27Jan

『长篇故事・2ch』离家出走时被姐姐给捡回家了(五)

时间: 2016-1-27 分类: 离家出走时被姐姐给捡回家了 作者: rjcbsaj

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

ij:你们要的R18来了!

 

210:名も無き被検体774号+: 2013/03/19(火) 23:40:31.07 ID:veZIivoe0

ゼリーは確かに食べられたけど

口の中は切れてて痛かった

でもまあ

「はい、あーん」

「自分で食べますよ」

「ええから」

「いや」

「はよ口開けろや」

「はい」

果冻的确是可以吃

不过嘴巴里破了很疼

不过嘛

「来,啊–」

「我自己可以吃的」

「快点」

「那个」

「快点把嘴巴张开」

「好」

 

お姉さんが食べさせてくれたからなんでも食べれた

お姉さんが食べさせてくれるなら納豆でも食べれそうだった

納豆嫌い

「なんか欲しいもんある?」

「欲しいもの?」

「漫画でも食べ物でも用意するから。高いもんは勘弁してほしいけどな」

「じゃあ」

俺はこの時も知らなかったけど

殴られすぎると熱がでるらしい

だから思考があやふやになって

突拍子もないことを言ってしまうようだった

只要是姐姐喂的什么都可以吃下去

只要是姐姐喂的纳豆也可以吃下去

讨厌纳豆

「有什么想要的东西吗」

「想要的东西?」

「漫画也行吃的也行我帮你买。不过不要太贵的就可以」

「那么」

我在这个时候还不知道

被打伤之后好像会发烧

所以思考变得模模糊糊

好像没来由的说了些什么的样子

 

「お姉さん」

言ってから後悔した

なんてことを言うんだ俺は、って

「な、なんでもないです」

「うちは奥やからな」

お姉さんがベッドに潜り込んでくる

「姐姐」

刚说出口就后悔了

想着我都在说些什么呢

「没,没什么」

「我要睡在里面那边哦」

姐姐钻进了床上

 

229:>>209 タクシー: 2013/03/19(火) 23:46:44.69 ID:veZIivoe0

一緒に眠った経験もあるわけだけど

その時とは雰囲気が違って

俺は借りてこられた猫のように固まった

「こんな」

お姉さんの手が頭に触れる

いつも俺がそうするように

優しく髪を撫ではじめる

「こんなぼろぼろになってもうてな」

「ごめんな」

虽然说有一起睡觉的经验

但是和那时候的氛围不一样

我就像是借来的猫一样僵住不动了

「这」

姐姐把手放在我的头上

就想我之前做的那样

温柔的抚摸我的头发

「都被打的这么惨了呢」

「对不起呢」

 

別にぼろぼろになるのもぼこぼこになるのも

お姉さんを守れたならそれでよかった

お姉さんが喜んでくれてるし

ちょっとでも役に立てたみたいだし

お姉さんが頭を撫でる

それはとても心地いい

「ほんで」

「どないしてほしいん?」

只要能够保护姐姐的话

不管是被打成什么样都没有关系

而且姐姐很高兴

稍微也派上了一些用处了的样子

姐姐抚摸着我的头

那感觉非常的惬意

「那么」

「想要我帮你怎么样?」

 

それに答えられるわけもなく

恥ずかしくなって顔を反対側へ背けた

「なんてな、はは」

「それはちょっと卑怯やな」

お姉さんの手が首の下に移動する

それこそ犬猫のようにそっと撫でられて

くすぐったくて体が跳ねた

当然不可能回答的出

感到很难为情把脸背了过去

「开玩笑的,哈哈」

「那样有点卑鄙了呢」

姐姐的手往头的下面移动

那确实就像是猫或者狗那样的被抚摸了

感觉很痒身体抖了一下

 

