19Jan

『中篇故事・2ch』关于朝着女高中生滑垒后结果交往了的故事(十一)

时间: 2016-1-19 分类: 关于朝着女高中生滑垒后结果交往了的故事 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

437:1 ◆NwHyoS5rso : 2012/03/07(水) 17:00:09.91 ID:W8M6TXhEO

翌朝になっても美咲は帰ってきてなかった。

さすがに心配になって電話をかけてみるも出てくれない。

到了第二天早上美咲也没有回来

果然就算是我也担心了起来,试着打了电话但没接

 

結婚の話を曖昧にしてたのが悪かったのだろうかと、自分を責めることしかできなかった。

心想应该是自己对结婚的话题表现的太暧昧的不好吧

心里充满了自责

 

出社して事務所に確かめるも、休みをとってるとだけしか情報は得られず。

仕事は身が入らないし、心配と後悔でどうにかなりそうだった。

就算去了公司,到办公室确认,也只得到了她休息了的情报

已经完全没有心思工作,因为担心和后悔感觉都快被压垮了

 

なんとか仕事を終えて家に帰るも美咲は帰ってきてなくて

あとは美咲の実家くらいしか探すところがなかった。

总算是结束了工作回到家,美咲也还是没有回来

接下来也就只能去美咲的老家找找看了

 

444:1 ◆NwHyoS5rso : 2012/03/07(水) 17:17:00.89 ID:W8M6TXhEO

わらにもすがる思いで美咲の実家に向かった。

呼び鈴を押すと美咲姉が対応してくれたが、玄関は開けてくれなかった。

抱着死马当活马医的心态来到美咲老家

按下门铃后,美咲姐虽然做出了回应,但没有打门

 

俺「すいません1です。

美咲は帰ってきてますか?」

美咲姉「帰ってきてないよ」

俺「連絡とか来てませんか?」

我  「抱歉我是1

    美咲回来了吗?」

美咲姐「还没回来哦」

我  「有没有向你联系之类的?」

 

美咲姉「連絡はきてる。

しばらくはそっとしておいて欲しいって。

だから今日は帰って」

美咲姐「有联系。

    说是希望能暂时不要管她。

    所以今天就先回去吧」

 

そう言って切られてしまった。

とにかく美咲が無事だと分かって、少し安心した。

这么说完就挂断了对讲机

总之知道美咲平安无事后,稍稍放下了心

 

もう俺にできることは、待つことしかなくなってしまった。

我现在能做的事情,也就只有静静等待而已了

 

597:1 ◆NwHyoS5rso : 2012/03/08(木) 05:48:34.09 ID:NPAcqhat0

美咲の実家に行った翌日、明け方ごろに美咲からメールが来ていた。

もうなんかメールを開こうとする手が焦りすぎて手のひらの上で携帯が踊ってた。

内容は、話があるから仕事終わりに駅前に来てほしいとのこと。

正直嬉しいような不安なような微妙な気持ちだった。

去了美咲老家的第二天,到了拂晓时分我收到了美咲发来的短信

打开短信的手太急,手机在手上差点都滑了

内容是,有话想说所以工作完希望能来车站前

说实话有一种既高兴又有一点不安的微妙的心情

 

仕事を終わらせて駅前に向かう。

前にもこんなことあったなって思い出すと過ぎた月日の長さを実感した。

工作结束后就去车站吧

一想到之前也发生过这样的事情,就不禁感慨在那之后还真是过去了好长时间啊

 

美咲「よっ、久しぶり、でもないかww」

俺「おう。とりあえず乗りなよ」

美咲「哟,好久不见・・・也不算吗ww」

我 「喔。总之先上来吧」

 

意外と美咲はいつもの調子で、少しほっとした。

聞きたいことはたくさんあった。

自分の中で言葉の整理をつけるのに必死だったように思う。

美咲出乎意料的是往常的调调,稍微有点放下了心来

想问的事情像山一样多

在心中拼命地整理自己想说的话

 

俺「話って?」

美咲「スラ男、最近冷たくなったよねー。

   昔はあんだけわたしに夢中だったのに…ww」

俺「別に昔と変わってないよ」

美咲「なんか距離感感じちゃう」

我 「想说的话是?」

美咲「滑男,最近变冷淡了呢~

   明明之前这么热衷于我的说…ww」

我 「和以前并没有改变哦」

美咲「总感觉有种距离感」

 

なんとなく美咲の言いたいことは分かった。

結婚の話をしようとする美咲を煩わしく感じて、遠ざけていた俺がいたのは事実だった。

大概能明白美咲想说的是什么了

确实每当美咲提到结婚的话题时都有种烦躁的感觉,有些拉开距离这也是事实

 

602:1 ◆NwHyoS5rso : 2012/03/08(木) 06:00:56.09 ID:NPAcqhat0

俺「なにが言いたいわけ」

美咲「もうどうしていいか分かんないんだよねww」

俺「だからなにが…」

我 「想说什么」

美咲「已经不知道该怎么办才好了呢ww」

我 「所以说到底想说什么…」

 

しばらく沈黙が流れた。

美咲は深呼吸するとともに一気に話しだした。

沉默稍稍持续了一会儿

美咲在一次深呼吸后,一口气说了出来

 

美咲「スラ男との子供ができたの。

   2か月ほど生理がこないし体調も悪いし

   まさかと思って検査薬使ったら陽性だった。

   それが分かったのがわたしが出て行った前の日」

美咲「有了和滑男的孩子哦。

   已经有两个月没来月经了,身体也不太舒服

   心想该不会吧用检查药检查了下,结果是阳性。

   知道这件事是我出去的前一天」

 

