13Jan

『中篇故事・2ch』关于朝着女高中生滑垒后结果交往了的故事(五)

时间: 2016-1-13 分类: 关于朝着女高中生滑垒后结果交往了的故事 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

121:1 ◆NwHyoS5rso : 2012/03/05(月) 16:56:06.14 ID:/m3v2lUoO

おまえらに聞きたい、どうして女は感情がこうもすぐに変わる?

教えてエロイ人。

我想问一下你们,为什么女人的感情会变化得如此之快呢?

请告诉我啊工口的人

 

125: 2012/03/05(月) 16:58:08.21 ID:/aSlk8VHP

>>121

感情は表面的なものなので、本質はブレてない

「付き合ってください」の一言を言わせるための手段でしかない

>>121

感情只是表面上的东西,本质并没有变化

一切都是为了让你说出「请跟我交往」的手段罢了

 

136:1 ◆NwHyoS5rso : 2012/03/05(月) 17:14:03.39 ID:pNqgqjY80

>>125

なるほど納得。

ありがとエロい人。

>>125

原来如此我明白了

谢谢你工口的人

 

122: 2012/03/05(月) 16:56:29.33 ID:aD+FHQ7t0

お嬢様口調や、ツンデレ口調は初めだけ可愛いくて

のちのちイライラしてくるだろ

大小姐口吻、傲娇口吻啊这种的只会在最开始的时候觉得可爱

不久就会感到厌烦火大了吧

 

136:1 ◆NwHyoS5rso : 2012/03/05(月) 17:14:03.39 ID:pNqgqjY80

>>122

うむ、間違いない。

でもそれの使い分けがうまい人かつ

いらつかないほどに自分に入れ込ませる魅力がある人が

ほんとのツンデレだというんだと思いますです。

>>122

唔姆,是这样没错

但是我认为懂得掌控使用的分寸&

有那种吸引人到让人不会觉得火大的魅力的人

才是真正的傲娇

 

140:1 ◆NwHyoS5rso : 2012/03/05(月) 17:25:38.39 ID:pNqgqjY80

美咲「1さん、わたしで良かったら付き合ってください」

俺「ふつつかものですがよろしくお願いします!」

美咲「逆逆wwwwそれわたしのセリフwwww」

美咲「1桑,如果我可以的话请跟我交往」

我 「虽然不才不过请多指教!」

美咲「反了反了wwww这是我的台词才对wwww」

 

とにもかくにも美咲と付き合うことになった俺。

ぶっちゃけものすごい勢いで浮かれてた。

就这样,总之我和美咲交往了

说实话真的是一种飘飘然到上天的感觉

 

俺「あー、もう9時じゃん。家まで送るよ」

美咲「門限とかないから別にいいよwwww」

俺「いや、それはだめ。俺が捕まっちゃうww」

美咲「じゃあスラ男の家に行こう!そうしよう!」

俺「自分の家に…」

我 「啊,不是已经9点了嘛,我送你回家哦」

美咲「我家没有规定回家时间什么的所以没问题哦wwww」

我 「不、不行,我会被抓的ww」

美咲「那就去滑男的家吧!就这样吧!」

我 「自己的家…」

 

途中で会話を突っぱねられ、車に乗りシートベルトをしめだす美咲。

とりあえず駅前でもう1度説得しようと来た道を戻ることにした。

すごい浮かれて嬉しいはずなのに

なんだか気持ちが晴れなくて、もやもやしてたと思う。

说到一半美咲就强烈表示出不愿意再继续说下去的意思,坐上车系上了安全带

总之打算在车站前在劝她一次,踏上了回程路

明明整个人都飘飘然的快飞上天了的说

但总有种不畅快的感觉,心里仿佛有颗疙瘩

 

144:1 ◆NwHyoS5rso : 2012/03/05(月) 17:35:16.85 ID:pNqgqjY80

駅前について説得を試みるもやっぱりだめ。

置いて帰ることもできたけど、それも心配で出来ずに

結局帰路についておりました。

到了车站前又劝了一次但果然还是不行

虽然就这样放着她不管自己回去也可以啦,但因为担心实在是做不到

结果还是踏上了回家的路

 