「こっち向いて」

耳元でそっと囁かれた甘い言葉に脳が痺れた

視界すらぼうっとしている中でお姉さんの方に振り向くと

唇が唇に触れる

「把脸转过来」

在耳边轻轻的低语的甘美的话语让大脑麻痹了

连视线都变的有点模糊转向了姐姐的方向

嘴唇与嘴唇触碰在了一起

 

230:名も無き被検体774号+: 2013/03/19(火) 23:47:06.77 ID:/nXiVVE20

パンツ微粒子に分解した

胖次已经分解成微粒子了

 

232:名も無き被検体774号+: 2013/03/19(火) 23:48:02.75 ID:VyfpOxKK0

ふぅ・・・

已撸・・・

 

233:名も無き被検体774号+: 2013/03/19(火) 23:48:11.68 ID:mbPbmJSfi

パンツの打上大会やー!!!

胖次发射升空大会啦!!!

 

238:名も無き被検体774号+: 2013/03/19(火) 23:49:21.15 ID:LCspJwd60

パンツが地球一周して戻ってきた

胖次绕地球一圈回来了

 

241:名も無き被検体774号+: 2013/03/19(火) 23:50:41.26 ID:whYzwQ/x0

これは良いパンツスレ

这真是个不错的胖次帖

 

243:名も無き被検体774号+: 2013/03/19(火) 23:51:04.52 ID:qXuflQih0

く・・・っっ!!!なんで賢者タイムに開いてしまったんだ・・・っ!!!!!

咕・・・!!为什么我在贤者时间打开了这个串・・・!!!!!

 

245:名も無き被検体774号+: 2013/03/19(火) 23:51:11.08 ID:ZlsIL5Fr0

明日は空を飛ぶパンツの大群が見られるでしょう

明天可以目击到大量的胖次飞在天上吧

(ij:你那是什么天降之物

 

248:名も無き被検体774号+: 2013/03/19(火) 23:52:09.23 ID:XsEWZ0Ll0

パンツ?なにそれ?

胖次?那是啥能吃么?

 

249:名も無き被検体774号+: 2013/03/19(火) 23:52:33.28 ID:veZIivoe0

ファーストキスだ

とか

思う間もなく

お姉さんの舌が口の中に入ってくる

生暖かい別の生き物が

滑りを立てて侵入する

動く度にそれは音を発して

俺とお姉さんがつながっていることを証明した

初吻

之类的

还没来得及的这么想

姐姐的舌头就伸进了嘴里

温暖的其他的生物

顺滑的侵入了

每次动都会发出声音

强调着我与姐姐结合在了一起

 

舌と舌が絡んで

お姉さんの舌が口の中の全てを這う

横も

舌の裏も

上も

歯も

口の切れた痛みも忘れて

ただ侵されることに集中した

これ以上ない幸福が詰まっているような気がした

舌头与舌头纠缠着

姐姐的舌头触碰着嘴中的每个角落

侧面

舌头的下面

上面

牙齿

连嘴巴里的伤口的疼痛都已经忘记

只是把感觉集中于被侵入的嘴巴里

觉得那就是无上的幸福

 

お姉さんの手が俺の右手に触れて

指先ですっとなぞる

それは手から全身に電流を流して

意識が更に拡散していく

手を握られる

俺も握り返す

お姉さんが手をどこかに連れていく

そこで離される

合図だと思ったから手を滑らせる

初めて触る、女性の胸

姐姐的手触碰到我的右手

用手指轻轻的触碰

一阵电流从手流到了全身

意识进一步扩散开来

手被握紧了

我也紧握回去

姐姐把我的手带到了某个地方

然后把手放开了

觉得那大概是某种信号于是动了下手

第一次触碰到的,女性的胸部

 

251:名も無き被検体774号+: 2013/03/19(火) 23:53:53.94 ID:LCspJwd60

まだだ…まだ耐えるんだ…

还没到…要忍住…

 

