27Jan

『长篇故事・2ch』关于我贯彻了我的初恋的故事(四)

时间: 2016-1-27 分类: 关于我贯彻了我的初恋的故事 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

27: 2012/06/07(木) 14:55:51.55 ID:+beSXCVE0

最後になるレッスンの日。

最后的课程的那一天

 

今まで待ち遠しかった火曜日が、今までで一番来て欲しくない日になっていた。

至今为止最殷切盼望的星期二,变成了至今为止最不希望来的日子

 

いつものように音楽室に入る。

先生は珍しく、まだ音楽室には来ていなかった。

我像往常一样进入了音乐室

老师很少见地,还没到音乐室

 

ふと、ピアノの後ろにあるカラーボックスに違和感を感じて目をやる。

今まで先生の私物がぎっしりと詰まっていたカラーボックスは、綺麗に片付けられていた。

突然间,从钢琴后面的收纳箱那感受到了些违和感,将视线转了过去

发现至今为止塞满了老师私人物品的收纳箱,已经被漂漂亮亮地收拾过了

 

あぁ、本当に居なくなっちゃうんだ…

啊,是真的会消失啊…

 

そう実感した瞬間、涙が勝手に溢れて来た。

嗚咽するでもなく、ただただ涙だけがポロポロと溢れ出てくる。

这么切实感受到的一瞬间,泪水情不自禁的流了出来

也没有什么呜咽,就单纯只是泪水大颗大颗地往下掉而已

 

泣いてる顔なんて見られたくない…早く泣き止まないと…

哭泣的表情不想被老师看到…得快点止住泪水才行…

 

そう思えば思うほど、意志とは裏腹に涙が止まらなくなっていく。

なんとか泣き止む為に深呼吸を繰り返していると、音楽室のドアが開く音がした。

内心越是这么想,泪水越是违背自己的意志变得难以抑制

为了停止哭泣正反复深呼吸时,音乐室的门被打开了

 

「待たせてすみません、ちょっと忙しくて…」

「让你久等真是抱歉,稍微有点忙…」

 

泣いて真っ赤になった目が、先生の目と合う。

先生のビックリした顔を見て、私は何故か恥ずかしくなり下を向いた。

我那因为哭泣变得通红的眼睛,和老师对上了视线

看着老师那吃惊的表情,我不知道为何难堪了起来低下了头

 

先生はそっと扉を閉めると、いつものようにピアノの椅子に座る。

老师静静关上门后,像是往常那样坐在了钢琴椅上

 

 

 

 

例え様の無い不思議な沈黙が、ただただ重苦しかった。

那种往常的不可思议的沉默,只叫人感觉沉闷

 

28: 2012/06/07(木) 14:58:19.70 ID:+beSXCVE0

「…泣かないで。どうしたの?何があったの?」

「…不要哭了。怎么了呢?发生了什么?」

 

先に喋ったのは先生だった。

どうしたの?とは酷い事を聞くものだ…先生は何も気がついていないのだろうか?

それとも気がついてないフリをしているのか…?

首先开口的是老师

怎么了呢?问的还真是过分呢…老师什么都没有注意到吗?

还是说注意到了却装作没注意到呢…?

 

「……寂しいです…」

「……好寂寞…」

 

私は勇気を振り絞ってそう言った。

先生はまたまたビックリした顔をしたが、すぐにまたニコっと笑って

我鼓起了勇气这么说道

老师虽然还是那种吃惊的表情,但马上又露出了笑容

 

「そうですね、僕も寂しいです。」

「是呢,我也好寂寞」

 

と、優しく言った。

这么,温柔的说道

 

「私は…」

「…?」

「私は、先生のお陰で変われました。

 先生のあの時の一言が、私が大きく変われるきっかけになりました。

 先生に会えて良かった。…だから…とても寂しいです…。」

「我…」

「…?」

「我,多亏了老师变了。

 老师那个时候说的一句话,成为了我发生大改变的契机

 遇到老师真是太好了。…所以…感觉非常地寂寞…」

 

昔の自分では考えられないくらい、自然にスラスラと言葉が出た。

そう言うと何だか心がふっと軽くなって、不思議と涙は止まった。

嘴巴自然而然地说出了那种,以前的自己完全无法想象的话

这么说出口后内心感觉突然轻松了起来,泪水不可思议地止住了

 

沈黙がしばらく続いた後、急に不安になって先生の顔をそっと見てみる。

また少し驚いた顔をしていた先生は、私と目が合うと、

今まで見たことの無い穏やかな表情でにっこりと微笑んだ。

沉默稍稍持续后,突然不安了起来,悄悄地看了下老师的表情

仍带着有些吃惊表情的老师,在和我对上视线后

用一种至今为止从没看过的安稳的表情微笑着

 

「ありがとう。そんな事を言ってもらえるなんて…教師になって良かった。

 僕もそう思わせてもらいました。」

「谢谢。没想到能够得到这样的评价…成为老师真是太好了

 我也有了这样的想法」

 

ドキッとした。

先生はいつもニコニコしていたけれど、こんな柔らかい笑顔を見たのは初めてだった。

なんだか本当の先生に突然会ったような気分になって、耳がカーっと熱くなった。

心猛地一跳

老师虽然只是和往常一样面带笑容而已,但这么轻柔的笑容还是第一次见

总有种突然见到了真正的老师的感觉,耳根一下子红了起来

 

「それだけ泣いちゃったら、もう練習は出来ないですね。今日はお話をして過ごしましょうか。」

「哭成这样的话,已经没办法练习了吧。今天就聊聊天吧 」

 

