26May

『中篇创作・2ch』老师「今天让大家读一下考试的作文」(七)

时间: 2016-5-26 分类: 老师「今天让大家读一下考试的作文」 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

111: 2009/12/13(日) 20:45:20.52 ID:IvrXZQsp0

ぼく「女子1ちゃん!!!たすけてーーーーー!!!!」

我「女生1酱!!!救命ーーーーー!!!!」

 

 

 

 

女子1「え?」

母?「あら、うなされているみたい…」

女子1「で、でも私をよんで…」

母?「あなたが遅刻しちゃうわ、気にしないで」

女生1「诶?」

母? 「啊啦,好像做恶梦了的样子…」

女生1「但、但是在叫我…」

母? 「你会迟到的哦,不要在意了」

 

 

 

 

ぼく「おねがい!!おねがいたすけて!!!!気づいて!!!」

我「拜托了!!拜托救救我!!!!请注意到!!!」

 

 

 

 

女子1「……本当に苦しそうですね。今日は、失礼します」

母?「ええ、いってらっしゃい。ごめんなさいね心配させちゃって…」

女生1「……看样子真的很痛苦的样子呢。今天我就先告退了」

母? 「嗯,一路走好哦。不好意思哦让你这么担心…」

 

114: 2009/12/13(日) 20:48:53.16 ID:IvrXZQsp0

 バタン

 扑腾

 

ぼく「う…うぅ……」

我「呜…呜呜……」

 

 コンコン

 咚咚

 

ぼく「ひぅっ」

母?「無駄よ。だって、人当たりのいい母親のフリ練習したんだもの」

ぼく「うぅ………ほ、ほんとうの…ほんとうのお母さんは…そんなつめたくない…」

母?「もういない人のことを言っても、仕方ないでしょ。でも、一旦その口は閉じさせないとね」

我 「噫」

母?「没用的哦。因为,我可是练习过摆出和蔼可亲母亲的样子哦」

我 「呜………真、真正的…真正的妈妈…才没有这么冷淡…」

母?「就算你说已经不在了的人的事情也没用吧。但是,得让你先闭一下嘴才行呢」

 

 

 

 

ぼく「……(…やっぱり、じっと死ぬのをまったほうがよかったかもしれない…あの口ぶりだと、お母さんは…)」

我「……(…果然,静静等着死去或许还比较好…看她那个说法,妈妈应该已经…)」

 

118: 2009/12/13(日) 20:54:44.01 ID:IvrXZQsp0

ぼく「……(たぶん、ぼくになにかするなら、夕方までにやるよね…)」

ぼく「(だって、夕方になったらまた女子1ちゃんがプリントとか届けに来るだろうし)」

ぼく「(そのときまで、体調わるいからだめですとは、言えないよね…今日こそ男子達がくるかもしれないし)」

ぼく「(あの人たちはあったことないからわかんないけど、男子達はかってにうちに上がるもん。それまでこのままならむしろぼくの勝ちだよね?)」

ぼく「(……でも。やっぱりそうはいかないんだろうな……)」

ぼく「…う…ぐすっ…(みんな、しんじゃってるかもしれないけど…)」

ぼく「じ、自分で…ズビッ  じぶんで、なんとかするもん…!」

我「……(我想,如果要对我做些什么的话,应该到傍晚的时候就做了吧…)」

我「(因为,到了傍晚女生1酱应该又会送作业纸来)」

我「(到了那个时候应该没办法说什么身体不好所以不行了吧…这次男生们应该也会来)」

我「(那些人因为没见过所以不知道,男生们都是随便上来的。如果是这样的话不如说是我的胜利吧?)」

我「(……但是。果然应该没有这么顺利的吧……)」

我「…呜…呜呜…(虽然大家可能都死了…)」

我「但、但我会靠自己…呜  会靠自己做些什么的…!」

 

 

 

 

ぼく「(…一度、電気をつけよう。くらいとなにもできないもん)」

我「(…先打开灯吧。黑不溜秋的什么也做不了)」

 