263:名も無き被検体774号+: 2013/03/19(火) 23:57:11.61 ID:aLY6dcSi0

おっさんと少女だとゴミクズ以下のロリコン話になるのにお姉さんと少年だとこんなに甘酸っぱくなるのか・・・

如果是大叔和少女的话明明就会变成人渣不如的萝莉控故事但为什么是姐姐和少年的话就会变得这么酸酸甜甜的呢・・・

 

264:名も無き被検体774号+: 2013/03/19(火) 23:57:42.22 ID:veZIivoe0

舌がすっと引いていって

お姉さんが視線を合わせる

「ええよ?」

小さな吐息に混ざった声で

俺の消し飛んでいたと思われる理性が外れた

柔らかな、胸

舌头轻轻的离开了

和姐姐对上了视线

「可以哦?」

声音里混杂着轻微的喘息声

我已经消失的理性彻底的放开了

胸部

柔软的,胸部

 

手の平いっぱいに感触を確かめるため

ゆっくりと揉んだ

手の中心部分にお姉さんの突起があって

それは揉むとかイジるとかよりも

舐めたり吸ったりしたい気分が勝る

でも、揉む

だって揉むとお姉さんが

声を殺して息を吐く

「ん」

为了用手掌尽情的确认那个触感

轻轻的揉

手的中心部分碰到了姐姐的突起

比起揉或者是摆弄

更想要舔想要吸

但是,还是揉着

因为揉的时候姐姐会

抑制住声音发出喘息声

「恩」

 

それを俺が見つめていると

恥ずかしそうに視線を逸した

「見んといてや、年下に感じさせられるんなんて恥ずいわ」

胸の内で想いが強まる

何度も何度も

お姉さん

って呟いた

胸の内で

想いが深くなって

俺の方からお姉さんにキスをした

然后被我看到这一幕后

好像很难为情似的把视线转移开

「不要看,被年下的弄的有感觉什么的好难为情」

心中的感情越发强烈

一次又一次的

姐姐

呼唤着

在内心深处

感情越来越强烈

我主动吻了姐姐

 

274:名も無き被検体774号+: 2013/03/20(水) 00:02:47.95 ID:9d7wsIdJ0

ちくしょうちくしょうちくしょう

涙と精子が止まらない

可恶可恶可恶

眼泪和精○都停不下来

 

275:名も無き被検体774号+: 2013/03/20(水) 00:02:48.55 ID:x60gR+VC0

とても綺麗で

とてもかっこいいお姉さん

そのお姉さんが俺にキスをされて小さな声をあげる

とても愛らしくて

とても可愛いお姉さん

胸を弄られながらキスをされて

だんだんと体温が上がっている気がした

非常漂亮的

又非常帅气的姐姐

那样的姐姐被我吻着发出了微弱的声音

非常的惹人怜爱

非常的可爱的姐姐

边被摸着胸部边被我吻着

感觉体温不断的升高

 

でも、どうしたらいいんだろう

俺はまだ経験がない

エロ本の知識しかない

それは基本的に間違っているとみんな言う

だから下手なことはできない

突然だった

突然股間に衝撃が走った

お姉さんが握ってきたのだ

生で

「年下にやられっぱなしは性に合わんわ」

不过,该要怎么办才好呢

我还没有过经验

只有工口书上看来的只是

大家都说那从根本上就错了

所以不好随便乱来

就在突然之间

突然间股间感受到了冲击

被姐姐握住了

直接的

「光被年下的掌握着主动权不符合我的性格」

 

俺が覆いかぶさっていた体勢をぐるりと回して

お姉さんが俺を覆う

布団はずれてはだけたお姉さんの服

綺麗な胸があらわになっていた

「なあ、気持ちいい?」

お姉さんの細長い指が俺のを握って

微かに上下へと動き始めた

我压在上面的状态一下子翻转了过来

姐姐压在了我身上

被子被掀开敞开着的姐姐的衣服

漂亮的胸部就露在外面

「呐,舒服吗?」

姐姐细长的手指握着我的那个

小幅度的上下动了起来

 

