4Apr

『中篇故事・2ch』写一下自己曾经最讨厌的表姐妹的故事(五)

时间: 2016-4-4 分类: 写一下自己曾经最讨厌的表姐妹的事情 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

95: 2014/01/07(火) 00:08:19.07 ID:a/SrL6Rt0

俺「………あー、えーっと、さとみ?」

さとみ「うん!覚えとってくれたん?久しぶりやなぁ!」

我 「………啊,那个,里美?」

里美「嗯!你记住我了吗?好久不见呢!」

 

さとみだった

さとみも友達とよく図書館へ来ていたそうで、たまたま俺を見かけたから声をかけたらしい

さとみの友達は皆美人だった

是里美

里美好像也经常和朋友一起来图书馆的样子,好像因为偶然见到我所以来搭话了

里美的朋友也全都是美女

 

当の本人も相変わらず美人で、天然で、小さかった

そして超意外なんだけど彼氏はいない、とのこと

本人也一如既往是个美女,天然,小小的

而且超意外地没有男友

 

工業高校選んだのを心底後悔した

真的是打心底后悔选择了工业高中

 

96: 2014/01/07(火) 00:09:00.83 ID:a/SrL6Rt0

従姉妹の事を聞いたら、あまり仲良くないからしらないって言われた

詳しく聞くと、高校へ入り話す事も少なくなり、お互い別々の友達ができたとか

少しショックだったけど、まあそれはそれでいいか、と思った

问了下表姐妹的情况,结果告诉我说关系并不是特别好所以不知道

详细问后,说是自进入高中以后就很少聊天了,相互也交上了别的好友之类的

虽然稍微有些受打击,不过嘛这样也好,心里如是想道

 

 

それから二人で近況を教えあって、また会うかもなって言って別れた

在那之后两人相互告诉了对方的近况,可能还会见面,这么说着分别了

 

それからはよくさとみと会うようになって

その度お互いの友達がどうだとか部活が上手くいってるかとか話してた

在那之后变得常常能够和里美见面

每当那时都会聊下相互的朋友怎么样,社团顺不顺利之类的话题

 

97: 2014/01/07(火) 00:09:53.82 ID:a/SrL6Rt0

夏休みになった

俺の最後の大会(団体)は県でベスト8、正直納得いかなかった

まあ先輩に頼りきったチームだったから、仕方ないけど

到了暑假

我最后的大会(团体)得了全县第8的成绩,不过说实话不是很满意

嘛,毕竟是完全依赖前辈的队伍,所以也没办法啦

 

その時もさとみとの交流は続いてて

夏休みの始めに二人で遊びに行こうって話もあったけど、結局行かずに夏休みは終盤に差し掛かる

那个时候和里美的交流也持续着

暑假开始时虽然也提到过2人到哪里去玩,但结果还是没去暑假就这么迎来了终结

 

俺が図書館に行くと、いつものようにさとみが居た

然后有一天我来到图书馆后,和往常一样看见了里美

 

俺「よう、また勉強か」

さとみ「うん、進学校は大変なんよー…」

俺「マジで大変そうやな、こんなん全然解らんわ」

さとみ「なー……あ!」

俺「?」

我 「哟,还在学习吗」

里美「嗯,进学校挺辛苦的呢~…」

我 「看起来真的很不容易呢,这种的我完全看不懂哦」

里美「怎……啊对了!」

我 「?」

 

98: 2014/01/07(火) 00:11:39.80 ID:a/SrL6Rt0

さとみ「そういえばな、気分転換にどっか行こうって話しがあるんやけど、行く?」

俺「え、行かんけど」

さとみ「えー何でよ、いこーだ」

俺「だって何所行くかも解らんしどうせお前の学校の奴ばっかだろ」

さとみ「場所はまだ決まってないけど、メンバーは………」

里美「这么说来,有人提出说想转换心情去什么地方玩,你去吗?」

我 「诶,不去啦」

里美「诶~为什么啦,去嘛去嘛」

我 「首先是不知道要去哪,其次去了反正肯定也全都是你学校的人吧」

里美「地点虽然还没定下,但会去的人是………」

 

さとみが挙げたメンバーは、どれも中学時代の同級生だった

里美列举出的人,无论哪个都是初中时代的同级生

 

99: 2014/01/07(火) 00:12:27.04 ID:a/SrL6Rt0

さとみ「な?いけるよな!」

俺「いやー…皆と会ってないし、何か俺一人浮きそうやけんなー」

さとみ「あ、そういえば従姉妹ちゃんも来るよ!」

俺「!」

里美「呐?会去的吧!」

我 「不~…毕竟和大家都那么久没见面了,感觉我一个人会无法融入呢~」

里美「啊,这么说来表姐妹酱也会来哦!」

我 「!」

 