120: 2009/12/13(日) 20:57:49.63 ID:UfSDTAzGO

話に引き込まれる

被故事吸引进去了

 

124: 2009/12/13(日) 21:05:53.00 ID:IvrXZQsp0

 カチッ

 咔擦

 

ぼく「(逃げる方法は、窓を割るのが一番はやいよね…?でも、音でバレたら怖いな…)」

ぼく「別の道はないかな…?」

ぼく「(たしか、お兄ちゃんのへやからなら、やねうらに行けたはずだけど……)」

我「(逃跑的方法,打碎窗户应该是最快的吧…?但是,如果声音被发现有些可怕呢…)」

我「有没有什么别的办法呢…?」

我「(记得如果是从哥哥的房间的话,应该能到阁楼间里……)」

 

 

 

 

ぼく「ぬけみち、ぬけみち…お兄ちゃんの部屋との壁はこっちだから……あれ?」

ぼく「(そういえば、こっちだけ壁紙ちがうんだ、なんでだったっけ…?)」

我「密道、密道…和哥哥房间的墙壁是在这边……啊咧?」

我「(这么说来,只有这边的壁纸不一样诶,为什么呢…?)」

 

126: 2009/12/13(日) 21:10:15.06 ID:IvrXZQsp0

ぼく「…えーっと…」

我「…那个…」

 

  o
  0
~~〇~~~~~

 

父「そろそろ、(ぼく)も一人で寝れるな?」

ぼく「うん…」

父「ちょっとさみしいかもしれないけどな、こうやってちょっとずついろんなことを一人でやっていくんだ」

ぼく「…うん!」

父「(我)差不多也能一个人睡了吧?」

我「嗯…」

父「虽然可能会有些寂寞,但要像这样子一点点地学会一个人做各种各样的事情哦」

我「…嗯!」

 

父「…でだ、こっちのおもちゃ部屋にしてたのがこれからお前の部屋だ。やったな、ひとつお兄ちゃんだぞ!」

ぼく「ほんと?!」

父「ああ、お前は一個大きくなった、レベルアップだ」

ぼく「れ、れうぇる?」

父「強くなったってことだよ。そのまま慣れれば、もっともっと強くなるぞ」

父「…然后,这边的玩具房间接下来就是你的房间了。太好了呢,已经是个小大人了哦」

我「真的?!」

父「啊,你长大了一岁,LV up咯」

我「L 、Lv UP?」

父「也就是变强了的意思哦。就这样习惯下去的话,会变得越来越强的哦」

 

129: 2009/12/13(日) 21:14:12.82 ID:IvrXZQsp0

父「あー…ただな、強くなったからって暴れていいわけじゃないからな?」

兄「な、なんだよー、オレのは事故じゃん!」

父「いいか、兄みたくバッド振り回してカベに穴開けたりするなよ?」

兄「良いじゃん…自分で直したんだしさ」

父「なおってない。板と壁紙で隠しただけだ」

父「啊…只是啊,就算变强也不可以欺负人哦?」

哥「什、什么啦,那不是意外嘛!」

父「听好了哦,像哥哥那样整天挥球拍的话墙壁会开洞的哦?」

哥「有什么关系嘛…我自己不是修好了」

父「才没修好,只是用板和壁纸遮住了而已」

 

ぼく「…でも、きれーだよ?おにーちゃんえらいえらい」

兄「父ちゃんもこういう風に言ってくれたらいいのに…」

父「……直そうとした気概は買う」

兄「ツンデレ」

父「何か言ったか」

我「…但是,弄得很漂亮哦?哥哥了不起」

哥「爸爸也能这样说就好了…」

父「……决定靠自己来修好的精神倒是不错」

哥「傲娇」

父「你说了什么吗」

 

