4May

『短篇创作・2ch』男「试着读下爱妻的日记吧」(一)

时间: 2016-5-4 分类: 男「试着读下爱妻的日记吧」 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1245326725/


 

目录 下一章

 

男「愛しの妻の日記を読んでみよう」

男「试着读下爱妻的日记吧」

 

1: 2009/06/18(木) 21:05:25.73 ID:66MDlYl2O

立たないかな

帖子发成功了吗

 

2: 2009/06/18(木) 21:10:25.16 ID:66MDlYl2O

男「鬼の居ぬ間に…っと、あったあった」

男「昔から気になってたんだよな、この日記。見せてって言っても見せてくれないなら、今のうちに読んでやろう」

男「普段は見られないあいつの素顔が明らかにってな…ククク…」

男「趁着鬼不在的期间里…哦,有了有了」

男「从以前开始就很在意呢,这个日记。既然这么不愿意给我看的话,我就趁现在看一下吧」

男「平时看不到的那家伙的真面目,终于到了揭晓的时刻了…呼呼呼…」

 

 

男「どれどれ?」

男「我看看是怎样?」

 

4月10日

今日はVIP高の入学式だった。

どんな人が隣になるかなって少しワクワクしてたけど、気持ち悪い奴が隣になった。最悪だ。

どうせならもっとカッコいい人が良かった。

コイツの隣の友くんとか。

4月10日

今天是VIP高中的入学典礼

虽然对隔壁会来怎样的人感到有些期待,但隔壁却是一个很恶心的家伙。糟透了

如果是更加帅气的人就好了

比如说这家伙的邻居的友君之类的

 

男「…隣って、俺だよな」

男「…隔壁,是指我吧」

 

5: 2009/06/18(木) 21:27:55.08 ID:66MDlYl2O

男「ていうか、高校以前の日記は無いのか?」ゴソゴソ

男「…無いか。まぁいいや、続けて読んでみよう」

男「话说,高中以前的日记没有嘛?」翻翻

男「…没有吗。嘛算了,就让我接着读下去吧」

 

4月18日

今日は、部活動紹介があった。

ざっと見てみると、吹奏楽部が一番カッコ良かった。

ヤバかった。何がって聞かれたら困るけど、とにかくヤバかった。

明日、吹奏楽部に入部してくる!

4月18日

今天有社团活动的介绍

看了一遍后,觉得吹奏乐社最帅气

好碉堡,虽然你要问我怎么不碉堡我也不知道怎么回答,总之好碉堡

明天,我就去参加吹奏乐社!

 

男「…」

男「…」

 

6:全然上手く書けない: 2009/06/18(木) 21:32:46.92 ID:66MDlYl2O

4月19日

吹奏楽部に入った。酷かった。

何が酷いかって言ったら、部員のほとんどが幽霊部員で、部活動紹介の時にやっていた演奏は、実はテープから流していたという。

まぁ、入って失敗したとは思ってないけど。

4月19日

进了吹奏乐社。真是惨不忍睹

要问怎么惨不忍睹法的话,那就是社团成员大部分是幽灵团员,介绍社团活动时的演奏,其实是录音带里放出来的

嘛,虽然也没到后悔选了这个的程度啦

 

男「あれは俺もビックリしたな。…ん?まだ何か書いて…」

男「那个我也吓了一跳呢。…嗯?好像还写了什么…」

 

4月20日追記

隣の気持ち悪い奴が入部してきたときは、流石の私も失敗したと思った。

4月20日追记

然而到了隔壁的恶心的家伙也入社的那一刻,果然就算是我也后悔了

 

男「…」

男「…」

 

8: 2009/06/18(木) 21:38:24.15 ID:66MDlYl2O

4月27日

最近は、先輩も休み始めて顧問もたまにしか様子を見に来なくなった。

私が練習してると、アイツがこっちを見てくる。こっち見んなブタ野郎!

こんな奴と二人きりなんて嫌だ。誰か来ないかな。

あ、ちなみに楽器はフルート。

4月27日

最近,连前辈也开始休息,顾问也只会偶尔过来看看状况了

我在练习的时候,那家伙会看向我这边。不要看我啊你这肥猪!