276:名も無き被検体774号+: 2013/03/20(水) 00:02:50.82 ID:8zhInmMS0

パンツ大気圏で燃え尽きた

胖次在大气圈燃烧殆尽了

 

285:名も無き被検体774号+: 2013/03/20(水) 00:06:51.03 ID:b8BatodPi

羨ましい…

好羡慕…

 

288:名も無き被検体774号+: 2013/03/20(水) 00:08:52.96 ID:x60gR+VC0

気持ちいいに決まってる

けど気持ちいいなんて言えるはずがない

俺はどういう対応をしていたのだろう

気持ちいいけど恥ずかしくて

その顔を見られるのが嫌で背けてたのかもしれない

ちらりと横目でお姉さんを見ると

うっすらと笑みを浮かべて

楽しそうに俺を眺めていた

「なあ」

那当然是舒服了

但是当然不可能这么说出来

我到底是做出了什么样的反应呢

虽然很舒服但是也很害羞

大概不想被看到那样的表情把脸转开了吧

用眼角撇了一眼姐姐

看到姐姐微微的浮现出笑容

非常高兴的看着我

「呐」

 

耳元で囁かれる声

俺はそれに弱いのか脳がくらくらと泳ぎだす

「気持ちいいやろ?」

問われて、答えられるはずがないのに

つい口を出てしまいそうになった

お姉さんは変わらず手を動かしていて

でもそこに痛みはなく

ただただ気持ちいい

「言わんとやめるで?」

在耳边轻声说

我可能对这种承受不住脑子一片浑浊

「很舒服吧?」

被问了,明明就不可能回答的出口

差点就一不小心脱口而出了

姐姐依然在动着手

但是并没有觉得疼痛

只是非常非常的舒服

「不说的话我就停手了哦?」

 

その言葉を聞いて凄く胸が苦しくなった

やめないでほしい

ずっと続けてほしいくらいだ

やめないでください

息も絶え絶えに発する

「なんかいった?」

お姉さんの手が止まる

「やめないで、ください!」

听到那句话胸口变得非常的难受

不想停下来

甚至想一直就这么下去

不要停下来

呼吸声变得紊乱

「说了什么吗?」

姐姐的手停下了

「请不要,停下!」

 

ええこやな、とお姉さんはつぶやいて。

俺の首筋をすっと舐める。

その右手はまた動き始めて

上下だけではなく

先端を凝らしてみたり

付け根を押してみたり

さっと指先でなぞってみたり

真是个好孩子,姐姐轻声说道

轻轻的舔了我的脖子

右手又开始动了起来

不光是上下动

有时集中在前端

有时在底部往下按

有时又用指尖试探着

 

289:名も無き被検体774号+: 2013/03/20(水) 00:11:32.72 ID:CFSc5Sw50

脳内再生 倖田來未

脑内回放 倖田來未

 

290:名も無き被検体774号+: 2013/03/20(水) 00:11:52.63 ID:8P5SLs2P0

脳内再生 白石涼子

脑内回放 白石涼子

 

291:名も無き被検体774号+: 2013/03/20(水) 00:12:06.37 ID:0MLSNYSd0

>>289

やwめwれwww

>>289

快w住w手www

 

292:名も無き被検体774号+: 2013/03/20(水) 00:12:53.75 ID:AUt0IESy0

>>289

てめえのせいで捨てたパンツ拾いにいっちまったじゃねーか

>>289

都怪你让我把丢掉的胖次又捡回来了不是嘛!