130: 2009/12/13(日) 21:18:44.46 ID:IvrXZQsp0

兄「いや、素直じゃない愛情ありがとうございます」

父「お前もたいがいだがな」

ぼく「(おとうさんとおにいちゃん、なかよしでいいなー…)」

哥「不,我是说你这不够坦率的爱情真是谢谢了」

父「你这家伙也是半斤八两吧」

我「(爸爸和哥哥,关系真好啊~…)」

 

 

 

~~〇~~~~~~~
   0
  o

 

ぼく「……そうだ、そこだけ、もろいはずなんだ…」

ぼく「(たぶんだけど、音がちがうはずだよね?かるくたたいて…)」

我「……对了,应该只有那个地方,比较脆弱才对…」

我「(虽然只是大概,但声音应该不对吧?轻轻敲打下试试…)」

 

 コン  コン  コン  コォン  コン

 咚  咚  咚  咚  咣  咚

 

ぼく「…ここかな」 コォン コォン

ぼく「…(ばれないように、しずかにはずさないと…)」

ぼく「あ… (道具がない…引き出しの中とか…)」

我「…是这里吗」  咣 咣

我「…(得要小心不要被他们发现,一点点拆下才行…)」

我「啊… (没有道具…抽屉里面之类的…)」

 

 

 ガサッ ガサゴソ

(拉开,寻找)

 

 

ぼく「…だめ…きけんそうなものぜんぶなくなってる はさみも、定規も」

我「…不行…比较危险的东西全都没了 无论是剪刀还是圆规」

 

132: 2009/12/13(日) 21:26:10.72 ID:IvrXZQsp0

ぼく「……(せっかく、がんばろうと思ったのに……)」

ぼく「……! (じしょ、辞書でたたきわろう!)」

ぼく「(あんなに分厚いし、重いし、かたいからしずかにはむりだけどにげることはできるよね?)」

ぼく「いっかいであながあかなくても、なんどもやれば…」

我「……(难得我想努力一把的说……)」

我「……! (对了,辞典,用辞典打破吧!)」

我「(毕竟那么厚,那么重,那么硬,想不发出虽然没办法,但逃跑应该做得到吧?)」

我「就算一次敲不开,多试几次的话…」

 

 

 じっ…

 盯…

 

 

ぼく「(えっと、漢字辞典と…お兄ちゃんのお古のグローブつけとこ、手が痛くなるかもしれないし)」

ぼく「……すー…はー……」

ぼく「(あわてず急がないと)」

ぼく「…えいっ!!」

我「(那个,需要汉字辞典和…戴上哥哥的旧手套吧,手可能会很痛也说不定)」

我「……呼…哈……」

我「(不要慌,慢慢来)」

我「…喝啊!!」

 

 

       ブンッ

          ベキッ

       砰

        磅

 

 

134: 2009/12/13(日) 21:30:52.26 ID:IvrXZQsp0

 ベキッ!! 

 砰!!

 

           ベキッ!!!

            砰!!!

 

母?「何?!」

ぼく「(にげてやる、にげてやる、あとちょっと、あとちょっとだから…!)」

ぼく「(この板をひきはがしちゃえば…!)」

母?「怎么回事?!」

我 「(逃给你看,逃给你看,还差一点点,就差一点点了…!)」

我 「(只要把这个板子揭开的话…!)」

 

  ベリ…ベリベリッ

  吱…撕

 

ぼく「くぅぅ…(ちょっときつい…)」

母?「何やってる?!おい!!  チッ!!」

我 「呜…(稍微有点难度…)」

母?「你在做什么!喂!!  啧!!」

 

 ダッダッダッ

 踏踏踏

 

 

ぼく「(工具とりにおりた!!いまのうちに…!)」

ぼく「が、がんばる…もん!」

我「(用工具拆下来了!!趁现在…!)」

我「我,我会加油…的!」

 

  ベリリッ!!

  扯——!!