真不想和这种家伙两人独处啊。有谁能快来吗

啊,顺带一提乐器是横笛

 

男「酷い言われようだな…」

男「真的是被说得好过分啊…」

 

9: 2009/06/18(木) 21:44:39.95 ID:66MDlYl2O

4月30日

今日は…

4月30日

今天是…

 

男「ここらへんはGWか…飛ばそう」ペラペラ…

男「从这一块就是五一黄金周了吗…跳过去吧」翻翻…

 

5月7日

遂にあのブタ野郎と二人きりじゃ無くなった。

なんと、あの友くんが吹奏楽部に入って来たのだ!

これからは毎日が楽しくなりそうだ。

あとはあのブタ野郎が来なくなれば、二人きりなのに。

5月7日

终于不再需要和肥猪两人独处了

那个友君居然也进了吹奏乐社

感觉从今以后每天都能过得很开心呢

可惜如果那个肥猪不来的话,就能两人独处了呢

 

男「…何か、泣きたくなってきた…ん?」

男「…怎么突然有种想哭的感…嗯?」

 

5月8日追記

友くんを誘ったのは、このブタ野郎(男と言うらしい)だそうだ。

別に感謝なんてしてないんだから。

5月8日追加

邀请友君入社的,好像就是这个肥猪(似乎叫做男)的样子哦

我才没有觉得很感激哦

 

男「…」

男「…」

 

11: 2009/06/18(木) 21:51:44.45 ID:66MDlYl2O

5月14日

楽譜が読めないところを、ブタ野郎に助けてもらった。

こいつは、中学の時も吹奏楽部に居たらしい。先に言え。

5月14日

不会读乐谱正困扰着的时候,肥猪帮了我

这家伙,好像初中的时候也是吹奏乐社的样子,早点说啊

 

男「言ったよ、最初の自己紹介で…」

男「我说过了哦,在最开始自我介绍的时候…」

 

そういえば、今日は友くんといっぱい話した。

お互いの趣味とか、最近の面白い出来事とか。

それで、チャンスだと思ってデートの話を持ちかけたら、今週の土曜日に一緒に出掛けることになった!

気合い入れなきゃ。

这么说来,今天和友君聊了很多呢

相互的兴趣啊,最近发生的有趣事之类的

然后,想着这或许是个机会狠下心来提出约会后,竟然定下这周六一起出门了!

得打起精神来才行

 

男「…そういえば、この頃から女と友が一緒に居ること多くなったような…」

男「…俺一人で練習してた日なんかも有ったな。懐かしい」

男「…这么说来,从这个时候开始女和友待在一起的时候就变多了呢…」

男「…也有我一个人自己练习的日子呢,好怀念」

 

12: 2009/06/18(木) 21:53:01.87 ID:O6p35LeC0

吹奏楽部で一人で練習って、寂しすぎワロタ・・・

一个人在吹奏乐社练习什么的,也太寂寞了吧w・・・

 

目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 14 条评论 新浪微博
  1. Swanfal

    这个,很在意!密切关注中

    2016年5月5日 13:08 回复
  2. 匿名

    目测肥猪是发帖的人[lt切克闹]

    2016年5月5日 10:34 回复
  3. 777

    人家是说妻子像恶鬼一样严厉啦

    2016年5月5日 06:45来自移动端 回复
  4. 111

    日语的’鬼’又不是鬼魂的意思。。

    2016年5月5日 00:272 回复
  5. 脑残粉

    然后读着读着就哭了

    2016年5月5日 00:13来自移动端 回复
  6. 空想少年

    应该不是亡妻吧……正常来说死去的话都不会用“趁鬼不在”这种说法吧……

    2016年5月4日 23:43来自移动端 回复
    • CyclizePei

      原来是我想多了…

      2016年5月5日 12:44来自移动端 回复
  7. CyclizePei

    亡妻么。。。不要,宁愿是NTR也不要

    2016年5月4日 22:58来自iPhone 回复
  8. Alpha

    感觉男主老婆去世了?

    2016年5月4日 21:56来自移动端1 回复
  9. 炤炤穆穆

    欸?不会是ntr吧

    2016年5月4日 19:29来自移动端1 回复
  10. aed

    是NTR还是温暖人心的故事呢[嘻嘻]

    2016年5月4日 19:09 回复
  11. Devilsarms

    欸?这是男主赢过帅哥的故事?还是ntr被发现的故事?

    2016年5月4日 18:31来自iPhone 回复
  12. 李佳丹

    标题和ntr剧情是不是会有什么联系呢

    2016年5月4日 18:30来自iPhone 回复
  13. vinson013314

    喂喂喂,这情节有点不妙啊

    2016年5月4日 18:12来自移动端2 回复
返回顶部