 20:51 回复
  2. 尸比

    竟然是那家店!!

    2016年6月13日 00:16 回复
  3. 脑残粉

    就是从那个店来的吧!

    2016年6月11日 18:24来自移动端1 回复
  4. 匿名

    男人间的友情恋爱故事┌(┌ ^o^)┐

    2016年6月11日 17:41 回复
  5. 匿名

    富士山喷火再来

    2016年6月11日 11:45 回复
  6. 回忆起那个伪日本料理店…

    2016年6月11日 00:00来自新浪微博 回复
返回顶部