これは俺の心を動かした

さっきのメンバーとは別段会いたいとは感じなかったのに、従姉妹だけは強く会いたいと思ってしまった

这句话打动了我的心

听到之前提到的那些人,明明还是一种并不怎么想见面的感觉

但只有表姐妹让我产生了强烈的想见面的冲动

 

100: 2014/01/07(火) 00:13:09.71 ID:a/SrL6Rt0

俺「んー………まあそこまで言うなら」

さとみ「ほんま!?やった!皆に言っとくな!」

我 「嗯~………嘛,既然你说到这份上的话」

里美「真的!?太好了!我去和大家说哦!」

 

俺はさとみにばれない様に、しょうがないから行ってやってもいいか、っていう雰囲気を出しながら答えた

そして家に帰って即カッコいい服を探したり髪型研究したりした

それから何回かさとみと会って、集合場所や何所へ行くか、皆の反応なども聞いた

我不形于色地,用一种没办法去也可以啦的氛围这么回答道

然后回到家后马上开始寻找帅气的衣服,研究发型

在那之后也和里美见过几次面,集合的地方要去哪里啊之类的,也问了下大家的反应

 

101: 2014/01/07(火) 00:14:00.34 ID:a/SrL6Rt0

当日、何故か図書館集合、俺は超早起きして何度も鏡で自分の姿を確認した

自転車で出発、ちゃんと10分前行動を心がけた

当天,不知为何在图书馆集合,我一大早就醒来在镜子里确认了好几次自己的打扮

骑自行车出发,好好遵守了提前10分钟到达的原则

 

俺一人だったら暇かなー、でもどうせ10分くらいで皆来るだろ

何て考えてるうちに図書館へ着いた

如果只有我一个人岂不是很闲~,但反正过了10分钟左右大家都会来吧

心里正想着这种事情的时候,我到达了图书馆

 

さとみは、既に来ていた

里美已经来了

 

俺が、「うーす、早いなー」って話しかけると

「まあ今日は私がリーダーやけんな!言う事聞かないかんよ?」って笑ってた

我「哟,真早啊~」这么搭话以后

「嘛,今天我可是队长呢!得听我的话才行哦?」这么笑着回答道

 

そんなくだらない話をしてる内にぞくぞくと皆が集まってきた

皆中学時代のノリとあんま変わってなくて、俺の不安は直に無くなった

正当我们聊着这种无聊话的时候,大家渐渐都到齐了

大家都和初中时代的调调差不太多,我的不安也马上消散了

 

102: 2014/01/07(火) 00:14:37.40 ID:a/SrL6Rt0

従姉妹は最後に来た

その時に交わした会話は

表姐妹是最后来的

那个时候我们的对话是

 

「…おう、久しぶり」

「…うん」

「…哟,好久不见」

「…嗯」

 

だけだった

もっと話したいと思ったけど、気まずくて、照れくさくて、何も言えなかった

仅此而已

虽然想聊更多,但很尴尬,很难为情,结果什么都没能说出口

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 10 条评论 新浪微博
  1. 感觉同情里美

    2016年4月27日 15:31来自新浪微博 回复
  2. 重点不是长短,还是断得如此恰到好处。。

    2016年4月5日 15:19来自新浪微博1 回复
  3. 百合控

    浑身难受,断的好准

    2016年4月5日 13:56来自移动端 回复
  4. Graffiti

    为什么我觉得这篇其实很悲情呢。。。

    2016年4月5日 08:55来自移动端1 回复
  5. CupcakeWOW

    有點甜

    2016年4月4日 22:29 回复
  6. 炤炤穆穆

    感觉到了隐隐的糖分

    2016年4月4日 21:46来自移动端 回复
  7. 那回早栗

    这么说呢~~~ 我觉得我需要养一阵了~~ 趁现在学日语来帮忙吧!

    2016年4月4日 18:29来自QQ1 回复
  8. MWB

    啊啊啊啊啊啊啊!lu下次多翻一点好吗?这样吊胃口我非常难受[t惊哭]啊啊啊啊啊啊![t笑眼]

    2016年4月4日 17:44 回复
    • lu

      =_=下次尽量多翻点

      2016年4月4日 17:534 回复
  9. crmxm

    又断在这么吊人胃口的地方

    2016年4月4日 17:33 回复
返回顶部