まあ、家に帰りたくない時期なのかなー

俺にもそんなことがあったなー

なんて考えたいんだけど、なんか微妙に違った。

大事にしたいっていうのは建前で、やっぱり自分の身の保身もあったと思う。

嘛,可能正处于不想回家的时期吧~

说来我也有这样的时期呢~

虽然想要这么去说服自己,不过总有种微妙的不对劲

想珍重对待她或许只是表面的理由而已,果然或许只是我想保身而已

 

美咲「うわー、普通のマンションww」

俺「男が1人で暮らす分には十分なんだよ」

美咲「呜哇,普通的公寓ww」

我 「对男人一个人居住已经十分足够了哦我觉得」

 

ほんとに普通のワンルームマンション。

なぜかシャワールームだけ微妙に外から覗けるラブホ仕様wwww

真的就是普通的单人房公寓

不知为何只有浴室是一种微妙的能够从外面窥视见里面状况的爱情旅馆构造www

 

俺「えーっと、どうする?」

我「那个,打算怎么办?」

 

ベッドの上でごろごろしている美咲に比べ、どうにもこうにも落ち着かない俺。

与在床上呆躺着的美咲相反,我这边是怎么都冷静不下来

 

美咲「どういう意味、それwwww

   先にシャワー浴びる?とかそういうの?wwww」

俺「そんなんじゃなくて…」

美咲「什么意思啊,那个wwww

   先去淋浴?像是这种的?wwww」

我 「不是这种意思啦…」

 

美咲「意気地なしwwww

   じゃあちょっと話聞いてよww」

美咲「你这没出息的家伙wwww

   那你跟我讲讲你的事啊ww」

 

性欲も行き過ぎると消沈する、不思議なもんです。

性欲也是一过火反而会消沉下来呢,真是不可思议

 

208:1 ◆NwHyoS5rso : 2012/03/06(火) 05:21:08.52 ID:EnxxrX/i0

美咲「スラ男の家族構成は?」

俺「なに、このお見合い的なノリはww」

美咲「いいから答えてよ」

美咲「滑男的家庭成员构成是?」

我 「什么啊,这种像是相亲一般的调调ww」

美咲「好了啦快回答我」

 

美咲がすっごい真剣な顔してたのを覚えてる。

なんか顔見て話すのもためらうくらいに。

只记得美咲的表情十分认真

就是一种连看着她的脸说话都有些犹豫的感觉

 

俺「普通の親父に普通のおふくろに、放浪癖のある兄貴」

美咲「放浪癖ってww」

俺「いや、今もどこに居るか知らないしww

  というか質問の意図がいまいち…」

美咲「いいなー、スラ男の家族にいれてほしいなー」

我 「就是普通的老爹和普通的母亲,再加上有放浪癖好的老哥」

美咲「放浪癖好什么的ww」

我 「不不,就算是现在也不知道在哪里哦ww

   话说不太明白你问这问题的意…」

美咲「真好啊~,真想成为滑男的家庭的一员啊~」

 

事の核心には触れそうで、触れれない距離な気がした。

深入りしていいのかだめなのか、判断が難しかった。

それでもただ待つのももどかしかった。

有种到了快要触及到事情的核心,又还触及不到的距离

究竟该不该深入,判断起来真的是有点难

但是让人干等着也叫人有些着急

 

俺「美咲のとこはどんな感じ?」

美咲「姉ちゃんと2人。

   ただの同居人って感じで家族には程遠いけどww」

我 「美咲那里是怎样的感觉?」

美咲「和姐姐两个人

   虽说就只是一种同居人的感觉,和家人那种感觉要差很远啦ww」

 

半笑いの美咲の目からは涙が流れていた。

スラ男君、どうやら地雷を踏んだ模様。

半笑不笑的美咲的眼里流出了泪水

滑男君,看起来是踩到了地雷的样子

 