 

ぼく「(やった!…お、おにいちゃん…ちょっとめんどうくさがりでありがとう…)」

我「(太好了!…哥、哥哥…虽然有些麻烦不过谢谢了…)」

 

136: 2009/12/13(日) 21:39:54.84 ID:IvrXZQsp0

ぼく「(やねうらへは、クローゼットから……)?!」

我「(阁楼,是从壁橱里……)?!」

 

 

 

 

  お兄ちゃんのベッドの上には、何かの染みがあった。ぼくのきおくがちょっとだけ戻る

  ぼくたちはみんなおにいちゃんのへやにとじこめられて、おにいちゃんが反抗して、ベッドにしばりつけられて

  たくさん、なぐられてた、お兄ちゃんが吐いた黄色い液が、ベッドにちゃりと音をたてて落ちた

  哥哥的床上,有着什么痕迹一样的东西。这稍稍唤起了我的回忆

  我们都被关进了哥哥房间,哥哥反抗后,被绑在了床上

  一遍又一遍的被殴打了,哥哥吐出来的黄色的液体,随着刷拉一声响起落在了床上

 

 

 

 

ぼく「…う…うぅ…おに、おにいちゃ……」

我「…呜……呜呜…哥、哥哥……」

 

 トントントントン… ガッ ガッ

 咚咚咚咚… 咔 咔

 

ぼく「?!(もう戻ってきた?!いそがないと…!)」

我「?!(已经回来了?!得抓紧才行…!)」

 

 ガッ ガッ(カチャ) ガッ!!(パタン) ガッ!!

 咔 咔擦 咔!!(扑腾) 咔!!

 

ぼく「(はしごをかけて…よし、いける…!)」

我「(架起梯子…好,没问题…!)」

 

  バタン!!!

  咣啷!!!

 

母?「どこいった?!」

ぼく「ひぅっ」

母?「…なっ…こんなところに穴…クソ、悪い子ねー?!おうちに穴開けちゃダメでしょー?!」

ぼく「(怖い 怖い 怖い…いそがないと)」

母?「去哪了?!」

我 「噫」

母?「…什…在这种地方居然有个洞…可恶,真是坏孩子呢?!在家里开洞什么的不行吧?!」

我 「(好害怕 好害怕……得抓紧时间才行)」

 

139: 2009/12/13(日) 21:43:54.35 ID:IvrXZQsp0

ぼく「(はしごをひきあげ…)」

我「(把梯子拉上…)」

 

 バタン! がしっ!

 扑腾! 紧抓!

 

ぼく「ひゃぅっ?!」

母?「みーつけた……さ、おりてきなさい…いまなら眠たくなるお薬だけですませてあげるわ」

ぼく「……や、やだ!!(な、なにか…クリスマスのかざりのはこ…!)えい!!」

我 「呀?!」

母?「找到你了~……撒,给我下来吧,如果是现在的话只是喝点变得想睡觉的药就饶过你哦」

我 「……不、不要!!(有、有什么…圣诞节的装饰盒子…!)看招!!」

 

  ガラガラガラ パリーン!! ガシャーン!!

  嘎啦嘎啦嘎啦 叮铃!!

 

ぼく「(で、でんきゅうとかわれた…けど、いまのうちに)」

ぼく「(屋根の上に出て…)たすけてーーーーーーー!!!!だれか!!!!だれかうちにきてー!!!」

我「(电、电灯泡什么的被躲开了…但是,趁现在)」

我「(出到屋顶…)救命ーーーーーーー!!!!有人吗!!!!请来家里面一下!!!」

 

140: 2009/12/13(日) 21:47:02.70 ID:ckoaPDRxO

はらはらする

让人心惊胆战的

 

141: 2009/12/13(日) 21:47:23.38 ID:mKFmTBkZ0

クオリティ高すぎる

质量太高了

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 4 条评论 新浪微博
  1. 脑残粉

    心跳加速

    2016年5月27日 17:02来自移动端 回复
  2. 為什麼弱者必須戰鬥…

    2016年5月27日 15:28来自移动端 回复
  3. [doge]女生1加油

    2016年5月26日 21:13来自QQ 回复
  4. Devilsarms

    心惊胆战的发展呢

    2016年5月26日 20:28来自iPhone 回复
返回顶部