少しの間を置いてそう言った先生の顔は、またいつものニコニコ顔に戻っていた。

过了一会儿后这么说着的老师的表情,又回到了往常的那种笑眯眯的表情

 

29: 2012/06/07(木) 15:00:34.04 ID:+beSXCVE0

最後のレッスンから数日後、先生が京都に出発する日。

在最后的课堂的几天后,到了老师出发前往京都的日子

 

私は先生の見送りをする為に、数人の友人達と一緒に空港へと来ていた。

相変わらず先生はニコニコしてて、友人達も久々に会う堺先生と話を弾ませている。

私もなんとなく会話に混ざりつつも、若干上の空。

先生の顔から目が放せず、とにかくボーっと先生だけを眺めていた。

我为了目送老师,和几个朋友一起来到了机场

老师一如既往地面带笑容,朋友们也久违地跟堺老师聊了起来

我虽然也会时不时加入对话,但稍稍有些心不在焉的感觉

视线无法从老师脸上转开,总之就只是一直呆呆地看着老师的脸庞而已

 

「さて、そろそろ待合室に入らないと。今日はわざわざありがとう。」

「那么,我差不多要进等候室了,今天专程跑一趟真是谢谢了」

 

先生が皆にお別れの挨拶をし始める。

私は勇気を振り絞って、先生に一枚の紙を渡した。

老师开始跟大家告别

我鼓起勇气,向老师递过了一张纸

 

「…?」

「私の住所です…。あの…よかったら…お手紙下さい。」

「…?」

「这是我的住所…。那个…如果可以的话…请给我写信」

 

先生はニコっと笑って渡した紙をポケットにしまい、私の頭をポンポンっと撫でると、

そのまま待合室に消えていった。

老师面带笑容地将我递过去的纸塞进口袋,摸了摸我的头后

就这样消失在了等候室中

 

 

 

あっという間に新年度が始まる。

转瞬之间新年度又开始了

 

私は相変わらずのうわの空で、何に対してもやる気が起きないでいた。

我一如既往是心不在焉的状态,对任何事情都提不起干劲

 

でももう中学3年。

高校受験も控え、いつまでもボーっと過ごすわけにはいかない。

それでもやっぱり先生が居なくなった喪失感は大きく、気がつくと先生の事ばかりを考えていた。

不过已经初三了

中考也不远了,也不能就这样一直发呆度过

不过果然老师不在了的丧失感还是很大

回过神来后发现自己竟是在想着老师的事情

 

初めての恋をした私には、その感情の押し込め方なんてまったく解らなかった

第一次恋爱的我,完全不知道该将这份感情塞往何处

 

31: 2012/06/07(木) 15:02:29.30 ID:+beSXCVE0

先生が居なくなっても、時間だけは淡々と過ぎてゆく。

就算老师不在,时间也依然一分一秒地过去

 

夏休みになり、私はやっと失恋という言葉を噛み締めていた。

一生懸命考えた結果、あまりにも幼い恋に気がついたのだ。

到了暑假,我终于切身体会到了失恋这个词的含义

在拼命思考之后,我意识到了这是过于早熟的恋爱

 

先生はもう大人。

ましてや教師。

14.5の小娘が自分に恋愛感情を持っている事なんて、薄々感じてはいただろう。

そして、解った上で私が傷つかないように、ずっと変わりなく接していてくれたのだろう。

小さな脳みそで考えた結果出てきた、それが私の答え。

老师已经是大人了

更不用说还是教师

14.5岁的小女生对自己抱有恋爱感情这一点,应该隐隐约约注意到了吧

然后,就算知道但为了不伤害我,也只能一直不变地接待我吧

这是我那小小的脑袋经过思考得出来的,我的答案

 

忘れなきゃいけないな…先生がずっと元気で幸せなら、私はそれでいい。

一定要忘记才行呢…如果老师能一直精神幸福的度过的话,我这样已经满足了

 

今思い出すと完全に自己満足でまだまだ幼い考えだが、私にはそれが精一杯だった。

虽说现在想来,这完全就是自我满足完全是不成熟的思考

但对我来说我已经是尽力了

 

 

夏休みも半分を過ぎた頃。

いつもの様に遅く起きた朝、猛暑にノックアウトされながら郵便受けを見に行くと、

新聞の間に一枚の葉書が入っていた。

在暑假过了一半的时候

我和往常一样起的很晚,被酷热弄醒后去看信箱时

在报纸间发现了一枚明信片

 

宛名を見ると私の名前。

差出人は…堺先生だった。

收件人写的是我的名字

发件人…是堺老师

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 7 条评论 新浪微博
  1. ringo

    一提到雅人叔、脑海中就想起他的颜艺….. “变态,是恋爱的第一步!”

    2016年1月27日 22:32来自iPhone2 回复
  2. 喵喵喵

    14岁了,可以合法的推倒了[doge]

    2016年1月27日 21:14 回复
  3. 我现在用雅人叔比较没那么颜艺的笑容去脑补

    2016年1月27日 20:17来自移动端 回复
  4. rjcbsaj

    忘れなきゃいけないな
    是一定要忘记吧
    话说明明说是柔和的笑容看的时候为什么脑海里都是雅人叔的颜艺[doge]

    2016年1月27日 18:02来自iPhone3 回复
    • 烤火鸡

      卧槽!我也是23333333333333

      2016年1月27日 18:18 回复
      • wings of divine

        +1

        2016年1月27日 21:39 回复
    • lu

      =_=感谢爱姐,改好了[doge]

      2016年1月27日 19:30 回复
返回顶部