 

293:名も無き被検体774号+: 2013/03/20(水) 00:13:32.38 ID:b8BatodPi

>>289

パンツとってくるわ…

>>289

去把胖次捡回来…

 

301:名も無き被検体774号+: 2013/03/20(水) 00:15:06.11 ID:x60gR+VC0

性的な快楽以外のものを感じていたような気がした

「ぬるぬるしたのでとんで」

お姉さんの言葉に耳が犯されることは

「かわいいなあ、君は」

本来なら性行為の補助であるはずなのに

「ここ、こんなんにして、気持ちいいんやろ?」

それが快楽の全てである気がした

觉得感觉到了除了快感之外的其他的东西

「变得湿湿的了呢」

姐姐的话语侵入了耳朵

「真可爱呢,你」

明明本来应该是啪啪啪的辅助的

「这里,这样子,很舒服吧?」

感觉那就是所有的快感了

 

「気持ちいです」

「もっとしてほしい?」

「もっとしてほしいです」

「もっと気持ちよくなりたいん?」

「なりたいです」

「お願いは?」

「お願いします」

「足らんなあ」

「お願いします!」

「很舒服」

「想要更多吗?」

「想要更多」

「想要更舒服吗?」

「想要」

「拜托呢?」

「拜托了」

「不够呢」

「拜托了!」

 

「どれをどないにしてほしいん?」

「僕のを、お姉さんの中に、お願いします」

「……なんかいうた?」

「僕のを! お姉さんの中に! お願いします!」

「ええこやな」

お姉さんの声が遠ざかっていく

どこに行ってしまうんだろうと不安になって目で追うと

お姉さんは

俺のそれを口の中に収める

「想要把什么怎么样呢?」

「把我的,在姐姐的里面,拜托了」

「……你说了什么吗?」

「把我的!在姐姐的里面!拜托了!」

「真乖呢」

姐姐的声音变远了

要去哪里吗这么不安的看过去发现

姐姐

把我的那个放入了嘴巴里

 

323:名も無き被検体774号+: 2013/03/20(水) 00:23:57.46 ID:x60gR+VC0

じゅるり

と奇妙な音を立てながら

ぐじゅぐじゅ

といやらしい音を立てながら

「だ、だめ」

「ん? どないしたん?」

「イキそう、です」

「ええよ」

俺が嫌だった

現時点で既に人生の幸運を全て使ってしまったような状況だけど

でも、一番の目的がまだだったから

「い、嫌だ」

「ほら、だしや」

お姉さんの涎に塗れたモノを手で上下に動かしつつ先を舌先で舐めながら

お姉さんは俺を嬉しそうに見詰めた

「嫌だ、でちゃい、ます」

言ってもお姉さんはやめてくれない。

嫌だと言いながらも俺は激しく抵抗しない、できない。

「お願い、お姉さん、やめて」

お姉さんはじいっと俺を眺める

俺をじいっと観察する

声を殺して息が漏れた

下腹部に集まった大量の性欲が

意思と無関係に発射される

体の中心が割られたような衝撃だった

一人じゃ味わえない快感だった

お姉さんは俺の液体から顔を背けずにいた

快楽の余韻に浸りながらお姉さんを見ると俺の精液でどろどろになっていた

「いっぱいでたな」

言うと、お姉さんは再び性器に口をつけ

舐め取るように、吸い上げるように綺麗にしていった

それは気持ちよさよりもくすぐったさの方が上だったけど

なによりも心が満たされていった

(ij:这段实在是感觉不太好翻出来了orz说实话也不知道该怎么翻译orz总之就是完事了但是楼主更想要更进一步的

 

「ほな、お風呂はいろか」

「好了,去洗个澡吧」

 

334:名も無き被検体774号+: 2013/03/20(水) 00:29:06.99 ID:AUt0IESy0

関西弁いいな

关西腔真棒呢

(ij:关西腔真棒+1不过翻译起来比较费神orz

 


ij:才不是因为看到有人催更了才更的呢!其实这些有三分之二都是上上周就翻译了的,结果上周领导来了,盯着天天加班到10点半orz加完实在是没精力再翻了,剩下的可怜的时间都花在生存档案奥丁领域和空轨SC上了

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


rjcbsaj

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 29 条评论 新浪微博
  1. kyu

    能看懂了,我也成长了呢

    11月28日 23:31来自移动端 回复
  2. fla

    还好我会日语

    2016年2月29日 00:18来自iPad1 回复
  3. 十六夜的泪

    啊啊啊啊,我要离家出走

    2016年2月20日 14:46 回复
  4. 哔哩哔哩

    关西腔的强气美女姐姐 这属性也太完美了吧!!!