ここまでいうとせきを切ったように美咲が泣きだした。

間違いなく俺はうろたえていたと思う。

思いっきり頭を鈍器で殴られたような気分だった。

到了这里,仿佛像是断了闸一般,美咲终于哭了出来

我惊慌失措这个词就是用来形容当时的我的那种状况的吧

有种脑袋被钝器狠狠地砸了一记的感觉

 

610:1 ◆NwHyoS5rso : 2012/03/08(木) 06:15:21.43 ID:NPAcqhat0

俺「なんでそれで出て行くわけ。

  言えばいいだろ、隠すことじゃないじゃん」

美咲「じゃあスラ男が結婚のこと取り合ってくれない状況で

   デキたこと言ったらどうしてた?」

我 「为什么这样就要出去啊

   说出来不就好了嘛,也不是那种需要隐瞒的事情嘛」

美咲「那如果在滑男不肯跟我聊结婚的话题的这种状况里

   我说怀上了你会怎么做?」

 

俺「もちろん結婚を決めた。

  喜ぶべきことだろ」

美咲「やっぱり…w」

我 「那当然是决定结婚了

   这是值得高兴的事情才对吧」

美咲「果然…w」

 

こぼすようにそう言った美咲は、悲しそうに笑った。

もうなにがなんだかさっぱりだった。

美咲がなにを考えていて、なにを伝えたいのか、全然分からなくなっていた。

新しい命が美咲のおなかの中に宿って嬉しいはずなのに、どうして2人で喜ぶことができないのか。

像是在倾诉一般地说着的美咲,悲伤地笑了笑

我已经完全搞不懂什么是怎么回事了

美咲到底想的是什么,到底想对我传达什么,已经变得完全搞不懂了

新生命在美咲身体中诞生,这明明应该是值得高兴的事情

为什么不能2个人一起开心呢

 

俺「やっぱりってなんだよ」

美咲「結局スラ男にとってはわたしと結婚したいから、じゃなくて

   子供ができたから責任とるって意味での結婚になるわけでしょ。

   嫌じゃん、子供を理由にして結婚を迫るみたいでさ。

   だから言えなかったの、どうしていいか分かんないの」

我 「果然是什么意思啊」

美咲「结果对滑男来说并不是想跟我结婚才结婚

   而是因为有了孩子要负责任,从这个意义上才答应要结婚的吧

   这很讨厌的吧,像是以孩子为理由胁迫结婚那样的

   所以我才没说啊,不知道该怎么办才好啊」

 

嗚咽まじりに話す美咲。

こんなにたくさんのことを抱えていただなんて想像もしてなかった。

気付いてやれないのはまだしも、美咲を追いつめていたのは俺だった。

夹带着呜咽声,美咲如此说道

竟然在不知不觉中让美咲背负了这么多的东西,真的是想都没想到

如果只是单纯的没有意识到都还好说,把美咲逼到这一步的是我自己啊

 

618:1 ◆NwHyoS5rso : 2012/03/08(木) 06:25:53.47 ID:NPAcqhat0

美咲「良くも悪くもスラ男は大人過ぎるんだよ。

   まだ子供のわたしじゃ釣り合わないくらいにね」

俺「そんなこと…」

美咲「从好的坏的方面说,滑男都太像大人了啊

   像大人到对还是孩子的我来说有些不般配的地步」

我 「这种事情…」

 

初めて歳の差のことを意識した。

俺は対等に向き合ってきたつもりが、美咲は背伸びして無理していたのだろうか。

第一次意识到了岁数的差距

我自己虽然是一种对等相处的打算,但对美咲来说却是在踮起脚勉强自己吗

 

美咲「まあ、ゆっくり考えてよ。

   別にスラ男がどんな答えを選んでも、わたしはこの子は産む。

   それだけはなにがあっても譲れない」

美咲「嘛,好好想想吧

   不管滑男作出什么样的选择,我都会生下这个孩子的

   只有这一点不管发生什么我都不会妥协」

 

美咲は睨みつけるように俺を見た後、車から降りて行った。

今まで見たこともないような表情だった。

美咲像是在瞪视一般的看了我一眼后,就下了车走掉了

那是一种至今为止看都没看过的表情

 

1人になって後悔の念だとか、喜びだとか、事の重大さ

いろんなものが束になって押し寄せてきてパンク寸前だった。

剩下我一个人后那种后悔的感觉啊,喜悦啊,事情的重大啊等等

各种各样的情感捆扎成束一齐涌了上来,感觉自己都要爆炸了

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 10 条评论 新浪微博
  1. zedd

    祝天下所有有情人  意外怀孕

    2016年1月20日 10:22来自移动端1 回复
  2. buzhua

    无比阴暗的本直男癌也觉得像接盘

    2016年1月19日 23:32来自移动端 回复
  3. 果然不能让对方等得太久,对待事情不能太暧昧

    2016年1月19日 22:37来自移动端 回复
  4. 好少(✪▽✪)还没有看够

    2016年1月19日 20:20来自移动端 回复
  5. 言一

    总感觉是接盘的我……真是阴暗

    2016年1月19日 19:442 回复
  6. chow

    “我自己虽然是一种对等相处的打算,但对美咲来说却是在踮起脚勉强自己吗”
    ——这个比喻我收下了

    2016年1月19日 19:32 回复
  7. up

    喜当爹了

    2016年1月19日 18:13 回复
  8. CyclizePei

    这是什么肥皂剧

    2016年1月19日 18:12 回复
  9. Sfa06305

    叫你5章同居[t滑稽]報應來了

    2016年1月19日 17:39来自iPad3 回复
  10. CharaSpe

    发展到这里 好想看下一章

    2016年1月19日 17:38来自iPhone 回复
返回顶部