212:1 ◆NwHyoS5rso : 2012/03/06(火) 05:39:48.14 ID:EnxxrX/i0

俺「同居人って…」

美咲「いや、ほんとにww

   姉ちゃんはひっかえとっかえ男連れ込んでくるし

   家にいるのに全然落ち着かないww」

我 「同居人什么的…」

美咲「不,真的是这样ww

   姐姐都是一个换一个地把男人带到家里

   明明是在家里的说却完全冷静不下来ww」

 

なんでか胸が痛んだ。

家に帰りたがらない理由がなんとなく分かったのに

同時に俺ができることなんて大してないことも分かってしまった。

不知为何感觉到了心痛

明明隐约能够猜到她不想回家的理由的说

同时也明白了我能够为她做的事情实在是很有限

 

美咲「別に愛がほしいだとか、そんな悲劇のヒロインみたいなことは言わないからさ

   ただスラ男には一緒に居てほしいって話。

   ていうかわたしで良かったら一緒に居させてほしい」

美咲「也不是说想要爱啊什么的啦,像是这种悲剧的女主人公一般的话我是不会说的

   只是想说想和滑男一起住而已

   不如说,如果能够接受我的话,希望能让我住在一起」

 

少し前まで自分の身の保身だとか考えていた自分がばからしく思えた。

もとはと言えばスライディングした時点で捕まって人生詰んでても

おかしくなかったと考えれば、この先なにが起きても大丈夫な気がした。

觉得直到不久前为止还想着什么保身的自己实在是愚蠢

好好想想的话,既然从我滑垒的那个时间点开始

就已经是就算被抓也不奇怪了,那么之后还有什么好担心的呢

 

俺「今から出るぞ。車出すから家教えて」

美咲「なに急にwwわたしがしおらしくしてみたら男らしくなっちゃってww」

俺「いいから」

我 「现在出门哦,我开车去所以告诉我你家的位置」

美咲「突然间怎么了啊ww我一温顺起来就突然变得像男人起来了ww」

我 「好了啦」

 

思わず美咲の手を引いちゃって家を出て車に乗り込んだ。

情不自禁地拉起了美咲的手,出了家门坐上了车

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
已有 15 条评论 新浪微博
  1. 流石……

    2016年1月14日 17:06来自新浪微博 回复
  2. 同居生活不可避

    2016年1月14日 08:52 回复




  3. 虽然是12年的故事但还是想为1加油啊

    2016年1月14日 06:12来自移动端 回复
  4. ringo

    这是命运啊~命运

    2016年1月14日 03:07来自iPhone 回复
  5. 这是哪个世界的好事滑个垒就能找到个女高中生同居[doge]

    2016年1月13日 23:59来自移动端6 回复
  6. mbus

    我去买辆轻卡马上回来

    2016年1月13日 21:06 回复
  7. 快到不行….

    2016年1月13日 20:59来自QQ 回复
  8. 毕竟是和一个陌生人偶遇三次,不对,是和一个滑垒男www

    2016年1月13日 20:38来自新浪微博 回复
  9. 这倒贴速度和节奏总感觉有什么阴谋的样子。。。

    2016年1月13日 20:09来自新浪微博 回复
  10. Sfa06305

    5章同居[doge]

    2016年1月13日 19:54来自iPad 回复
  11. 不愧是滑男,果然够快[doge]

    2016年1月13日 19:27来自QQ1 回复
  12. waox

    为什么最近新作进展都这么快啊!!!

    2016年1月13日 17:10 回复
    • wings of divine

      因为全世界的论坛网站都在争年度爽文王的宝座啊 [doge]

      2016年1月13日 20:504 回复
      • AkariAkari

        这理由我服[doge]

        2016年1月13日 21:241 回复
      • 姐控最高

        果然是罂粟的故事带了一波节奏吗

        2016年1月22日 14:391 回复
返回顶部