    2016年2月12日 14:27来自移动端 回复
  5. 明明只是个处男

    2016年2月5日 02:11来自iPhone 回复
  6. 姐控最高

    卧槽,我要学日语

    2016年1月29日 14:031 回复
  7. Sfa06305

    都忘了有這東西了[t黑线]

    2016年1月28日 22:23来自iPad 回复
  8. 啊啊啊

    不懂日文的过错,我现在懂了

    2016年1月28日 19:07来自移动端1 回复
  9. 智障少年

    自己翻译了一下r18部分,真是太激烈了

    2016年1月28日 15:13来自iPhone6 回复
  10. YSNMJ

    爱姐好像想让我们回想起他的傲娇设定

    2016年1月28日 11:33来自移动端 回复
  11. 没翻译的那段脑补了一下,简直要爆炸了

    2016年1月28日 09:35来自新浪微博1 回复
  12. 程序员即是忍者

    「クゥーン…アーイキソ…アッアッ…ン゛アアアアアァァァッッツ…」

    2016年1月28日 09:111 回复
  13. rjcbsaj

    不好,一觉起来停水了,是不是要来查水表,我先去避避风头((((;゚Д゚)))))))

    2016年1月28日 09:11来自iPhone7 回复
    • 萌萌的百合

      開門! 我是來維修水表的!

      2016年1月29日 20:20来自移动端1 回复
    • 萌萌的百合

      開門。。。我是順豐快遞 。。

      2016年1月29日 20:21来自移动端1 回复
  14. wings of divine

    咬的那一段卡的我就是一大写的懵逼
    姐姐玩的真6

    2016年1月28日 08:22 回复
  15. 飛出去的內褲們把馬桶堵住了…

    2016年1月28日 05:57来自移动端1 回复
  16. 纸巾

    终于更了,先占个位再看

    2016年1月28日 01:31来自iPhone 回复
    • 纸巾

      没翻的部分我都脑补完了,感谢翻译

      2016年1月28日 01:41来自iPhone1 回复
  17. 匿名

    wwwwwww

    2016年1月28日 00:55来自iPhone1 回复
  18. 如果是大叔和少女的话明明就会变成人渣不如的萝莉控故事但为什么是姐姐和少年的话就会变得这么酸酸甜甜的呢・・・←我想主要还是名为嫉妒的存在吧,毕竟会有这种感觉的基本都是不受欢迎的大叔[doge]

    2016年1月28日 00:35来自QQ5 回复
  19. 被妹妹甩了的样子的家伙

    说来……看到我被狠狠的吐槽了呢……

    2016年1月28日 00:22来自移动端 回复
  20. 卧槽!居然更新了~~~

    2016年1月28日 00:20来自新浪微博 回复
  21. 喵喵喵

    【我就想是借来的猫一样僵住不动】、【就想我之前做的那样】想=>像
    【还没来级的这么想】来级=>来得及
    【用眼角撇了遗言姐姐】遗言=>一眼
    【去吧胖次捡回来】吧=>把

    2016年1月28日 00:09来自移动端5 回复
    • lu

      抱歉改晚了,感谢指出,已更正!

      2016年1月31日 12:51 回复
  22. 匿名

    终于更新了…..这胃口都吊的飞起了

    2016年1月27日 23:54来自移动端 回复
    • 匿名

      顺便翻译辛苦了

      2016年1月27日 23:57来自移动端 回复
  23. nemuiNekosama

    GJ!

    2016年1月27日 23:431 回复
  24. upup

    我好兴奋啊!!我好兴奋啊!!

    2016年1月27日 23:28来自移动端1 回复
返回顶部